Hatena::ブログ(Diary)

生命の燃焼

2016-03-26

岡潔記念館

和歌山県橋本市による、岡潔記念館創設のためのクラウドファンディングが行われています。

http://www.furusato-tax.jp/gcf/66

目標金額は400万らしいですが、締め切りまで残り数日でまだ寄付者は10数名で10%程度しか達成されていません。
最近、岡の著作の復刊で賑わっているものの、やはり一般認知度はまだまだなのでしょうか。
一般認知度がなくとも、岡潔の研究結果の恩恵を受けて仕事を得ている現役の数学者はたくさんいるのだから、その方たちですぐに400万は達成するものと思うのですが...。
一般認知度がないのに記念館創設の如何を問われると私は何も言えません...。)

橋本市は以前から岡潔(橋本市最初の名誉市民)の功績や思想の発信に取り組んでいます。
「岡潔数学WAVE」と題して一般市民に算数・数学の実験の場や公演を聴く機会を提供しています(最近では野口潤次郎先生が公演されています。大沢健夫先生や、まだまだ活躍されている一松信先生なんかの講演があれば聴きに行きたいですね...遠いですが...。)。
また、橋本市役所の正面には岡潔記念碑があります。いつか実物を見に行ってみたいものです。
https://goo.gl/maps/XdUffx7TS862

クラウドファンディングについてですが、締め切りまで400万に到達することはほぼありえないかと思うので、寄付額は基金として積み立てられるのかと思います。そうなった場合、創設を目指している平成31年まで寄付を募り続け、400万をなんとか賄うつもりなのか、市税を充当するのかはよくわかりません。締め切り後の再募集もどのような予定なのかも気になるところです。橋本市に聞いてみようと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pseudomathematician/20160326/1458963267
リンク元