Hatena::ブログ(Diary)

性とナンパについて渋谷で考えた RSSフィード

2016-05-19

公家シンジ VISUAL INFORMATION まとめ

公家シンジ VISUAL INFORMATION

自分が今まで携わってきたものを簡単に紹介していきます。

動画

D

まずはこちら。公家シンジ、渋谷のストリートでの声かけドキュメンタリーです。なんと68,000PVという。人によっては10回以上見てる人もいるはずです。実はただ路上でバンゲしているだけの動画なのですが、これのおかげでナンパ講習をなんとか3年半続けていくことができました。また渋谷はともかく、梅田や、すすきの名古屋、はては九州の田舎街や台北のクラブでも、「公家さんですよね!?」と話しかけられるようになりました。誰かに常に見られているかもしれないという緊張感を伴う生活は貴重だと思います。もともとは宮台さんたちとのトークイベントのPRとして撮りました。ある日打ち合わせに行ったら、急に「今日撮りませんか?」と言われて「え?あ、うん」という感じで撮影にいたりました。これを機に自分のナンパはより第三者の目を意識したプロのような声かけになっていきます。


愛のキャラヴァン

D

これは2年近くに及ぶ宮台さんたちとのトークイベント「愛のキャラバン」の最後の回です。一連のイベントの総括というか集大成のようなものでもあり、時間的にも大変見やすい感じに仕上がっています。ぼくはこのイベントが継続していた2年間は光もあまり届かない海の底にいるような感じでした。同じ参加者の高石さんからは長期にわたって多大な影響を受けました。彼らとともによくこんな水圧の中で話していたなと思います。人と人との近さについて、また主に恋愛についてですが、さまざまな関係の位相について語っています。

大学のころからヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』がなぜかすごく好きでしたが、自分はこのイベントを通じて、ようよう人生というものを順々に上っていくステージ群だと捉えるようになっていっていきました。そういうわけでナンパ講習もやっぱり、ただナンパが上手くなることを目指すんじゃなくて、根本的には「ステージを進める」という発想でずっとやっていました。男性は特に、若い頃に性愛に至る世界までに大きな壁があって、ここを自分なりにうまく乗り越えないといつまでたっても、対人の感性が培われなかったりするから、次の土俵にあがれなかったり、中途半端に上がったふりをしたりします。結局はナンパ講習というのは、そういう青少年青少年のステージを越え損ねた大人たちからの需要を大きく捉えていたんだなと思います。


ナンパの手帖

これは、高石さんと小野さんの3人でイベントスペースを借りてやったトークショーです。記念すべき、自分のインターネットデビュー動画なのですが、なぜか見つからない。トークの内容的には、人間の心理や街について、また対人感覚の細やかな話題が多かったような気がします。


ナンパストリーム

D

↑2回目

D

↑1回目

ナンパ講師として同業の流星さん、ナンパンマンさんをまじえてのトークショー。内容にはあまりフォーカスをあてず、いわゆる現場のナンパ師らしい軽快な雰囲気を味わってもらえたらよいです。流星さんとはもう2年以上つきあってきましたが、最初はトークが驚くほど噛み合いませんでした。途中あたりから彼の話を7割ほど流すようになって、わりと話せるようになってきました。一緒にナンパすることも多かったですが、それ以上に彼とはたくさんの山に登りました。いくつかの修羅場も共にしました。彼には独特の狩猟的な嗅覚と、それから鋭敏な危機察知能力が根本にあるように思います。ロジックは全部後付けです。彼のそういう天才的な現場感覚を示すものがトークの中に様々ちりばめられています。


書籍

「絶望の時代」の希望の恋愛学
宮台 真司
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 46,261

上の愛のキャラヴァンのトークイベントを文字おこしたものが本になっています。それから簡単なエッセイも書いています。


それの電子書籍版はこちらです。


ミステリーメソッドという書籍に監訳という形で参加しました。これは正直に申し上げますとぼくにとっては消し去りたい仕事です。担当の編集者の方とは以前より懇意にしていただいていて、それでこの仕事をさせてもらうことになりました。半年ほどで自分はこの本を細部にいたるまで通しで5回ほど読み、訳しました。東京へ行くたびに長時間のミーティングで内容を吟味し、日本語の意味合いの確認と異文化間の自然な形での翻訳に励みました。自分にはこの本の売り出し方がはっきりと見えていたのですが、翻訳者の方の意思や出版社側の事情などが錯綜し、うまく自分の目論見が通りませんでした。また版権の関係でアメリカのエージェントの交渉が思うように進まなかったみたいで、出版時期が当初より1年以上遅くなりました。そうこうしているうちに、担当の編集者の方が退職してしまい、それで出版社から音信不通になってしまいました。自分は出版時期すら知らされておらず、ある日家に10冊ほどの見本が送られてきたことによって出版されたことを知りました。タイトルを見て唖然としました。この一件によって、自分は個人が組織と一緒に仕事をすることの大変さを知りました。組織のなかの誰かと地道に信頼関係を築きながら仕事をしていっても、ある日突然その人は部署が変わってしまったり、退職してしまったりすることがあるということです。トップとつきあわないといけない。



雑誌

雑誌に取り上げられたりもしています。

f:id:qqille:20160418220026j:image

f:id:qqille:20160418220104j:image

これはMen's Leafの創刊号です。恋人と一緒に京都に住んでいた時に、いわゆるナンパノウハウについての取材を小料理屋にて受けました。ぼく自身の個人的な話は全くしなかった記憶があります。そのあと三条大橋四条河原町の交差点で写真撮影をしましたが、ナンパ師っぽいポーズをとってくれと言われて、ボーっと突っ立ってたら、「ポケットに手を突っ込んでみてください」と言われました。この記事を見て講習を受けに来てくれた人も何人かいました。


Men’s Leaf (Leaf MOOK)
Men's Leaf (Leaf MOOK)
posted with amazlet at 16.05.18
リーフ・パブリケーションズ
リーフ・パブリケーションズ (2014-07-25)
売り上げランキング: 361,716


漫画

f:id:qqille:20150122164256j:image

f:id:qqille:20150122175705j:image

漫画家糸杉柾宏さんから取材を受けて、『クロスエッチ』という青年漫画の登場人物のモデルにしてもらいました。主人公にナンパを教える準主役的なポジションです。ぼくは歌舞伎町で彼からの質問を1〜2時間近く受け、それから一緒に歌舞伎町でナンパをしました。彼の儚げな所作や振る舞いはとても鮮明に記憶に残っています。ナンパというものを肯定しようか否定しようか判断しかねているようでした。この漫画は登場人物はぼくがモデルになっているのだけれど、プロット自体はとても現実的なものとは言えません。むしろナンパを題材にして、彼自身の有するファンタジーが如実に生き生きと描かれています。後に彼は「ナンパというものが自分は結局肯定できなかった」といった趣旨のことを独白しています。

f:id:qqille:20151003151005j:image

f:id:qqille:20151003145426j:image




海外ナンパツアー

3度にわたりキャンプファイヤにて投資を募り、参加者を連れて海外ナンパツアーを企画しましたが、こちらは誰かに求められたというよりかは勝手にやっていたことです。パタヤではカメラマンの笑い男が同行して、ぼくの写真やらヴィデオを大量にとってくれました。

D

D

D

D

LA:https://camp-fire.jp/projects/view/3824

パタヤhttps://camp-fire.jp/projects/view/2936

香港:https://camp-fire.jp/projects/view/2254

こういう自分ですが、今は活動の場をセミナーに移しています。3年半のナンパ講習生活で得たナンパや恋愛に関する膨大な知見をうまく抽象化して、一般の方の役に立つかもしれないようなものに仕立て上げました。書くよりも直接話して伝えたい。興味のある方はぜひいらっしゃってください。

直近のスケジュールです。

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20160512/1463044607

2016-05-12

公家さん5月のスケジュール、セミナーからのナンパストリームからのセミナーからのセミナーからのツアー

5月13日(金)東京入り

14日はけっこう暇。



5月15日(日)13時〜 ナンパセミナー公家諸法度@東京

参考プレゼン資料→ http://d.hatena.ne.jp/qqille/20160321/1458559142

申し込みページ→ http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/018fy8y5vhx5.html

IT導入しました。今週末なので申し込みはお早めに。公家さんの単体セミナー、地味に人気あります。つーか、ぼくが企画するものってだいたい人気あります。この仕事は淡々とやっていくつもりです。近いうち女性にとっても価値のあるものにしていこうかなと企んでいます。



5月16日(月)21時〜 ナンパストリーム動画配信

f:id:qqille:20160512194142j:image

流星さんとナンパンマン皇さんの3人で2年ぶりに生放送動画配信トークショーをやります。流星さんはぼくとは全く違ったタイプの人ですけど、縁があってもう2年間以上仲良くさせてもらってます。彼とはここ2年間、主に山に登ったり、山に登ったり、温泉入ったり、セックスしたり、山に登ったりしています。ぼくは人づきあいはものすごく悪いほうですけど、不思議なことに彼とはちゃんと付き合っています。講習の仕事を終えてからはパブリックに言えないこともだいぶ減ってきましたので今回はパーッと話したいと思います。エッジの効いたようなことも言ってみようかなと思ってます。

話したいなと思っていること箇条書き:ナンパセミナー、ナンパツアー、あとは納涼船とねぶた祭り、それから気が向けば最近ぼくがお熱になっている東シナ構想について。

配信ページ→ http://www.ustream.tv/channel/nanpa



5月21日(土)13時〜 公家・クラトロ ナンパセミナー大阪

5月28日(土)13時〜 公家・クラトロ ナンパセミナー福岡

f:id:qqille:20160512200300j:image

これまた2年ぶりにクラトロ氏が大阪に、さらに現在の自分のホーム福岡にまでやってくるとのことで、合同でセミナーやってみることにしました。クラトロさんという人はもうこの界隈に長くいるにもかかわらず、つい最近までノウハウに対して一切興味を示さなかった人です。それだけでこちらは尊いなと思うわけです。それで、彼が代わりに何をやってきたかというと、「歌舞伎」とか「ナイス」とか「豪商」とか、わけのわからない絶妙なフレーズを取り入れての自己言及で、ずっと「俺をみろ!」ってやってるわけです。女に対しても男に対しても等しくやっています。それが彼のエンターテイナーとしての側面です。(ちなみにぼくは暴力って呼んでます。)

昨年末彼と一緒にLAに行きましたが、彼はそのあとも1人で残ってナンパを続ける選択をしました。それでウンザリするほど毎日街やクラブに出続けてはイベントの波に乗りつづけ、現地のPUAや黒人たちと親交を深めていました。このことの価値がうまく伝わるかどうか自信がありません。30にもさしかかってくると、人というのは小さくまとまろうとするものです。そうしてその小さくまとまった中で、日々のささやかな娯楽に甘んじようとするものです。彼にはまだその兆しは全く見えません。回収できるのかどうかもわからないものを全力で掴みにかかっています。

そして、彼には実はもうひとつ特筆すべき側面があります。ぼくはどちらかというとこちらの側面に魅了されて彼といっしょに居続けています。この2つの側面が非常に巧妙なバランスでひとりの人間の中におさまりつづけているというのが、彼の魅力ではないかと思っています。

クラトロ氏の熱い挑戦の軌跡についてはこちら

日本人ナンパ師が3ヶ月LAでナンパして学んだ11の大事なこと

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/20160411/1460370298

私がLAでナンパし続けて1ヶ月半がたった

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/20160216/1455607669


それから彼のこれまでのセミナーについてはこちら

【告知】燃えろ!海外ナンパセミナー5/21@大阪, 28@福岡

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/20160518/1463581011


申込ページ→

21日 大阪セミナーhttp://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0197hzy6w5ge.html

28日 福岡セミナーhttp://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hkzuy6w4rf.html



5月30日(月)釜山

f:id:qqille:20160512194136p:image

東シナの要所としてひっそりとたたずんでいたところを公家さんに目をつけられたので今後大フィーバーしかねない港湾都市釜山公家ロイドは対馬海峡の潮流の夢を見るか?はい、ひとりで釜山行きます。ぜひついてきたいという人いれば付きあいある人にかぎり応相談で。九州台北も人が温かいって言うじゃないですか?温かさで言ったら釜山はこれらのどこよりも温かいです。でも温かさとかどうでもいいんですよ!都市の匂いが東シナってたらOK。まだまだ未知の部分がたくさんあるため、開拓が必要。

2016-03-21

公家シンジ PRESENTS ナンパセミナーのプレゼン資料公開

f:id:qqille:20160428100245p:image


もともとは年末のLAツアーに投資してくれたパトロンの10名の方たち向けに作った企画だったのですが、10名だと人数が少ないので公募することにしました。ぼくの講習生活3年半の集大成を放出したいと思います。最初は、引退した人間らしく気楽にトークショーみたいなことでもやろうかな、今ならできそうだな、という穏やかな気分だったのですが、ぼくは雑談になるとあほなことしか言わない。たとえばナンパ師がアップする即写メでオナニーすることの屈辱と快楽についてえんえん語ってしまったりするかもしれません。最近だとキングダムの話をフラれたら大変なことになります。結構なお金を払ってもらってるのにそんなことを聞かせたら怒られるかもしれないという変なビビり根性が出てきたので、簡単に資料作りみたいなのをはじめたら、なんと作っているうちにどんどんノッてきました。控え目に言っても、コンテンツがありすぎる。でも悲しいかな、現場にいないとどんどん忘れていきます。まだ付き合いのある講習生にメールで、「あのさ、あの時おれなんて教えてたっけ?」と蒸し返す痴呆ぶりです。それから面白いことに、資料を作ってリハーサルみたいなことやっていると、自分がナンパ師ぽい喋り方に戻っているのに気づきました。ナンパ師ぽい喋り方とは気張った喋り方のことです。下に資料の見出しを公開しておきますので、どんなことを話すのかの参考にしてくださるといいと思います。



テーマは

「ナンパの技術には正しい習得順序がある」

ということにしようと思います。ネットの膨大な情報に惑わされて何が何だかよくわからなくなっている人はぜひいらっしゃい。

ナンパ師がアップする即写メでオナニーすることの屈辱と快楽についても語ります。


参加費:15,000円

時間は2時間を予定しています。希望者は、qqille@gmail.com までお申し込みください。



2015-12-28

股間の竹槍で金髪のB29をおとすLAナンパツアー 開幕![動画あり]

D


すでに周知のことでしたら申し訳ありませんが、本日より1週間、アメリカロサンゼルスにナンパツアーに行ってまいります。

年越しであちらの金髪白人の女性たちとランデブーを繰り広げてくる予定です。

名付けて、股間の竹槍でパツキンのB29をおとすツアー!

oh my crotch !! getting so hot!!

今回は前の2つのツアーとはうって変わり、非常に厳しい戦いが予想されています。

そのため参加者たちは数か月前から確定し、日本での準備などを経てモチベーションを徐々に高めてまいりました。

現在、参加者のモチベーションはマックスの状態にあります。

共同主催者のクラトロ氏のブログエントリーものせておきます。



キャンプファイヤにて支援いただきました

http://camp-fire.jp/projects/view/3824

前回の香港パタヤ同様、今回もクラウドファンディングサービスのキャンプファイヤにて資金を募り、

すでに現在、47名の方々から計313,300円を支援していただいております。

本当にどうもありがとうございました。

また昨晩、とある出版社の方から取材依頼もいただきました。

海外ツアー活動が少しずつ認知されていってるようで非常にうれしく思っています。

支援していただいた方に対する主なリターンとしては、これまでと同様、公家とクラトロが今ツアーの様子を赤裸々に綴ったツアー記を予定しています。

またツアー中は、twitter https://twitter.com/qqille にて、なるべくリアルタイムの現状報告をさせていただく予定です。

いつもの傾向だと、ツアーが始まるとパトロンの方が急に増えてきて、リターンのLAツアー記ストックがなくなり手に入りづらくなってきます。

そのようなことを避けるためにツアー記の残数を増やす申請をしましたが、キャンプファイヤは年末年始は運営を休業するとのことですので、この申請がツアー終了までに通るかどうかは微妙なところです。

それからプロジェクト終了の1月4日にキャンプファイヤを打ち切ることにしたのですが、なんと時差のことを忘れていました。

もしかしたら日本時間ではわたしたちのツアー中にキャンプファイヤは終わってしまうかもしれません。

どうぞご注意ください。



ちなみにツアー記以外のリターンも実は充実していますが、あまり注目されていないためここで少し紹介しておこうと思います。

公家シンジpresentsナンパセミナー

今まで不特定多数を対象にしたセミナーのようなものはほとんどやってきませんでしたが、今年末にて個人講習をストップするのを機に、これまで3年半の間に培ってきたノウハウを還元したいと思っています。3年半の間にいろんなことがありました。1月中に講習総括エントリ書きたいです。これであと情報商材でも出せば、自分はナンパ関連のことはあらかた手を染めたことになります。ナンパクラスタの単独総合商社こと、公家です。

今回のセミナーはナンパ技術の向上を目指す初心者の方を対象にしています。おおまかな内容ですが、技術の向上のために必要なメンタルや、必要とされるコミュニケーションスキルの個別の習得順序、習得方法などを具体的に解説にしようと思っています。かなり画期的です。東京福岡大阪の3都市にて開催する準備ができています。開催時期は来年の3月末もしくは4月。参加者の方々と相談して決めたいと思っています。ちなみに残り2名です。

http://camp-fire.jp/projects/view/3824



パタヤツアー特別動画

前回のパタヤツアーはカオスだったため、動画の撮影が非常に困難を極めましたが、その中の数少ないリア充シーンたっぷりのカットを編集して特別動画を作成いたしました。これをショートVer(1分相当)とロングVer(3分相当)に分けて限定で公開したいと思います。

http://camp-fire.jp/projects/view/3824

ちなみに、せっかくですのでいくつかの断片的なカットをここで公開しておきます。

D

公家シンジ パタヤからの御挨拶


D

公家シンジ ビーチで老婆とラップバトル


D

公家シンジ ビーチでロシアンとボディワーク


D

公家シンジがカオスの宴の後にお金を請求される様


このような動画カットが誇張ではなく100本近くあります。それらがつなぎあわせられて音楽を添えてひとつのクリップが完成しました。また、クラトロ氏のパタヤビーチでの熱唱動画も必見です。




公家クラトロ凱旋飲み会

アメリカから帰国後、公家・クラトロを囲み飲み会@東京 に参加していただけます。ちなみにクラトロ氏は、3月までアメリカに滞在する(←バカ)らしいので、まずは1月に公家を囲んでの飲み会になる予定です。クラトロ氏が帰国次第、第2弾飲み会も開催いたします。日程などは個別にメールにて相談して決めさせていただきます。飲み代は必要ありません。

ちなみにこのリターンは一番豪華なものですので、だいたいの他の要望にもお応えするようにしています。他のリターンがほしいなどというのも数に限りがある場合を除き対応させていただいています。残り1名です。

http://camp-fire.jp/projects/view/3824



アメリカン人女性の使用済みパンティ

詳細言わせんな!!!モチべーーーーーーーーーーーーーーーーション!!!

(※手に入れれなかった場合はウォルマートにて新品を購入してまいります。)

http://camp-fire.jp/projects/view/3824

2015-11-05

2015年度 公家さんの年末までのスケジュール

11月13日(金)東京入り

11月15日(日)講習生飲み会@渋谷

11月19日(木)〜25日(水)北海道ツアー

11月26日(木)大阪入り

12月5日(土)講習生飲み会@梅田

12月6日(日)福岡入り

12月6日(日)講習生飲み会@天神

12月13日(日)第2弾講習生飲み会@渋谷

12月28日(月)〜 LAツアー


飲み会は飲み代だけで参加できます。講習受けたことあるならナンパやめてる人でも大歓迎です。