プヒプヒ日記

 

2018-05-14

学魔本を求めて

高山先生が蔵書を大放出されるという驚くべき情報が舞い込んできた。さっそく銀行からお金をおろして、勇躍古書ほうろうに駆けつけたのはいうまでもない。

しかし学魔本と思われるものはほとんどが最近の寄贈本で、たいへん失礼ながら、あまりたいしたものはなかった。それでもパラパラめくると要所要所に赤鉛筆の線が引かれてあって興味深い。ちなみにお店の方に聞くと、洋書はまとめて大妻女子大が引きとる予定だという。残念至極!

なかでは古い丸善のカタログがまとめて置いてあるのが面白かった。やはりところどころに赤ペンで線が引いてあって、「注」と書いてある。たぶん注文予定という意味だろう。まさか(カタログで書名だけ見て)注で引用するという意味ではなかろうと思う。

ということで学魔本は買わず、代わりに目についた「未来趣味」創刊号その他数冊を買って帰宅。

この創刊号では長山靖生さんの『黒死館』と『ドグラ・マグラ』との比較論が読ませる。あと加藤幹也という人が「闇の三一致」という、『孤島の鬼』に関する迫力満点の評論を寄稿している。

f:id:puhipuhi:20180514174325p:image

しかしどこが古典SF研究なのかよくわからない気もする。この雑誌の混沌は例のピンク色の号からはじまったのかなと漠然と思っていたけれど、実は創刊号からそうだったらしい。