さいころじすと日記

カスタム検索

2008-03-31

[][]実戦格闘技『クラブマガ』春季セミナーに行ってきた その3 打撃練習

いよいよ本格的な打撃の練習。

まずは構えのレクチャーから。パッシブ・スタンス(相手の攻撃に備えるものの、まだ戦闘の意志を見せない姿勢)、ファイティング・スタンス(戦闘モードの姿勢)の2つの構えがある。ポイントは、(ファイティング・スタンスで、右利きの場合)左足を前に右足を後ろにするのだけど、あまり足を広げすぎないことと、体は横に開かない(正面を)ことと、腕で顔面をしっかりガードするところか。これは、スポーツとして学ぶボクシングや空手と違って、「敵がひとりとは限らない」という前提があるからだ。体を開いてしまうと、全方位に対応しにくくなるとのこと。

打撃の練習は、基本的にこれら両方の構えからできるように徹底的に練習。

打撃練習は、まずはパンチから、インストラクターのデモと解説の後、さっそくペアを組んで打ちまくり。柔道とかのような「礼」とか「あいさつ」はなし。受け役の人が持ったミットに向かってとにかく打ちまくります。クラブマガでは攻撃と防御が常に同時にできることを重視するため、パンチも脇を締めた姿勢から繰り出す。コーチのゲキでどんどん打ち込むパンチに力を入れていきます。打ち込むミットが、ミットとは言え、けっこう硬い。この日のために買ったオープンフィンガーグローブをつけているのだけど、それでもちょっと痛い----グローブをつけていなかったら、拳を痛めて・傷めていたな----。それから、打つ方もハードなんだけど、受ける方もハード。私がペアを組んだ人は、年齢も10歳ぐらい上なんだけど、体重も10kg以上、身長も10cm以上大きいので、パンチが中々重い----さらに、コーチからのアドバイスを受けて、ますますいいパンチが来るようになり----なるほど、反撃されるものは、このパンチを喰らうんだな。

続けて、正面からの中断蹴りや、膝蹴りの練習。蹴りは、急所(金的)を想定したものも練習する。膝蹴りも、いわゆるムエタイスタイルとは違って、相手の斜め前の位置から、相手の片腕と肩を持って膝を打ち込む感じ。クラブマガでは、常に自分が優位になるポジションにいることが重要になる。この位置からの膝蹴りであれば、相手の遠い方にある片手・片足からの攻撃やタックルを極力防ぐことができる。また、相手の肩を下に引き込みながら膝を入れると、より威力が増す。

パンチ、蹴り、膝蹴りの練習の後は肘打ちの練習。7種類の肘打ちをひとつずつ順番にシャドー形式で練習。最初はやり方を確認するようにスローでやるけれど、徐々にスピードと力を入れ、最後は100%全力で声を出しながら激しく打つ。参加者の気合が足りないと見るや、松元氏、「それじゃあ、襲われたとき家に帰ることができないぞ!!」「もう自分の大事な人と会うことができないぞ!!」といった感じでゲキを飛ばす。「気合い」とかいった精神論的な言葉ではなく、「自分が生き延びる」ということで刺激をするってのがクラブマガらしいところか。


打撃練習はこれでひとまず終了ということで、少し休憩が入ります。





人気ブログランキングへ

2008-03-30

[][]実戦格闘技『クラブマガ』春季セミナーに行ってきた その2

というわけで、セミナーの話。

11時開始ということで、10時半に会場入り。念入りにストレッチ。11時開始で、4時間半の内容なので、おそらく昼食休憩はないだろうと予想して、簡単に糖質が補給できるおにぎりを2個、疲労回復と筋肉の分解を防ぐため濃縮アミノ酸の飲むゼリーを2パック、30gのタンパク質が摂れるプロテインドリンク2本、1.5リットルのミネラルウォーターを持込、万全の体制で挑む。

参加者は30〜40人ほど。女性はうち6人。ただ、思ったよりは格闘技をやりこんでいると思われる人や10代〜20代半ばまでの若い人はいない。30代以上が多いし、50前ぐらいの人も何人かいる感じ。体型もどちらかというとメタボ系の人が多く「4時間半持つのか?」とちょっと心配してしまう。

11時。スタッフから集合の合図。クラブマガ・ジャパン代表の松元国士氏からクラブマガの簡単な紹介と、今日のセミナーでやる内容の紹介、注意事項の案内。セミナーの内容は----。

  • ウォーミングアップ
  • 打撃練習
  • 手首をつかまれた場合の対処
  • 前から首を絞められた場合の対処
  • 襟首をつかまれた場合の対処
  • 後ろから首を絞められた場合の対処
  • 後ろからヘッドロックされた場合の対処
  • マウントポジションになった場合の回避方法
  • マウントポジションから打撃を加えられた場合の対処
  • ガードポジション(レイプ・ポジション)から首を絞められた場合の対処
  • 棒で襲われた場合の対処
  • ナイフで襲われた場合の対処
  • 至近距離で銃をつきつけられた場合の対処

松本氏は、アメリカ滞在経験と現在でも諸外国で仕事することが多い関係か、ストレートな物言い、要点だけを端的に伝える、横文字単語の発音がやたらいいなど、アメリカナイズなキャラという印象。「質問は?」と言って、それがなさそうだと感じると、「じゃあ、さっそく、レッツ・ゴー」ということで練習に突入。

まずはウォーミングアップ----なんだけど、ウォーミングアップとは言えないほど激しい。これはクラブマガのトレーニングのやり方だそうだけど、ビリー・ザ・ブート・キャンプよりもハード。特徴としては、

  • 動きとしては、エアロビクスやボクササイズ、格闘技のフットワークなどが盛り込まれている。
  • リラックスした状態から一気に全力で体を動かし心拍数を最大まで上げる、というのを何回か繰り返す。
  • 手足をバラバラに動かすような、神経系統の活性を意図したワークもある。
  • その後に、筋トレ
  • 最後にストレッチをして少しクールダウン

さすが、イスラエル軍で発展していった格闘技の練習とあって、トレーニングの進め方や雰囲気は軍隊式。さながら、松本氏は士官、2人のサブコーチは鬼軍曹、参加者は新兵という感じ。「ゴー、ゴー、ゴー、ゴーッ!!!!」「もっと強く」などゲキが飛ぶ飛ぶ。PRIDEなどで活躍している総合格闘家、ヴァンダレイ・シウバの入場曲(DARUDEの『sandstorm』)など、テクノやミクスチャー系の激しい曲が否応なくテンションを高める。それにしても、めちゃめちゃきつい----毎日トレーニングしている私も「4時間半持つのか?」と心配になった。


ウォーミングアップの後、すぐさま、打撃。といっても、これはメンタル面でさらに士気を高めるのが目的だろうか。ペアを組み、ひとりが打撃用のパッドを持ち、もう一人がそのパッドに両手で全力でできるだけ早く、手数多くたこ殴り。コーチの「Go」の合図で、「立った状態で相手の顔の位置にあるパッドを殴る」、「中腰の状態で、自分の腰の位置の高さにあるパッドを殴る」、「マントポジションの下になって、腹の上に座った相手の顔の位置にあるパッドを殴る」を瞬時に切り替える。数分ほどやって役割交代。「相手は自分に危害を加えようとしているだぞ、そんなものなのか!!」といった感じでゲキが飛びまくり。とにかく必死になって打ち込む。

まだ開始30分も経っていない----既に息は上がりまくり。



人気ブログランキングへ

2008-03-29

[][]実戦格闘技『クラブマガ』春季セミナーに行ってきた

セミナーの話の前に、クラブマガについて少し紹介。

万が一のときにでもすばやく、また無駄なく、自分の身を守り、反撃できるよう、心身ともに育み、鍛えていくこと。

「自己の存在価値」を認識すること。

人種や宗教を問わず、すべての人々の心を結び合い、世界中から暴力を消し去るように精進すること。

(イミ・リヒテンフェルド)

1930年代、チェコのイスラエル移民イミ・リヒテンフェルドによって考案され、第2次大戦後イミ氏とイスラエル軍のコラボレーションによって体系化され、発展していった格闘技・護身術・戦闘術・殺人術、クラブマガ(Krav Maga)。直訳すると「接近戦闘術」。パレスチナ問題や周辺のイスラム系諸国との緊張関係、紛争状態の中で、人口の少ないイスラエルにとっては、できるだけ短期間で兵士を育て、なおかつ戦死しないようにする術をマスターさせなければならない─そうした背景のもとクラブマガは開発され実践されていった。

柔道と空手などの格闘技とは違い、とにかく実戦重視。精神修養みたいな要素や、教条主義・精神論もない。日常生活で直面する様々な危険な状況や脅威に対し、最も効果的・効率的にそれらから抜け出すことができるかを、技術・体力・知力・メンタル面のすべてにおいて追及している。メンタル面も、古典的格闘技のようなものとは違い、「護身の心構え」「自分や家族を守ること」「危険に対する意識」といったものを教えられ、トレーニングの中で高められるという感じだ。

クラブマガは世界中の諜報・情報機関、警察などにも広まり、現在は護身術として一般市民にも知られるようになっている。世界の軍・警察関係者などの実践者からフィードバックをもらい、また犯罪者心理学の知見なども取り入れながら、常時改良が加えられている。


ウィキペディアの記述によれば、テクニックにおける理念は、

  • 脅威の排除
  • 怪我の防止
  • 防御から攻撃への素早い転換
  • 反射神経の利用
  • ダメージを受けやすい部分を狙うこと
  • 近くにある道具や物体の利用

ということである。つまり、相手の攻撃を予測・防御し、そして攻撃を加え、危険な状況を回避するかを重視している。また、防御・攻撃において、人の反射神経による動きを取り入れている。


日本では、トレーニング施設が現在東京に2つしかないことから、それほど知られていないが、メディアにはよく取り上げられるようになっている。

  • 映画『ターミネーター3』(2003年)で、クリスタナ・ローケン演じる、主人公抹殺のために未来から送られてきた女ターミネーター“T-X”が、アーノルド・シュワルツェネガー演じる主人公を守るターミネーターにクラブマガの技で襲いかかっている。
  • 映画『イナフ』(2002年)で、ジェニファー・ロペス演じるスリムが、クラブマガを学びDV夫をフルボッコしている。
  • 映画『ボーンアイデンティティ』(2002年)『ボーンスプレマシ−』(2004年)『ボーンアルティメイタム』(2007年)で、マット・デイモン演じる元CIA特殊工作員ジェイソン・ボーンはクラブマガをマスターしているという設定になっている。
  • アメリカのテレビドラマシリーズ『エイリアス』(2001〜2006年)で、ジョニファー・ガーナー演じるCIAエージェント、シドニー・ブリストウはクラブマガをマスターしているという設定になっている。
  • 日本のドラマ『交渉人』の役作りで、米倉涼子がクラブマガのトレーニングを受けた。



人気ブログランキングへ

2008-03-28

[][ボルダリング]筋狂報告&登狂報告20080328

私が筋肉に求めるもの----それが、私が私たるゆえんなのだ

(by筋肉おやじ しりあがり寿『筋肉おやじ&アブラミくん』)

みなさんは上腕二等筋の膨らみに愛を感じたことはありませんか? ないですか----そうですか----(苦笑)。

トレーニングの傍ら、心理学系の本よりフィジカル・トレーニングやフィットネス系の書籍を読み漁る日々。


筋肉バカの壁 [博士の異常な健康PART2]

筋肉バカの壁 [博士の異常な健康PART2]

芸人、水道橋博士が40半ばにして、山本KIDの身体を目指して加圧トレーニングやフルマラソン挑戦など、日々のトレーニングやアンチエイジングについて述べたエッセイ。加圧トレーニング、マジでやりたい。


Tarzan (ターザン) 2008年 4/9号 [雑誌]

Tarzan (ターザン) 2008年 4/9号 [雑誌]

こちらは、ほぼ定期購読状態のトレーニング&フィットネス系雑誌『Tarzan』。最新号(4月9日、508号)の特集は“メタボを撃退せよ”。メタボの解説、メタボに関わる新説、脱メタボのための筋トレ法から食事、検診など紹介している。


ほぼ確実に本屋で立ち読みするようになったボディ・ビルディング専門雑誌。いや、別にビルダーみたいな身体にはなりたくないけど、究極のトレーニング方法を知っておくことは大事です。心理療法でもそうですよね。しかし、ボディ・ビルダーのトレーニングもポイントはやはり基本重視、そして無理をしない、自分をきちんとケアをする----これまた心理士に求められるのと同じです。


ROCK&SNOW number39 (spring iss (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW number39 (spring iss (別冊山と溪谷)

クライミングの専門誌『ROCK&SNOW』。最新号は日本を代表するクライマーやコーチがクライミング上達法について語っています。表紙は、女性クライマーが崖に片手でぶら下がっている----ここから上に登っていくのか、あるいは左側から写真の位置までほぼ水平に傾斜する崖を移動してきたのか----すげぇな。プロのクライマーは、指1本だけでぶら下がることもできる。私は片手か、両手の人差し指・中指の計4本が限界。



人気ブログランキングへ

2008-03-27

[][]殺人事件というのは基本的に「不可解」

少年の無差別事件は動機不可解なケースも

 JR岡山駅のホームから男性が突き落とされ死亡した事件で、逮捕された少年(18)は「誰でもよかった」と話し、無差別殺人をにおわせる供述をしているという。少年が無差別に他人を狙う事件は過去にも相次いだが、動機が不可解なケースも多い。

 平成12年5月、愛知県豊川市の主婦が刺殺された事件。逮捕当時、17歳の少年は「人を殺す経験をしようと思ってやった」「経験することが必要だった」と話し、社会に衝撃を与えた。

 2度の精神鑑定の結果、名古屋家裁は同年12月、「専門家による医療が必要」として医療少年院送致とする保護処分を決定した。

 大阪府東大阪市では17年4月、無職の少年が公園で遊んでいた当時4歳の男児の頭をハンマーで殴り、重傷を負わせたとして逮捕された。少年も「老人以外なら誰でもいい」と話し、中等少年院送致とされた。

 「相手は誰でもよかった」。和歌山県高野町で18年4月、写真店経営の男性を殺害したとして逮捕された当時高校2年の少年。和歌山地裁は昨年7月、「いら立ち解消のため一方的に暴行を加えた」と認定し、少年に懲役5年以上10年以下の判決を言い渡した。

 中央大法学部の藤本哲也教授(犯罪学)は「社会が閉塞(へいそく)状態だと、不満を爆発させるような事件が起きる。少年など社会の弱者がストレスに一番反応しやすく、茨城県土浦市の8人殺傷事件に触発された可能性もある」と指摘する。

(産経新聞、3月26日)

最近の少年犯罪について、「動機が不可解」「快楽殺人」「愉快犯」「残酷化・凶悪化している」「現実感がない」「衝動的」といった指摘がなされ、それが言説のようにまかりとおっているが、これは明らかに間違いである。


これは、以前にも述べたが、過去の少年犯罪事件を紐解けば、今も昔も、同様の事件は起きている。


  • 1947年、17歳の少年が十数件におよぶ婦女暴行を続け、うち2名を殺害。「悲鳴が快感だった」が動機で、手帳に犯行をメモ。
  • 1948年、16歳の少年が遊びに来た3歳の幼女を殺して全身を滅多切りにしたうえ、背中に脅迫文を刃物で刻む。
  • 1951年、中学2年生が些細な口論から3歳下の小学生をナイフで刺殺。
  • 1955年、17歳の少年が女性の下腹部を錐で次々に刺した江戸川の通り魔事件。
  • 同年、17歳の少年が小学2年生の女子を暴行殺害、
  • 同年、16歳の少年が5歳の少女を絞殺
  • 1959年、15歳の少年が手製の槍で通りがかりの小学1年生を刺殺
  • 1964年、17歳の名門高校生がタクシー運転手を殺害、肢体をトランクに詰めて姿をくらます。「殺してみたらどうなるかなとかなり前から思っていた。漠然と生きていても意味がない」
  • 同年、17歳の都立高校生による杉並の連続通り魔事件。小学生を縛ってペニスを切断、顔や首を切る残忍な犯行を繰り返しては、警察に犯行の予告状や、マスコミ有名人や被害者宅に脅迫状を送りつける。


人気ブログランキングへ

2008-03-26

[][]もう少し早くしてもよかったのでは?

あたご乗員の下船許可=自殺未遂でカウンセラー派遣も−海自

 海上自衛隊のイージス艦「あたご」の衝突事故で、海自は25日、発生以降認めていなかった乗員の下船を許可することを決めた。同日夕から既に数人が上陸したという。24日に乗員の海士長が艦内で自殺を図っており、乗員のストレスがたまっていると判断。防衛省も心のケアに向け、精神科医や心理カウンセラーを艦内に派遣する。

 海自によると、海上保安庁の事情聴取に影響がないなど、あたご艦長が認めた乗員に限り、勤務時間終了後、翌日の午前零時まで外出が可能。また、宿泊場所が明確な場合は、翌日の午前7時半まで外出できるほか、一部には2泊3日程度の休暇も与えるという。

 あたごは、事故が起きた2月19日以降、海自横須賀基地(神奈川県)に停泊。海保や同省の事情聴取を受けるため、乗員約300人は原則、全員が艦内にとどまっていた。

 自殺を図った海士長は事故当時、艦橋で当直だった1人。海保などが聴取しており、今月24日夕、刃物で手首を切り、病院で手当てを受けた。

(時事通信、3月25日)

事故を起こしたことへの謝罪や償いはきちっとしなければいけないが、潜水艦任務という防衛上非常に重要であり、また潜水艦という極めて閉鎖的な環境から高いストレスがかかる任務に従事している隊員たちには手厚いケアがされるべきだと思う。むしろ今回の対応は遅いぐらいだと思う。

潜水艦はイージス艦と並び、海上自衛隊でも最も機密性の高い任務である。それゆえ、任務でいつ出て行きいつ帰ってくるかを家族にすら教えることはできない。隊員にしても、帰りを待つ家族や恋人にしても、それは過酷である。




人気ブログランキングへ

2008-03-25

[][]安易にゲームのせいにするのはヤメレ

茨城県荒川沖駅での、殺人で指名手配中の容疑者(24)による8人殺傷事件。ここ数日は情報番組・報道番組もこの話題でいっぱいですが----こうした事件が起こるとお決まりのように出てくるのが“ゲーム原因論”なり“ゲーム引き金論”だ。

「容疑者はゲームばかりしていた」だの「格闘技のゲームにはまっていた」だのといった情報を出して、あたかも事件とゲームが関係あるかのように報道をしているが、実際には単なる情報の羅列にすぎない。因果関係はないし、実際科学的に証明はされていない。なお、ゲーム脳理論といったものがあるが、あれはまったく科学的な検証を行っていないので、主張そのものはまったくデタラメだ。


ちなみに、2005年の2月15日に、大阪寝屋川中央小3人殺傷事件の「逮捕された少年はゲーム好きだった」と、これまた事件とゲームを結びつけるような報道がされていたので----このときに私はこう書いている。

例えば、記事の「ゲームが好き」が「カレーライスが好き」とか「日本文学が好き」とか「数学が得意だった」だったら、みなさんどう思われるだろうか? おそらく、アホな意見として切り捨てますよね。

「カレーライスが好きだから3人を殺傷した」とか「カレーライスが好きなことが事件の大きな要因になっている」なんてことがあり得ないのと同じように、「ゲームが好きだから3人を殺傷した」ってことにはならない。両者には何ら因果関係はない。しかし、「ゲームが好き」と言葉が入ることによって、人々は、特にゲームに偏見を持っている人、嫌いな人は、あたかも関連があるかのように思う。ただそれだけのこと。

そもそも、今の時代ゲームをしていない人の方が少ないかも、と思えるほどゲームは普及している。何かしらの事件でつかまった犯人がゲームをしている可能性はかなり高いわけで。

また、対人関係が苦手とか友だちが少ない人がゲームに走るのは当然とも言えるわけで----ゲームのせいで問題が起こったのではなく、問題を抱えた人はゲームに走りがち----つまり、「ゲームにはまっていた」というのは問題の原因ではなく、問題の結果と言った方が自然ではないだろうか。

それから----「ゲームをやりすぎて仮想(バーチャル)と現実の区別がつかなくなる」といった言説もうんざり。仮想の世界であっても、そこで経験すること自体は現実なわけで----。そもそも、こうした区別自体意味はない。


ゲーム会社は、思いつきや偏見でいい加減なことを述べる専門家や文化人、マスコミ関係者を片っ端から訴えるべきだと思う。



人気ブログランキングへ

2008-03-24

[][]筋肉のためなら死んでもいい!?(鍛えすぎで----歯が----)

健康のためなら〜死んでもいい!

(byなかやまきんに君)

[rakuten:book:10832032:detail]

「健康のためなら死んでもいい」というのは、吉本の筋肉芸人なかやまきんに君のネタかと思ったら、このタイトルの本(藤松忠夫著)もあった。こっちが元ネタなのかな?

まぁ、それはさておき、先週、歯を磨いているときに、左下の犬歯とそのひとつ奥の歯(第1小臼歯)の下の部分、歯茎に隠れるか隠れないかの根元近くのところに穴が開いているのを発見。

ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

つい先日、3本の虫歯の治療と、欠けた詰め物の補修をしたばかりなのに、また虫歯? きちんと歯は磨いているのに----。

さっそくいきつけの歯科医院へ。もう10年ほど付き合いさせていただいている歯科医院で、夫婦2人とも歯科医師。勉強熱心で、常に最新の治療法を導入する努力を惜しまず、研究発表も積極的にされていて----その姿勢には非常に尊敬してしまう。今回は、奥さんの先生が担当してくれた。

それで、診察の結果は虫歯じゃなかったのだけど----

  • 診断:「楔状欠損(くさびじょうけっそん、きつじょうけっそん)
  • 原因:ウェイトトレーニングやボルダリング時の歯の食いしばり

楔状欠損とは、歯の根元部分が楔状に削れる・欠けることで、不適切な歯磨き(力を入れてゴシゴシてな感じ)、歯軋り、歯の食いしばり、悪い噛み合わせといった理由で起こるそうな。

私の場合は、正しい歯磨きをしているし、歯軋りはないし、歯並びはあまりよくないけど噛み合わせはよいので----おそらくウェイトトレーニングやボルダリングで歯を強く食いしばるのが原因とみて間違いないということ。食いしばりによる歯の欠損は、普通は奥歯の上下の歯が噛み合う部分が多いし、楔状欠損も根元近くの見える部分が多いそうだけど、歯茎に隠れる根元深い部分が欠損するのはあんまりないらしい。

歯には、通常の食事するときでも30〜40kgの圧力がかかるという。ウェイトトレーニングなどで強く歯を食いしばる場合はさらに数倍の圧力がかかるとのこと。結果、圧力で歯がねじれ、それによって歯が部分的に欠損するという。ということで、治療は欠損した部分を削って形を整えてから詰め物を埋めて補修。

うーん、虫歯だったらこれでおしまいなんだけど----食いしばりによる欠損ということなら、今後トレーニングを続ける限りはまた再発するだろうし(埋めたところが欠ける)、右側の犬歯・小臼歯もいずれ欠損してしまうかも----

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

先生「まさに身を削って鍛えられてますね」「takashiさんて文化系の方だったのに、すごいですね」

確かに、大学生の頃からの私を知っている人にとっては、今の私は考えられないのは無理もないなぁ。

σ(^_^;)アセアセ...

マウスピースをつけるのは対策としていいとのこと。

でも、ウェイトトレーニングは少し控え目にしようかなぁ。


ブログランキングへ

[][]スクールカウンセリングの衰退と生徒指導の復権

スクールカウンセラーの予算大幅削減の波は、単純に財政難という理由だけでは説明できない。いろんな関係者と話をして感じたのは----ひとつの大きな背景として生徒指導の復権がありそうだ。

スクールカウンセリングと生徒指導は、やや対立的(※「仲が悪い」というニュアンスではない)な関係があるものの相補的な関係にある、というのがこれまでの捉え方であったと思う。プロレスで言えば、ベビー・フェイスとヒール(よいモンと悪いモン)みたいな感じだ。

ただ、これが近年大きく変わり----生徒指導の一部としてスクールカウンセリングが位置づけられるようになってきた。

いや、元々この後者だったのだが、カウンセリングブームを受けて、実態として前者のようになってしまった、と言った方が適切だろうか。スクールカウンセラーを管轄しているのは、実は生徒指導関係の部署であることも、このことを示している。

危機的な問題・状態(赤信号)

  

   ↓(ソーシャルワーク)

ひとまず危機的な状況を脱した状態(黄色信号)

   ↓(カウンセリング)

よりよい状態、QOLの向上(青信号)

これは、ブリーフセラピーを応用した児童虐待ケースワークプログラム、“サインズ・オブ・セーフティ”の開発者のひとり、アンドリュー・ターネルが、ワークショップのときに“カウンセリングとソーシャルワークの違い”を説明するときに書いた図である。

虐待やデートDV、非行、いじめ、発達障害児への支援、モンスター・ペアレントなどなど----子どもをめぐる問題がより複雑多様化している状況において、いわゆるカウンセリング、カウンセラーが活躍する場は減ってきた。むしろソーシャルワークの方が求められるようになった。黄色信号の問題よりも赤信号の問題の方が増えている、と言ってもよいだろう。ちなみに、きちんと仕事をしている評判のいいスクールカウンセラーは、ソーシャルワークをとてもうまくできる人と言える。

しかし、ソーシャルワークも問題の解決・改善のためのひとつの方法論であり、比較的短期的なアプローチである。しかし、これだけでは足りない----こうした問題の解決・改善なり予防にあたっては、より長期的な視点で生徒に対する教育や指導をしていくことで徹底していこう----そこで再注目、再評価がなされてきているのが生徒指導である。

最近は、生徒指導関係の教師向けの研修の中にカウンセリングやコーチングが積極的に組み込まれるようになっているという。かつては、教育相談担当者向けにカウンセリング関係の研修が行われていたが、こっちの方は減っているそうだ。

つまりのところは、カウンセリングも学んだ生徒指導担当教師が、生徒指導とカウンセリングを学んだ教師が、学校の諸問題に対応していく、ということになるだろうか。もちろん、やや専門的な心理療法やカウンセリングが必要な生徒はスクールカウンセラーが担当するが、仕事の範囲としては狭くなるので、時間も日数もそれほど要らないということになる。さらには、予算削減のためにも外部にゆだねる、という動きが今後盛んになっていくとも言える。

ブームが去る、というのはこういうもんだ。



人気ブログランキングへ

2008-03-23

[]4月からの節約計画

まずは、なんといっても節約ですね。今までと同じようにお金を遣っていたら破滅しますので----。

別にブランドものとか貴金属には全然興味ないし、服はほとんどユニクロで購入、ギャンブルもしない、タバコは吸ったことがない、酒も普段はほとんど飲まないので、そう贅沢しているとは思わないのですが----一方で、「貧乏でも良い物を食べよう」ということで、食事にはちょっとお金をかけているし、多趣味、それも“深く広く”が災いして、こちらにもけっこうお金を費やしています。それから、専門書籍や学会、ワークショップ・講演会・勉強会など仕事絡みの経費も心理士の平均をだいぶ超えていると思う。

独身だし、当然子どももいないので、背負うものがないのだけど、そろそろきちんと先々のことを考えて行動しないとね。

とりあえず、現時点で考えている4月からの節約計画ですが----。金額はいずれも1年での話。


止める、ないし減らすこと

  • スターバックス通いを週5回から週2回に減らす:約62,400円減
  • 月1〜1.5回通っていた整体を2ヶ月に1回にする、あるいはやめる:約30,000〜90,000円減
  • 年に2回ほどケース買い(6本)していたワインをやめる:約40,000円減
  • 年150,000円ほど使っている音楽CD・DVD代を半分に減らす:約75,000円減
  • 月4〜6本ほど観に行っている映画を1〜2本ほどにして、残りはレンタル:約32,400〜43,200円減

(DVDレンタルは月15〜20本借りているけど、映画鑑賞を節約する分、現状維持にする)

  • スポーツクラブで買っているミネラルウォーター→ジャスコで無料で手に入るミネラルウォーターを詰めて持っていく:約28,600円減
  • 全国心理士会・県士会を含め8つの学会・職能団体に加入→いくつか減らす
  • 今年もブリーフサイコセラピー学会以外の学会の大会には参加しない(以前は3つほどの学会の大会に参加):宿泊費・交通費・飲み代・参加費を含め20万円ほど減
  • 万単位のお金がかかるワークショップには参加しない
  • 専門書籍の購入も3割ほど減らす
  • 月4〜6回ほど食べているイタリア料理やフランス料理のコースを月2回に減らす:(1回2,500円として)約60,000〜120,000円減
  • LOTO6の購入を毎週5口(1000円)を3口(600円)に減らす:約20,800円減

とりあえず止めない、止めたくないこと

  • スポーツクラブ:年会費115,200円
  • プロテイン:約60,000円
  • 高額のキャリーオーバーが出たときのTOTO BIGの5口(1,500円)購入

新たに始めること

  • (今まで嫌で敢えてしてこなかった)ブログのランキングサイト登録をしてアフィリエイト収入を増やす
  • 仕事のない日、空いている時間:無店舗スタイルで開業、あるいはフツーにアルバイト
  • 講演の仕事を増やす

検討中、迷い中

  • ガソリンをハイオクからレギュラーに変更

(小型車なので問題はないけど、ハイオクの方がエンジンに優しいので)

  • 携帯電話のプラン変更(docomoのMプランをSプランに変更)
  • 自炊(しかし、うまいことしないとかえって高くつく)、あるいは中食(惣菜屋・弁当屋で購入したものを家で食べること)を増やす。
  • 中古の安い原付を購入して、日常生活の移動はこっちでする。
  • 慢性アレルギー性鼻炎のため服用している薬の種類を3種類から2種類に減らす。あるいはジェネリックがあればそれへの切り替え

難しい問題

ひとり暮らしの車持ち----。


−−−−−−−−−

うーん、大して節約にならないか----。

それにしても、こんな人生、楽しくない----


人気ブログランキングへ

2008-03-22

[]4月からワーキングプアです─私も\(^o^)/オワタ

生まれる前&生まれるときから今に至るツキのなさに加え、心理士・カウンセラーをめぐる急速な雇用情勢の悪化、少子化、財政難のあおりを受けて、来年度の収入が今年度に比べおよそ40%減になることがほぼ決定です。残り31日までに仕事が増える可能性もあるのですが、それでもちょっとしか増えないので、まあ大して状況が変わらないです。まぁ、踏んだり蹴ったり。

仕事の数はむしろ増えるのですけどね。でも、多くは時間も単価も少ないので----。

このブログでも前々から、「心理士・カウンセラーの雇用情勢は悪化する」と言っておきながら、それに備えて大して貯金をしてこなかったので----まぁ、自業自得なんですけど、4月からどう過ごすか----。


というわけで、新カテゴリー“貧乏カウンセラー”を設定し、4月からの貧乏生活をつれづれに綴ってみますよ。



人気ブログランキングへ

2008-03-20

[][]登狂報告20080320

学校関係の仕事が休みになり、しばらく週休5日モード。というわけで、この火曜日、友だちとランチをした後、ボルダリングをしに某所に行ってきました。

あいかわらずコース5-2で足踏み中。実は、これが中級コースで1番難しいとのこと。まぁとにかく、スタートが難しい。スタートの姿勢から、次のホールドに移るときに、一瞬、どうしても片手で全体重を支えなければならないのだけど、ホールドが握りこめない形なので落下してしまう。やりこんで少しずつコツを掴んできてはいるけど、単に落下までの時間が少し長くなっただけで----。まぁ、こればっかりやっていてもつまらないので、スタート部分をクリアできた場合に備え、次のホールドに移ったところからも練習してみる。しかし、これまた難しい。どうやら、「スタートから後の部分は、スタートをクリアした1.5倍の練習時間がいる」らしい。ゴール手前3手ぐらいのところで、どこにも手も足も出せない行き詰まった状態になってしまう----。ホールドのない壁の部分をうまく使わないといけないわけだけど(※ホールドのない壁の部分を使うのはOK)----クリアまでだいぶ時間がかかりそうだ。

ちなみに、クリアしても認められないけど、6-1と6-2をやってみたところサクっとクリアできた。

しかし3月は、ほぼ週2回、それも毎回2セット90分もやっているせいか、ちょっと右手中指が痛い。フリークライミング・ボルダリング界の用語で「パキる」と言うそうな。指に負荷をかけすぎて指の関節やじん帯が傷ついたり炎症したりしていることを指す。分かりやすくいえば「軽い突き指」状態。パキるのはクライマーの宿命&職業病だし、軽い突き指状態は慢性的に抱えているとのこと。これでクライマーの仲間入りですかww。

2008-03-19

[]スクールカウンセラー、臨床心理士、終わったな----(数年で待遇がほぼ半減したSCはやはり“使い捨て”)

私の生息地域でも、ようやく来年度のスクールカウンセラー(SC)の配置や条件について決まったようだ。ただ、雇用条件がかなり悪くなり、収入が大幅減になった。SCの仕事が主な収入源であろうがなかろうが、かなり痛い状況であることは間違いない。

ここで、少し、SCの雇用条件の変遷を振り返ってみよう。

かつて、私の生息地におけるSCの1年度あたりの雇用条件は1校あたりこんな感じだった。

時期イ:週1日8時間、年35週、文房具費10000円、書籍代10000円

それから、こう変わっていった。

時期ロ:文房具費、書籍代がカットされる

  ↓

時期ハ:週1日8時間が6時間に減る

  ↓

時期ニ(来年度):週1日6時間が5時間に減る、さらに年35週が32週に減る

SCの仕事は完全時給制である。時給単価をA円とした場合、それぞれの時期の1校あたりの収入は、

時期イ:280×A+20000円

時期ロ:280×A円

時期ハ:210×A円

時期ニ(来年度):160×A円

つまり、来年度は、今年度に比べ24%減、最ももらっていた時期イに比べて43%も減ったということ。ほぼ半減。なお、“イ”から“ニ”に変わったというのはここ数年の話である。この条件だと、今年度3校で働くのと、来年度4校で働くのとそう稼ぎが変わらないことになる。

「自分たちの仕事についてきちんとエビデンスを示せていない」、「必ずしもうまく機能していないところもある」、「むしろトラブルを起こして害になっている人もいる」など、SC側の問題も否定できない。しかし、それにしても、数年で待遇が半分近くも減らされてしまうというのは、やはり異常だと思う。成果主義を導入している企業の正社員とか、不祥事なり問題を起こした正社員ならあり得る話とも言えるけど、非正規雇用(非常勤、アルバイト・パート雇用)でこんなに短期間で大幅に雇用条件が悪くなるなんてことはまずあり得ない。まぁ、コンビニとかファーストフード店のアルバイトの収入が43%も減れば、労働局が定めている最低賃金基準をはるかに下回ってしまうからなぁ。

時期イの頃は、書籍代や文房具費を使って、エゴグラムやYGといった質問紙法の心理テストや専門書籍、相談室に置く小物や看板などを買っていた。しかし、今はそれができない(したかったら自腹を切る)どころか、自分たちの生活基盤すら怪しくなっている。そして、提供できるサービスの質は確実に低下している。

財政危機の中で予算が減っていくのはしょうがないけど、もっと先に減らすべきところはあるし、滞納者からきちんと取り立てたり、税金を消費してしまうような悪質な迷惑行為・軽犯罪(例えばポイ捨て)を犯したものから高額の罰金を徴収したりすれば、財政赤字なんてものはだいぶましになるのではと思う。

「労働者の権利」という視点から考えた場合、SCの雇用状況はヒドイとしか言いようがない。非正規雇用の労働者の雇用状況・条件の悪さが社会問題として指摘され、最近それに応える形で「パートタイム労働者法」が改正されたのだけど----そういった流れとは明らかに逆行している。

もはや救いようがないSCというか、心理士----終わったな。

\(^o^)/オワタ



人気ブログランキングへ

2008-03-18

[]ジャンパー JUMPER(アメリカ、2008年)

映画館で鑑賞。


まぁ、簡単に言えば、テレポーテション能力を持つ“ジャンパー”の青年デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)と、ジャンパーたちを抹殺しようとする組織“パラディン”との戦いを描いた作品。

なんだけど----彼がジャンパーの能力に気づき、その力を使って贅沢をつくすところは描かれているものの、何でジャンパーの能力が備わったのか? 何でパラディンがジャンパーを抹殺するのか、そういったあたりが全然描かれていないので、消化不良感が残る。また、こういう超絶な“力”持ったヒーローものの作品は、力を持つが故の苦悩、そしてその苦悩の克服というのが得てして描かれるのだけど、この作品では、極めてちょろっと中途半端な形でしか出てこない。これまた消化不良。


テレポーテーションやパラディンとの戦いでのCG・VFXのクオリティは高く、見ごたえあり。

ヒロインのミリーを演じるレイチェル・ビルソンは、ちょっと好みではない。華奢なスタイルはいいのだけど、顔が濃いというかケバいというか----。


ストーリーがイマイチな分残念な映画。でも、これほどの映像技術があるのなら、ぜひとも『超人ロック』を実写映画化してほしいところ。

2008-03-17

[][]「見た目で判断するな」と言われても----

13日のエントリーでも取り上げた福岡の中学校での、一部不良生徒たちによる授業妨害。2人が逮捕されるということになった。まぁ、当然というか、むしろ遅すぎる。マスコミ報道がされてから逮捕というのも、何とも白々しい。

それで、逮捕前の14日の昼にニュースを見ていたら、授業妨害をやっている生徒がコメントしている映像が出ていたのだけど----その生徒は、「見た目で判断するな。だから大人は汚いんだ」といったことを吐いていた。

2ちゃんねる風に言えば、何ともDQNな痛いコメントだと思う。自分のやっている「汚いこと」を棚に思いっきり上げて、よくもまあ「汚い」なんて言えるなぁ、と。まあ、確かにまわりには汚い大人がいるかもしれないし、教師や保護者の対応の仕方にも問題があるかもしれないから、そう主張することは別に問題ないとも言える。ただ、どう見ても、「見た目まんま」の派手な問題行動を犯しているわけだから、何とも説得力がない。というか、見た目以前の問題。校則違反ならともかく、違法行為や暴力行為は許されるものではない。

こんなことを書くと、「それでもカウンセラーなんですか?」なんて思う人もいるだろうけど----彼らのような生徒に対しては、私はやさしくなれないのですね。

激しく非行や違法行為を犯している生徒、とりわけ他人に危害を加えている生徒に対して、「彼らの気持ちに寄り添って」とか「彼らも心に傷を抱えているし悩んでいるのだから、気持ちを聞かないといけない」、「彼らはダメな社会、大人の犠牲者・被害者だ」「生徒との対話が必要」ということで、毅然とした対応を取ることに反対するカウンセラーや教師がいる。こうした意見自体は間違ってはいないし、否定はしない。矯正段階では必要だし大事である。ただ、今現在違法行為や暴力が行われている状況で、こういう考えしかしていないということであれば、それは愚かだと思う。

カウンセラーであっても、違法行為や暴力が行われている状況でまずしなければならないのは、そうした行為をすみやかに止めることである。気持ちや話を聞くことではない。気持ちや話を聞くことで違法行為・暴力が収まっていくこともあるが、そうあてになるものではない。気持ちや話を聞くことで解決・改善していくという見立てが立つのであれば、どんどんしてもらえばいい。しかし、そうでないならば、毅然とした対応をすべきだと考える。

違法行為や暴力行為を犯したのであれば、法の裁きは受けないといけない。もちろん、個々の特性や生育歴なども踏まえて、それらに配慮した量刑が課されるべきであるし、矯正施設で適切な教育・支援が提供されるべきである。

いずれにしても、逮捕した2人を含め、授業妨害をした生徒たちが更正してくれることを望む。

余談だけど----刺繍の入った短ラン(中にはピンク色もいた)、だぼだぼのボンタン、リーゼントに剃り込みって----いったいいつの時代の不良なんだよwwww。私が中学生のときが末期だったような。まさか、21世紀・平成の時代に、コスプレじゃなくリアルで見られるとは思わなかったよ。

この中学校にはホレイショ・ケイン警部補を投入すべきだな(笑)。

2008-03-16

[]「CSI:マイアミ」第4シーズン─鬼捜査官はあいかわらず鬼です。

科学捜査班の活躍を描いたアメリカのドラマ「CSI」シリーズ。そのうち、マイアミを舞台にした「CSI:マイアミ」の第4シーズンがVol.5まで出たのでレンタルして一気に観た。

勧善懲悪の鬼捜査官、ホレイショ・ケイン、第4シーズンも絶好調です。スカっとする名台詞、決め台詞、捨て台詞が出まくり咆えまくりです。カッコよすぎです。ちょっと紹介すると----。

利益追求のため若い女性を助けず見殺しにした男。彼は、「彼女の叫び声が頭から離れない」と罪悪感を吐露するものの、ホレイショはこう返す----

せいぜい悪夢にうなされるがいい

容赦ないですね(苦笑)。


高級住宅街で、強盗が入り、住み込みの使用人の女性が殴られた上レイプされる事件が起こった。家の主が、彼女を見捨てて妻と子どもだけでシェルターに隠れた以外にも、この使用人に手を出していたことも知り----事情聴取のときにこう咆える。

彼女には他にも悪いことをしただろう----ゲス野郎!!

日本なら確実に大問題です。女子どものことになると熱くなる、それがホレイショ・クオリティ。

(・∀・)カコイイ!!


女性が惨殺される殺人事件が起き、犯人の巧妙な策略によってホレイショが容疑者として疑われてしまう。部下たちは、彼の無実を証明しようと血気盛んになる。しかし、そこでホレイショは部下たちにこう言って諭す----。

捜査に私情を挟むなよ

うーん、漢です。あくまでも正しい捜査をすることが、無実の証明につながるということです。


連続強盗殺人事件が発生。捜査の中で、一連の事件がとあるテレビゲームの再現であることがわかる。そこでホレイショは、部下にこう言う。

(犯人に)現実を思い知らせてやる----イヤというほどな

こ、こぇー(汗)。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


女だったら惚れてます(苦笑)。

2008-03-15

[][]Trainig is all!!

必殺技など存在しない。必殺の「心」をトレーニングで手に入れるんだ。Training is all.

(ミルコ・クロコップ)

今日は、去年から始まった弟分の心理士さんが主催するブリーフセラピーの勉強会に参加するため某市へ。なんだけど、いつもより1時間ほど早めに某市に行ってちょっとショッピング。

行ったところは、格闘技専門のスポーツメーカー、BODYMAKERのショップへ。

BODYMAKER

月末に参加するイスラエルの軍隊格闘技“クラブマガ”のワークショップに必要な道具を揃えるためだ。内容は入門なんだけど、徹底的に合理性と実践性・実戦性を追求していることもあり、予定しているプログラムは、ミットなどをガンガン殴ったり蹴ったり、逆にミットを持って殴られたり蹴られたりてな感じとのこと。

なので、男性はファウルカップ着用が必須になっているし、バンテージやオープンフィンガーグローブは「ご着用推奨」、マウスピースも「お持ちの方はご持参されることをお薦めします」になっている----。どんだけ激しいことするんだ?

まずはオープンフィンガーグローブを物色。するとスタッフが、「ぜひ実際につけて、そこのサンドバッグを打って見てください」と言ってくれるじゃありませんか。とりあえず全種類着けてみて、その中で着け心地がよかった3つを順に着けてサンドバッグを打ち込んでいく。ジャブ、クロス、フック----いやあ、やはり実際に打ち込むのはスカっとするなあ。

f:id:psychologist:20080316014456j:image

というわけで、それらの中で1番着けやすかった&打ちやすかった物を購入。

さらにマウスピースも購入。マウスピースはウェイト・トレーニングのときにも使いたいので。ウェイト・トレーニングは、重い負荷だと、こなすのにかなり歯を食いしばるため、長いことやっていると奥歯を中心に磨り減ってしまうんですね。トレーニング歴4年目に突入した私も----先日虫歯の治療を受けたときにわかったのですが、奥歯の詰めた部分が何ヶ所か欠けていた----。歯は大事にしたいし、より効果的に力を入れてトレーニングをしたいですしね。


格闘技も臨床心理面接も、実戦的なトレーニングと自分自身のケア&メンテナンスが大事です。

2008-03-13

[]あいかわらずの加害者天国ぶり

<傍若無人>生徒8人がつば、放尿、喫煙… 福岡の中学校

 福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒による“授業妨害”が続き、校長と教頭が心労で体調を崩し休職や自宅療養する事態となった。管理職不在を避けるため、校長は今月1日に後任が着任した。生徒たちは2月末まで約1年間、校内の一室に“隔離”されていたが、現在は指導が事実上及ばない状態にあり、教育委員会は「混乱のおそれがある」として卒業式の14日、県警に警備の要請を検討している。

 教委によると、これらの生徒は2、3年生の計8人。廊下の窓や校長室のロッカーを壊すなどの器物損壊や教師への威嚇行為を繰り返した。また、校内を徘徊(はいかい)しては訪れた保護者につばを吐きかけたり、2階渡り廊下から放尿したこともあったという。

 学校側は生徒たちを美術準備室に個別断続的に“隔離”したが、生徒はテレビゲームや電熱器、ラジカセなどを自宅から持ち込み、喫煙や飲食するなど事実上のたまり場となったため、2月末に準備室は閉鎖された。現在も生徒たちは登校しているという。

 この間、教頭は昨年末に約1カ月間休養し、2月下旬から現在まで自宅療養中。校長も2月上旬から病欠し、今月1日から休職した。ともに心労で体調を崩したという。

 所管する自治体の教育長は生徒たちの行動について「原因は分からない」と話す。教育長によると、学校側は生徒らの親に話し合いを求め、生徒が一度は学校や親の注意を聞いても、仲間で群れると再び荒れ出したりするといい、結果的には改善できなかったいう。

 校長の病欠を受けて、教委は事故防止のため職員6人を連日学校に派遣。一部保護者も週1回、校内のたばこの吸い殻などを拾う活動を始めた。しかし、実態に憤る保護者は少なくなく、2月末の緊急保護者会では「生徒らを出席停止にしてほしい」との要望も出た。また、4月に入学する新1年生数人は、親類宅などから通う形で隣接自治体の中学校への進学を決めているという。

 1年生の保護者という40代の主婦は「校内は吸い殻が散乱しているし、荒れているのは事実。子供が巻き込まれないか心配でたまらない」と話した。

 教育長は「信頼される公立学校という責務を全うできず、深く反省している。正常化に向けて地域の協力もあおぎ、生徒の生活指導を徹底して、全力で立て直したい」と話している。

(毎日新聞、3月13日)

これは明確な犯罪行為でしょう。ふつう、出席停止とかじゃなく、逮捕しないと。何で逮捕させないのか----おかしすぎる。何回か少年院の見学をして思ったのだけど、生徒の更正を考えるなら、早い段階で矯正施設に入れた方がいい。「生徒の将来のため」とかいう理由で、学校関係者が抱え込む状況は、結果として更正からほど遠くなる。生徒たちも、自分たちの行為の責任を取るべきだ。

[][] 日本におけるDV対応の問題─それを「自由恋愛」とは言わない。(改正DV防止法に思う)

今年1月11日、DV防止法、正式には「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」の改正法が施行された。改正のポイントは次の3つだ。

1.生命・身体に対する強迫を受けた被害者も保護命令の申し立てができる。

2.被害者に対する電話・電子メール等が禁止される。

3.被害者の親族等も接近禁止命令の対象になる。

改正の内容自体はいいが、DV防止法としては、他の先進諸国と比べて依然としてお粗末な内容としか言いようがない。“デートDV”はあいかわらず対象にはなっていないし、加害者に対する法的拘束力も大してないままだ。

「日本では、社会で子どもを守っていこうとする文化が希薄」といったことは、このブログで何回も述べている。そして、これは女性にしても同じことが言える、ということもここでも何回か書いた。

簡単に言えば、DVを「解決する」には被害者が暴行や傷害で加害者を刑事告訴すればいい。しかし、それができなかったら、事態は全くよくならない。この「0か100か」というような両極端な状況がそもそも問題である。DVで心理的に支配されている状況で相手を訴えるのはかなり難しいことであり、それができないからDVが続くわけだし、逆にそれができるようならそもそもDV問題は非常に早い段階で解決している。加えて、DVが続くことでまともな判断ができなくなっていくため、時間が経てば経つほど状況は悪化していく。

日本の法律や警察は、たとえボコボコに殴られ大ケガをしても、車や家、その他被害者の財産・所有物に物的損傷を与えられても、経済的に搾取されても(金品を恐喝されても)、レイプされても、被害者が被害届を出し刑事告訴をしない限りは「自由恋愛」として片付けられる。実際、私も以前警察から直接そう言われたことがある。

確かに「自分で自分を救う」ということが極めて大事であるものの、かといって被害者による刑事告訴のみが唯一の解決手段というのはあまりにバランスに欠いているし、「加害者天国」という状況を作り出している。現行の法律では、被害者が成人である場合は、親や兄弟といった家族が警察に訴えても全く取りあってはくれない。警察の言い分としてはこうだ、

「法律を拡大解釈したり捻じ曲げたりして、人権侵害をするわけにはいかない」

でも、加害者から被害者に行われている行為の方がはるかに人権侵害と思うのだけど----。警察は加害者に一応注意はすることはあるものの、何の拘束力もない。また、その日のうちにDVが再発したところで警察として何か対応してくれるわけでもない。被害者が自分を救おうとして動かない限りは、まわりの者はただ指を加えて悲惨になっていく状況を見ているしかないのだ。一方加害者は、警察のこうした対応から、ますます自分の考えや行為の正当性を確信し、また周りの人に相談したことや警察に話が行った報復として、DVをエスカレートしていく。そうすることで、被害者が警察に訴える機会や意欲はますます奪われていく。

周りの者が説得するとか、シェルターに入れるというのは、あくまでも被害者が自分を救うための手助けでありプロセスであって、加害者の行為に抑止力を発揮するものではない。

警察は法律関係者でもあることから、法に従わなければならないのはわかるが、でも、こうした状況は明らかにおかしい。被害者が訴えにくい状況があるのだから、訴えないから放置ということではなく、もう少し被害者の状況に寄り添う形で踏み込んだ対応をしてほしい。しかし、悲しいかな、「殴られるようなことをしたあなたも悪い」「あなたにも原因があるのでは?」と言う警察官が多い(ほとんど?)のも事実。これじゃあ、せっかく警察に行っても被害届出す気は失せるだろうし、DVの解決の一歩は、被害者が加害者を否定するところから始まるのに、警察が被害者を否定していたとあっては話しにならない。

児童虐待同様、DVもその事実や疑い(特に暴力)があれば、被害者の訴えの有無に関係なくひとまず介入をする、ということもあってもいいと思う。



人気ブログランキングへ

2008-03-12

[]脳内プログメーカー

名前を入力してクリックすると脳内で埋まっている考えが勝手に表示されることで話題を呼んだ“脳内メーカー”


脳内メーカー

ちなみに実名(漢字)の結果はこちら----

f:id:psychologist:20070706233620g:image


で、その続編とも言える、“脳内ブログメーカー”が公開された。名前を入力してクリックすると脳が書きたがっているブログの文章が勝手に表示されるというものだ。

404 Not Found

もちろん、両方とも科学的根拠はまったくない。


さっそくやってみた。

実名(漢字)の場合

あー、新日本プロレス見忘れた!!!!

最近始めたピラティスに夢中だったよー(´Д`)

ショックでか〜

ピラティスに夢中な新日本プロレス好きってwwwwwww


takashiの場合

とうとう負けました。

お金を積んだかいがありましたよ(;´▽`)

これから反省会だ!!

い、いったい何に負けたのだろうか----? 負けたのに「お金を積んだかいがありましたよ」なのか----!?


実名(ひらがな)の場合

誘われたのでドライブしたら、

とても気持ちがよかった。

だからついでにパラパラもした。

さすがに吐いた。

パラパラして吐くとは----。

(;´Д`)ゲロゲロ

誘われたのに吐くとは最低ですね

( ´ー`)フゥ-

2008-03-11

[][]筋狂報告&登狂報告

特集は「男も女も初めても久しぶりもフィットネスクラブ200%活用術!」



こちらは、スポーツ選手、アスリートを特集する雑誌『number』。最新号(3月20日、699号)の特集は“女子力”。実力派や注目の女性アスリートが特集されています。表紙は話題のバトミントン・ペア、小椋久美子と潮田玲子ですね。


さて、学校関係の仕事を持っている非常勤心理屋にとっては、年度替りのバタバタもあるものの、学校関係の仕事がしばらく休みに入るので、比較的時間が持てます。収入は減りますが----。

(>_<)

そこで、日頃のフィジカル・トレーニングは、ほぼ毎日のスポーツクラブ通いに加え、2月末日から、週1〜2日のペースで夕方にボルダリングを1時間半〜2時間しています。8段階、各レベル2コースずつ、計16コースを順番にクリアーしていく中級コースを45分やった後、少し休憩して初級のトラパース(横移動)をやったり、フォームやムーブの練習・確認をしています。

中級コースは、先週5-1をクリアーし、現在5-2に挑戦中。実は、この5-2が尋常じゃなく難しく、ただ今足踏み状態。3月中にはクリアしたいけど----今日もダメだった。こればっかり挑戦してても練習にならないので、他のコースにも挑戦する(ただし、飛ばして次のコースをやってクリアしても認められない。けっこう厳しい)。

今日いたスタッフは、2人とも達人の女性だったので、いろいろ教えてもらったし、彼女らがやっているのをじっくり見れた。心理療法でもそうだけど、うまい人がやっているのを見ることは重要だ。ムーブのイメージを頭に叩き込む。それにしても、2人のうち1人は、身長が150cmぐらいの小柄な女性なのに、オレができないコースをサクっとこなす----。筋力は断然オレの方があるわけだけど、それ以外の、テクニック、バランス感覚、柔軟性など全てにおいて彼女の方があるわけで----。また、筋力があっても体重が重いと相殺されてしまう。

ちなみに、ボルダリングをする場合の理想的な体型は、絶頂時のブルース・リーだという。

f:id:psychologist:20080312010727j:image

f:id:psychologist:20080312010715j:image

2008-03-10

[]八坂神社で恋愛みくじを引いてみる

八坂神社で「恋愛みくじ」を引いてみました。くじを引くと“13”の数字。その数字を社務所の受付に持って行き、札をもらいます。

結果----“大吉”

大吉キター!! キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!

初詣のおみくじも大吉だったし----キテますかね、オレ?


詳しい内容はこんな感じ。

待えたる星の心をおもふにも けふのこよひはさぞなうれしき

(祇園社御法楽 邦永)

牽牛と織姫の2つの星が出会うこのとき、願いごとをすると叶うと言われています。七夕星の御導きにより良きご縁に恵まれ、それが長く続きますよう祇園の神に祈ることです。

出会い:待つこと甲斐あり、時到りて劇的な出会いがあるでしょう。

恋愛:相手の心の温かさや穏やかさに気持ちの安らぎあり、着実に発展深まる。

幸運の鍵:流れ星

げ、「劇的な出会い」----信じていいのですかね。

まぁ、くじだけ幸運ひいていてもいかんのですけど。

恋愛絵馬も購入し、願いごとを書いてかけます。ってどんだけ必死なんだ、オレ?(苦笑)

2008-03-09

[][]古都めぐり─京都観光

銀閣寺

f:id:psychologist:20080311004257j:image

あいにく、補修・改修中。

f:id:psychologist:20080311004256j:image 銀沙羅

何度見ても素晴らしい、銀沙羅。

f:id:psychologist:20080311004254j:image



上賀茂神社

f:id:psychologist:20080311004046j:image

f:id:psychologist:20080311004044j:image

友だちの心理士お薦めの神社、上賀茂神社へ。世界遺産に指定されているものの、今まで存在すら知らなかった。しかし、これまで知らなかったのがもったいなさすぎるほど美しいところ。



八坂神社

f:id:psychologist:20080311004446j:image 祇園の街

祇園の街を少し練り歩き、その風情を楽しむ。


f:id:psychologist:20080311003909j:image

そして、祇園祭が行われる八坂神社へ。「祇園さん」「祇園社」とも言われ、愛されている神社。

f:id:psychologist:20080311003908j:image

f:id:psychologist:20080311003907j:image

ちょうど神前結婚式がやっていたので、ちょっと撮影。



鍵善良房

食後は当然甘いものを食べないと!! ということで、このブログの常連のすちゃらかさんお薦めのくずきり専門店「鍵善良房」の本店に行く。

鍵善良房 | 京都祇園の和菓子屋「鍵善良房」のウェブサイト

くずきりのお値段、なんと900円。チャーシュや半熟煮卵の入ったラーメンよりも高い(苦笑)。黒蜜と白蜜があるので、黒蜜を選ぶ。

f:id:psychologist:20080311003655j:image

けっこう大きい容器。

f:id:psychologist:20080311003659j:image

フタをあけると、上に黒蜜が入った容器が出てくる、それを取り出すとくずきりが出てくる。

それで味の方は----いやー、旨い( ゚Д゚)ウマー。コンビニとかで売っているのとはワケが違う。



京のおばんざい・ぶぶづけの店「おくむら」

f:id:psychologist:20080311002348j:image

2日目の仕事は昼に終了。せっかく京都に来たのだから、夕方まで京都を巡ろうということで----まずは祇園へ。とりあえず昼飯ということで----たまたま通りでもらったチラシの店に行く。京おばんざい・ぶぶづけの店で、昼はお得な880円均一のランチをやっている。「おばんざい定食」は、その日の16種類のおばんざいから好きなものを3品・味噌汁・ご飯・香の物、「ぶぶづけ」は京都流のお茶漬けで京漬物盛り合わせ・好きなおばんざい1品という感じ。ぶぶづけを注文。お茶漬けに味がついてない分、京漬物はけっこう塩気が強い。漬物をお茶漬けに入れて食べると、いい感じ。あっさりしていて、飲みすぎで疲れた胃腸が癒されます。

2008-03-08

[][]古都でしっぽりと─四条河原町、先斗町で女子大生とデート!?

縁あって、推薦入試で心理系の大学進学を目指す高校3年生の女子生徒の指導をしたことがある。彼女の志望大学では、推薦入試の小論文で、心理学系の論説などを読んで感想や意見を書かせたり、心理学的なテーマについて私見を書かせたりといった課題が出ることが多かったので、過去問題をしたり、面接試験対策の指導をしたりした。とにかく熱心で、理解も早かったし、目的意識もしっかり持っていた。彼女の努力と才能により、第1志望の大学の合格した。

それから3年後----私が仕事で京都に行くということで会うことになった。これまでメールでは何回かやり取りはしていたけど、会うのはほんと久しぶり。

ただでさえ、学生服から私服になっただけで女性は大きく変わる。さらに10代から20代にかけて女性はグっと変わる。

四条駅の出口で待ち合わせ。土曜日の夜ということもあって、まぁ人が多いこと多いこと。四条のメインストリートは京都とは思えない現代的な繁華街の町並み。先に私が到着。メールすると、しばらくして「もうすぐ着きます」との返事。

しばらくすると、左後方から「先生ぇー」との声が。振り返ると----そこには、おぼこかった面影はどこへやら、すっかりというか、想像以上に大人な女性になっていた彼女がいた。かなりびっくり、というかぶっ飛んだ。「うわーっ、すごい!!」って、心の中で思った。いや、思わず声に出ていたかもしれない。女は変わるもんだ。ある意味怖い(苦笑)。いやぁ、先生ドキドキですわ。でも、しゃべると、当時の彼女そのままのところも。正直ちょっと安心した。少し京都弁が入っていて、萌えた(オッサン)。

さっそく、先斗町にある和風バー「數寄屋」(すきや)へ向かう。スーツ姿の私に、ちょっとフェミニンでセクシーな彼女----イケてない男に、イイ女----こりゃ、同伴出勤にしか見えないな(苦笑)。店は私が調べて選んだのだけど、狭い路地が入り組むこの地域はほんとわかりにくいこともあり、事前に下見をしてくれた彼女にエスコートされる----オイオイ(苦笑)。新しいのだけど、古き和の趣溢れる界隈の中に、「數寄屋」と書かれたシンプルな看板を発見。階段を降りる。地下にある店は、和モダンな内装で、靴をぬいで上がるスタイル。ペアシートのカウンター席へ。

とにかく、いろんな話をした。学業にしてもプライベートにしても充実したいい経験を積んでいるようだ。学業、そして心理学に対するひたむきで真摯な姿勢はより強くなっているし、実際勉強もしている。大学、そしてゼミではかなり鍛えられているようで----基礎心理学もみっちり学び、臨床系にしても行動療法や認知行動療法といった科学的なアプローチを特訓してもらっているようだ。イギリスの臨床心理学の養成モデルみたいな感じで学んでいるという印象。長期休暇中もほぼ毎日大学に行って仲間たちと勉強しているという。中々いい大学。そこらへんの指定校の大学院よりもしっかりやっているし、そこらへんの院生よりも実力があるんじゃないかな。心理学の話では、とても学部3年生と話しているとは思えなかった。てか、オレの方が知識ないかも(汗)。

そんな盛り上がる話をしていたら、当然酒もすすむわけで----覚えているだけでも、ジントニック、パッソアパイン、モスコミュール、アップルクーラー、チャイナブルー、スクリュードライバー、ジンバック、ホットはちれも----カクテルをいっぱい呑んだ。後半はちょっと酔っ払っていたな。

女性としても、心理屋の卵としても大きく成長しステキになっていた彼女。とにかくうれしかったし、尊敬してしまったし、テンション高くなってしまった。

彼女が勉強・実践していること、志向していること、研究しようとしていることやその手法は、悲しいかな、日本では中々評価されない。日本の臨床心理学の世界では主流ではない。ただでさえ、心理職、臨床心理士の雇用情勢が難しくなっている中では、ますます難しい道が待っていると言える。しかし、実は現場では確実に役に立つし、求められる。

高校3年生だった彼女に、心理の勉強の厳しさ・難しさや、心理職の悲惨な状況なども伝えた。そして、半分かっこつけて、半分冗談で「君が大学院を出て現場に出るまでには、出世して道を切り開いておくよ」なんて言ったものだ。あれから3年----私は出世してないし、成長できていないなぁ----道は切り開けられてないなぁ。まあ、先生や先輩なんてものは、教え子や後輩に抜かれるためにあるのだから、私ごとき早いとこ抜いて欲しいとも思うけど、一方で先生・先輩として、教え子であり後輩のためにもやはり道はできる限り切り開いておかねばと思った。

気がつけば、閉店の3時。7時には起きて、2日目の仕事をしなければ----(苦笑)。

[]古都へ

今日、明日仕事で京都です。

2008-03-06

[]最近買ったCD&DVD

オール・エンズ

オール・エンズ

Key(DVD付)

Key(DVD付)

THE FACE(初回限定盤)(2DVD付)

THE FACE(初回限定盤)(2DVD付)

10 YEARS BEST WE R&B (コンプリート盤)(DVD付)

10 YEARS BEST WE R&B (コンプリート盤)(DVD付)

ステファニー(初回生産限定盤)(DVD付)

ステファニー(初回生産限定盤)(DVD付)

Door(初回限定盤)(DVD付)

Door(初回限定盤)(DVD付)

エレクトリックガール(初回)(DVD付)

エレクトリックガール(初回)(DVD付)

デュエット(初回限定盤)(DVD付)

デュエット(初回限定盤)(DVD付)

ライフタイム・ベスト

ライフタイム・ベスト

Ghost Reveries

Ghost Reveries

2008-03-05

[][]安易な受容・共感はむしろ害

夜回り先生こと水谷修氏が中日新聞で『明日を求めて----』というコラムを連載している。3月3日の連載記事“増殖する苦しみ”で、とても印象的なことを書いていた。一部を引用すると----

(メンタル系サイトや自殺系サイトの掲示板で)「過去のいじめで苦しい。死にたい」という書き込みに、「どんな風に虐められたの。ひどいね。つらいね」というように、相手のつらさをわかろうとし、そして聞いてしまう書き込みがほとんどです。聞いてしまうこと自体が、相手にとっては、自分の苦しみを再確認することになってしまうのに。そして、最後は「私がついてます。頑張ろうね。死なないで」と答えてしまう。人は誰かに一生ついていることはできないのに。また、このようなサイトに入ること自体が、その人が苦しみやつらさを抱えているからですから、相談にのっている内にさらに自分が、つらく、苦しくなってしまう。哀しみが哀しみを生み出し、苦しみがどんどん増していき、最後には、どちらかが耐えきれなくなります。

子どもたち、お願いです。人を救おうとしないでください。特にメールやネットで。絶対に救うことはできません。むしろ相手を追い込んでしまいます。人は誰でも、自分自身で自分を救わなくてはならないのです。

激しく同意。

実は大なり小なり、「救いたい」ということでべったり受容・共感をしてしまう心理士は多いし、心理士になりたいと考えている人たちにも、同様の考えや態度をしたいと思っている人が多い。

受容・共感したり気持ちに寄り添ったりするというのはカウンセリングにおける基本的態度・技術のひとつであることは間違いないが、だからといって常にしていいわけではないし、常にするものでもない。あくまでも「基本的態度・技術のひとつ」だと私は考える。意外と受容・共感の禁忌や副作用については意識できていない。その意味で、この水谷氏のコラムの「子ども」を「心理士」に置き換えたとしても、それほどおかしくはない。



人気ブログランキングへ

2008-03-04

[]レディ・ウェポン 赤裸特工(香港、2002年)

レディ・ウェポン [DVD]

レディ・ウェポン [DVD]

シリーズ2作目。設定もストーリーもまったく別物。

1作目は、海外での麻薬捜査中の女性捜査官と協力者の麻薬中毒者の女性が、麻薬組織とつながっていた上司に罠にかけられ、追われる身に。おまけに逃亡中休んでいたところを男たちにレイプされ、ボロボロになりながら帰国。最後に復讐を遂げるものの、誰も人を信じられないことから再び逃亡して終わるという、この手の香港映画によくある実に陰鬱なドロドロした、スカッとできないアクション作品だったけど----「2」もこの路線を引きずっているものの、だいぶ華やかなものになっています。

2作目の舞台は、とある島。ここはアジアの各地域から融解してきた少女を暗殺者・工作員として養成する組織。40人ほどの少女が集められ、格闘技、殺人術、武器の使い方、コンピューター、ハニー・トラップなど叩き込まれる。逃げようとするものは容赦なく殺され、さらに全員での殺し合いの末生き残った1〜数人が晴れて殺し屋として最低5年間組織のために働くことになる。

10年弱の年数をかけてたった1〜数人の殺し屋を育成するなんて、何て非効率な、といったツッコミはなしで(苦笑)。それにしても、このストーリー、『ニキータ』や『シルミド』『バトルロワイヤル』あたりを混ぜたような感じだし、途中、『レオン』や『キス・オブ・ドラゴン』といったリュック・ベッソン作品で見たことあるようなシーンもたびたび出てくる。

生き残り殺し屋として採用された3人のうちの2人、シャーリーン(マギー・Q)が主役で、(アンヤ)が準主役。2人が友情を育みながら暗殺者として育てられる前半と、暗殺者として仕事をし、その後敵と対決する後半----敵が自分たちをこんな目に遭わせた組織かと思いきや、別敵キャラが登場し、見るものを少し混乱させます(苦笑)。また、生々しいレイプシーンもあり、見るものを陰鬱にさせます。でも、ラストは前作とは大きく違ってハッピーです。

最近、『ダイハード4.0』に敵役として出演し、ハリウッドに本格進出しているマギー・Q。その美貌と抜群のスタイルでアジアのスーパーモデルとしても活躍している。この作品当時、23歳ということもあって、実にみずみずしい。でも、ときどき「23歳にしては老けて見える」ことも。

DVD特典映像に入っているインタビューで、シャーリーンを追う刑事(ダニエル・ウー)とのセックスシーンについて、「元カレだからやりやすかったわ」とさっぱりとコメントしていた。おい、そんなこと言っていいのか!? インタビューの感じからも、実に漢前な姐さんという印象です。

格闘シーンも中々見もの。後半になるにつれ、ワイヤーやCG、早回しの使用量が増え、“超人アクション”になってしまうのですが、スタイリッシュに仕上がっていて、違和感なく見られます。『マトリックス』シリーズよりも断然クオリティが高いです。

[][]2時間ボルダリング

人工で作られた壁を登るフリークライミング、“ボルダリング”。先日、久しぶりにボルダリングをしに某所へ行った。

この日は、私を含め参加者は6人。今まで3人が最高だったので----ちと多め。私を含め、3人はクライミング・シューズを履いている。

中級コースは全部で8レベル、各レベル2コースずつの計16コースある。今日は、前回クリアできなかった4-2から挑戦。

このへんになってくると、筋力だけではクリアできない。特に、私のように背や手足の長さに恵まれない者は、とにかくテクニックを身につけ、それでカバーをしないといけない。

4-2は、左に3m、上に4mほど先にゴールがある。まずは左に移動していくので、左手に負担がかかる。とりあえず左に移動してから上に登るときに、途中、

 左足、右足、左手、右手、右手を左手に持ち替え、右手、左手

と移動していくのだけど、右手から左手に持ち替え、左手で体重を支えながら、右手を右上に伸ばさないといけないところで、最初に酷使している分、左手が中々持ちこたえてくれない。そして、落下----落ちること3回。

少しずつ腕がパンプアップしてきたので、少し休憩しながら、もう1度、ムーブのイメージを練り直す。上に登るときに、

かかとでホールドにひっかけ、テコの原理で大きく身体を押し上げながら、これまでは右手で掴んでいたところを左手にして、上に登った勢いを殺さずに一気に右上のホールドを右手で掴む作戦に変更。つまり、

 左足、右足、左手、右手、左手

という感じ。これでようやくクリア。

ちょっと休憩して5-1に挑戦。このコースは左に3mほど、上に4m半ほど先にゴールがある。スタート時の姿勢は難しくないけど、ホールドがこれまでのとは違って、指が引っ掛けられるものが少なく、手で握りこまないといけないものが多い。これは握力が要る。また、下の位置にあるホールドは非常に小さいものが多く、足がかけにくい。

1回目は途中、無理な体勢になってあえなく落下。2回目は、ゴール寸前まで行ったものの、もうひとり、左から右上に登ってきている人と交錯しそうになり私が降りて譲る。

この段階で腕がかなりパンプアップして、握力がかなり低下。ちょっと限界が来たので、まだもう少し時間があったけど、チャレンジをやめることに。

ただ、どうもやり足りないという思いがあったので、もう1時間、初級コースをすることにした。1時間以上続けてするのははじめて。この時間は私ひとりだったので、ちょっと好きに練習させてもらえた。さっきの時間でできなかったコースを分割してムーブの確認をしてみたり、手や足を交差させながら移動する「クロスムーブ」の練習をしたり、ときおり練習するスタッフさんのムーブを真似してみたり----ただ、30分ほどすると、もう腕が使い物にならなくなったので、早めに切り上げる。

終わった後は、スーパー銭湯に行き、1時間ほどゆっくり風呂に入り疲れをとる。下腕はパンパンに張っていて、早くも筋肉痛。その後、2日間ほど筋肉痛で痛かった。恐るべしボルダリング。普段のウェイト・トレーニングとは比べ物にならないハードさです。

2008-03-03

[]ドラゴン・バーニング 怒火威力龍─CRYSTAL HUNT(香港、1991年)

ドニー・イェン ドラゴン・バーニング [DVD]

ドニー・イェン ドラゴン・バーニング [DVD]

サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウに続く「最後の本格派」として、香港のみならずハリウッド作品でも活躍する、カリスマ格闘系アクション俳優ドニー・イェン。その彼の初期の作品。

ドニー、わ、若い。現在40歳を過ぎても驚異的な若さと肉体を保っている彼だけど、やはり違う。

若干ワイヤーを使っているものの、その極限の格闘アクションは圧巻!!

ドニーはほんと技の切れがすごい。左右の6連蹴り----「神」です。香港格闘系俳優の中で、その動きや技の繰り出しの速さは随一です。

他の役者もすごすぎ!! 敵役の黒人マイケル・ウッズ、筋肉ムキムキのボディ・ビル体型ながら、跳びかかと落しや宙返りも簡単にこなしちゃいます。白人のジョン・サルヴィッティも、蹴り技が冴えわたっています。

その他にも、シベール・フー、高城富士美、キャリー・ンなど女優陣も体張りまくりで、殴られ蹴られ落されています。


ただ、敵役との対決の最後が----マイケル・ウッズは2人がかりで鎖で絞殺、ジョン・サルヴィッティは2人がかりで木で撲殺とあまり美しくないのと、ストーリーがグダグダ(まぁ、これはしょうがないですけど)なのがマイナス・ポイント。

[]スター・ランナー Star Runner 少年阿虎(香港、2004年)

香港だけでなくアジアでも絶大な人気を誇るアイドルグループ“F4”のメンバー、ヴァネス・ウー主演。

ヴァネスと言えば、フィットネス&トレーニングの雑誌『Tarzan』にも登場するほど、日々フィジカル・トレーニングを積んでいることで有名。

その彼が、世界21カ国の総合格闘技のジムが参加する若手の格闘技大会“スター・ランナー”に参加を夢見る大学生を演じている。

出場選手役にはプロの格闘家を使わず、俳優をトレーニングしたそうなんだけど、身体も技も中々のでき。特に、大会3連覇をしている伝説のチャンピオン、タンクを演じたアンディ・オンは、後でネットで調べるまでプロの格闘家だと思ってしまったほどの完成度。というか、ヴァネスよりかっこいい。

格闘も中々のできだけど----ただ、カット割りがやや多いカメラワークと、演出のためか、ちょっと暗すぎる試合会場がマイナス・ポイント。

韓国語教師役のキム・ヒョンジュとのラブ・ストーリーも正直余分だけど、彼女がめちゃかわいいので許す(苦笑)。

2008-03-02

[]客がいっぱい取られそうです。

f:id:psychologist:20080302210701j:image

出先で街中歩いていたら、たまたま見つけた風俗店の看板。

“カウンセリングヘルス”----いったいどんなカウンセリングをしてくれるんでしょうか?

誰か行ってレポート書いてくださいな。

2008-03-01

[][]萌えなひと言

夜、スポーツクラブでのトレーニングの後、スターバックスへ。

行きつけのスタバは女性パートナー(※店員のこと)のクオリティが高いのだけど、その中でも特に萌えな娘がいたのでラッキー。2週間ぶりかな。

20歳、小柄、華奢、透き通るような白い肌、妹系----と(;´Д`)エクスタスィなのだけど(てか、完全にオッサンコメントだな)、それに加え、知的で器量のよさを感じる何気ない萌えなひと言がさらにオレを萌えさせるわけで----。


今日は、ホット・トール・ラテを注文。この娘がレジのパートナーからの指示を受け、ラテを作り始める。受け取り口でたたずみながら、ラテを作っている彼女に声をかける。

takashi:おっ、久しぶりー \(^_^ )

萌えパートナー:あっ、お久しぶりです。

萌えパートナー:今日はtakashiさん、シロップ入れないのですね。

takashi:ちょっと今日は糖分控えめで。ケーキ喰っちゃったから(苦笑)。

萌えパートナー:あははは(笑)

(ラテ作り終了)

萌えパートナー:(ニコッと微笑んで)今日、1番おいしくできました。どうぞ。

takashiおー、うれしいなぁ。いただきます。

(〃▽〃)キュンキュン(古っww)

たとえ接客トークであっても、こういうひと言がほんとにうれしい。ハードな筋トレの疲れや1週間のストレスが一気に消えた心地。


こういう何気ないステキなひと言がサラリと出せる人に憧れるし、尊敬してしまう。

そして、オレはこういうことができる女性にだまされる----。