Virtual Studio 440 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/12/07

ラジオ2.0時代はやってくるか?

今日は仕事の合い間に第1回ウェブ学会シンポジウムの中継をストリーミングで見ていたので、すっかり頭が民主主義2.0モードになってしまった(苦笑)。


東大安田講堂という会場のせいか、「学会」というネーミングのステータスかは判らないが、そこはかとなくアカデミックな香り。でも、浅田彰氏など有象無象の有識者が担ぎ出された80年代のニュー・アカデミズムほどの胡散臭さはない。

大統領選におけるオバマ戦術を手本にしたくて仕方ない与党議員まで担ぎ出し、「ニコ動」「初音ミク」「ググれカス」などネット中毒者にはおなじみのターム(笑)が飛び交い、新たなWebツールのデモンストレーションが続々と登場する、あまりにもフリーダムかつ衝撃的なイベントだった。


さらにこの学会をイベントたらしめたのはニコニコ生放送Ustreamで同時中継されていたこと。ニコ生流れる川のような横スクロールと、Twitter滝のように降り注ぐタイムラインを同じ題材で体感できたのだ。これは滅多にないご馳走だ。

双方合わせておよそ3千人の視聴者は、奔流から気になるレスポンスを拾い上げて思い思いのWeb未来像を構築したに違いない。


以前にTwitterはラジオ的だ、という趣旨のエントリーを書いたが、今日のウェブ学会中継はまさにラジオそのもの。講演や討論の要旨を簡潔にまとめあげる(=tsudaる)者もいれば、壇上に突っ込みを入れる者や、視聴システムにただ感動する者など、見方は人それぞれ。ある対象をネタにリアルタイムで多様な意見を見たり聴いたり、さらに発言できるのは、現在のところニコ生とTwitter、そしてラジオくらいのものだ。


私はスマートフォンにTwitterとネットラジオ、さらにタッチで動く電子広告を融合してビジネスモデルを確立できれば、お国がやろうとしているデジタルラジオ携帯端末向けマルチメディア放送)もPodcastも要らないと思っているが、まさにウェブ学会の最中に嬉しいニュースが飛び込んできた。



 電通は2009年12月7日,iPhone 3G/iPhone 3G S/iPod touch向けのインターネット・ラジオ統合再生アプリケーション「kikeruアプリβ版」を公開し,2009年内をメドに配信・ダウンロードを開始すると発表した。

IT Pro 2009.12.7 18:09更新分より抜粋


Kikeruはネットラジオの聴けるPC用ツールバーだが、今回はそのiPhone版をリリースするという話。それと類似するソフトなら、ウィルコムが自社のWindowsMobile端末用に提供しているインターネットラジオプレイヤーがある(聴ける放送局も同じ)。


しかし、今回の「kikeruアプリ」に関するニュースリリースあの電通が発信源なのだ。これはまさに、先日エントリーで話題にした産経新聞iPhone版における電子広告の延長を狙っているのではないかと邪推してしまう。

リスナーにとってはCM音声のために時間をやり過ごさなくてもいいし、暇なら画面を見て広告にタッチして動かしたり、動画を楽しむことだってできるかもしれない。広告主や広告会社は、いかに注目を集めるflash広告が製作できるか、そのセンスを競うことになるだろう。


そして気になることがもうひとつ。


 インターネット・ラジオのコンテンツ再生のほか,番組名や出演者などの情報の表示,番組表の表示の機能を持つ。今後,放送中の楽曲名取得機能や,twitterなどのコミュニケーション機能を実装していく。

IT Pro 2009.12.7 18:09更新分より抜粋


最後の一文に注目。現在開発中とは言え、Twitter機能の搭載が予定されている。iPhoneでラジオをストリーミングしながらツイートを加えていけるのだ。


もともとTwitterにおけるつぶやきは、他人のレスポンスを前提とするものではないし、ましてやパーソナリティが読むべきものでもない。しかし誰かがあなたの発言に共感しタイムラインから拾い上げてRT(リツイート)してくれるかもしれないし、番組スタッフから何かの情報が得られるかもしれない。SNSに集うまでもなく、リスナー同士でリアルタイムに共振できるのだ。その意味でラジオは二度美味しくなる可能性を秘めている。


私が会社で聞いた限り、携帯端末向けデジタル放送がTwitterと連動する可能性は著しく低そう。となると、今回の「kikeruアプリ」がどんな仕様で登場し、どこまで進化するか要注目である。

その成功次第で総務省が狙う双方向どころかマルチ送受信可能、しかも送り手が窮しないラジオ2.0時代が訪れるはずだ。


そんなわけで、電通様&フライト様、ぜひともWindowsPhoneプラットフォーム版の開発もご検討下さいなにとぞ(懇願)。

 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pyu-ta/20091207/1260197022