なまくらどもの記録

2018/05/22 (Tue)

[] 読了本

  • 二人の推理は夢見がち」「夢見がち」とは、ある能力を持つひとびとのこと。それを持つ「彼」の力を借りて、祖父の死の謎を解決しようとするが……。なかなか面白い組み合わせだった。次回作も読みたい。
  • 虹色にきらめく渚で (ライムブックス)」ガラス工芸家のルーシーは不仲な妹に彼氏を寝取られ、更に彼女が住むから家を出ていけといわれる。ひ、ひでー彼氏&妹……。しかし、サムたんよくがまんした!えらいぜ。

2018/05/20 (Sun)

[] 読了本

  • 花のお江戸で粗茶一服」茶道・剣道・弓道の三つを伝える流派の後継ぎという立場に反抗してきた遊馬。東京に戻り、髪も一時黒に戻したのにまたメッシュを入れたのに父親は激怒……でも遊馬はマイペースを崩さず。遊馬の人を断ち切らない人柄にひかれて、たくさんの人が集まり、ラストはそうきたか……。これまでの二作もそうでしたが、悶々とする遊馬にうーん、と唸りながらもなぜか読み続ける。今回は、遊馬以外もみんな悩んだりしていました。恋愛面はちょっとものたりなかったけど、まあそれが主題じゃないしな。フリースクールの生徒たちと弟子のどたばたももっと読んでみたいなあ。いろいろ悩んでいたり、もんもんとしている若者におすすめなシリーズです。

2018/05/19 (Sat)

[] 読了本

  • 震える教室」不安な思いを抱えつつ、女子高に入学した真矢。同級生の花音とあることをすると……。なかなかに怖い……。
  • ばけもの好む中将 七 花鎮めの舞 (集英社文庫 せ 5-12)」誰もが認めるできる男なのに、オカルトマニアという残念な貴公子と、彼と一緒になんでかトラブルに巻き込まれるヘタレくんのお話。十二人の姉がいるという驚異の設定のヘタレくんですが、それがとても楽しいシリーズです。今回は恋愛方面で。やー、いい感じに煮詰まってきたわ。いかに父親を乗り越えるかですねっ。

[] 「隣の席の佐藤さん」「ランチからディナーまで六年」書籍化!

 「Tiny garden」の森崎緩さんの小説家になろうサイトで、「隣の席の佐藤さん」「ランチからディナーまで六年」書籍化の報が!

https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/973048/blogkey/2035974/

 わーい。個人的には、ファンタジー系より現実に近い話の方が好みだったので、とっても嬉しい。

2018/05/18 (Fri)

[] 読了本

  • ママ、探偵はじめます (コージーブックス)」ママだけど、探偵のパート始めました!次から次から起こる事件、そしてばったばったと偶然?もありだけど、解決しちゃっていくのが痛快。いろいろな仮装?コスプレも面白かった。

2018/05/17 (Thu)

[] 読了本

  • asin:4253270336:title」死んだはずの連続殺人の犯人が、まだ「殺人を続けている」……?

2018/05/16 (Wed)

[] 読了本

  • asin:4253270336:title」魔法の師匠と二人で暮らしている女の子が、予期せぬトラブルに巻き込まれつつも楽天的に過ごす旅生活。ふんわりしたかわいらしいお話です。柴田五十鈴さんのコメディいいなあ。

2018/05/14 (Mon)

[] 読了本

  • 衣もろもろ (集英社文庫)」50代くらいの作者が今まであまり服に興味がないといいつつも、服を選んできたというエッセイ。そんなにやる気のないところが、いい感じでした。