Hatena::ブログ(Diary)

インターネットの真の姿とは このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-28 そしてデッドボールPは伝説に

そしてデッドボールPは伝説に

クリプトンの声明によって決着しましたね。ミク+猥語=NGということで。

私はといえば、削除を知った後、一晩かけて長文メールを作成してクリプトン社の方にメールを送りました・・・が、結局メールは返って来ず。声明という形で決着を知りました。

メール内容の論点は二つ。

公序良俗という言葉のあいまいさ、削除基準

今回デッドボールPの削除によってこういった問題が議論されたが、この話は、クリプトンの要項の表現から、いずれ表面化する話ではあった。たまたま引き合いに出されたのがデPの曲であったというだけである。で、現代の曲の歌詞表現のうち、いわゆる「エロい」歌詞としてあげられているものを中心に見ていくことで、削除基準を見つけようとしました。

いやー・・・・デPより直接的で過激な表現を使っている歌詞はいくらでもありますね。もうNGワードそのままですよ。デPの方がよっぽど味わい深い(もとい笑える)。

まぁ、要はどういった基準、どういった歌詞の言葉や表現を問題と見て削除したか、という話ですね。声明では、結局「放送できるかどうか」という非常に不明瞭な言い回しで決着。

公序良俗のと音楽に関する騒動は、エロ過ぎて発禁騒動や放送禁止になったという話をいくつか見ましたが、何が基準になっているのかは個々のケースによって様々だった。ひとつの基準として、世紀、成功に関して直接的表現を使っているものがアウトになっていたとの感じはある。いわゆる一連のピーーーーーーー言葉です。

ひとつ思うこと。ニコニコ動画のコメントでアウアウ、と言っているのは、皆が本気で、この歌詞はだめだからアウトと本気で思っているのではなく、一種のお約束に近いもので、そういったことを言いながらネタとして楽しんでいる、という部分があるのだと思う。そういった軽口やネタ、アウアウ動画(RC)とかのタグを重く見てもらっても困る。それでひっかかったとしたら、いい災難ではある。

もひとつ思うこと。ミクによってカバーされたPOP曲にピー言葉が入っていたりしたら⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!なのだろうか。ミクは普通の人間の歌手に比べ歌う曲に制限がつくのは、可能性を狭めている気もし、残念なことです。電波系ソングカバーも結構ひっかかりそうだな。

なぜニコニコ動画においてのみ削除されたのか

通報があったからという話らしいですね。通報したやつ誰だ(#゚Д゚)きさまはとんでもないことをしてしまった

ま、それはおいといて、コメントがあってこそ面白さが広がる曲でもあったので、ニコニコで削除されたのは本当に残念だった。なんであれほどの作品が消されなきゃいけないんだ。Webなんてエロと公序良俗違反の巣窟じゃないか!などと思ってしまうわけですが、発売元がそういうのであれば、もう何も言うまい。表立っては禁止ということになってしまった(´・ω・`)ガッカリ・・・本当にミクの存在もふまえ、うまく表現した歌詞なんだけどなぁ。18禁だからアウトですか。はぁ・・・。

これがDTM音声合成ソフト分野において、ブレーキになるかどうかは今後見えてくる。まぁ5年くらいでクリプトン倒産していたら、方針は間違っていたんでしょう。クリプトンの独占状態なのか、今の音声合成ソフト分野は・・?エロOKの新たなる企業がでてきたりするかもしれない。あるいはそういった歌詞もOKなキャラクターボイスクリプトンが発売するかもしれない。

初音ミク、いや、音声合成ソフト分野が今後発展していくのであれば、この事件は、デッドボールPの名とともに、歴史の一ページを間違いなく刻むだろう。そして、語り草となるわけである。昔、こういったヤバイ曲があったんだよー、というふうに。

デビュー曲の既成事実とか・・・なんであれが消されなきゃいけないんだ・・・。一つのストーリーとして高い完成度をほこるあの曲が。あれは何度かよく聞いていくと良さがわかってくる(そういう感覚を持っている人は、というだけで、嫌いな人はイヤとしか思わんと思うが)。エロい表現が入っていたって、作品としての完成度が高ければ、それは芸術になってくる。写真や映像分野でもそうじゃないか。紅茶みたいな名前のメーカーにはそれがなんでわからないんだー、とは思う。

今後の百合ジナルシリーズに期待するとともに、デッドボールPに敬礼(。・x・)ゝ ミクがもう少し世間にも市民権を得た暁には、この事件、そして削除された曲も、消えてしまった伝説上の曲として語り継がれていくことでしょう。私は語り継ぐ気マンマンです。

ニコ厨ニコ厨 2008/01/30 01:11 作品のデキと規約に違反しているか否かは全く別の問題ですから、分けて考えないと駄目ですよ。どんなにいい作品でも違反していたなら駄目です。

とりあえず、当事者のデPが素直に受け入れたんですから外野が火をつけて回るのやめません? それこそデPが最も望んでいないことだと思うんですが。

ゲロゲロ 2008/01/30 02:07 語り継ぐって何を。
違反エロワード満載の神曲があった事ですか

asas 2008/01/30 02:20 同人活動って版元に迷惑をかけないのが大前提ですよね?
たとえばTBSなんかでデPのエロ歌が放映されてオタク叩きに利用されたなら、
あなたはその風評害の責任が取れるんですか?
自分の声がエロ歌に使用されるという噂が流れ、クリプトンの業務に支障が出ても
自由にエロ歌を歌わせろというんですか?

asas 2008/01/30 02:26 修正
自分の声がエロ歌に使用されるという噂が流れ、ボーカロイドの声を提供してくれなくなり
クリプトンの業務に支障が出ても知ったことか、自由にエロ歌を歌わせろというのがあなたの考えなんですか?

ちなみにTBSのオタク叩きにミクが利用されたときは
伊藤社長は「下手をすると声を提供された藤田さんにも迷惑がかかってしまうところだった」と答えています
あなたは藤田さんやクリプトン、デP以外のDTMユーザーにエロ歌を歌わせてるオタクという
謂れのないレッテルが貼られてでもエロ歌を自由に歌わせて当たり前だというのですか?

らんらんらんらん 2008/01/30 03:31 上の意見に大体賛成かな。クリプトンの業務によけいな事が増えたことの方が気になる。
もともと、デPの歌って自分のサイトか、18歳禁止のサイトでこっそりと楽しむのが
すじなんかじゃないかな。
いくらいい歌だとしても、外で歌えるか?
直された歌詞もへたに外で歌ってたら
通報されそうな感じ。

qaze00qaze00 2008/01/30 04:15 >ニコ厨さん
今回、公序良俗に「違反」しているとしてデPの曲は削除されたわけですが、どの歌詞の表現がが「違反」になったのか、という疑問はあいまいになったままであったため、このままだと作者による修正の余地もないのではないか?という気持ちが生じたのが、メールを送った理由の一つではあります。
そうですね、私は第3者なのであまりとやかくいうことではないのかもしれません。私としては、今回の騒動をきっかけとして生じた疑問をクリプトンに送り、その話をエントリした、ということです。結果としてデPが悲しむのであれば、こういったエントリもさし控えるべきなのかもしれませんが。これ以上はあまりこの話にとやかく言うつもりは、今のところありません。
>ゲロさん
はい、そうですね。今はいわばこういったVocaloidの草分け時代であり、やがてはもっとこれが広まっていくことで、メジャーデビューやCDリリースなどをしてくる可能性は十分にあると思います。その時に、昔はこういった騒動があったんだよと話せるような出来事ではあると思いますね。これからどうなるかはまだまだ未知数ですが。
>asさん
エロい歌を自由に歌わせろ、という考えではないですね。どういった基準でエロ歌かどうか認定されているかが気になったわけです。
というのも、今回メールを送る前に、普通にCDとしてリリースされているサザンオールスターズやB’z,ミスチル、ポルノグラフティなどの歌詞を一通り見ていましたが、性的に直接的な表現を使っている歌詞部分は実は結構あります。これらは普通に公共の電波に流されているわけです。彼らはその歌詞を「芸術」として、歌というストーリーの中で使用しているわけで、それを日本レコード協会も、ファンの人々もみな認め、受け入れているわけです。私もそれについて異論を唱える気はありません。
では、これらの「直接的な性的表現が含まれた」曲が普通にTVなどで流されているのであれば、「公序良俗に反する歌詞」の基準とは何なのか?猥歌、エロ歌と認定される基準はどこにあるのかが気になったわけです。
誰かそれに対する明確な答えを持っている人がいれば特にメールを送る必要はなかったのですが、残念ながらWebやレコード協会その他には、それに関する明確な情報がありませんでした。では、実際にクリプトンの会社の方に、どういったところが公序良俗違反だという判断を下す原因となったわけですか?と聞きたかったわけです。
そういう意味では、デッドボールPの歌は確かに今回の問題を浮かび上がらせるきっかけにはなりましたが、あくまでもきっかけというだけであり、この騒動を通じて私が疑問を持って質問のメールを送った、というところが本当のところです。
レッテルや風評被害が起きる可能性は確かにありますね。今回のクリプトン社の削除はそういったことを危惧した、ということが大きな理由の一つとしてあるでしょう。また、クリプトンの戦略にそぐわない、ということもあるでしょう。最終的にはクリプトンはこういったユーザの作曲を利用した商用利用も考えているでしょうから、その時にエロ歌などが存在することによってイメージを落とされたくない、という考えもあるんではないかと思います。

おそらくコメントをいただいた方は、初音ミクニュースより飛んでこられた方のようですね。私は別にデPだけではなく、様々なミクの曲が大好きです。その中でデPの曲が削除されたときは、単純に非常に残念に思いました。誰でも自分の好きな歌や動画が消されたら、なんでやねん(#゜Д゜)と思うのではないかと思います。別にそんな儲けてるわけでもなし、好きなもの同士でやっているんだから、公認はせずとも黙認はしてくれてもいいんじゃないかと。
まぁこれもWebという場が「不特定多数に見られる場」であるので、いささかの制限がかかるのは仕方のないことだとは思います。確かに最近は特にwebを通じた社会的影響も大きく、色々と取りざたされていますから。
ただ、何事も色々な視点と立場を考えていき、もし自分が疑問に思うならそれをメールなどの行動に結び付けていくことで、最終的にはよりよいルールや建設的な議論が、こういったコメントなどで話合うことによってできていくのではないか、と思っています。

通りすがり通りすがり 2008/01/30 04:39 >私は語り継ぐ気マンマンです

それでは、おまわりさんの前で、大声でデPの楽曲を歌ってみてください。
電車の中で歌ってみてください。
駅前で歌ってみてください。
会社の中で、買い物の途中で、ファミレスで、喫茶店で、歌ってみてください。
どうなるか想像できますよね?
また、自分がどう感じるかも想像できますよね?
そういう事だと思います。

>まぁ5年くらいでクリプトンが倒産していたら、方針は間違っていたんでしょう。
クリプトンはボーカロイドだけで飯を食っているわけではありません。
食えなくなれば、その分野は切り捨てるか縮小させる。
悲しいかな、それが企業としての正しい姿です。
もう少し、物事を多面的に見る努力をする事をお勧めします。

qaze00qaze00 2008/01/30 06:37 外で大声で歌を歌うとさすがに顔をしかめられそうですね・・・。ましてや電車内でなどとは。最近は大音量でイヤホンつけて音楽を聴いている人もいますが、自重wと思いますね・・・。
好きな歌なので、たまに口ずさむときはありますねー。非常に楽しいです。
うーむ、かなりひどい表現だと思われているな・・・・。洋楽などでもFuckを連発するような曲もありますし、デPの表現も確かにエロい想像をさせる可能性はありますが、普通にエロ表現は他の曲でも使われているのではないか、という話です。あと、金太の大冒険やブリトラなどに言える事ですが、猥歌ってネタとして楽しめる部分もあると思いますけどね。そういう曲に目くじら立てる人はどこにでもいるんでしょうけども。
そうかもしれませんね。ちょい表現がオーバー過ぎたかな・・・。

halhal 2008/01/30 07:23 >おまわりさんの>おまわりさんの前で
これは違うんじゃないですか?w
世に語り継がれるエロい小説はあるけどそれとそれを人前で朗読するのが良いかどうかは別問題な訳で。
人前でセックスしたら捕まるけどセックスを禁止したら少なくとも現在の科学じゃ人類滅亡する訳でw
まぁそれ程までに人類に不可欠なものであってもTPOはわきまえるべきってのはあると思いますが。

ただ一方でそうしたら気まずい思いをする人たちが多いのも事実でそういう表現にうちの機材を使わないで、という企業の論理もわからないではないですよね。他の楽器でそんなことを言われるか、という話もありますがでもやっぱりそういう曲を作って「これ、YAMAHAの○○って楽器で作りました」とかことさら言われたら「いやいやいや、カンベンしてくださいよw」ということにやっぱりなるでしょう。初音ミクは特にそういうことを言わなくてもそういう風に受け取られてしまう可能性の高い「新しいタイプの楽器」であるという側面があります。その新しさは技術的なものに留まらない訳で。デPの曲は発表当初からきっとああいうタイプの抗議は少なからずあったと思うのです。クリプトンは良く踏ん張ったのでは?と思います。
また逆に言えばここからしばらくは事実上の表現の自由の拡張について積極的であるべき、という意見の人間が個々の立場でがんばるべきかなと思います。そういう領域の利益は努力しないでも抽象的に社会事象を捉えられる頭のいい人間か創作や報道等そこに密接に関わっている人間くらいにしか理解はしにくいものですから社会的には少数派にならざるを得ないんでまぁ、上手く立ち回りつつ、ということになると思いますが。
個人的にはqaze00さんの立場を支持するものです。ま、風当たりは強いですがそういう人たちの気持ちも慮りつつがんばりましょうという感じで。

すみません、上の二つのコメント、消していただけると…。

mironmiron 2008/01/30 07:31 自分ならがんがんデPの曲外で歌いますよ
批判されると逆に歌いたくなるんで

k 2008/01/30 12:53 >人前でセックスしたら捕まるけどセックスを禁止したら少なくとも現在の科学じゃ人類滅亡する訳でw

ニコ動に公開するってのはまさに「人前でSEXする」って行為でしょw
自分で作って公開しないのならともかく
クリプトンの規約にもあくまで「公開・頒布」するなというだけで
作る事そのものを禁止している訳ではない

qaze00qaze00 2008/01/30 16:24 haiさん>
どうもですー。まぁこの問題はいろいろな立場の人によるいろいろな視点があり得るので、なかなか一つの意見に収束しにくい話でもあります。ただ、私としてはこういう視点から、こう思ったということを書いておくのもいいかと思いまして。私一人がそう思っているわけではないとわかって少し安心です。
mironさん>
その気持ちはわかりますw私もわりとそういう性格なので・・。
kさん>
そうですね、要はニコニコ動画という巨大動画共有サイトにアップし、多くの人に見られることによる社会的影響がクリプトン社にとって見過ごせないほどのものとなった(削除要請メールの存在などもふまえ)ということでしょう。

ニコニコ動画という場が、もう、一部の人の趣味を同じくする仲間内でわいわいネタを出し合って楽しむ域をはるか超えて、公共の場へと変質してしまったのでしょう。それはすばらしい事でもありますし、一方で寂しく感じる部分もあります。

s.is.i 2008/01/30 18:12 芸術家の作品で今だにメディアと公序良俗の問題でもめるんですから
その境界線がそんな明瞭になるなんて不可能ですよ。ただそれが
アウトかセーフか決めるのはあくまで権利者のクリプトンです。
初音ミクという商品にとってマイナスとなるとクリプトンが判断すれば削除要請がでます。
まだテレビで放送できるかどうかと言う基準を出してるだけ
ユーザーフレンドリーな会社と言えますよ。
デP氏の作品に関してはその知名度の高さからもクリプトンに与える影響がでかいって
事ですよ。ほとんど知られていない違反した歌があってもそれは会社にとって
どうでもいい事なんですよ。影響が小さいからね

あなたがデPの作品を公序良俗に反していないと主張するのはまったく
問題ありませんが、最終的に判断するのはクリプトンである事は
かえられませんし、デPの作品が公序良俗に反していると考える
人も当然いるはずです。私も好きではありますが、あれはアウアウwと
本気で言ってましたよ。
兄の小学生の息子がニコニコ見てるのを知って、なおさら公序良俗という
問題を考えるようになりましたよ。デP氏の作品だけでなくかなり
ギリギリというかダメだろこれって感じる作品が普通にランキングにあると
私は感じています。正直大好きだけど,小学生に聞かせても大丈夫と
胸張って言えませんよ。甥が学校や外でデPの歌を歌ってたら洒落にならんw

anonanon 2008/01/30 20:51 猥歌の類って、アングラで流通させるもんでしょう。
Webという公共の場(勘違いしてる人いるがニコ動は公共の場)でエロいのはダメですよ。

こっそり口コミベース(メールで送るとか、クラブで流すとか)なら誰も文句言わないでしょうけど。

自分の部屋からWebが直結だから勘違いしてる人多いですが、Webは公共の場ですからね。
ここでわきまえないと、キモオタのキモいおもちゃのイメージが強くなって、ボーカロイドの未来なんか無いですよ。

※もっと直接的には、中の人(藤田咲)の名誉の問題でもあります。声の提供者を辱めて良しとするのか、という話。

LimitBreakLimitBreak 2008/01/30 23:45 クリプトンの行動についての私の個人的な感想は、
「クリプトン(YAMAHA)は初音ミクを楽器として発売したのではないのだ。」
初音ミクで音楽を作るのは、初音ミクのキャラ(外見、設定、声優)を借用した2次創作なんだということ。
2次創作でのキャラの使われ方は、クリプトンのイメージ戦略上とても重要なので、クリプトンが規制するのは当然。
「ときメモ同人誌」や「ポケモン同人誌」の時のように、今回、クリプトンは初音ミクのイメージを守る必要があった。
だったら「公序良俗に反する」基準をあえて明確にしないことで、この武器に限りない応用力をもたせるほうがいい。
現実的に、公序良俗に関するテンプレート的な基準なんて作れないから、たびたび裁判になるわけだし。
こりゃずっとクリプトンのターンだね。初音ミクの使用権で裁判おこすやつはいないでしょ。
でも、クリエーターを萎縮させたら大損なので、「今回は特殊なケース、その他の人は無関係。」と発表することはお約束。
クリエーターじゃない立場なら、「当事者が納得してるんだからほっとけ」なんて諦観できるんだろうけど。

2次創作といえばはMADというジャンルがあって、まずほとんどの作品が権利者の許諾を受けていないわけで、
「キモオタのキモイおもちゃの」結晶みたいなイメージがあるわけですが、
初音ミクもそんな方向に展開する可能性がある(あった)ということですね。
私個人の感想ですけど。

現在、私が行使している「表現の自由」は、
少しずつ、少しずつ、根気よく世の中の禁忌を開拓していった偉大な先人たちの成果があってのことだと思っています。
私は、創造に対する欲望を抑えることができないし、
ボーカロイドという素材を使って、だれも想像しなかった新しい表現に挑戦したい。
メッタくそに荒らされても、即効で削除されても、作ったものを世に問うてみたい。
ただし、けっして急がない。
少しづつ、じわじわとね。そのうち人々の間で「この位はいいんじゃね」ってなるようにね。

まあ、なんて青臭いこと言ってんでしょ。私。

サスケットサスケット 2008/01/31 00:06 >ニコ動に公開するってのはまさに「人前でSEXする」って行為でしょw
>猥歌の類って、アングラで流通させるもんでしょう。

そういう判断は早計。
アングラとか人前でSEXする=犯罪行為と決まったわけではないよ。

>弊社では「TV放送できるか否か」をひとつの判断基準としています

赤い血の色を黒くしてごまかしたり、湯気を大量に浮かべれば通じる程度のものかもしれません。
テレビは駄目でもDVDではいいのかもしれない。

ニコニコが家族そろってみるテレビと同等?という疑問はクリプトンに対して湧きますが、
それは置いておくとしてもDVD流通と同等の枠に乗せるのはありということでしょう。
消さないということはyoutubeをそれだと判断しているのかもしれません。単に怠慢なのかもしれませんが。

もっともデPは湯気パッチあてる方向で活動再開したようですが。

qaze00qaze00 2008/01/31 02:52 siさん>おおむね同感です。最終的には私がどうこう言ったところで仕方がない部分はあります。まぁ、メールで質問してこういったエントリを書くことぐらいですね。こういった文章をクリプトンの方がふと見てくれることを期待するくらいですね。
もし曲を残すとしてもR-18指定くらいは必要な曲ではあるかもしれません。そういう形でもいいから残ってほしかったな、という気持ちはあります。
公序良俗という問題の話は、12/06の過去ログに、動画が青少年に与える影響と規制というエントリを以前書いたので、もし良ければどうぞ。
anonさん>R-18指定という形であれば、結構放送禁止用語連発の曲もリリースはされていますね・・。それをアングラと見るかどうかは判断が分かれるところかもしれませんが。
うーむ、藤田さんの名誉の問題は風評被害としてかかわってきそうですね・・・。声、というのは一時著作物として見られるかという論争がありましたが、司法判断でも認められる方向にきているからな・・・。
そういうのOKな声優もとい女性ボーカルはいないものだろうか・・。
LimitBreakさん>クリプトン側となって考えたときの戦略ですね。非常にありそうな話だと思います。リアリティがあありますね。
表現の自由と規制との摩擦は、いつの時代のどこにでも、どんな分野にでも起こっている話ではあります。それに対し、もちろんしゃあないとは思うんですが、言いたいことがあったら、たとえその決定が変わらないとしても、質問して主張することは決してムダではないと私は思います。
サスケットさん>何事も、基準がむずかしいですね。ドクロちゃんん制作者を発端としたアニメ問題でも、ツンデレカルタ発売にP名で出したことをを発端としたMAD問題でも、洗脳搾取虎の巻を発端とした曲問題でも、かつて様々な論争がWeb上のブログでなされていました。今回は、どういう落とし所になるか、という所が気になった、というのが正直な気持ちです。

asas 2008/02/03 01:09 今回の件についてはつねぎ内で詳しく考察された方がいらっしゃいます。私だと感情的になりすぎてしまい正しい言葉をつむぐことが出来ないため、これを転記します。ご了承ください

権利者削除について、クリプトンの事情を考察してみる。

デP楽曲削除に関して、あえてクリプトン側の事情を考察してみます。
これはデP・デPファン叩きとして書くものではありません。
ただクリプトンの行動を「規約だから消された」「イメージを害するから消された」
と受け取るだけではなく、「なぜその規約が必要か」「なぜイメージを守らなければならないか」
という視点から見ることで、ファンのショックを和らげられないかという試みです。
ですので、引用やリンクなどはご自由に。

読み違えられてしまうリスクはあるのですが、デPファンの方からも背中を押してもらったので書くことにします。
法律的なお話は極力しません。そもそもデP法学部卒ですし。
法律的にどうこうよりも、この話では「納得できるか」が大事だと思うので。
相手の事情に納得さえできれば、感情を制御できるはずなんですよね。

『静かにしてくれ』という苦情を出されたとしても、
相手が単に神経質な人なのか、
それとも子供が生まれたばかりの家庭を持つ人なのか、
人にうるさいとは言うけれど、自分は迷惑をかけている人なのか、
普段から気をつけている人なのか。
受け取り方は全く異なるはずです。
相手を、よく見てください。


で、まずはこの話の中でデPの曲についての前提条件。

・初見または伝聞でデPの曲を理解するのは難しい
・他のミクのキャラソンなどより、拒否反応を示す人は多い

「そんなこと無い!」といわれると話が終わってしまうのですが、
まぁこのぐらいなら共通認識として通じるかなと。

今回の削除理由については
http://blog.piapro.jp/2008/01/post-15.html
を参照のこと。

公序良俗という言葉は非常にあいまいで、18禁に相当するものでもゾーニングを行っていれば
公序良俗に反さない、という言い方ができることもあります。
ヤマハとクリプトンは、これを「テレビで放映できるかどうか」という基準で適用しています。
このことを「本来の意味と違った基準で使っている。クリプトンの勝手な基準だ。」
と受け取っている人もいるようですが、私はこれは声の提供者の保護と表現の自由というせめぎあう権利の矛盾を、
あえて抱えてくれているものと思っています。
ただ基準を厳しくしたいのならば、もっと厳しい言葉で縛ればいいのですが、
「文面の上では拘束力が弱い言葉を使って、実際の指導によって本来の規制範囲に近づける」というのは表現者のための譲歩だと思うんです。
その抱える矛盾によって、クリプトンは上のようなユーザーからの批判を受けてしまうことや法廷で不利になる可能性もありますが、
そういったデメリットを抱えた上で次に述べる声の提供者の人格を守りつつ表現に関して可能な限り柔軟に対応するために規約はこのようになっているのだと思います。
今回はその両立が不可能と判断されたのでしょう。

asas 2008/02/03 01:10 次は「なぜ公序良俗・キャラクターイメージを重視するのか」
おそらく声の提供者の人格を保護するためでしょう。

MEIKOに関するこちらの記述をみると
http://www.crypton.co.jp/mp/do/support/faq?id=282
>実在する人物の歌声を再現するソフトウエアという製品の性質上、『MEIKO』には幾つかの使用禁止事項が規定されております。
>例えば、『MEIKO』では公序良俗に反する歌詞を歌わせる用途に用いることを禁じております。

ということで、この禁止事項はVOCALOIDが『実在する人物の歌声を再現するもの』という理由から定められたものということが読み取れます。
クリプトンはVOCALOIDエンジンをヤマハ、VOCALOIDライブラリを歌手・声優から提供してもらっている立場です。

クリプトンが彼らにどれほどの感謝をしているかはTBS事件直後
http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/10/vocaloid2_16.html#co...
2007年10月14日 23:13 のwatさんのコメントから読み取れると思います。

キャラクターイメージを守ることについても、キャラクターとしてのミクなどを守るだけでなく声をあて、イメージが連動する人物の人格を保護するためという要素が入っているのではないでしょうか。

「楽曲を制限するのはクリプトンらしくない」と言う方もいますが、
今までのクリプトンの真摯な態度からすると、むしろ
こういった音作りに協力してくれた『恩人』ともいえる企業、個人の権利を守るため、
批判を受けるリスクを背負いつつも自らの権利を行使することはクリプトンらしいのではと思えます。

また、音屋であるクリプトンは、常にクオリティの高い音を提供したいと考えているはずです。
意外と知られていないのが
『VOCALOIDは声の提供に関してそれほど理解を得られている製品ではない』ということ。
ミクのヒット後は状況も変わっていると思いますが、
ミクの開発時にも歌手10人ほどにオファーするも、折り合いが付かなかったそうです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/12/news035.html
この段階では『歌手としての価値が下がる』という点で理解が得られない場合が多いようですが、
デPの楽曲が有名になった今、『どういう歌詞を歌わされるかわからない』という心配が加わるであろうことは
デPファンにとっても想像に難くないことだ思います。
デPの楽曲が広まることは、クリプトンにとっては、声を提供してもらえる範囲が
『VOCALOIDに理解を示してくれる人』
から
『デPの楽曲を許容してくれる人』
になってしまうことを意味します。
この時点で、クリプトンは音作りに関して大きな妥協を迫られることになります。
「この人の声ならば」と思った人に提供を断られることは、クリプトンにとって大きな損失になるのです。
ミクにおける藤田さん並にVOCALOIDとの親和性が高い声の持ち主を見つけたとしても、
「そういう使い方されるのは嫌」と言われれば、そこで終わってしまうんです。
VOCALOIDについて説明し、説得するにしても
「規約どおり公序良俗に反するものの公開は制限している」という企業姿勢がないと、説得は不可能だと思います。
声優の中には理解のある人も多いでしょうが、特にKAITO・MEIKOなど歌手系VOCALOID後継の提供者には
デPの楽曲が広まる影響は大きいでしょう。

つまり、VOCALOIDの将来的な品質維持を考えるならば、VOCALOIDの使用が
”声を提供する可能性のある人の多くが考える”公序良俗の範囲に収まっていることが必要になるわけです。


これらは私の推測ではありますが、もし心に引っかかった部分があれば、何か行動を起こすときに少しでもいいので思い出してみてください。

できれば、クリプトンの判断にデPが頷いた今、
元のverをニコニコにアップするのだけは控えてほしいなと思います。
(VOCALOIDという言葉を使っていない曲で、歌ってみた、は全く問題ないと思います。)
それはデPへの支援といえるでしょうか。
VOCALOIDの可能性を広げる行為といえるでしょうか。
考えてみてほしいと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/qaze00/20080128/1201460558