さいころじすと日記

カスタム検索

2011-01-15

[]ソーシャルネットワーク(2010年、アメリカ)

SNS─ソーシャルネットワークサービスの「フェイスブック FACEBOOK」を19歳のときに開発し、史上最年少で億万長者となった天才プログラマー、マーク・ザッカーバーグを描いた作品。

一応、ザッカーバーグとフェイスブックに配慮してか、エンドロールで「創作」とテロップが出るが、会社名や登場人物はすべて実名で出ている。なお、当のザッカーバーグ本人は、この映画について「ファッション以外は創作」とコメントしているようだ。

アイデアの盗用と、不当に排除されたということで訴えられた2つの非公開裁判を間に挟みながら、フェイスブック誕生の誕生から拡大までが描かれている。

ザッカーバーグは実にイヤーな奴で変人極まりないのだけど、彼についても、裁判の結果や、争われたテーマについての事実についても、様々な角度で様々な解釈ができるようになっている(羅生門的現実って奴ですね)。

2時間と比較的長いし、演出は淡々と描かれるが、映像の美しさや重厚さ、緊張感と躍動感溢れる脚本・演出でまったくダレない。

ザッカーバーグを演じた役者の演技がすばらしい。おまけに、本人の口調をほぼコピーできているという完璧ぶり。

facebook

facebook