Hatena::ブログ(Diary)

プヒプヒ日記

 

2017-11-18

豆本対応状況

「当選通知が来ない」ツイートがぽつぽつ見受けられますが、そもそも対象者全員にDMを送ったのかどうかさえ今は確認できていません。首謀者が北陸方面に遁走したとの噂もあります。週明けに状況を確認してみますのでいましばらくお待ちください。

ceneciocenecio 2017/11/20 16:33 こんにちは。
先日もメールを差し上げた者です。
わたくしも待ち焦がれているところでございます。
北陸方面に逃走した担当者さまは金沢の泉鏡花展にいらしただけならよいのですが…。
わたくし、本日誕生日でございます。もしもDMが届いておれば、夫が買ってくれたベルギービール半ダースセットと共に、最高の贈り物となるところですが…。
どうか一日も早く首謀者さまをひっつかまえていただけるよう、重ねてお願い申し上げます。

puhipuhipuhipuhi 2017/11/20 19:54 ご心配をおかけして申し訳ありません。あと誕生日おめでとうございます
この↓国書刊行会のツイートにありますように、ツイッターの仕様上の問題から、一度に全員に当選メールは送れず、細切れに連絡するしかないようです。
https://twitter.com/KokushoKankokai/status/932447337435357185

首謀者の人も明日には会社に顔を出す模様です。どうか気長にお待ちくださいますようお願いします。

2017-11-17

豆本応募御礼

ワルプルギスの夜』刊行記念キャンペーンはざっと数えたところ、76人の方の応募がありました。予想を上回る多数の応募をいただき、ありがとうございました。

f:id:puhipuhi:20171117202756p:image

数え違いの可能性も考えて、84冊作りました。再来週あたりから発送がはじまるようです。楽しみにお待ちください。

それにしても豆本というのは数をつくっていくうち、だんだんハイになってあぶない状態になってくるものです。機会あれば再度チャレンジしてみたいと思いました。今度は宛先を「豆本中毒係」にしたりして。

なお応募してくださった方は、必ず国書刊行会@KokushoKankokaiのツイッターのフォローをお願いします。でないとDMが届きません。

2017-11-15

ただいま55名

『ワルプルギスの夜』刊行記念・豆本プレゼントキャンペーンの応募者は、今現在(19:38)で55名です。依然として余裕で全プレ状態であります。

応募期間も明日一日を残すだけとなりました。でも、まだ読んでないよ! という方も十分間にあいます。短い短篇ばかりですので、数時間もあれば読めますから。ではではよろしく。

2017-11-13

可憐な中身も公開

国書刊行会ツイッターにて豆本の表紙を公開していただきました。ありがとうございます。

ではこの際ですから、可憐な中身もそっと公開いたしましょう。

まず見開き。

f:id:puhipuhi:20171113203208p:image

この画像ではわかりにくいかもしれませんが、実は二色刷りで、「死の舞踏会」のところだけ色が違うのです。本文用紙はアラベール90kg、簡易フランス装の表紙はタントセレクトTS-1,100kg、見返し用紙は江戸小染はな130kgで高級感を演出しています。

次は本文一ページ目。楽譜入りです。

f:id:puhipuhi:20171113203324p:image

これもわかりにくいかもしれないのですが、このページは三色刷りで、楽譜(金色もどき)と本文とページノンブルはどれも微妙に色が違います。

最後に奥付。

f:id:puhipuhi:20171113205558p:image

ちょっと手が震えてピンボケになりました。ここには「百部刊行」とありますが、これはたぶんウソで、実際は応募者分しか作りません。

ちなみに総ページ数は24ページです。ふるってご応募を!

2017-11-12

読売にも書評

読売新聞日曜版に『アンチクリストの誕生』の書評が載るという噂を聞きつけ、朝一番で買いに走りました。

f:id:puhipuhi:20171112080923p:image

評者はなんと荒蝦夷代表の土方正志氏! なんという光栄なことでしょう。「荒蝦夷(あらえみし)」といえば、みちのく怪談の埋もれた名作を続々発掘する一方、幻の旧『宝石』作家、高城高の復活にも深くかかわっているという、怪談ファンにもミステリファンにも一目置かれる版元であります。

書評もペルッツ愛がまざまざとうかがわれる文章で、訳者冥利に尽きると感じました。本当にありがとうございます。