さいころじすと日記

カスタム検索

2010-03-31

[][]最近買った本

最近、エビデンスの観点から医療なり心理療法、心理学の実験を再検討なりレビューをした本を好んで読んでいる。

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険

この2冊については、このブログでも既にレビューをしている。


で、最近また面白そうな本が。 幻 想 の 断 片 でレビューされているのを見て即購入。

代替医療のトリック

代替医療のトリック

「鍼」「ホメオパシー」「カイロプラクティック」「ハーブ療法」について膨大な実証研究をレビューした上で、有効性について結論を示している。

まだ、さらっと眺めただけだけど、本編だけでなく、付録として、ごく簡単な形で、「ヨガ」「ピラティス」「太極拳」「アーユルヴェーダ」「キレーション」「結腸洗浄」「指圧」「スピリチュアル・ヒーリング」「デトックス」「風水」「リフレクトロジー」「レイキ」などなど----あらゆる代替医療が、滅多切りされているのが圧巻。

例えば「風水」に関しては、

風水を仕事にすれば金が舞い込むという点を別にすれば、風水に何らかの効果があることを示す科学的根拠はないということだけだ。有能なインテリアデザイナーなら、もっと良いとまでは言わなくとも、同じくらい良いアドバイスができるだろう。

と、皮肉たっぷりに述べている。

2010-03-28

[][]SASUKE=フリークライミング!?

2ちゃんねるで、TBS系列のスポーツチャレンジ?番組「SASUKE」の3rdステージ新エリア『アルティメットクリフハンガー』について、2ちゃんねるでスレが立っていて「鬼畜すぎる」なんて指摘されている----。飲み会で放送は見ていなかったのだけど、2ちゃんまとめサイトの記事の写真を見ると----。


f:id:psychologist:20100329003956j:image

f:id:psychologist:20100329003955j:image


こりゃ、ほとんどフリークライミングの課題と言ってもいいくらいだな。それもかなり風変わりで難度が高い----。


2ちゃんでも、

  • なんだ真ん中のちっちゃいのwwww
  • クリアできる設計にしてあるのかよ?
  • 設計ミスとしか思えないwwwwwww
  • なんで腕ばっかり酷使するんだ
  • もうちょい全身使う奴ないのかよ
  • サスケの参加者ってドMだよな

とまあ、さんざんな評価。


出だしはまさに「キャンパシング」。おまけに斜めになっている----一般的に普及しているクライミングのトレーニング器具の「キャンパシング・ボード」ではまず見られない。

反動をつけるか、片手懸垂をしないと上に昇ることはできないのだけど、それ以前に第2関節ぐらいしか指がかからないので、そういった動作に指が耐えられるかどうかも難しいだろう。クライマーでない限り、普段指を鍛えることはないので。


途中の幅が短すぎるのはもはや理解不能。ランジして右手で保持した後、マッチして左手に持ち替えて、デッドかランジで右に行くしかないよね----。クライミングシューズを使っていいのなら、壁自体はフリクションがありそうだからスメアリングとかできそうだし(いや、足の部分は壁が遠いか----)、それで腕のレストもできるからだいぶ変わってくるけど。

2010-03-26

[][]翠玉瓜塞肛大出血 老翁稱「古法自殺」

ズッキーニを肛門に挿入して自殺を試みた男性、病院へ搬送される


 どのような状況においても、「人が自ら死を選ぶ」というのは非常に大きな決断力を必要とする出来事だと思われますが、思い悩んだ末に死を決意した男性が肛門にウリ科カボチャ属の野菜であるズッキーニを挿入して自殺を試みたそうです。

 幸いなことに男性は一命を取り留めましたが、そもそもどうしてこのような手段を選んだのでしょうか。詳細は以下から。

 この記事によると、香港で自殺を決意した62歳の男性が、自らの肛門にズッキーニを挿入したそうです。そして男性が肛門から大量に血を流し、あたり一面血だらけになった中で苦痛にうめいていたところを帰宅した男性の娘が発見したとのこと。驚いた男性の娘は急いで病院に搬送したとされています。

 医師が直腸に残されたズッキーニを取り除いたため、一命を取り留めた男性は現在病院で快方に向かっていますが、どうして「ズッキーニを挿入する」という自殺方法を選んだのかと問いかけた医療助手に対して、男性は「古くから伝わる自殺方法であった」と述べています。

自殺なら他にもいくらでも確実な方法があっただろうに----。何でこんな壮絶に恥ずかしい方法を選んだんだろう?

というか、そもそも自殺方法じゃないよね。何というヘンタイ求道者。


以下、2ちゃんねらーの秀逸コメント

  • 死にたくなったのは娘に発見された後だと思う
  • そこは出す所ですよ(><)
  • どうみても ズッキーニでアナ○オナ○ーだろ(w
  • 入院中の院内食は ズッキーニ 三昧で
  • 見つかるまでがプレイ

まあ、こんな親父を持った娘が死にたくなったのは間違いない。

2010-03-23

[][]時代は21世紀なんですけど----

 丸刈り風の“ベイビーショートヘア”で注目を集める新人女性歌手、ICONIQ(25)がデビュー3カ月にしてファッション誌「JJ」「ViVi」、メーク誌「VoCE」など12誌の表紙に起用されたことが21日、分かった。

 表紙は売り上げを左右するだけに新人を起用するのは極めて異例で、12誌中7誌が初起用。所属するエイベックスでも新人最多記録となった。

 今月9日から大手企業7社のCMに同時出演したり、10日発売の初アルバム「CHANGE MYSELF」も

オリコン週間アルバムランキングに初登場3位で登場するなど絶好調のICONIQ。

歌唱力に加え、端正な顔立ちやファッションセンスに出版業界がいち早く注目し、「とんでもないアーティストが出る噂を聞いた」(GINGER)などと次々にタイアップが決まった。

 現在も取材の依頼が殺到中で、ICONIQは「音楽だけでなくファッションを通じて変わることへの

一歩を踏み出す勇気を共感して頂けたら」と話している。

ネットがそれほど浸透していなかった90年代ならともかく、ネットで情報収集する時代に、泣かず飛ばずのアイドルグループの元メンバーを、こんな形で押し売りしても売れるわけがないとavexはわかんないのかなー。もし多少売れたとしても宣伝費を回収できるとは思えないし。ガールズ・ネクスト・ドアでも大失敗しているのに何で同じ間違いをするんだろ。こういう手法が音楽離れを生んでると思うのだけどねー。

違う意味で「とんでもない」な。


以下、2ちゃんねらーの秀逸コメント

  • どこに需要があるんだ?
  • とんでもないアーティスト気取りが出てる噂をここで聞いた
  • 各紙こぞって取り上げる理由あんの?
  • 近所の寺に、よく似た坊主がいる。

2010-03-22

[]

「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男 福岡県警

 

 福岡県内で英会話教室を経営する米国人男(69)が教え子の女児に性的暴行を加えたとされる事件で、男が「性教育の一環で体に触ることもある」と書かれた承諾書を事前に親から得た上で、研修名目で女児を自宅に連れ込みわいせつ行為をしていたことが19日、県警少年課への取材で分かった。同課によると、男は容疑を認める一方で、「悪いことと思ってない。将来の性生活がうまくいくためだ」などと供述しているという。

 一方、近所の住民から2006年9月ごろ、「男が中高生の女の子を車で連れてきている」との相談があったが、早良署が本人から事情を聴かないまま、事件ではないと判断していたことも分かった。同課は「当時の判断としては適切だった」としている。

 男は1〜3月、児童福祉法違反(淫行=いんこう=)や児童買春・ポルノ禁止法(製造)違反などの容疑で3回逮捕(1件は処分保留)された。同課によると、被害に遭った女児は当時9〜11歳で、男に口止めされていた。自宅などにわいせつ行為を撮影した600本以上のビデオや写真があったが、インターネット上の掲載や売買は確認されていないという。

英会話教室で性教育するのだけど、その一環として体に触るかもしれない----それについて承諾書を求め、親が承諾していた----

┐(´-`)┌ワタシイミガサッパリワカリマセン

2010-03-20

[][]最近買った本

本当にわかる心理学

本当にわかる心理学

若手の臨床心理士・研究者が書いた心理学の入門書。

心理学は、一般的に「基礎心理学」と「応用心理学」と分けるが----さすが実証的な心理学を重視する東大大学院の教育心理の出身らしく、「深層心理学」と「実証心理学」と分け、深層心理学をバッサリ否定している。

また、これまで心理学の入門書は、領域別に章立てられていたが、

  • 心理学とは何か
  • 「現象」から見える心理学
  • 「実験」で測る心理学
  • 「観察」で見抜く心理学
  • 「理論」を整理する心理学
  • 「技法」を提示する心理学

と、研究手法によって分けるユニークな章立てをしている。取り上げているトピックスも面白い。

ただ、かといって、タイトルのように「本当にわかりやすい」かと言えば、そうとも言えない。やはり、まとまりという点ではいまいち欠けているという印象。領域別に章立てられている本と合わせて読むと理解は深まるかな。

2010-03-16

[][]その伝統は守り続けて欲しい

 海上保安庁、入試の「片手懸垂」を廃止、代わりに「鉄棒の両手ぶら下がり十秒」

海上保安庁(海保)は新年度から、海上保安学校(京都府舞鶴市)と海上保安大学校(広島県呉市)の入学試験で、「片手懸垂」の実技を取りやめる。海で命を守るために海保独自に課してきた「伝統の実技」だが、巡視船の高機能化などを背景に廃止する。

 両校とも2次試験の体力検査で反復横跳びなどとともに、片手懸垂を男女ともに課してきた。垂らした結び目のあるロープ(直径2・5センチ)に右手で3秒間、左手で3秒間ぶら下がる。できないと不合格となる。

 海保や第8管区海上保安本部(8管、舞鶴市)によると、片手懸垂は巡視船から小型艇を揚げ降ろしする時に命綱につかまったり、急な高波から身を守ったりすることを想定し、1948年の海保発足以来行われてきたとみられる。

 船の機械化が進んでロープに体を預ける作業が減ったことや片手懸垂での脱落者が多いために廃止を決定。今年5〜6月実施の試験から「鉄棒の両手ぶら下がり10秒間」に変更する。8管総務部は「公園で練習できるので、多くの人に受験してほしい」と呼びかけている。

(京都新聞)

>垂らした結び目のあるロープ(直径2・5センチ)に右手で3秒間、左手で3秒間ぶら下がる。できないと不合格となる。

>片手懸垂での脱落者が多いため


おいおい、片手懸垂じゃなくて、「片手ぶら下がり」じゃん。てか、これなら結び目がないロープでも楽勝じゃないか? これで脱落するって、どんだけヘボだよ。そもそも試験受けちゃダメでしょ。

2010-03-15

[][]心理士も見習え

「人として扱って!」 歌舞伎町でキャバ嬢労組がデモへ


 キャバクラ勤務歴がある女性らによって結成された労働組合「キャバクラユニオン」が3月26日、日本最大級の繁華街、東京・歌舞伎町でデモを実施することが14日までに分かった。歌舞伎町で こうしたデモが行われるのは初とみられる。当日は組合員のキャバクラ嬢らも含め、「キャバクラ街」周辺を練り歩き、夜の世界で理不尽に横行する違法な罰金制度や給与未払い問題などの改善を訴える予定という。

 ユニオンの組合員になったキャバクラ嬢や勤務経験者、ユニオン関係者らが参加予定で「現段階では100人前後くらいを想定している」(ユニオン)という。

 歌舞伎町は都内最大級の「キャバクラ街」がある。移り変わりが激しいため正確な店数の把握は困難だが、公式サイトを持ったり、メディアに定期的に広告を出すなどし、ある程度名が知られた「有名店」だけで50店近くある。それ以外の店やクラブ、スナックなど「水商売系の店」を合わせると、かなりの数にのぼる。

 当日は、人出が多い金曜日の夜。また実施時間は多くのキャバクラが開店する時間の直前になるため、出勤途中のキャバクラ嬢や従業員らがデモを目にするとみられ、ネオン街が騒然となる可能性もある。ユニオンでは、歌舞伎町におけるこの種のデモは「少なくとも近年では聞いたことがない」としている。

 デモでは、「夜の世界の常識」として横行している不当な罰金やノルマ、解雇、給与未払い、セクハラなど諸問題の改善などを訴える予定。歌舞伎町には、ユニオンが交渉しているキャバクラの系列店も複数あるという。ユニオンでは「水商売業界全体の改善を求め、今この瞬間にも理不尽さを強いられている仲間に、声を上げようと呼び掛けます。私たちは、水商売の業界がちゃんとすることを求めます。約束通り、働いた分の賃金を払い、人としてまともに扱うことを求めます」としている。

 ユニオンは昨年12月結成。これまで、全国のキャバクラ勤務歴がある女性らから計約200件の相談が寄せられ、店側との団体交渉などで給与未払い問題を解決した例もあるという。(一部略)

キャバクラ嬢も労組を作ってデモをするのに、心理士って----「臨床心理士は労働組合活動をするべきではない」なんて非常識極まりない意見が出るのが、心理士の業界が終わっているところ。時代遅れの理論を宗教のように信仰し、社会の動向や常識、法律などは二の次、というのが臨床心理士たちの実態だ。

臨床心理士のおよそ半分は非正規雇用である。一般人の非正規雇用率が3割と比べると、悲惨な状況だ。さらに、その中でスクールカウンセラーや行政機関、一部病院、一部EAP企業で働く臨床心理士は、キャバ嬢や風俗上、芸人と同様、個人事業主として扱われている。いわゆる委託契約・委嘱契約ってやつだ。

個人事業主は文字通り個人事業主なので、労働者ではない。なので、労働基準法、パートタイム労働者法などが適用されない。つまり、これら法律で守られない。有給もなければ、残業代も支給されない、労災にも入れない。一方的に雇い止めされたり条件が改悪されても保障はされない。


さらに言えば、労働者ではないので労働組合も原則支援することができない。これが労使交渉の大きな壁になっている。しかし、実態としては労働者に他ならないので、こうしたキャバ嬢の組合活動で先例がつくことは心理士としても、非常に注目すべき動向だ。


なお、現在、大手保険会社の損保ジャパンをはじめいくつかのEAP企業で臨床心理士の「登録型派遣」、つまり日雇い雇用が行われている。


臨床心理士の使い捨て雇用を前提に構築されているビジネスモデルについては、全国の心理士会や地区の心理士会が毅然として“No”と言うべきだ。

2010-03-13

[][]うらやましい

ROCK&SNOW ロック&スノー2010春号 (別冊山と溪谷)

ROCK&SNOW ロック&スノー2010春号 (別冊山と溪谷)

フリークライミングの専門雑誌『Rock & Snow』の最新号の特集は“最強クライマーは誰だ!”


現在、世界で注目を集めている7人のクライマーが特集されている。そのうち、小山田大と平山ユージ、2人の日本人が入っている。


個人的に興味を持ったのは、アメリカのパメラ・シャンティ・パック。名門エール大学卒業の海洋地形探査師。ワイドクラックで多くの実績を残している。

年に4〜6ヶ月は海洋調査で船での生活、残りをクライミングに注いでいる。船上生活中は、毎日100〜200回の懸垂をし、さらに1〜2時間のステアクライムマシーンや腹筋もしているという(!!)。

2010-03-11

[]こんな組合に存在価値はない

うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委


 北海道教職員組合(北教組)が運動方針などについて話し合う「中央委員会」の議案内容が10日、明らかになった。

 全国学力テストや体力テスト、卒業式での国旗掲揚などについて反対の姿勢を示しているほか、虫歯予防のためのうがい、AED(自動体外式除細動器)の設置にまで反発するなど、「何でも反対」の内容。現場の組合員からも批判の声が出ている。

 この議案は「第113回中央委員会」用で、1月29日に機関誌「北教」の号外資料編として発行、組合員に配られた。北教組によると、中央委員会は活動の方針などについて話し合う会議の一つで、各支部の代表が参加する。

 2月25日に開く予定だったが、北教組から民主党の小林千代美衆院議員陣営に違法な選挙資金が流れたとされる政治資金規正法違反事件が発覚後、開催が延期されている。

 議案は、全国学力テストと体力テストについて「子どもを差別・選別し、管理強化をはかるもの」などと指摘している。

 学力テストでは、抽出方式に移行し、抽出に漏れた学校がテスト問題を活用できる「希望調査」の制度が設けられた。これに伴い、道教育委員会が参加を呼びかけた、抽出に漏れた学校の8割が参加を決めていた。

 こういった制度などについても「悉皆(しっかい)(全校調査)をもくろむ極めて恣意(しい)的な通知」として、調査の中止を求める運動を行う方針を示した。

 指導力不足の教員に対し、道教委が行う研修についても「教職員の差別分断・管理統制の強化」と反発。「校長に対し(指導力不足教員の)申請を(教育委員会に)上げさせない取り組みを強化する」とした。

指導力不足の教員は、担任をさせることができず、他の教員の負担増となるケースが多い。関係者も「研修をしなければ、他の組合員にしわ寄せが行くだけなのに」と首をかしげる。

 さらに、子どもの安全や健康に関する施策にも反対している。学校へのAEDの設置や、道教委が虫歯予防のために進めるフッ化物を使ったうがいについても一方的な導入に反対としており、ベテランの組合員も「単に仕事をしたくないだけではないか」と批判している。

当然ながら、SC施策に対しても反対しており、SCに机や部屋を与えない、「ずっと職員室の机に座り、児童・生徒に関わるな」と指示したりなど、ほとんどパワハラといってもいいことをやっている。労働者を守る組合が、仕事の対象である子どもや、一緒に仕事をする他職種に不利益になることをするのは大きな自己矛盾である。

2010-03-05

[]横須賀にて

仕事関係で横須賀へ。やっぱ横須賀に来たらまずこれでしょ!!

「軍港めぐり」

遊覧船で、海上自衛隊とアメリカ海軍(第7艦隊)の軍港を回る45分のクルーズ。なんと、ビデオやカメラの撮影にいっさいの制限なし。


f:id:psychologist:20100306203613j:image

f:id:psychologist:20100306203612j:image

f:id:psychologist:20100306203611j:image

海上自衛隊の潜水艦。この日は幸運にも2艇が停泊。


f:id:psychologist:20100306203610j:image

f:id:psychologist:20100306203609j:image

こちらはアメリカ海軍のイージス艦。


f:id:psychologist:20100306203608j:image ホテル艦

停泊・メンテナンス中に乗組員が宿泊する施設。1000人ほど収容できるという。


f:id:psychologist:20100306203916j:image

f:id:psychologist:20100306203915j:image

世界最大のアメリカ海軍原子力空母ジョージ・ワシントン。総排水量10万トン誇る大きさで、長さも東京タワーと同じ333m。


f:id:psychologist:20100306203914j:image

f:id:psychologist:20100306203903j:image

f:id:psychologist:20100306203913j:image

f:id:psychologist:20100306203912j:image

海上自衛隊司令部

f:id:psychologist:20100306203911j:image

こちらは自衛隊とは関係ないですが----県か市のリサイクル工場

f:id:psychologist:20100306203910j:image

ヘリ搭載艦「日向」。総排水量18000トン。海上自衛隊は、専守防衛の制約を受けるため、戦闘機を搭載できる空母は建造できない。

f:id:psychologist:20100306203909j:image

左は儀礼艦。パーティなどの会場として使用される。

f:id:psychologist:20100306203908j:image

機雷を除去を専門にする掃海艇。磁気機雷に引っかからないよう、木造製になっている。しかし、今後はFRP製に移行されるため、現在この2隻は貴重な存在となっている。

f:id:psychologist:20100306204150j:image

f:id:psychologist:20100306204149j:image

2010-03-01

[][]オプトメトリストの研修に行ってきた─心理士ますますヤバい。

久しぶりに「さいころじすと日記」らしいエントリー(苦笑)。

結論から言えば、今回参加した講習の内容は、「日本の心理士のアセスメントにかなり重大な問題がある」という倫理的問題というか、危機感を痛感するものだった。まあ、欧米では使用そのものが倫理的問題に抵触する可能性があると指摘されている投影法をあいも変わらず使い続けている時点で、日本の心理士業界終わっているのだけど----。


先日、名古屋で「特別視機能研究所」を開業している、米国オプトメトリスト、内藤貴雄氏の研修会に参加してきた。オプトメトリストとは、簡単に言えば、視覚・目の機能のトレーニングをする専門家で、オプトメトリスト自体はアメリカでは100年の歴史があるという。

特別視機能研究所


眼の機能と言えば、すぐ「視力」って話になると思うが、視力は視覚機能の一部に過ぎない。なんだけど、日本の眼科業界や学校の問題として、視力しか扱わない、という問題がある。「視力=遠くが見えるかどうか」の検査しかせず、近くが見えるかどうかは調べない。しかし、学校教育を受けたり勉強したりってのが人生の中心となる子どもにとっては、近くが見えるかどうかの方が実は重要だという。激しく納得。


で----近年、ADHDやアスペルガー障害、LDなどがクローズアップされているけど、それらの子ども・大人の中には、視覚機能の問題でそういった診断や見立てをされている可能性があるという。具体的には、

  • 両目をうまく使えていない。
  • 両目は見えるのだけど、片方の目しか使っていない。
  • 両目の協調運動ができていない。
  • ピント合わせの機能に問題がある(視点を変えたときに、ピントが合うまで時間がかかる)

といった問題の2次的な問題として、集中力低下、不注意、身体協調運動の障害、リズム感がない、左右がわからない、空間認知能力の障害、算数が苦手、勉強嫌いといったことが発生しているケースもあるという。最近流行の「100マス計算」なんかでも、算数の能力があるのにも関わらず、水平なり垂直に目を動かす機能に問題があるためにできない、なんてケースもあるとのこと。

それから、斜視も眼の筋肉の麻痺といった器質的な問題でなっている人は数%で、残りは協調運動に問題があるために起こっているらしい。言い換えれば、適切なトレーニングを経験すれば改善する可能性が大きい、ということになる。

そんなわけで、専門援助職として、そのあたりの視覚機能の問題がある人の見つけ方や、視覚機能の訓練“ビジョン・トレーニング”を少し体験。


それにしても、発達を専門にしている専門機関以外のところ、発達の専門機関での勤務歴がない心理士にとって、この話題は痛い話になるのかもしれない。「視覚機能が問題なく機能している」って前提で、サクっと心理テストをしてしまっている場合も多いのではないだろうか。テスト・検査をする前に、視覚機能に問題があるかどうかを鑑別しないといけないような気がする----。もしかしたら、視覚機能の問題があるのにも関わらず、発達障害や精神障害の診断につながる誤った見立てをしてしまっているケースもある可能性は否定できない。もちろん、既存の発達検査をする中で視覚機能の問題を見つける人もいるけれど、実際のところどうなんだろうか?

また、視覚機能の観点からも、投影法の心理テストってホントまずいと思う。まあ、質問紙法のテストも視覚機能の問題がある人にとっては苦痛なる場合が多いから結果がゆがむ可能性はあるけど。


もちろん、視覚機能という視点で発達の問題を捉えることにすべて納得できるというわけでもないけど。あまり、脳トレ的な色を出してくると、怪しい度・いかがわしい度がアップするような気がする。エビデンスが実際どうなのかは確認したいところ。


何にせよ、時代は21世紀。科学的な技術、医療技術はどんどん進化する。しかし、日本の臨床心理学は20世紀前半〜半ばで止まっている。

(※3月6日、修正・加筆)

ササッとできる 「脳力」を上げる視覚トレーニング (図解 大安心シリーズ)

ササッとできる 「脳力」を上げる視覚トレーニング (図解 大安心シリーズ)