ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ぴょぴょぴょ? - Linuxとかプログラミングの覚え書き - このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-11-06

macOS に Tex Live 2016をインストールする

|  macOS に Tex Live 2016をインストールするを含むブックマーク  macOS に Tex Live 2016をインストールするのブックマークコメント

macOS SierraTeX環境を texlive2016 に更新したので手順をまとめます.

この記事は以下のエントリを macOS SierraTex Live 2016 に合わせて更新・加筆したものです.


2018年5月9日追記: Tex Live 2018版の記事をhttp://d.hatena.ne.jp/pyopyopyo/20180509 に用意しました.

BasicTeX

パッケージはMacTeXのサブセット版である BasicTeX を使いました.

MacTeXだと全パッケージがインストールされ 2.4GB ものディスク容量が消費されますが,サブセット版である BasicTeX は良くよく使われるパッケージのみをインストールするため必要な容量は 280MB程度です

また不足パッケージは後から簡単にインストールできるので実用上の問題もありません

ダウンロード&インストール

https://tug.org/mactex/morepackages.html から mactex-basic.pkg をダウンロードインストールします

なおMacTeXは

  • 2016 通常版 /usr/local/texlive/2016
  • 2016 BasicTeX /usr/local/texlive/2016basic
  • 2015 BasicTeX /usr/local/texlive/2015basic

という感じでディレクトリを分けてファイルを配置し,/usr/texbin というシンボリックリンクデフォルトバイナリを切り替える,という仕組みになっています.

たとえば mactex-basic.pkg をインストールすると,/usr/texbin のリンク先は /usr/local/texlive/2016basic/bin/x86_64-darwin

になります.

シンボリックリンクの切り替えは,GUIであれば「システム環境設定」の「TeX Distribution」から行います.

初期設定

basictex をインストールしたら,必要なパッケージを追加インストールします

方法は二つ

あります.

ここでは,説明が簡単,という理由CUIを使います.

ターミナルを起動し,まずは tlmgr 自身を更新します

$ sudo tlmgr update --self 

次に導入済みパッケージの更新

$ sudo tlmgr update  --all

続いて,必要なパッケージの追加インストール

日本語環境用パッケージをインストール

$ sudo tlmgr install ptex platex jsclasses japanese-otf jfontmaps cjk-gs-integrate adobemapping 

個人的に良く使うパッケージをインストール

$ sudo tlmgr install  type1cm subfigure dvipdfmx multirow

日本語フォントの設定

フォント周りで重要なパッケージは

  • jfontmaps
  • cjk-gs-integrate
  • adobemapping

です

あらかじめインストールしておきます

$ sudo tlmgr install jfontmaps cjk-gs-integrate adobemapping

adobemapping を入れておかないとdvipdfmxでエラーが出ます

フォントの登録

$ cd /usr/local/texlive/2016basic/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
$ sudo ./cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
$ sudo mktexlsr

これで,/usr/local/texlive/texmf-local/fonts以下に,フォントファイルへのシンボリックリンクが自動作成されます

登録済みフォントの一覧を確認します

$ kanji-config-updmap status

フォントの変更

フォントが登録できたら,pdfに埋め込むフォントヒラギノの N シリーズ に変更

$ kanji-config-updmap hiragino-elcapitan-pron

自動で extractbb が実行されるようにする

以下の内容で /usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf を用意します

shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,bibtexu,upbibtex,biber,\
kpsewhich,\
makeindex,mendex,texindy,xindy,\
mpost,upmpost,\
repstopdf,epspdf,extractbb

古い TeX環境の削除

uninstallは簡単です

MacTex 2015を消したい場合は /usr/local/texlive/2015basic をディレクトリ毎削除するだけです

$ sudo rm -rf /usr/local/texlive/2015basic

トラブルシューティング

pdfに画像が貼れない/gsコマンドが無い
ghostscript (gsコマンド) がインストールされていないと dvipdfmx 経由で作成する pdf に画像が貼れない場合があります.ghostscript をインストールするには https://tug.org/mactex/morepackages.html の mactex-additions.pkg から ghostscriptを選択してインストールのが楽そうです
LaTeXIt を使いたい
gsコマンドが必要なので,あらかじめ上記の手順でghostscriptをインストールして http://www.chachatelier.fr/latexit/ からdmgダウンロードインストールする.
TeX Live Utility.app を使いたい
https://code.google.com/p/mactlmgr/
dvipdfmx がCould not find encoding file “H”. というエラーを出す
adobemapping パッケージをインストールすると直ります

まとめ

インストール後の /usr/local/texlive/2016basicのサイズは 570MB でした.(2014basicの頃より200MBほど小さくなったようです)

全部インストールすると 2.4GB程度だそうで,かなりディスク容量を節約できたようです.



[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門
奥村 晴彦 黒木 裕介
技術評論社
売り上げランキング: 25,636

ねこ丸ねこ丸 2016/12/05 15:20 こんにちは、 すでに切ってある,GPTパーテーション
WIN8.1-64からはじめました。
お決まりの、先頭から 300MB、100MB、128MB、win-C:の構成ですが、300MB回復(winPE)を縮小して、そこにgrub2を入れるのかと思っておりますが、webサイトを見ましても説明がよく理解できません。
実際にはどのようにすればよいのでしょうか?
それではよろしくお願いします。