さいころじすと日記

カスタム検索

2015-02-23

[][][]米軍のPTSDの問題

「アメリカン・スナイパー」を見て色々と調べてみた。軍人のPTSDの問題ってのは、やはり相当深刻だ。

アメリカ軍最高のスナイパーであるクリス・カイルは、壊れていく心と家族との葛藤に苦しむ中で除隊を決意し、その後民間軍事会社とPTSDで苦しむ退役軍人の支援団体を作り活動していた。彼は、退役軍人のPTSDの改善には戦場を疑似体験させることが重要と考え、射撃場での射撃訓練をメニューに入れていた。CBTで言うところの暴露反応妨害に近いものだろうか。しかし、その最中に、突如銃を乱射され、至近距離で撃たれて死亡している。被告の裁判は、ちょうどこの2月から始まっている。

クリス・カイルとともにイラクで戦ったシールズ隊員の中にもPTSDで自殺をしているものがいる。イラク戦争以降、アメリカ軍退役軍人による殺人事件は120〜150件ほど。被害者の半数は家族や友人といった身近な人とのことである。母数がわからないので何とも言えないけど、重大な社会問題であることは確かだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/psychologist/20150223/p1