Hatena::ブログ(Diary)

ここにいないのは このページをアンテナに追加

2016-12-01

[]やがて君になる3 雑感

 百合漫画を150冊ぐらい読んできましたが、まだ百合漫画とは何ぞやと語れません。

 ただ私の癖ではあるのですが、どんなジャンルにおいても、これは凄いと唸ってしまう絶品に会ってしまったら、それがそのジャンルにとっての自分にとっての代表作となりますし、その作品を軸にジャンルを考えるようになってしまいます。

 百合のジャンルにおいてこれまで出会った最高の作品は「青い花」。身体と心が女性として成熟していく面々が織りなす人間関係軋みと、幼馴染との迂遠な恋愛、恋愛が成就した時の忘我。独特な淡い絵と台詞回しで強固な世界を作り上げていました。

 ラブコメとかギャグ調とかエロ多目とか多種多様な百合漫画を楽しんできましたが、心の何処かは「青い花」の類型――もしくはきっと塗り替えるような今は見ぬ衝撃を追い求めています。

 

 閑話休題

 この 「やがて君になる」シリーズは推されていて読んではいましたが、そこまでではないかなーと思っていました。1巻から一貫して、『恋愛感情』を持てない少女同士の邂逅から、片方が先に『愛情』を所有したことで生まれた不均衡が物語を動かしていて、好みではあるものの、まだまだ筆致が拙いと侮っていました。

 ――3作目の本巻までは。

 お話としては他愛ありません。体育祭の準備と本番を描く何気ない溜めの回です。トリッキーな展開だったり、鬼気迫る感情の発露があったりする訳ではありません。

 ただただ日常における少女たちの交流と、心の小さな澱みが描写されます。

 それに心を貫かれました 

 恋愛という未知の感情に心を躍らせる少女と、未知の感情に体当たりされて徐々に心にさざ波が立とうとする少女。二人の少女の不均衡な付き合いから生じる心情の揺れ。それを堪能するには、大きなイベントなんて必要ないですし、むしろ邪魔でしょう。ただ些細な出来事と、連動する心情をしっかりと描写なしえた筆致に賛辞を。


f:id:pub99:20161201215103j:image

f:id:pub99:20161201215102j:image


 じりじりさせて、ぐっとこさせて、そして最後のキスのシーン。

 何もかもが素晴らしい。

 これだ! これこそが! 追い求めている百合とはこれなのだ! ――叫びたいところをぐっと我慢しました。

 なんせまだ予兆です。偶々波長があっただけなのかもしれません。けれども予想外の展開によるのか、只管巧さによるのかは兎も角として、作品としてさらに今の方向性の精度を増していくのならば、ひょっとして未曽有の傑作として完結してくれるかもしれません。そう願っています。


 以上。興奮しきりでした。ただまあ他の方が同様に思うかと聞かれれば、ちょっと自信がないですね。


  • Link

 HP−やがて君になる | 月刊コミック電撃大王公式サイト