さいころじすと日記

カスタム検索

2009-11-29

[]このTシャツは欲しい

f:id:psychologist:20091130002238j:image

2ちゃんねるまとめサイトのひとつ「にゅーるぽ」の記事から。

下の「最後の晩餐」にはワロタ。丸焼きになっている鳥は----例の鳥ですよね。


諸外国ではペドベアー(小児性愛クマ)として勘違いされてしまっている、2ちゃんのアスキー・アートの「クマー」がドナルドをザックリいっちゃってる絵もいい味出しているね〜。

2009-11-28

[]事業仕分けする人も事業仕分けしてほしい

 蓮舫議員は「きのう(23日)、『りっくんランド』に行かせていただいたんですけれども」と話し、一転、24日は、こうした施設や催しが無料であることと、自衛官の募集効果を疑問視した。防衛省は36億円を要求していて、防衛省担当者が「有料化っていうのは、非常に抵抗がございます」と述べると、蓮舫議員は「有料にしたらお客さんが来なくなるというのは、本当にそうなんだろうかと。例えば有名なテーマパークは、家族4人で行ったら数万円を超えても、お客さんが、リピーターがあとを絶たない。それが何なんだろうか? それはやはり努力であり、見せ方であり」と答えた。

 防衛省担当者は「われわれは努力が足りません。さらにいっそう、おっしゃるような努力しなきゃいけないと思います」と話した。これに対し、蓮舫議員が「先 ほど、『努力が足りない』とおっしゃってましたが、足りない部分をどうやってこの予算で埋めていこうとされているのか?」と質問すると、防衛省担当者は 「維持経費、来年度(2010年度)からゼロだと言われると、私ども、ちょっと立ち行かなくなるということだけ、ご理解いただきたいと思います」と苦笑い した。すると、蓮舫議員は「大変申し訳ないんですけど、笑って終わる話では、実はないんですよね」と述べ、「この施設に関しては『予算削減』をお願いした いと思ってます」と続けた。

 結局、仕分けチームは、自衛隊の広報事業など36億円については、予算削減と判定。続いて行われた国際平和協力センターの整備費8億円については、廃止と判定した。白熱する攻防は、ついに場外戦に発展した。

事業仕分けで選手強化費削減…JOCから異論相次ぐ


 政府の事業仕分けで25日、五輪に選手を派遣する日本オリンピック委員会(JOC)が要求する約27億円の選手強化費など、3団体への計32億円の補助金が削減とされた。国が主導する強化態勢の確立を求めるJOCからは異論が相次ぎ、反対声明を発表すべきだとの意見も出た。

 市原則之専務理事は「強化予算100億円を超える諸外国の流れに逆行している。これでは太刀打ちできない」と頭を抱えた。約30分の議論では、仕分け人からは「五輪は参加することに意義があるのではないか」「ボブスレーなどマイナーな冬季競技を支援する必要があるのか」など、スポーツ行政への理解に欠ける質問も多かった。

 日本体育協会への約5億円の補助金も含めた「スポーツ予算」の議論はサッカーくじの助成やスポーツ振興基金と重複する事業を一本化すべきだという意見でまとまった。しかし、市原専務理事は「国費だけでは足りないからやりくりしてる現状が理解されていない。不勉強だし無責任だ」と批判した。

 削減と判定したのは9人で、うち6人が削減幅は1〜2割だった。JOCの竹田恒和会長は「横並びでスポーツも聖域じゃないということか。声を大にして(必要性を)訴えたい」と話した。


事業仕分け事態は、予算制定の透明化・情報公開という点ですばらしい制度だと思う。いかに税金が無駄に使われているのかがよくわかるし、官僚の天下りの実態の酷さも世間に知らしめたし、それらに切り込んでいった点は高く評価できる。

ただ、スーパーコンピューターなど科学技術の関連の削減・廃止はいただけない。日本の経済の優位性は「科学技術」でのみ成立している。無駄はなくさないといけないが、かといってある程度採算度外視で税金を費やしていかなければならない部分もあるだろう。


今回イラっとしたのが蓮舫氏の発言・見解。ことごとくピントをはずしている。自衛隊の広報施設が必要とは思わないが、かといってテーマパークと比較されてはたまったものではないだろう。


スポーツ関連の予算にしてもむしろ増やすべきだろう。まあ、すべてのスポーツにすべきとは思わないが、実績を出している選手については助成をすべきだ。無駄な金ばかり消費して実績を出さないどころか、まともにトレーニングやフィジカル・メンテナンスの教育を受けていない教師によってケガ人続出の、学校の部活動を廃止して、その分予算をまわせば簡単な話だ。民間とスポーツ選手にお金がまわる仕組みにすれば何の問題もない。

2009-11-22

[]イングロリアス・バスターズ

公開後4日間限定で「つまらなかったら返金」キャンペーンをやっていたけど----正直、つまらなかった作品。

題材も、ストーリーも、出演者も質が高い(ただし、ブラッド・ピットは明らかに配役ミス)のに、タランティーノの演出がすべて台無しにしている。

無駄に長くてダレまくりだし、無意味に残虐描写があるし(なので、R-15指定)、余計な演出も多い----結局、この人、「キル・ビル」から全然変わっていない、成長していない。いろんな過去の映画作品の演出やシーンをオマージュとして入れているけれど、結局元がダメなら何の意味もない。ただの自己満足。


結局、バスターズの発想もナチスと変わらないし----そのあたりでカタルシスも感じることはできなかった。

2009-11-21

[]ひどいキャッチコピー─いったいどれが1番なのかな(´・ω・`)

ボジョレ・ヌーボーが解禁されましたね。以前に比べてあんまり話題として取り上げられなくなった感じですが----。私はドイツ系の白ワインが好きなので、赤ワインは飲み会や食事会ときぐらいしか飲まないんだよね。特にボジョレ・ヌーボーは、赤ワインとしては飲みやすい方なのだけど、解禁後洋食系の店で飲み会がない限りは飲むことがないなあ。

ちなみに、これまでのできばえについてのキャッチコピーは、

95年「ここ数年で一番出来が良い」

96年「10年に1度の逸品」

97年「1976年以来の品質」

98年「10年に1度の当たり年」

99年「品質は昨年より良い」

00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」

01年「ここ10年で最高」

02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」

03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」

04年「香りが強く中々の出来栄え」

05年「ここ数年で最高」

06年「昨年同様良い出来栄え」

07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味

09年「50年に1度の出来栄え」

「全米NO.1」並に信頼できないな、こりゃ----。

2009-11-14

[]両手中指が痛い----Σ(>д<) イテッ!!

久しぶりにクライミングの話題。ここ最近は少し時間に余裕があるので、ここ3週間で4日ほどクライミングに行けた。必ず2時間は練習している。ひとつトライ中の課題も、解決のムーブは見えた。後は、イメージどおりにやれればいいのだけど、両手とも小さいホールドで、両手で懸垂しながらあがっていかないといけないので、腕力と保持力を鍛えないと----。

スポーツクラブでも、ラックトップ系のマシンでのトレーニングでは、バーをにぎりこまず、指先をひっかける感じにフォームを変えた。この方が指が鍛えられるし、握りこまないほうがより僧坊筋や広背筋に効かせられるのだ。

しかし、やりこんでいるせいもあって、両手とも中指の第2間接が痛い----。

2009-11-12

[]いったい誰の考えだ?

EXILE、天皇陛下の御前で「太陽の国」を讃える


本日11月12日「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」が東京・皇居前広場で開催予定。 ここでEXILEが歌う楽曲のタイトルが判明した。

国民祭典は全2部構成で実施。第1部「奉祝まつり」は14:15?:30を予定しており、内堀通りにおける祝賀パレードや鍛冶橋通りを舞台にしたお神輿の練り歩き、同じく鍛冶橋通りにて開かれる全国郷土展からなる。

第2部「祝賀式典」は17:00?:00に二重橋前特設会場および皇居前広場にて開催。こちらでは陸海空自衛隊合同音楽隊による奉祝演奏や経済界、芸能界、スポーツ界などからの代表者によるお祝いメッセージが披露される。

EXILEは第2部「祝賀式典」に出席。秋元康作詞、岩代太郎作曲による奉祝曲「太陽の国」をパフォーマンスする。この曲は第1部「太陽の種」、第2部「太陽の芽」、第3部「太陽の花」からなる組曲。果たしてどのような曲なのかは、両陛下の前で披露するまで一切明らかにされないとのことだ。

なお、第2部「祝賀式典」に列席するには招待券が必要。残念ながら手に入れられなかったファンは、 テレビの前で正座してEXILEの晴れ舞台を見守っておこう。

皇室に特別な思い入れはないし、またEXILEを悪く言うつもりもないけど----天皇陛下の在位20年を祝う祭典なんだから、天皇陛下の好きな歌手とか呼びたい人だとか、何でリクエストを聞かないのだろう? 明らかに浮きまくりで(他のメンバー必要ないし)、ヘタでもないけどそうウマくもない彼らの歌を聞くのは天皇皇后両陛下にとってただのストレスにしかならないような----。

いった誰が得する人選? 誰のアイデア? もし私が祭典関係者なら、クラシカルクロスオーバーのkanonさんに歌わせるだろうな。


以下、2ちゃんねるの秀逸コメント。

  • 不敬罪だろこれ、なにこれきもい
  • 放送事故だろこれ
  • 首と耳のあたりがこそばゆくなってくるw
  • なんという場違い
  • グラサンはずしてる
  • シュールすぎるw 陛下も反応にお困りだろう。
  • 天皇って大変だよな
  • 寒い中呼び出されて変な踊りとカラオケを聴かされる国民の象徴
  • これは陛下にごめんなさいするべきだろ・・・
  • 陛下「後ろなんでいるの?」 美智子様「飾りですよ飾り」
  • 天皇に罰ゲームってどんな式典なんだよ
  • 天皇陛下のすごさがわかったきがする

2009-11-11

[][]なんという変態上級者!!

さいたま市緑区のJR東浦和駅近くで8日夜、女子用のスクール水着姿の男が現れ、女子高校生らに「みんなもこんなの着る?」などと声をかけ、高校生らが交番に連絡するなどの騒ぎが起きた。

埼玉県警によると、水着姿の男が現れたのは、8日午後7時前。帰宅途中の女子高校生数人に突然、声をかけてきたという。高校生らは駅前交番に逃げ込むなどしたが、被害はなかった。

男は30〜40歳くらいで、身長1メートル70弱の小太り。黒っぽいスクール水着だけを身に着け、長髪を後ろで二つに束ねていたという。埼玉県警は「危険を感じた時には、大声で助けを求めるか、近くの店や家に逃げ込んでほしい」としている。

熊谷地方気象台によると、8日のさいたま市内の最高気温は10月中〜下旬並みの20・4度。午後7時は13・7度まで低下していた。

2ちゃんねるの「“変態番付”入りか!!」と話題沸騰。変態番付編成会議も招集されたようだ。

以下、2ちゃんねらーの秀逸なコメント

  • 社交的な変態w
  • アンケート取ろうとしただけじゃん…
  • もう晩秋だから夏の装いはビックリするよね
  • 人を見た目で判断してはいけない
  • こんなオッサン見かけたら飛び蹴りくらわしても正当防衛でよい気がする
  • 心のきれいな女子高生にしか見る事が出来ない妖精だと思う。

それにしても、明らかに変態なのだけど、これは違法行為になるのだろうか?

2009-11-10

[][]仕事人、瀬谷ルミ子さんに思いを寄せて─『プロフェショナル 仕事の流儀』の116回“銃よ、憎しみよ、さようなら〜武装解除〜瀬谷ルミ子”再放送

プロフェッショナルとは----やらない言い訳をしない人、ただでさえ難しい仕事をやらない言い訳をすると、ただでさえ難しいミッションがさらに困難になるのですね。それを考えて改善する方法を考えて実行するのがプロフェッショナルと思います。

(瀬谷ルミ子 NGO日本紛争予防センター事務局長)


もし、自分がカウンセリング/臨床心理系の学会の大会の実行委員や、地区の臨床心理士会の公開研修会担当として記念講演など企画できるとしたら----間違いなく、招聘するのは彼女である。

日本紛争予防センター(JCCP)

紛争地のアンテナ: 瀬谷ルミ子のブログ

NGO日本紛争予防センター事務局長の瀬谷ルミ子さん。かつては、国連職員や外務省職員として、現在はフリーランスで、紛争国や国連や外務省などの依頼を受け、世界紛争国・地域に赴き、調査活動、紛争の当事者などと交渉し、武装解除、兵の動員の解除、兵の社会復帰を進めて行くDDRと言われるプログラムを実施している。アフガニスタンでの仕事の功績から、カルザイ大統領から「ミスDDR」と称され、ニューズウィークの7月8日号の特集「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された。

ブログによれば、最近はケニアの大統領選挙後の際の民族対立による暴動によって家を焼かれたり、レイプされた多数の被害者の心のケア支援にも関わっているという。

今年4月27日、本放送直後、大反響を受けて放送されたという再放送でたまたま瀬谷さんの特集を観た。同日付けのブログに、そのときの感想を書いた。ただただ圧倒され感動したとともに、ユニークで文才溢れるブログと合わせて一気にファンになったし、21世紀の心理士のあり方において、彼女は理想的なモデルになると考えた。

そして、今日、アンコール放送で久しぶりに観た。


─瀬谷ルミ子さんが分担執筆されている書籍─

武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)

武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)



(※続きは後ほど更新します)

2009-11-09

[]Googleで「夫」や「妻」の後にスペースを入れて検索予測させてみると----。

夫 死んで欲しい

夫 嫌い

夫 言葉の暴力

夫 小遣い

夫 呼び方

夫 死亡 手続き

夫 うつ

夫 失業

夫 死亡 年金

夫 小遣い 平均            

妻 誕生日 プレゼント

妻 誕生日 プレゼント ランキング

妻 プレゼント

妻 ヒステリー

妻 呼び方

妻 うつ

妻 プレゼント ランキング

妻 謙譲語

妻 未届

妻 焼酎

これが現実か----(´・ω・`)

2009-11-08

[]ソウ6 SAW VI(アメリカ、2009年)

さいころじすと日記が、映画史上最もクオリティの高いシリーズものとお薦めする、サイコスリラー&サスペンスの傑作「ソウ」。“ソリッド・シチュエーション・スリラー”というジャンルを確立したその最新の第6作をさっそく観に行った。なお、完全に続き物なので、過去の作品をきちんと抑えておかないと全く楽しめませんし理解できません。

ソウ5が、ほとんど4と6のつなぎのための総集編的な駄作だったので、一抹の不安を感じて観たのだけど----。


毎回ジブソウをめぐる人たちのストーリーと、ゲームにまつわるストーリーが輻輳する展開なのだけど----ゲーム自体は悪くなかったけど(相変わらず猟奇的でエグイが)、今回ゲームに参加させられたのは利益優先主義の保険会社社員ウィリアム・イーストン(よく見たら、演じている役者さん、私の大好きなカナダのドラマ『Re:Genesis』の主役を演じているピーター・アウターブリッジさん)と、ちょっと納得いかない。

というのも、自傷行為をする者や、児童虐待やDVの加害者、悪質な性犯罪者、麻薬中毒者や人身売買に手を染める者などが死のゲーム(厳密に言えば「自分で自分を救うゲーム」)のプレイヤーにさせられるという点で、大きなカタルシスを得ることができるのがソウシリーズの魅力であり、だからこそ残虐で実質殺人ゲームであっても、観客はジグソウに共感できた。確かに、ウィリアムは、保険会社に加入している闘病中の客に「保険金は払えない」と事実上の死刑宣告をしまくっているけれど、だからといって命を軽視しているとまでは言えないだろうし、ゲーム中の彼の選択は実に良心的だ。ということもあり、感情移入ができなかった。おまけに、ゲームの設定自体がかなりアンフェア。


ジグソウをめぐる物語も、4からはじまった新シリーズ的な内容がひとまずひと段落ついたのだけど、「いったいどうするつもり?」と期待よりも心配の方が上回ってきた----でも、そこそこ質は保たれているので、次作も見ます。


冒頭のゲームのエグさは過去最高レベルだし、人間の醜さというのがかなりクローズアップされてます。

2009-11-02

[]先にやることがいっぱいあるでしょう─あいかわらず上っ面しか変えない社会

「障害者」どう表現 吹田市が新しい呼称募集 大阪

 「障害者」という言葉の印象にマイナスイメージがあるとして、吹田市は市の印刷物や広報紙などに「障害者」に替わる新しい呼称を使用することを決め、募集を始めた。呼称を選考する市民委員2人もあわせて募集する。

 吹田市では「害」という言葉のマイナスイメージを緩和するため、今年2月から「障がい者」と表記してきた。しかし、「『障害』は個人ではなく社会の仕組みや街のあり方に存在する」との考えから、抜本的な見直しを決めたという。

 こうした表現をめぐっては、松原市が「高齢者」や「老人」に替わる新しい呼称として「元希者(げんきもん)」を採用し、イベント名や広報紙に使用している例がある。

 応募資格は市在住、在勤、在学者。新しい呼称と理由、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し直接または郵送で「市障がい者くらし支援室」(電)06・6384・1346へ。30日必着。

(産経新聞、11月1日)

「障害者という言葉の印象にマイナスのイメージがある」と考える人こそ差別的だと思う。

Connection: close