プヒプヒ日記

 

2018-04-12

『皆川博子の辺境薔薇館』

アマゾンに予約でました。文藝別冊のようなムックかと思っていたら単行本だったんですね。装幀は柳川貴代さんです。なかなかすごいものになりそうです。

若輩者のわたしも錚々たる執筆陣にまざってエッセイ「Stranger in a strange land」とアンケート「愛する皆川作品三冊」を寄稿しております。

エッセイは5枚という依頼だったのにガチガチに緊張して4枚くらいしか書けませんでした。文章を水増しするというのも失礼なので結局そのまま送稿。枚数が短いぶんそれだけ皆川愛が凝縮されたものになっていますので、なにとぞご一読いただければと思います。

いっぽうでは5枚のところを11枚書いた人もいるらしいです(とあるツイートからの憶測)。その気持ちも実によくわかります。