さいころじすと日記

カスタム検索

2008-06-29

[][]人間の肉体の限界についてふと考える─自衛隊体力検定

Tarzan (ターザン) 2008年 7/9号 [雑誌]

Tarzan (ターザン) 2008年 7/9号 [雑誌]

とりあえず、フィットネス&トレーニング専門雑誌『Tarzan』最新号の紹介。表紙はカリスマモデルの1人道端ジェシカ。筋肉と適度な脂肪で構築される、見事なほどの美しくセクシーなシルエットでございます。

( ´Д`) <はぁー

さて、あいかわらずフィジカルトレーニングの日々で、身体のパフォーマンスが上がっているのは実感できるのですが、元々虚弱体質な私----鍛えても、つくづく「自分はヘッポコ」だと痛感することがあります。

第一線で活躍するアスリートと比べてとかそういう話ではなく----通っているスポーツクラブは、古い個人経営のところということもあって、若い人が少なく、私より年上の人の方が圧倒的に多いのですが、「毎日3レッスン出ている40代の女性」「私よりも5kmを早く走る60代女性」「毎日10km走る50代の夫婦」などなど、ほんとスゴイ人がたくさんいます。「トライアスロンをやっている40代の男性」もいますし。今でも、そんなこと無理なのに、なおさら歳とったら不可能なわけで。いったい何が違うのだろうかと考えることしきり。まぁ、根本的なところでの体力というか生命力が違うのでしょう。


スゴイ人と言えば、ある意味アスリートよりスゴイ人たちがたくさん集うのが自衛隊。防衛省が編集協力をしている“国民とともに防衛を考える情報誌”『MAMOR』(マモル)にも、常人の理解を遥かに超える猛者たちがいる。

MAMOR (マモル) 2008年 06月号 [雑誌]

MAMOR (マモル) 2008年 06月号 [雑誌]

グラビアアイドルの川村ゆきえのさわやかな巻頭グラビアが萌えな6月号では、防衛大学学生の生活を紹介して記事があったが----防衛大学生は1学年時の7月に海での8kmの遠泳をするという----。

MAMOR (マモル) 2008年 07月号 [雑誌]

MAMOR (マモル) 2008年 07月号 [雑誌]

グラビアアイドルの和希沙也の制服姿が萌えな7月号は、自衛隊中央病院高等看護学院の特集を中心に人命救助について取り上げられている。看護学院を卒業した人は、国家試験をクリアした後自衛隊病院や衛生科に配置される。もちろん、看護師であっても通常の訓練も行う。


MAMOR (マモル) 2008年 05月号 [雑誌]

MAMOR (マモル) 2008年 05月号 [雑誌]

女優松本若菜の凛とした表紙と巻頭グラビアが印象的な5月号。自衛隊員が毎年受ける体力検定や自衛隊体育学校などの特集組まれている。自衛隊体育学校でのスポーツメンタルトレーニングも紹介されている。これらはとても面白いので、紹介しようと思ったのですが、既に長い文になっているので、また後日。



ブログランキングへ

2008-06-28

[]登狂報告20080628─KO-WALL編

というわけで、KO-WALL。

前回はかなり人が多かったけど、今回は少なめ。いつものように、ビジター料金を払い、チョークバックをレンタルし、そして、上半身を中心に10分くらいかけて入念にストレッチをして、なぜか傷めやすい右手の中指と薬指(※これは、たぶん、普段行っている練習場の課題が、左から右に移動するものが多いからだと思われる)に予防のためテーピングを巻き----いざクライミング!!

初心者レベル第2ステージの黄色テープ課題を順番にやっていく。サクッとクリアできるものもあれば、何回やっても歯が立たない課題もある。途中、次のレベルである「初級者」レベルの第1ステージのピンクテープの課題もやってみる。

やはり、何回もクリアできない課題は、体幹の使い方がうまくやれていない。どうも、正対じゃない状態で登る割合が多い課題で引っかかっている。おそらくはオブザベーションのミスと、足さばきがうまくやれていないことが大きいかな。特に横移動のトラパース課題がグダグダ。

というわけで、ひと課題やったら数分休憩してというのを繰り返してアタックしていたのだけど、開始1時間ぐらいのときに左肩と左の上腕二等筋を少し傷めてしまった。左肩は、どういうわけか、中学生ぐらいのときから、脱臼したことはないのだけど、間接が甘いのかちょいとハズれかけることがたまにあるんだよね。上腕二等筋は、下部の部分が触ると痛い----筋を痛めたか、軽い肉離れか----あまり力が入らなくなった。

そんなわけで、後半は、休みを多くとりながら軽くアタックを繰り返す。やりこみたかったのに残念。後はうまい人のをひたすら観察。ルーフ課題ができるようになるまでどれぐらい時間がかかるかな----それともできるようになるのか----? Training is All.


 今回の成果:黄色3課題、ピンク2課題クリア


ちなみに、KO-WALL、来月下旬に全ホールドの配置換えと課題変更をするとのこと。


終わった後は、近くのスーパー銭湯で1時間ほど疲労した体を癒す。その後は、滋賀CBTセンターの西川君を誘ってインド料理店で食事。


ブログランキングへ

[]KO-WALLへ─準備編

というわけで、月1回のボルダリング、クライミング遠征。今回も滋賀県のKO-WALLに行ってきます。とにかく規模、課題数がすごく、いずれも気合入れてやらないとクリアできないので----できる限りベストな状態で臨むため、いつもの練習とは違い、パフォーマンスやメンテナンスのためのサプリメントを揃えて行きます。


昼飯はけっこう少なめにして、その代わりこれを摂ります。腹いっぱいにすると体が重たくなるので----腹6分目ぐらいにしておきます。20gのホエイプロテインと16種類のビタミン・ミネラルが摂取できます。

ただ、それだと瞬発力を発揮するためのエネルギーが確保できないので、始める前に、カフェインや糖分、アルギニン、ナイアシン、パテント酸、ビタミンB6、B12、B2などが入ったRed Bull社のエナジードリンクを飲みます。

アミノバイタル スーパースポーツ 100g (6入り)

アミノバイタル スーパースポーツ 100g (6入り)

だいたい2時間するのですが、途中で疲労回復を図るためにアミノ酸を摂取します。

[rakuten:kenkocom:10074059:detail]

終わった後は、筋肉にご褒美。ホエイプロテイン30gを摂取できる、プロテインドリンクを一気飲み。



ブログランキングへ

2008-06-27

[][]第7回・第8回 滋賀CBT研修会のご案内

心理屋の朋友、滋賀CBTセンターの西川さんが主催する第7・8回の滋賀CBT研修会のご案内です。

詳しくはこちら

第7・8回滋賀CBT研修会のご案内

研修会のチラシ

第7回 児童思春期の困りごとに対する認知行動療法 〜集団不適応を中心に

講師:新潟大学人文社会・教育科学系(教育人間科学部)准教授 神村栄一先生

 2008年8月30日(土) 10:00 - 15:00

講師紹介:新潟大学人文社会・教育科学系(教育人間科学部)准教授。専門行動療法士、臨床心理士。日本行動療法学会(理事)、日本認知療法学会幹事。主な著書・訳書に「実践家のための認知行動療法テクニックガイド(共著)」、「認知行動療法の基礎理論(単著)」などがある。

研修の内容

講師自己紹介に続き、児童期・思春期へのCBTの特徴(概説) 児童期の恐がりへのCBT介入のポイント(事例を通して) 思春期(青年期前期)へのCBT介入ポイント(事例を通して) 西川代表と相互の事例検討セッション(デュオ演奏orバトル?)


第8回 広汎性発達障害に対する認知行動療法 〜子供から成人まで

講師:大阪人間科学大学教授 谷晋二先生

 2008年10月5日(日) 10:00 - 15:00

講師紹介:大阪人間科学大学教授。専門行動療法士。大阪教育大学大学院で障害児教育学専攻修了後「発達教育研究所アトム」を開業。応用行動分析学に基づき発達障害の子供たちに対して言語・コミュニケーションの訓練等に力を注いできた。主な訳書に「初めての応用行動分析(監訳)」、「新しい自閉症児教育(分担訳)」などがある。

研修の内容

オペラント行動の基礎 −行動随伴性− 機能分析と困った行動への対処 言語行動の分析 アスペルガー障害の認知行動療法 会場:守山駅前コミュニティーホール

滋賀県守山市梅田町1番9号 JR東海道線 守山駅西口より徒歩5分

参加費:各6,000円、両10,000円

懇親会費:各5,000円

(両研修会の後にはささやかな茶話会・懇親会を準備しておりますので、ぜひご参加ください)

定員:50名(定員となり次第、締め切らせていただきます)



ブログランキングへ

2008-06-26

[]「すぽると!」で

フジテレビのスポーツ情報番組「すぽると!」で毎週火曜日、活躍している女性アスリートを紹介するコーナー“Real Venus”で、フリークライミング界のヴィーナス、プロフリークライマーの尾川智子さんが出演されていたので、もちろん見る。

今回は、このコーナーで紹介された女性アスリートから、特に反響の大きかった人を追跡取材したもので、その中でクライマーが、そして尾川さんが選ばれたのは嬉しい限り。



難課題、カランバ(4段−、V12)のクリア、本の出版など、ますます進化している尾川さん。今後ますますの活躍が楽しみです。



ブログランキングへ

2008-06-25

[][]低酸素性筋力トレーニングにチャレンジ─実践編

※注意

低酸素性筋力トレーニングは、静脈流を制限して行う筋力トレーニングで、ヘタすると(強く締めすぎる、縛りすぎると)動脈流を制限してしまい、一歩間違えれば命に関わる事態になります。また、長い時間締める・縛ると「クラッシュ症候群」に陥る可能性もあり、これまた一歩間違えれば命に関わる事態になります。我流でする場合はあくまでも“自己責任”で。このトレーニングは、ウェイト・トレーニングや筋肉についての深い知識と、一定以上のトレーニング歴がない人はするべきではないでしょう。低酸素性筋力トレーニングは決して“楽”なものではありません。

この月曜日、低酸素性筋力トレーニングを試してみた。本来ならば、マニュアル本に書いてあるような圧迫帯を作り、圧ゲージで測りながら圧設定をするのだけど----そんな道具などないので、事前に知り合いの看護師に駆血・止血について教えてもらったり、スポーツクラブの電動血圧計で設定圧の数値での締まり具合を感覚でつかんだりなどいろいろ調べて実験するプロセスを経て、購入した止血帯で腕を縛り静脈を制限する。まあ、よほどきつく縛らなければ動脈は止まらないだろうし、止まれば手の先の血の気が引いて白くなるので、だいたいで。

縛ると、縛ったところから先の腕の血管という血管が気持ち悪いぐらいくっきり浮き出てくる。上腕二等筋に走る血管も浮くこと浮くこと。これだけで何か筋肉がすごくなった気分になる。てか、ステロイドやっている人の腕みたいだ。そして、しばし待ってから、ダンベルによるアーム・カールをやってみる。普段扱っている半分以下の負荷で、1セットあたりの回数をかなり多くしてやるのがこのトレーニングのルール。縛ってなかったら、こんな負荷ではどんだけやっても筋肥大は起こらない。具体的どれぐらいの負荷で1セットあたり何回で何セットするのかは書くとまずいので、本を買って読んでください。


何も知らない人から見れば、「あの腕は見掛け倒しか」と確実に思われてしまうほど軽い負荷でやっているので、ちょっと恥ずかしい思いもするのだけど、噂どおり、見た目とは違い実際にはけっこうツラい----。

普段ダンベルを使ったフリー・ウェイト・トレーニングでやっているアームカール、トレイセプスエクステンション(ただし、腕を上げてすると効果が薄れるのでフォームを変更)、ラテラルレイズの3種目をやった後、止血帯をはずし、少し休憩。とりあえず低酸素性トレーニングでするのはこれだけ。その後は、いつもどおりのマシンでのウェイト・トレーニング。

翌日、筋肉痛になった。セットあたりの回数が多いとはいえ、あの負荷でクライミングをやっている私が腕の筋肉痛になるなんて久しぶり。やはり期待できるかも。



ブログランキングへ

2008-06-24

[]完全復活のときは近い

傷は癒えた!!

(拳王様 『北斗の拳』)

左足首の靭帯を伸ばした悪夢の“6.03”から3週間。今日、診察に行ってきました。

診察の結果、主治医から「OK」をもらいました。まあ、既にクライミングをはじめ、筋トレやプールウォーキング、エアロバイクなどやっているけどね(苦笑)。


でも、実際には、つま先を前に伸ばすと少し痛いし、走っても痛いのだけどね----足首が硬くなっているせいもあるだろうけど、さすがに足首を思いっきり使う&負荷をかけるヒップポップダンスとヨガは来月からにしよう。

さてと、ちょっと計画が遅れてしまったけど、夏の学会に向けて体を作るとします。


とりあえず、3週間ほとんどつけていた足首サポーターを洗わないとな。



ブログランキングへ

[]King Lines(アメリカ、2007年)

f:id:psychologist:20080624001000j:image

注文していたDVDがようやく届く。現在、世界最高のプロクライマーのひとりであり、プロクライマーとして最も成功している(収入がある)と言われているクリス・シャーマ(Chris Sharma)のクラミング・ドキュメンタリー・ビデオ。

ちなみに、フリークライミングは注目されているものの、プロを巡る現実は日本でも欧米でも厳しいという。日本では、副業(単発の講演・講習、ルートセッティングなどは除く)をせずに、純粋にクライミングのみで生計を立てている人は平山ユージ、小山田大、尾川智子の3人しかいない。といっても、彼らもそれほどたくさん収入を得ているわけではない。


とにかくすごいお金をかけて撮影しているのが誰でもわかるくらいの映像クオリティ。たくさんのカメラを使っているし、クレーンも使っているし、空撮もしている? クリス・シャーマの天才的かつ野性味溢れるダイナミックなクライミングが最高の形で映像化されている。雄大で美しい自然の映像は、クライミングに関心のない人も惹きつけるものがあると思う。別に私は信仰はないけれど、「神々が造りたもうた自然に人間が挑む」という表現が一番しっくりくる、そんな映像ばかりだ。


やはり圧巻は、ブログでも既に紹介しているマジョルカ島でのディープ・ウォーター・ソロ。かっこよく、感動的で、美しい。土曜日の滋賀の遠征に向けてモチベーション上がりまくりです。



ブログランキングへ

2008-06-23

[]究極のフリークライミング─フリーソロ

フリークライミングは、4〜5mまでの高さを登る「ボルダリング」と、それ以上の高さを登る「ロープ・クライミング」に大きく分けられる。

ボルダリングでは、下にマットを引いて安全を確保し、後はチョーク(手の水分を取り滑りにくくする)とクライミングシューズを使い、己の肉体のみで登っていく。

ロープ・クライミングでは、ロープやカム、ハーネスなどの道具を使い、安全を確保しながら登っていく。落下したときは、下で待機しているビレイヤーがテンションをかけ落下を止める。

しかし、通常はロープクライミングをするような岩壁・崖を安全確保をしないで登るタイプのクライミングもある。ひとつは、先日紹介した「ディープ・ウォーター・ソロ」。ただこれは、落下しても下が海なので、落ち方さえ間違えなければ安全である(もちろん、事前に落下点の海底の深さはチェックしている)。そして、もうひとつが、落下したら地面に落ちて確実に死ぬ「フリーソロ」だ。


D


動画は、アレックス・フーバー(Alexander Huber)による、“コミュニスト”(8b+、5.14a)のフリーソロ。彼はフリーソロ・クライマーとして有名である。これまで、50本以上のルートをフリーソロで完登しているという。その中には、500mを超えるルートもあるという。

まあ、なんて言うのか----イカれているわ。



ブログランキングへ

2008-06-22

[][]ナイフを持った通り魔にどう対処・対峙するか

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

(孫子『謀攻篇』)

秋葉原通り魔事件のような無差別殺人事件が起こったときに、非常にくだらないと思うのは、“心の専門家”と称する精神科医や犯罪心理学者、心理士、カウンセラーが、考えたところで結論が出るわけないし、所詮仮説にもなりえない犯罪の原因について延々分析して披露していることだ。基本的には彼らの自己満足と、一般市民の誤解・勘違いをもたらすだけとしか思えない。「役に立たない」どころの話ではない。

そんなことよりは、被害者や遺族への治療・サポートについてもっともっと専念すべきだし、そのことについて話題にすべきだというのは前にも述べたが、もうひとつ取り組むべきだと思うのは、今回の犯人のような通り魔に直面したときに、どのように身を守り、また相手を制止するかということについて知見を積んで啓発すること。犯罪心理学者も、こういったテーマについてもっとがんばらないといけないんじゃない?


そういえば、すっかり続きを書いていなかったのだけど----先日参加した、1930年代、チェコのイスラエル移民イミ・リヒテンフェルドによって考案され、第2次大戦後イミ氏とイスラエル軍のコラボレーションによって体系化され、発展していった格闘技・護身術・戦闘術・殺人術、クラブマガ(Krav Maga)の講習。ナイフを持った通り魔に襲われた場合どのように対応するかについて終盤トレーニングを受けた。

まずは、ナイフを持った通り魔の心理について講師からレクチャーがあった。ナイフを持つ通り魔は、基本的にはメンタル面で非常に弱い・脆い人が多い。弱い・脆い自分を隠すため、あるいは変える手段としてナイフを持ち通り魔をする。ナイフを持つことで、彼らは「自分は一番強い」「自分には怖いものはない」といった全能感に近いような感覚を持ってハイになっている。

当然ながら、ナイフを持った通り魔に直面したときは、「その場から逃げる」のが基本だ。ただし、逃げられない状況で対峙しなければならない場合、誰かを守らなければならない場合は----彼らの全能感に近い感覚を潰すことが何よりも重要になってくる。彼らは、「自分は一番強い」「自分には怖いものはない」と思っている(思い込んでいる)がゆえに、「自分が反撃されること」や「自分に立ち向かってくること」を想定していない。また彼らは、自分の力を誇示しようと、多くは何回も刺しにくる。

いかにして専制攻撃をいかにして加え戦意を喪失させるか----トレーニングではナイフを持った通り魔がよくやる、“上からナイフを振りかざす”攻撃に対しどうそれを制止し反撃を加えるか、模造ナイフを使って実戦的な練習を行った。

基本的には、以前紹介した棒での攻撃への対処法と同じだ。相手の懐に飛び込んで、ナイフを持った手の肘あたりを片手で捉えて自分の体にナイフが届くのを防ぐと同時に、もう片方の手で顔面への打撃を加える。顔面に打撃を加えた手で頭を押さえた後、両手でナイフを持った手と肘をひねり、ナイフを奪い取る。膝を顔面に入れるのも効果的だ。そして、その場から離れる。


実際の護身や格闘はともかくとして、犯罪者の犯罪時の心理や、護身の心構えなどについて心理屋が貢献できるところは大きいと思う。もっと、世のため人のために役に立つことしようよ。


護身の科学

護身の科学

脅威査定 暴力犯罪相談の現場から

脅威査定 暴力犯罪相談の現場から

犯罪交渉護身術

犯罪交渉護身術



ブログランキングへ

2008-06-21

[]登狂報告20080621─午後の部

ランチして帰ろうとも思ったのだけど、持久力を鍛えるために午後もやることに(まぁ、暇だったしね)。ただ、筋肉が回復しきらないままでしてもしょうがないから、ゆっくりランチして、本屋で立ち読みをして時間を潰し、15〜17時の2時間することに。

前回クリアできなかった、「白三角テープ」の課題を初っ端1発でクリア。ふぅー。まだまだオレは伸びると実感できるのが嬉しい。今までやったスポーツの中で1番才能はあると思う。

ただ、そう思ったのはつかの間、次の課題から格段に難しい。だんだんレベルアップするにつれ、ホールド数が少なくなり、当然ながらゴールまでの手数も少なくなる。しかし、ゴールまでの距離はこれまでのと対して変わらない。

果たしてクリアできるか----。

さすがに4時間やると、全身の筋肉が悲鳴を上げる。指の皮がむけたし、手のひらに水ぶくれができた。

来週は滋賀に遠征に行く予定。



ブログランキングへ

[]登狂報告20080621─午前の部

f:id:psychologist:20080621210411j:image

f:id:psychologist:20080621210410j:image


いつもなら、惰眠の限りをむさぼる土曜日----しかし、今日は8時に起きて、クライミングに行ってきた。土曜日午前に2時間行われる、7mの壁を登る上級コースに参加するためだ。

普段は4mちょいほどの高さまでをロープをつけずに登っているのだけど、7mということでハーネス(ロープを体に結びつける装着器具)を装着し、命綱となるロープをハーネスに結んでのクライミングになる。


ここのロープ・クライミングのスタイルは“トップロープクライミング”と言われるもので、写真のように、天井から垂らされたロープを、登っていく「クライマー」と安全を確保する「ビレイヤー」両方に結びつけて行う。ビレイヤーは、クライマーが登っていくとロープがたるんでいくので、ロープを引っ張ってそのたるみを取ったり、クライマーが落下したり、登っている途中で休憩したり、ゴールした後降りるときに、通称「グリグリ」と言われるビレイ・ディバイスを使って、テンションをかけて落下を止めたり、ゆっくり降ろしたりしてクライマーの安全を確保する。


私は初めてということで、まずスタッフからハーネスの装着の仕方と、ハーネスへのロープの結び方を習う。ロープの結び方は、ちょい複雑で1回では覚えられないぐらい(汗)。その後、クライマーとビレイヤーの合図の掛け声、互いの安全確認の内容・やり方について習う。クライマーはビレイヤーに命を預け、ビレイヤーやクライマーの命を預かる----お互いに端的な言葉でしっかりコミュニケーションを取り、常に安全を確認しあわないといけない。

参加者はクライマーとビレイヤーを交代でやる。ただ、私はビレイの講習は受けていないのでまだビレイヤーはできない。

レクチャーがひととおり終わり、私が登る順番がやってきた。女性スタッフにビレイヤーをやってもらう。

ビレイヤーに、自分のハーネスがきちんと装着されているか、ハーネスにロープがきちんと結ばれているかチェックしてもらう。私は、ビレイヤーのグリグリがきちんと作動するか、ロープを通しているカラビナのゲートがロックされているかチェック。そして、チェックが終わり、「登ります」と声をかけ、登り始める。まずは1番簡単な赤色のホールド。まぁ、握りやすく、配置されている数も多いことからサクサクッと頂点のゴールまで行く。上から見える景色が中々爽快。さすがに7mは高い。「テンションお願いします」とビレイヤーに声をかけ、ロープをピンと張ってもらい、「OKです」との返事を受け、「降ります」と声をかけゆっくり軽く壁を蹴りながら下に降りる。ボルダリングや、もうひとつのロープ・クライミングである“リード・クライミング”とは違い、2mぐらいの幅でまっすぐ上にしか登ることができないのだけど、「高いところまで登った」という達成感は格別ですね。1〜数分の休憩を入れて、青、黄色、オレンジと続けて挑戦。いずれもノーミスでクリア。でも、さすがに4本連続はエラい。腕が少しパンプアップしかけている。この場所でのルート全てクリアしたので、他の人に交代。


しばらく休んでから、別の位置で空いたところがあったので、やらせたもらうことに。最初にやったところと違い、少し前傾しているところがあるので、難度は少しアップ。まずは緑色。これは比較的簡単でサクッとクリア。ただ、次の紫色は中々手ごわい。ホールド同士の距離も少しあり、また小さかったり、握りにくいホールドもチラホラ。

腕がかなり疲労していたこともあり、5m時点で行き詰ってしまう。うーん、ホールドを持つ手の左右をミスった----ここは左手ではなく右手でつかむべきだった----小さいホールドで持ち替えができないので、左上にあるホールドを取りにいけない----しかたなくテンションをかけてもらって降ろしてもらう。

この時点で合計40mも登っていることになる----さすがにパンプアップ。しかし、少しだけ休憩して再度挑戦。しかし、さっきの問題は解決できたけど、結局力尽きて落下----。まだ残り時間あったけど、ここで終了。外の岩場でもやりこんでいると思われる、うまい人たちのクライミングを観察学習。


土曜日の早起きはツラいけど、ときどきやりに行こうっと。



ブログランキングへ

2008-06-20

[][]低酸素性筋力トレーニング(≒加圧トレーニング)にチャレンジ─準備編2

筋トレとプロテインは、オレの一部だ!!

城島健司 (プロ野球選手 アメリカ大リーグ シアトル・マリナーズ所属)


低酸素筋力トレーニング(≒加圧トレーニング)をやりたいということで注文していた本が届いた。

薬いらずの肉体改造法

薬いらずの肉体改造法


また、静脈流を止めるための道具として、ナース専門のオンライン・ショップで注文していた止血帯も届いた。

ヴィーナス by FEED|ナースシューズ・白衣の看護師通販サイト

f:id:psychologist:20080616190721j:image


明日からいよいよできる。まあ、明日は2時間クライミングをするので、まだお預けだけどね。


ただ、この止血帯、ひとつ問題が。幅1.5cm、長さ35cmなんだけど、長さがちょっとギリギリ。35cmだから大丈夫かと思っていたら、私の現時点の、腕を曲げて上腕二等筋を隆起させた場合の最大の腕周りがほぼ35cm。止血帯で占めるのは、腕の付け根、つまり上腕二等筋の切れ目になるので、少し余裕があるけど、余裕がない分つけにくい----おまけにゴムがスゲー伸びちゃう。他の止血帯は40cmや50cmともっと長かったのだけど、買ったゴム製のと違いナイロン製なので伸縮しないんだね。締めるときは腕を伸ばしてするから、曲げると筋肉が隆起したところにナイロンが食い込んでしまうから、たぶん痛くなる。ゴムだと合わせて伸びてくれるからいいんだよね。



ブログランキングへ

2008-06-19

[]登狂報告20080619

というわけで、仕事がある第1週以外の木曜日恒例の2時間ボルダリング/クライミングDAY(第1週は1時間)。

中級を制覇したのだけど、最初の30分はもう一度中級コースをいくつか挑戦。クリアしても、何回もやってみることがクライミング上達にはとても大事なことなのだ。何回もやることでテクニックをより確実なものにできるし、また、クリアしたときとは違うムーブで試してみることで、テクニックのバリエーションを増やすことができる。


その後は、テープ課題に挑戦。中級コースに比べ難度が格段に高い。最初の課題からして難しい。後半の核心部は、体幹の強さとバランスが要求される。ホールドには手が届くのに、握りこめずフォールしてしまう。


う〜ん、こりゃ繰り返し挑戦だな。



ブログランキングへ

2008-06-18

[]最近買ったCD

Superfly〔DVD付〕

Superfly〔DVD付〕

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

STEP(初回限定盤)(DVD付)

STEP(初回限定盤)(DVD付)

perfumeも手がける中田ヤスタカがプロデュースしている、モデルMEGのセカンドアルバム。限定版ジャケット写真がエロカワイイなー、オイ (;´Д`)ハァハァ 脚線美が抜群ですね。で、購入したときに特典でこのジャケットと同じ写真のポスターをもらったのだけど、ポスターの下の部分に“違法コピー撲滅”ってデカデカと書かれている----台無しだな。この部分だけ折るか切ることにしよう。



ブログランキングへ

[][]目指せっ!! クリス・シャーマ(無理!!)

ども、フリークライマーのtakashiです(!?)

昨日ブログでアップした、プロクライマー、クリス・シャーマのディープ・ウォーター・ソロの動画。昨日だけで、何十回も観てしまいました。てか、DVD購入ですよ。


D


こちらの動画には、トライに失敗した映像が入っています。実際、クリスさんは、あのルートを完登するのに80回以上トライしたとのこと。20mくらいの高さから思いっきり落ちていますね。

(((( ;゚д゚)))アワワワワ


D


こちらは、そのDVDの予告編。こちらでも落ちまくり、そしてランジしまくり。


さて、そんなクリスに触発されて、懸垂、懸垂です。明日はいつものようにクライミングしに行きますし、土曜日には、(先週に中級を制覇したので)いよいよ高さ7mの壁を登る上級コースに挑む予定です。月末には、滋賀に遠征予定です。目指せ、クリス・シャーマ!!----なんだけど、クリスさんは身長180cmを超える長身でリーチも長いので、いずれも逆の私は彼のクライミング・スタイルは物理的に目指せないわけで。(>_<)


そうそう、今年始めに、今年の目標として、「腹筋を6つに割る」「行きつけクライミング場の中級コースを制覇する」の2つをあげていましたが、後者はもう達成してしまったので、新たに目標を設定したいと思います。その目標とは----、


片手懸垂1回以上!!


ほんと「さいころじすと日記」というのは、看板だけになってしまいましたね。

σ(^_^;)アセアセ...


気がついたら、筋肉もいよいよクライマーらしくなってきました。

f:id:psychologist:20080618022140j:image

前腕の筋肉がかなり発達し、ヒジ上の部分が隆起するまでになりましたよ。クライマーの証です。一般的なウェイト・トレーニングだけしていたら、こうはならないですね。後は体重を落とすだけ。



ブログランキングへ

2008-06-17

[]至高の技

D

マニアック過ぎるモノマネで有名?な芸人、くじらによる有名クライマーのモノマネ。ワロタwwwwww。小山田大さんのモノマネはかなり完成度高い(笑)。


ってタイトルはこのくじらのモノマネのことじゃなくて、真面目なクライミングの話。


ネット時代の今、プロクライマーの至高の技がyutubeなどの動画サイトを通して見ることができるし、プロクライマーたちも、自分の“生き様”を示すかのように、クライミング映像を動画サイトに投稿している。


Chris Sharma Climbing DWS (9a/9b、5.15a) D


プロクライマーでは現在、最高のひとりと誉れ高いクリス・シャーマ(Chris Sharma)によるスペイン、マジョルカ島でのディープ・ウォーター・ソロ(Deep Watar Soloing)の新ルート初登成功の映像。

ディープ・ウォーター・ソロとは、海に面した崖や、海に浮かぶ岩島を登るフリー・クライミングのひとつのジャンル。リードクライミングと基本的には変わりないのだけど、落ちても下は海なので、リード・クライミングのようにロープによる安全の確保はせず、ボルダリング(5mまでの高さを登るクライミングのひとつのジャンル)と同じように己の肉体のみで登っていく。9a/9b、あるいは5.15aというのはルートの難度で、現時点で世界最難関の難度の数値だ。繰り返しのトライが難しいディープ・ウォーター・ソロ(海に落ちるたびに体や服・靴・チョークバックを乾かしたり替えたりしないといけない)ということを考慮すれば、まさにクライミング史に残る偉業と言える。

1:04〜1:10の約2mのランジはまさに神がかり。鳥肌立ちました。おまけに、ランジで体が振られる勢いを利用して上のホールドを取りに行っている。彼らプロクライマーは、死の危険に身を置くことで、生きている実感というのを得ているのだろうな。


アーチ状の岸壁、青々とした海、シャーマの鍛え上げられた肉体、クライミング----何もかもが美しすぎる。BGMもかっこいいし、効果的に配置されててよりドラマティックなものとなっている。


※追伸

クリス・シャーマの動画は、2007年に発売された彼のクライミング記録映像DVD『King Lines』の一部でした。



ブログランキングへ

2008-06-16

[]低酸素性筋力トレーニング(≒加圧トレーニング)にチャレンジ─準備編

「加圧トレーニングをやってみたい」と何回かエントリーで書いていましたが、未だやれずじまいでいます。

加圧トレーニングというのは簡単に解説すると、

  • 腕や足の付け根を縛り、静脈(心臓に戻る太い血液)の血流を制限する。
  • そうすると、動脈(心臓から出て体の各部位に血液を送るための太い血液)からの血液が末端まで多く行き渡り毛細血管が太くなる。
  • その状態では、普段活動していない筋肉まで活発に動くため、軽い負荷のウェイト・トレーニングでも疲労物質が筋肉にたまり、限界がすぐ来る。
  • 縛りをほどくと、それまでの反動で一気に血液が流れるとともに、疲労を感じた脳が通常のトレーニングの約10倍、安静時の290倍もの成長ホルモンを分泌し、血液を通して細胞に行きわたる。それにより、脂肪分解、筋肉の損傷の回復、筋肥大が促進される。

老化防止や美容にも効果があり、効果的なリハビリも可能になるため、大きく注目されています。トレーニング法として特許を取るという、画期的な実績を残している。

ただ、特許を取っているだけに、下々の利用者としては不都合な面も。どっかのネズミの国なみに、権利関係がガチガチに厳しい。講習を受けていない人が勝手に教えるなどの権利侵害に厳しく対処するのは当然だけど----費用の面で問題がある。いかんせん、とにかく高い。専用の器具なども独占製作・販売で、加圧ベルトがついた専用ウェアはシャツだけで15,000〜20,000円弱だし、自分の好きなシャツでしたい場合は専用のベルトを購入するのだけど、いくら1時間ほどの講習付きでも、左右両腕のベルトが、一般用で46,725円、アスリート用で57,225円はさすがに高い。開発した理論で儲けてもらうのはいいけれど、これじゃあ庶民の多くはやりたくてもやれない。ちなみに、「加圧トレーニング統括指導者」の資格取得講習の受講料なんか数日で4,063,500円(税込)、資格更新は毎年で、更新料は367,500円(税込)----。


とまあ、特許でガチガチなんだけど、一方で、加圧トレーニングの特許権利者のひとり、宝田雄大氏(早稲田大学スポーツ科学学術院准教授)が、「低酸素性筋力トレーニング」として論文や本を出していて、縛る圧力の設定や、圧力帯の作成方法まで書かれているという。彼は、1996年に加圧トレーニングの日本国内の特許権を取得し、2001年3月、「血流制限下での筋力トレーニングに関する生理学的研究-骨格筋の構造と機能に及ぼす効果-」という論文で博士号を取得している。


薬いらずの肉体改造法

薬いらずの肉体改造法


いったいどういう権利関係なのか、詳しく深いことはわからいのだけど----まあ、本を買って、圧力帯を自作すれば、“本家”のベルトを買う10分の1以下、場合によっては20分の1以下のコストで低酸素性トレーニング≒加圧トレーニングができるということになる。というわけで、本を購入。ただ、届くのが来月って----遅いな。半袖になるこの時期に、シャツの袖が食い込むぐらいの上腕二等筋・上腕三等筋を作りたいのに----。

てか、圧力帯なんて、わざわざ作らなくても、病院で使われている止血帯・駆血帯を使えばいいんじゃないのかな。

ヴィーナス by FEED|ナースシューズ・白衣の看護師通販サイト

f:id:psychologist:20080616190721j:image

例えば、この止血帯なんか、2本で1,029円だし、マジックテープでつけはずしも簡単、ゴムなので伸縮性もある。


あっ、コレ以上書いてしまうとヤバそうなのでここまで。


※追伸

低酸素性筋力トレーニング(加圧トレーニング)は、静脈流を制限するのだけど、ヘタすると(強く締めすぎる、縛りすぎると)動脈流を制限してしまい、一歩間違えれば命に関わる事態になる。また、長い時間締める・縛ると「クラッシュ症候群」に陥る可能性もあり、これまた一歩間違えれば命に関わる事態になる。我流でする場合はあくまでも“自己責任”で。

※さらに追伸

低酸素性筋力トレーニング≒加圧トレーニングでは、ある意味、血流を制限してトレーニングをすることで脳をだまし、成長ホルモンを大量に分泌させて筋肥大を促進させるのですが、低負荷で行うことや、筋損傷が起こらないことなどから、筋肥大しても筋力はそれほど向上しないそうです。“使える筋肉”ということであれば、通常の高負荷のウェイト・トレーニングもやはりしないといけません。



ブログランキングへ

2008-06-15

[][]“心の専門家”という傲慢さ─秋葉原無差別殺傷事件

「自己愛強すぎる」加藤容疑者“心の闇”専門家が分析

 加藤容疑者の特異な恋愛観、女性観について、臨床心理士の矢幡洋氏は「自己愛が強すぎるところに原因がある」と分析する。

 通常、自己愛の強い男性は女性を次々と誘惑することを快感とするプレーボーイ系の人物が多いという。ところが加藤容疑者の場合、自分の容姿に対する不満から女性へ積極的に接する機会をつかめず、殻に閉じこもってしまった。

 「そのため女性に対する執着が強く、掲示板には彼女がいないことに繰り返し触れている。結局、女性と親しくできずに自らの容姿や社会の不平等に対する憎悪をふくらませていった」

 どのように強烈な自己愛に陥ったのか。矢幡氏は「親が過剰にチヤホヤしたりすると『自分は特別だ』との意識が強くなり、自己愛が強くなる」と指摘した。加藤容疑者は親からの束縛の強さについても頻繁に不満を漏らしていた。

 こうして自分のことしか考えず、他人は自分に視線を送るべきギャラリーとしか考えられない性格が形成された。だが、犯行前にメイド喫茶の女性に渡したのか、サイトでは≪安い指輪なのにめちゃくちゃ喜んでくれてた≫と素直な喜びを記してもいた。

 「自己演出を必要としないシンプルな対人関係を欲しているのが、素朴な驚きから伝わってくる。でも、結局は素直になれない自分がいて、ゆがんだ自己愛をより強くしてしまった」

 最後には自分に関心を寄せない「ギャラリー」への憎悪を爆発させた。

(夕刊フジ、6月11日)

秋葉原で起きた秋葉原無差別殺傷事件、毎度のことながら、“心の専門家”と称する精神科医や犯罪心理学者、心理士が、犯罪の原因についてコメントをしている。


犯罪精神医学者や犯罪心理学者はともかくとして、精神科医や心理士がいつからこうした事件についてコメントするようになったのだろう、コメントする立場になったのだろう。

精神科医や心理士の職務は、治療であり、サポートであり、問題や悩みの解決・解消、あるいは予防である。犯罪の原因の分析とは全く別物である。基本的に、精神科医や心理士が犯罪のことについて語るのは専門外であると言っていい。

それから、精神科医や心理士が犯罪の原因について語ることにはどれほどの意味や妥当性があるのだろう? 「自己愛」がどうのこうのなんてことは、精神科医や心理士の共通の学説ではない。単にある特定の理論や考え方から導き出した仮説に過ぎない。場合によっては仮説にすらなっていない。それを断定的に述べ、マス・メディアに流し、結果的に一般市民を勘違いさせている。いや、もしかしたら、コメントした本人の意図は違っていて、マスコミの編集によって変えられてしまったのかもしれない。しかし、そうなってしまう可能性については当然ながら念頭に置くべきだろう。コメントすることで、社会に貢献することもない。かえって不安や疑心をバラ撒いている。


結局のところ----精神科医や心理士は、被害者や遺族、目撃者への支援への支援や犯罪の予防について活動し、語ることのみをすべきだ。それが本来の職務であり社会的役割である。犯罪の原因についてコメントすべきではない。


こうした犯罪は様々な要因が複雑に絡み合い起こる----理解し、説明することなど不可能だ。「わからない」「コメントする立場ではない」「専門ではない」「私たちの仕事は被害者たちの救済である」─私は聞かれたらこう答える。



ブログランキングへ

2008-06-14

[][]商売上がったりな話?

食事の後、帰りがけに駅前繁華街の通りで見かけた光景----。

f:id:psychologist:20080614020729j:image

“聞き屋”“あなたのお話聞きます(無料)”

イスに座った男女が、手前にしゃがんでいる女性2人の話を聞いていた。ストリート・ミュージシャンならぬ、“ストリート人生相談”!?

おいおい、営業妨害だよ(苦笑)。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ


そういえば、Solution-Focused Approachや共通治療要因研究で著名なスコット・ミラーも、自己研鑽のため、街に出てはホームレスの話を聞いていたという。

私もこういうの一度やってみたいかも。



ブログランキングへ

[]またまたカフェ巡り

昨日、仕事の後、知り合いの心理士と精神科医とで食事に行った。


で、その前に待ち合わせの時間まで、前からチェックしていたカフェに行く。

非常にスタイリッシュな内装のカフェ。むき出しの天井や壁、ジャズ、白のワイシャツ&ネクタイ&黒のエプロン&口ひげがイケているマスターと、萌え&キレイな女性スタッフと、ポイント高し。


f:id:psychologist:20080614020727j:image アイス・カフェラテ


私が注文したのは、アイス・カフェラテ。アイススチームミルク、コーヒー、ミルクの3層構造なのが洒落ている。


f:id:psychologist:20080614020728j:image アイスコーヒー


ちなみに、一緒に行った方が注文していたアイスコーヒー。淹れたコーヒーを、大きいカチ割り氷の入った切子細工のガラスに注いで飲むのがこれまた洒落ている。



ブログランキングへ

2008-06-13

[]登狂報告20080613

祝!! 中級コース制覇!!

すいません、主治医先生。言いつけ守らず、昨日フリークライミングをしてきてしまいました。

でも、悪化させないため、テーピング巻いて、その上にサポーター巻いて左足首をガチガチに固めてやりましたよ。

プロテインとビタミンCの摂取もあり、足の調子はかなり良くなっているんですよ。

中級全16コースの最後をついにクリアーできました。

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

これからはテープ課題のボルダリングと、ロープを使い7mの高さまで登る上級コースに挑戦です。



ブログランキングへ

[]旨いコーヒー店を見つけた。

カフェ巡りは私の趣味のひとつであり、ストレスコーピングのひとつである。自宅近くのスターバックスは、スタッフ内でシェアする「常連リスト」に入るほど通っている(※スタッフさんに頼まれて名前と写真を提供した)。他にも何店か行きつけのカフェがある。

最近、ちょっといい店を見つけた。“カフェ”と言うよりは、“珈琲店”という表現が適した、昭和の喫茶店の雰囲気が漂った店だ。


f:id:psychologist:20080613014557j:image アイスオーレ


隣にあるコーヒー豆販売店が直営する店なので、質の高い焙煎したての豆を使ったコーヒーが飲める。注文を受けてから、1杯1杯丁寧にペーパーフィルターを使って淹れていく。

ここのメニューは、ほとんどが1杯500円以上とちょっと高め。でも払う価値はある。トルココーヒーとか、あまり他の店では味わえないものもある。


今回頼んだのはアイスオーレ。この店のアイスメニューは、アイスコーヒーを凍らせた氷が入っているので、氷が解けても薄くならない。こういう心遣いが粋だ。すばらしい。



ブログランキングへ

2008-06-12

[][]グレン・グールドとアスペルガー障害

f:id:psychologist:20080612202334j:image

悪友から、買い替えで要らなくなったというONKYOの高級オーディオをGet!!

自分のDENONのミニコンポのCDプレイヤーの調子がイマイチ(音飛びがけっこうある)なので、ほんとラッキー。

DENONのに比べると、断然音がクリアで音の輪郭がはっきりしているし、細かい音までしっかり聴こえる。高音の伸びもいい。ただ、重低音はDENONのよりやや弱いので、「DENONのミニコンポ:ロック、ポップス用」「ONKYO:クラシック、ジャズ、ワールドミュージック用」という感じで使い分けるとしよう。


というわけで、最近はONKYOのオーディオでクラシックをヘヴィ・ローテーションしている。特に、よく聴いているのがこれ、


グレン・グールド晩年の傑作、バッハの『ゴールドベルク変奏曲』。クラシック演奏史から見ても、名演の中の名演と誉れ高い。

私は、バッハについては、基本的に、グスタフ・レオンハルトやクイケン兄弟などに代表される、厳格なバッハ研究に基づいく、できる限りバッハの時代の古楽器を使い(※今のクラシックで使用されている楽器は、ほとんどがバッハの時代にはなかったモダン楽器。ピアノはバッハの時代にはまだ登場していなかった)、楽譜どおりに均等に弾くのではなく、微妙なアクセントによる差異をつける「不均等の美学」を追求した演奏が好きなので、バッハのチェンバロ曲をピアノで弾かれるのは好きではないのだけど、このグールドの演奏だけは別格だ(※グールドの演奏も不均等の美学は追求している)。

ところで、グールドは近年、アスペルガー障害だった可能性が指摘されている。例えば、こんな論説がある。

The source of Gould’s genius?: Great musician may have suffered from Asperger’s by Robert Fulford(英語です)

グールドを巡っては様々なエピソードがある(※アスペルガー障害の人が、みんなそうというわけではありません)。

  • 夏でも厚い上着の下に分厚いセーターを着込み、ヨレヨレのコート、マフラー、毛皮の帽子を身につけていた。それもたいていは黒一色。手袋も常にはめていた。
  • ビスケットを少量とフルーツジュース、サプリメント
  • 潔癖症かつ病気恐怖症で、握手を嫌い、水道水も飲まない。常にポーランド産のミネラルウォーターとビタミン剤と抗生物質を常備し、頻繁に飲んでいた(※ただし、ビタミン剤と抗生物質の服用量は健康に害を及ぼすほどだった)。
  • 弾きながらハミングする(※ゴールドベルク変奏曲でも彼のハミングが聴き取ることができる)
  • オーケストラ、指揮者との共演にも関わらず、指揮者を差し置いて勝手に指揮をとり、指揮者の怒りを買う。
  • コンサートでは、父親が作った低いイスにしか座らない。
  • オーケストラとのリハーサルで、イスの高さを調整するために、30分、指揮者と団員を待たせた。

(参考:ウィキペディア、グレン・グールド賛歌)



ブログランキングへ

2008-06-11

[]今日も今日とてクライミング・バカ

例えば、ヒップポップ・ダンスで「いや〜、今やっているフリはテンポの速い激しいロックダンスで、ウィッチウェイからスキーター・スクーピー・ドゥをするときに足を挫いてしまったよ」とか、あるいはフリークライミングで「7手目でランジしてみたんだけど、フォールしゃちゃって足を挫いてしまったよ」ってことなら、女子のハートもキュンキュン(死語w)するんだろうけど、ただ単に、某職場の相談室を出るときにコケただけのtakashiでございます。

カコワルイ(´・ω・`)

自業自得なワケなんですが、日常的にやっていることができないというのはまことにツライことでありまして、鬱積、モンモンしております。そんなわけで、今日も、職場での休み時間、机やイスを相手にクライミングです。机のヘリを持っての斜め懸垂とか、片手斜め懸垂とか、保持とかいろいろやりました。

自宅では、今日また届いたクライミング専門雑誌「Rock & Snow」のバックナンバー(16、25、28、38号)と最新号(40号)を読み込む読み込む、29・38号の付録DVDを見まくる見まくる。

Rock & snow 016 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 016 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 025 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 025 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 028 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 028 (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW 2007 No.38 冬号 (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW 2007 No.38 冬号 (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW number40 (summer iss (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW number40 (summer iss (別冊山と溪谷)



ブログランキングへ

2008-06-09

[][][]気晴らしが気晴らしにならない件

左足首外側の靭帯を伸ばしてほぼ1週間になります。喪に服す日々。

といっても、「1日おきの上半身ウェイト・トレーニング」、「毎日45〜60分のサウナ」、「食事制限」の3本立てで肉体や筋力の維持は図っています。えっ!? 「どこが“喪に服している”んだ?」だって? 

とりあえず、患部の足の腫れは引いてだいぶ楽になった。痛みはだいぶとれたけど、強く負荷がかかったり、ひねりや大きく前後に曲げたりすると痛い。通常時でも、痛みはないけど違和感がある。まあ、これは、サポーターで固めているので、ただでさえ硬い足首がますます硬くなっているせいもあると思う。

今日は少しプールで歩いてみた。ただ、やはり「まだ早い」と感じ、早々とサウナへ。今日は45分入る(※いつもは20〜25分)。


Rock & snow 029 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 029 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 035 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 035 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 034 (別冊山と溪谷)

Rock & snow 034 (別冊山と溪谷)


今日午前中、注文していたフリークライミング専門雑誌『Rock & Snow』のバックナンバー(29、34、35号)が3冊届く。明日は最新号(40号)が、明後日にはバックナンバー(25、28、38号)が届く予定。

さっそく読み漁る。29号は、DVD付き。2005年のワールドカップ、ミュンヘン大会のダイジェストや、平山ユージの外壁でのクライミング映像、小山田大の外壁・岩でのボルダリング映像、教則ビデオのダイジェストなどが収録されている。

たまには「観るだけの学習」に徹するもいいもんだ----しかし、観れば観るほどやりたくなってくる。

(´ヘ`;)



ブログランキングへ

2008-06-08

[]シューテム・アップ SHOOT'EM UP(アメリカ、2007年)

クライブ・オーウェン、モニカ・ベルッチ主演


(※ネタバレしない程度の紹介)

マフィアに追われ、殺されかけようとしている妊婦を、たまたま通りがかった一匹狼の殺し屋スミス(クライブ・オーウェン)が助けようとしたが、途中で撃たれ妊婦は死亡。直前に産まれた赤ん坊を抱え、逃げることに。知り合いの娼婦のドンナ(モニカ・ベルッチ)に助けてもらいながら、マフィアたち、さらにはその後ろにいる黒幕と戦うことになる----。


弾丸んねー(タマんねー)


なんていうのか----『子連れ狼』+『シティ・ハンター』・『ゴルゴ13』みたいな内容。ストーリーは無い等しい。人参で敵を刺殺するとか、ダイビングしながら敵を撃つとか、車で正面衝突した勢いで敵の車の中に飛び込んでいくとか、公園の回転遊具を撃って動かすとか----全編、漫画のようなあり得ないガン・アクションで埋め尽くされている。でも、演出がかなりスタイリッシュでかっこいい。


頭を空っぽにしてスカッと愉しめる作品。


残念なのが、ヒロインがモニカ・ベルッチだったこと。こういったコテコテのアクション映画のヒロインは若くてエロカワイイ女性に限る。もちろん演技とかは申し分ないし彼女がセクシーなのは間違いないけど、さすがに40歳の女優では無理があるかな。新人を使えばよかったと思う。


小ネタでさらりとアメリカの銃社会を批判しているのもいい。



ブログランキングへ

2008-06-07

[]コースト・ガード The Coast Guard(韓国、2002年)


コースト・ガード [DVD]

コースト・ガード [DVD]


「さいころじすと日記」イチ押しの映画監督、キム・ギドク。

不幸な人がますます不幸になっていく様を通して、人間の本質や愛、哀しみを描き続ける。完璧に計算されつくされた、童話的で残酷なストーリーと、美しくもスキャンダラスな演出・描写が彼の真骨頂だ。韓国ではたいして評価されず、冷遇されているが、海外では高い評価を受けており、既にベネチア国際映画祭とベルリン国際映画祭で監督賞を受賞している。3大映画祭制覇に最も近い監督だ。

現在、死刑囚と夫に裏切られた人妻との愛を描いた新作『ブレス』が日本でも公開されている。なお、次作「非愛」は、オダギリ・ジョーが主演するとのこと。相変わらず精力的だ。


今作は、韓国のスター俳優のチャン・ドンゴンが主役に起用されている。低予算製作をモットーにし、かつ役者のイメージが演出・描写の妨げになる、役者を目的に作品を観る人が出てくるのが嫌といった理由で、キム・ギドクはスター俳優を起用しないが、彼の作品への出演を希望していたチャン・ドンゴンが熱烈にアプローチして、破格の5000万ウォン(500万円)で引き受けたことから実現した。ちなみに彼は、ギドグ監督に誘われ、役作りとして海兵隊の過酷な訓練に3日間参加している。

(※キム・ギドク監督は元海兵隊員。それも徴兵でなく志願兵として5年勤めた)


(※ネタバレしない程度の紹介)

舞台は北朝鮮と韓国との軍事国境線の沿岸。徴兵され海兵隊に配備されたカン上等兵(チャン・ドンゴン)は、沿岸警備の任務につく。スパイを射殺すれば勲章と報奨金がもらえ、さらに一階級昇進して除隊となることから、早くそれを成しえようと意気込んでいた。

ある日の夜、任務中、海岸で人の気配を感じ、スパイとみなした彼は射撃を始め、手榴弾で止めをさす。しかし、それは海岸で彼女とセックスをしていた男だった。カンは任務に忠実だったことで隊から表彰されるが、地元民からは罵倒され、恋人には去られる。カンの精神は次第に崩壊し、常軌を逸した行動を繰り返すようになる。一方、自分の軽率な行動で彼を目の前で無残に殺されたミヨンも、心を深く病み、亡き恋人を求めて、片っ端から軍人と肉体関係を結んでいく----。

そして、カンとミヨン、狂気の世界に入った2人の当事者はやがて----。


カンとミヨンから始まる狂気の連鎖、狂気の蔓延を容赦なく、えげつなく描いている。まぁ、ヘヴィ過ぎるわ----。でも、観る者を激しくウツにさせると同時に、言いようのないカタルシスを感じさせるところが、ギドクのすごいところ。

音楽と映像の美しさはあいかわらず至高の域に達している。物語のリアルさとしてはツッコミどころ満載なのだけど、これはギドク得意の童話的演出なので、ツッコんでもしょうがない。彼は、童話的であり非現実的なストーリー展開と演出を通して、人間の醜さ、モロさ、欲望、狂気、哀しみをリアルに、つまり、ありのままに生々しく描き訴えているわけだから。


やはり、ギドクは天才だし奇人変人だ。

チャン・ドンゴンの鬼気迫る壊れっぷりは見事。ギドクに徹底的に痛めつけられてますね。2枚目スター俳優が、志願したとはいえ、まさかこんな目にあうとは思っていなかったんじゃないかな。

しかし、ミヨン役のパク・チアの演技はさらにすごい。チャン・ドンゴンを完全に喰ってしまっている。



ブログランキングへ

2008-06-06

[][]禁断症状・強迫症状!?

ムッキー(ノ゚Д゚)ノ==== ┻━━┻

Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!


クライミングができない、クライミングができない----ストレス、フラストレーション溜まりまくり。


クライミングがしたい、クライミングがしたい----(;´Д`)


というわけで----今日は電車通勤だったのですが、行き帰りに、吊り輪を持っている腕に力を入れて少し体を浮かせた状態でしばらく耐えたり(※これは、足への負荷が軽減する)、軽く体を倒して腕にテンションをかけ続けたり----。


仕事場の相談室では、仕事の合間に、机の下に体を入れ、机のヘリに手をかけてぶら下がったり、ほとんど垂直状態で斜め懸垂したり、イスを使ってティップスをしたり----。


いやー、病んでますね(苦笑)。  (;´∀`)・・・いたいなぁ・・・



ブログランキングへ

2008-06-05

[]Let's Protein Life

左足首外側の靭帯を伸ばしてしまったために、ただ今、喪に服しているtakashiでございます。

(>_<)

溢れまくるリビドーの疼きを解消できないので、フラストレーションが溜まる溜まる----とりあえずは1日おきの上半身のウェイト・トレーニングと、毎日の長めのサウナで我慢我慢----。後は、食事制限をして体型を維持しないと。伸びた靭帯は、元に戻らないと足首が安定せず、くじくのがクセになるからなぁ。ただ、普段ハードに運動しているし、筋肉や皮膚の元となるプロテインを飲んでいるから、一般の人よりは回復が早いんじゃないかと楽観的に見ています。


そうそう、プロテインと言えば、今日の昼頃、注文していたプロテインが宅急便で届きましたよ。

f:id:psychologist:20080606013521j:image

f:id:psychologist:20080606013520j:image


ついにここまで来てしまいましたね----。安くて、溶けやすくて、まずくないプロテインを追求していたら、通販専門サプリメントメーカー“BULK SPORTS バルクスポーツ”“BIG WHEY ビッグ・ホエイ”に辿りつきました。

no title


ハード・トレーニーかつクライマーということで、本当はいろいろサプリメントを摂りたいのだけど、お金がないので----ただ、最低でもプロテインはしっかり摂っておきたいと強く思うわけでして。


過去愛用していたプロテイン

[rakuten:sooi:761558:detail]

800gで希望小売価格6300円(店頭価格4980〜5980円)。1gあたり6.22〜7.87円。水に非常に溶けやすく、ほとんどスポーツドリンクと変わらない味でイケる。疲労回復に効果があるクエン酸も入っている。


[rakuten:kenkocom:10004339:detail]

1kgで4095円、3kgで11025円。1gあたり3.67〜4.09円。少量の水でよく溶けて飲みやすい。味もまずまず。



ビッグ・ホエイは、2.3kgで6840円。1gあたり2.97円。ちなみに、13kgだと31850円。1gあたり2.45円。1日2回飲んでも、AQUAより安いという計算になる。

さすがに13kgは置いておく場所がないので、2.3kgを2つ購入。10000円以上購入すれば送料が無料になる。味は、「イチゴミルク」と「バナナミルク」。ほんとはタンパク質含有量が一番高い「フレッシュミルク」にしたかったのだけど、現在在庫切れということで、他の2つを試しに買ってみた。


基本は1日2回、合計60gほどのタンパク質をプロテインで摂取し、後の60gは食事で摂取するという感じ。その代わり、普段の食事は、昼食か夕食のどちらかで、「カロリー少なめ」「肉類少なめ」にしたい。

ただ、今は喪に服しているので、ウェイト・トレーニングをしたときだけ飲むことにします。


ブログランキングへ

2008-06-04

[]第25回滋賀CBTを学ぶ会

滋賀県のCBTセンター主催の、CBTの事例検討会(毎月第1水曜、19:00〜21:00)に参加。

学者とか医者とか心理士よりも、PSWやOT、保健士が多く参加するという非常におもしろい勉強会だ。長い時間、直接的に患者に触れているだけに、彼らのCBTの実践で試みている日常的工夫は非常に有益で使えるし、自分に新しい視点を吹き込んでくれる。

今回もそういったことを強く感じたケース発表だった。このバイタリティ、果敢さ----心理士たちには欠けている・足りないところとも言える。“何ともできなさそうなケース”を、様々な試みや創意工夫で“何とかしている”のがすごい。



ブログランキングへ

2008-06-02

[]マグロは止まると死ぬ

今日職場での出来事。

とある部屋から出るときに、段差があるので左足から降りる----そのとき、体がぐらっと傾いて、視界が回転する。どこからか「ボキっ!!」と音がした----。

左足を激しく挫いてしまった----。あまりの痛さにしばし悶絶。


痛みが中々引かないので、帰りに整形外科へ。触診とレントゲンの結果----、

-診断:“左足首外側の靭帯が緩くなった(伸びた)”

-全治:3週間


「3週間運動はダメですよ」と言われ、足にサポーターが巻かれる。「サポーターははずさないでください」

なんてこと!!

щ(゜ロ゜щ) オーマイガーッ!!


フリークライミングはするなということか? ヒップポップダンスもできないのか? ランニングもスイミングも、ヨガもキックボクササイズもできないというのか?

フィジカル・トレーニングができないなんて、耐えられない----。

No Training, No Life.    No clibming, No life.


というわけで、すいません、今日早速、スポーツクラブに行って上半身のウェイト・トレーニングをしちゃいました。さらに、サポーター取って、サウナと水風呂にも入りました。サポーターは自分で巻きなおしました。この蒸し暑い時期に、足を洗わないなんて、夜にスポーツクラブでサウナとシャワーをして、朝にしっかり風呂に入る(湯船にも浸かる)私には耐えられません。


さすがに、クライミングやレッスンは控えますが----。


それにしても、相変わらずいいことがない日々。人生の長いトンネルから抜け出せるときはあるのか?



ブログランキングへ

2008-06-01

[]ブリーフセラピー関連文献リスト更新

およそ1年ぶりに「ブリーフセラピー関連文献リスト」を更新しました。

ブリーフセラピー関連文献リスト

「ブリーフサイコセラピー研究」の第16巻第1・2号、「こころの科学」130号〜137号に掲載されている関連論文・論説を追加しました。


現在、

翻訳書:78、単行本:75、研究論文(卒論・修論):14、研究論文(大学紀要):43、研究論文(学会誌及び学会誌に準ずるもの):125、専門雑誌・分担執筆:416 、学会大会論文集・抄録集:4

になります。



ブログランキングへ