Hatena::ブログ(Diary)

性とナンパについて渋谷で考えた RSSフィード

2017-07-08

物理学者ファインマンのナンパエピソードが面白い

以下のリンクが面白かったので、適当に補足しながら紹介することにする。

https://restructure.wordpress.com/2009/08/07/sexist-feynman-called-a-woman-worse-than-a-whore/

エッセイ本『ご冗談でしょうファインマンさん』の一節より。

ファインマン物理学のスーパースター。


バーでのナンパがぜんぜんうまくいかないファインマン(彼はいつも女にいろいろ大判ぶるまいしてしまう)に、友人夫妻がアドバイスするシーンから引用が始まっている。ちなみにその友人はバーのマスターか何かで水商売歴が長く男女の機微にとても長けている。

「よし、大原則はこうです。男ってのはジェントルマンになりたい。男は無礼だとか粗野だとか特にケチなやつだと女から思われたくないんですよ。男のそういう心理をよく知っている限り、女が男を思うように舵取りするのは難しいことじゃない。」


「だからね、」とマスターは続けた。「どんな状況であっても決してジェントルマンになってはいけないのです。あなたは彼女たちを侮蔑してないといけない。さらにいうと、一番のルールはこう。女には何もおごっちゃダメ。タバコ1パックさえもね。彼女に「おれと寝たいか?」と尋ねて、彼女がそうするだろう、それが決して嘘ではないだろうと確信するまではね」


「うー、ってことは、ただただ彼女たちに尋ねればいいんですか?」


「オッケー。これがあなたの最初のレッスンで、あなたにとってそこまで大胆になるのが難しいかもってことは知ってますよ。あなたはそのことを彼女に尋ねるまえに、なにかおごっちゃうかもね。たったひとつ小さななにか。だけどそうしちゃうと、セックスはもっと困難になるんですけどねえ」


なんだろう、このお決まりの、失敗して、マスターが現れて、試練が与えられて、克服していくっていうスターウォーズ的な。

ここからファインマンはピックアップアーティストになろうと奮起するわけだ。ストーリーはファインマンの一人語りで、次のように続いていく。

そうだな、ぼくは原則さえ教われば、それがどういうことなのかわかるんだ。その次の日は一日中ぼくは自分の心理を新しく構築するのに使ったよ。<バーにいる女っていうのはみんなビッチであり、彼女たちは何にも値しない> <彼女たちがそこにいるのは男からドリンクをおごってもらうためで、それでセックスさせるわけではない> <ぼくはそういう無価値のビッチに対しては絶対にジェントルマンにはならない> という態度をとることを採用した。ぼくはそういう態度が自動的にでてくるようになるまで練習したんだ。


それからある夜のこと。ぼくはさっそく試してやろうと思っていつものようにバーに入っていくと、すぐさま友人が「よお、今晩のおれの女が来るのをみろよ。彼女は服を着替えなくちゃいけなかったんだけど、もうすぐ戻ってくるぜ」と言ってきた。

「オッケーオッケー」と言って、ぼくは退屈そうに別のテーブルに座ってショーを観ることにした。ショーが始まるとすぐに、友人の女がやってきた。ぼくはこう考えた。(おれはこの女がどれだけかわいいかなんてぜんぜん信じないぞ。彼女はただ彼にドリンクをおごらせているだけで、彼には何も返さないだろう!)


最初のショー演目の後、友人がこう言った。「よお、アンを紹介するぜ。これがおれの友人、ファインマンだ」

ぼくはただ「やあ」といって、ショーを観続けた。

それからしばらくしてアンはぼくに言った。「ここにきて、私たちと一緒に座ったらどう?」

ぼくはこう思った。(こいつは典型的なビッチだ。ぼくの友人が彼女にドリンクをおごっているのに、彼女は他の誰かをテーブルに招待しようとしている。)

それでぼくは言った。「ここから観るのでじゅうぶんだよ」


それからしばらく後、とある軍隊の中尉がやってきた。彼はこぎれいにユニフォームを着ていた。そうしてわずかばかりの後、ふと気づいたら、もうアンはテーブルの逆側にその中尉と一緒に座っていたってわけだ。

ぼくはバーにすわって、アンは中尉と踊っていた。中尉の背中がぼくのほうに向き、彼女はぼくのほうを向いていた。彼女はとても楽しそうにぼくに微笑みかけてくる。ぼくはこう思った。(ビッチだな。今や彼女はこの中尉さえも欺いている。)

それでぼくはいいことを思いついた。中尉の視界に入るようになったらはじめて彼女に微笑み返してやるんだ。そうしたら中尉にも何が起こっているかわかるからね。そういうわけで彼女の悪だくみは長くは続かなかった。


数分後には彼女はもう中尉とは一緒にはいなかった。バーテンダーにコートとハンドバッグを持ってくるように言いつけ、そうしてはっきりとした大きな声でこう言ったのだ。「わたしすこし散歩に行きたいわ。誰か一緒についてきてくださらないかしら?」

それでぼくはこう思った。(まあこのまま、彼女を拒絶しつづけることもできる。だけど、いつまでもそうしてるわけにもいかないな。このままだと何も起こらないからね。そろそろ彼女に寄り添うときがきたのかも。)それでぼくはクールにこう言ったんだ。

「ぼくが一緒に行くよ」って。

それでぼくたちは一緒に出た。通りを数ブロックほど歩いてカフェに来た時彼女がこういったんだ。「いい考えがあるわ。コーヒーとサンドイッチを買って、わたしのところで食べましょうよ。」

悪くない。それでぼくたちは中へ入っていって、彼女はコーヒーを3つとサンドイッチを3つ頼み、ぼくがお金を払った。カフェから出てきたときぼくはこう思ったんだ。「やばい、なにかがおかしいぞ。サンドイッチが多すぎる。」

ホテルへの道すがら、彼女はこういった。「ねえ、わたしこのサンドイッチをあなたと食べてる時間ないわ。中尉がやってくるんだもの。」それでぼくはこう思った。(ほらな、いっぱいひっかけられた。マスターはぼくにやるべきことをしっかり教えてくれたのに。ひっかけられたよ。ぼくは彼女に1ドル10セントのサンドイッチをご馳走して、彼女になにも要求しなかった。それでぼくはいま何も手にしてない。ちょっとはやり返さないと。ぼくの先生のメンツを守るのためにもね。)


ぼくは突然立ち止まって、彼女にこう言ってやった。


「おまえはビッチよりもクソだな」


「どういう意味よ!?」


「ぼくからサンドイッチ買ってもらって、それでぼくはおまえから何をもらったっていうんだ。何もないじゃないか。」


アツい。ビッチよりもクソ。そうしてシーンは佳境へと入っていく。


「は?ほんとケチな人ね!あなたがそういうんだったら、サンドイッチのお金くらい返すわよ!」


「じゃあ返せよ」


彼女はとても驚いた。そして財布に手を伸ばし持っている金をぼくに渡した。ぼくは自分の分のサンドイッチとコーヒーを持ってその場を離れた。

それを食べた後、ぼくはバーに戻ってマスターに報告した。ぼくはすべてを説明し、自分がしくじってそれからなんとか挽回しようとしたことをわびた。

だけど彼は落ち着いてこう言ったんだ。「ディック、大丈夫ですよ。結局彼女には何もおごらずに済んだんだから、彼女は今夜あなたとセックスします」


「なんだって!?」


「間違いない。」彼は自信ありげに言った。「彼女は今夜あなたとセックスしますよ。わたしにはわかる。」


「でも彼女はここにすらいないじゃないですか!彼女はいま中尉とホテルにいるんです」


「大丈夫」


2時になってバーが閉まってもアンは現れなかった。ぼくはマスターとその奥さんに今日もあなたたちの家に行っていいかと尋ねた。もちろんと彼らは答えた。ちょうどぼくらがバーから出てきたとき、国道66号を渡って、アンがやってきた。彼女は腕をぼくにからませて、こうぼくに言った。「ほら、わたしのところに行きましょうよ」

マスターは正しかった。そうしてレッスンも最高だった。


マスターかっけえな。

以下後日談。

秋にコーネル大学に戻った時、ぼくはとある学生の妹とダンスに行った。彼女はバージニアから来ているとてもナイスな女性だった。突然ぼくはあることを思いついて、「バーに行って、お酒飲もうよ」と彼女に誘った。

バーへの道すがら、ぼくはマスターのレッスンがふつうの女の子にも機能するのか試そうとしていた。結局バーにいてドリンク女を侮蔑するのはそんなに悪い気分にはならないが、ふつうのナイスな南部の女に対してはどうだ?

ぼくたちはバーに入っていった。そして席につくまえに、ぼくは彼女にこう言った。「聞いて、きみにドリンクをおごるまえに知っておきたいことがある。今夜ぼくと寝るかい?」

「そうね」

つまりはふつうの女にも機能するってことがわかった。でもこのレッスンがどれだけ効果的であっても、ぼくはそれからは使ったことがない。あまり楽しくなかったからだ。だけどぼくが育ってきた環境とはぜんぜんかけ離れたものを知るっていうのは本当に興味深いことだったね。

ファインマンせんせ、きっちり一般人にも法則適用できるのか実験してはる。

似たようなブッコミ系エピソードぼくにもたくさんあるので、恋愛道場メルマガで書いていこう。

それで結局おもったのは、こういうのって昔から盛り場の中では常識に近いことだったんだなと。

おわり。



のつもりが、ちょうど偶然ファインマン教科書の序文を読む機会があって、ちょっとドキドキしてしまった。

ファインマンせんせ、教育に関してかなりアツい一家言ある。

http://www.feynmanlectures.caltech.edu/I_91.html

ちなみにこの教科書ネットで全文公開されてる。


I think, however, that there isn’t any solution to this problem of education other than to realize that the best teaching can be done only when there is a direct individual relationship between a student and a good teacher—a situation in which the student discusses the ideas, thinks about the things, and talks about the things. It’s impossible to learn very much by simply sitting in a lecture, or even by simply doing problems that are assigned. But in our modern times we have so many students to teach that we have to try to find some substitute for the ideal. Perhaps my lectures can make some contribution. Perhaps in some small place where there are individual teachers and students, they may get some inspiration or some ideas from the lectures. Perhaps they will have fun thinking them through—or going on to develop some of the ideas further.

しかしながら、生徒と良い教師との間に個別の関係があるときのみベストな教育というのは成立するということを認識するほかには、この教育の問題に関して解決の道はないように思える。そういう状況では、学生たちはアイデアを議論し考え話し合う。ただただ座って講義を聞いているだけでは、そして課せられた宿題をやっているだけでも、学習するということは不可能なのだ。だけど、現代では、わたしたちはとてもたくさんの生徒を教えないといけないので、その理想的な関係に替わる別の状態を探そうとしないといけない。おそらくわたしの講義はそれにいくらかの貢献をするだろう。おそらくいくつかの小さな場で、個別の教師と学生たちがインスピレーションとアイデアをわたしの講義から受けてくれているだろう。おそらく彼らは楽しんで考えて、そしていくつかのアイデアをさらに深く発展させてくれるかもしれない。

2017-06-18

恋愛道場 雑感

まず最初に初月購読料変更のお知らせから。

メルマガ『恋愛道場』予定通りいけば、来月の頭つまり7月1日から、初月の購読料が12,800円に変更される。

つまり登録した初月の購読料が12,800円で、二月目からは従来通りの7,980円。

すでに登録されている人たちには何ら影響はない。

これは気になる号だけ拾い読みして脱退するやり方を防ぐ試みである。

なるべく長期的な視点で継続して購読してほしいというぼくと流星氏の想いが反映されたものになっている。

http://rdoujyou.com/renai/renaidoujyou



今月の第7号、事前の予測どおりというか、案の定というべきか、発刊してから売れ続けている。これまでに7つ、ほぼほぼ同じ労力を投下したコンテンツを出しているわけだが、クオリティにはいつもじゃっかんの開きがあるようで、今月の第7号は書き終えて読み返した瞬間にいつもよりも「よくできた」感じがあったので、これは売れそうだなと直覚したのだった。同様に流星氏も彼自身の作ったものに手ごたえを感じていたらしい。「今までで一番いいのができた」とメールが入った。

ようやく第1号からコツコツと書き続けてきたものの大きな流れの全体像が見えてきたような気がする。


昨年末の創刊から半年を迎えたので、これまでの流れを簡単に振り返ってみることにする。

創刊号では、声かけのごくごく基本的なことを書いた。『恋愛道場』と名乗っていながら声かけ?ファッ!?と思うかもだが、これはもうどうしようもない。ぼくらにはそれしかできないのだから。(ちなみに『恋愛道場』と銘打ったのは流星氏のいつもの思いつき。)そして、みんな声かけが大好きなのもぼくは知っている。何より声かけをしないと始まらない。声かけはとても奥が深いものなので、いろんなことを大胆にすっ飛ばしながら書いたような覚えがある。

第2号では、連れ出しの仕方について書いた。昔からぼくの方針は『連れ出し』至上主義なのである。路上で四苦八苦しながらなんとか自分で流れを作って、自然な形で連れ出せるようになってくると、ナンパが楽しくなってくる。落ち着いて女性と会話ができる環境というのは素晴らしいものである。逆にいうと、連れ出せないと、ナンパは続かない。どれだけ声かけができても、バンゲができても、連れ出せないなら、ドーパミンは途切れてしまって、活動自体停滞する。

第3号、なごみ。ここからが恋愛道場の本番である。コミュニケーションの基本的なことを書いている。相手とある程度会話が成立するようになったら、いろんなことが練習できる。ぼくのところにはネットナンパの音声を送ってくれる人も多い。ふだん、意識していない時にどんなコミュニケーションをしているのかがそこでは筒抜けになっている。これはぼくにとっては宝の情報である。しかし、このへんのところは、いつも退屈なパートで人気もない。それは書く前からわかっていたので、なんとか楽しく読めるように心がけた。

第4号はルーティンだ。変則的に織り交ぜてみることにした。昔の講習生に手伝ってもらってネット上からたくさんのルーティンを拾ってきて、それを使える/使えないの観点からぶった切るというのをやった。そしたらここで、1回目の小さな波がやってきた。具体例豊富で読みやすさもあってか、たくさんの人が興味を持ってくれて、好評を博した回になった。

第5号、空気を読む。男性たちの最初のコミュニケーション鬼門である。何も考えなくても筆は進む。これまでの講習生たちの振る舞いや、彼らに何度も言ってきたことを繰り返し書いているだけだからだ。一体全体どうやって人というのは空気が読めるようになっていくのか、これだけ長い間いろんな人に教えていてもいまだにわからない。ただ少しずつ学んでいくとしか言いようがない。とにかく書いた。

第6号、主導権。このへんからナンパナンパしてくる。ぼくはもう一心腐乱に書いているだけである。5号、6号,7号は全部つながっている。次号の8号もつながっている。もっというと、3号あたりからつながっている。だいたい毎号ぼくの書き方は、こうだ。まずひとつのテーマに沿うような、全体の構成を頭に思い描く。このへんぼくは几帳面なので、自分がしっくりくるような目録ができてから書き始める。3日ほどで勢いよく書き終える。それからその後の日々は、ひたすら具体例を足していったり、また具体例が加わることで目録が変化したりする、ようするに修正作業である。毎日思いついたことをスマホでメモったりして、細かいアップデートをえんえんと繰り返す。

今月の第7号は、冒頭に書いたとおり。

詳しい中身は、ここ見てください。

http://rdoujyou.com/kuge/vol7



恋愛道場は、<理論パート>と<音声解析パート>の2本立てになっていて、ぼく自身はこの「恋愛道場メルマガ」の新しさというか独自性は、<音声解析パート>にこそあると思っていて、『ナンパの魔法を解体する』というキャッチ―なコンセプトのもとで、音声という形式で『男女間の会話』をすべて赤裸々に晒している。音声を投稿し続ける一部のヘビーユーザーがメキメキと上達していってるのは誰が見ても間違いない。しかしその他のリスナーからの<音声解析パート>の活用され具合というのは、今のところ謎のベールに包まれている。ぼく自身は「他人の会話を聴くのが好き」という覗き下衆根性なので、今のところ楽しく聴きながら解析をやっているが、他人の音声には興味がないという人もいるのかもしれない。とにかくコンテンツとしてまだまだ未知数である。


その反面<理論パート>にはいつも一定の人気がある。なので今は毎回<理論パート>で安定したクオリティのものを出していくことを目指さざるをえない。そうなると、

『1、イメージのしやすい文章を書く』

『2、モチベーションの上がる文章を書く』

という2つが書く際の最重要の課題になってくる。


1に関して。抽象的なことは極力書かない。余計なこともゴチャゴチャ書かない。何よりも大事なのは具体例。1に具体、2に具体。具体例は多ければ多いほど初学者にとってはわかりやすい。幸いなことにぼくには講習時のストックがあるので、具体例には困らない。ただ文章力にはあまり自信がないので、セリフなどの描写がうまく伝わっているかどうかが不安である。そういうわけで、イラストを描いてヴィジュアルに訴えかけるということも先月の6号から試し始めている。ちなみにぼくのイラストは1回目に出した時はtwitterにて大絶賛されましたが、2回目以降ノーリアクションになりました。なんで?

f:id:qqille:20170506124132j:image

f:id:qqille:20170506124139j:image

(2コマパラパラ漫画でバックを表現する公家画伯)


2のモチベーションに関して。1号から4号あたりまでは、むしろ逆に、『モチベーションを上げないような文章』の仕上がりになっていた。これはぼくの3年半の講習生活で培われた習性のようなもので、「なにかを上から人に伝えるときは常に受け身になる」という習慣が身についてしまっているからである。衝動的にそれ以上のことをすると、いつも齟齬を起こして失敗するのである。そういうことを心がけてモノを書いていると感情の漏れが極力カットされたような百科事典のようなコンテンツができあがる。セミナーの資料もそんな感じである。しかし、何人かの友人から半ば強制的にフィードバックをもらって、やっぱりそれだと物足りないということを直接言ってもらえた。それで5号目以降は、「まあ、書いてて自然に露出するような感情表現は、そのままにしといていいか」という、柔軟と言っていいのか、投げやりと言っていいのかみたいな気持ちになって、なるべく修正せずに出すようになった。そうするとやっぱり反応がよくなってきた。文章というのは生き物のように不思議なものである。



今月に入って、今までの流れが少しずつ昇華されてきたのが目に見えて伝わってきている。創刊号から音声を投稿し続けてきた人たちが、急速な変化を見せ始めている。そういう芽はいつも何かの拍子にポッと一斉に生えてくる。一番最初に出会った時は、「こいつ本当に大丈夫か?」と不安になった人も、先日会ったときはめっきりたくましくなっていた。こういうのがみれるとやはり面白い。それでか、今月は心なしかニコニコしている。昔の講習生がわざわざ今月号を読んで「一年間の講習中に習ったことがぜんぶ書かれていた」と言っていた。さすがに全部は書いてないよ。ちなみに次号は今号の続き『誘導パート2』で、これはあらかたすでに書き終わっている。9号のテーマは『交渉』にできればいいなと思ってるけど未定。

あ、あと、恋愛道場公式ブログのデザインがダサすぎるってもっぱらの評判。昭和のいかがわしい匂いが満載。ぼくも流星氏もウェブのセンスなさげなので、どうしようか思案中。

http://rdoujyou.com/

2017-03-03

ナンパの魔法を解体する

男が路上で女に話しかけて、

冷たい対応されながらも

なんとか横並びでついていって

それで10分、15分と話してる間

ずっと女は不機嫌そうで

それがあれよあれよといううちに

2人でそのままラブホテルへと

入ってゆく


ふつうの人にはまるで魔法のように見える

これがナンパの現場で起こっていること。


あるいは、

わきあいあいとテーブルを囲んで

男と女の食事がスタートし

ふたりはお互いのことを語り合う

時間が経つにつれて

ふたりは手と手を絡ませあう

なんでもないデートの一幕が

女がトイレから帰ってきた瞬間から

急に殺伐としたものに変わっていて

もはや取返しのつかないことになっている


これもふつうの人には

まるで魔法が急に解けてしまったように見える



ひと昔前のナンパブログでは、


清楚系声かけ

からのカラオケ連れ出し

なんとかグダを崩して

即!


などという

おいふざけんな

どんだけ行間読ませるんだという文章が流行っていた


現在のブログの主流は


とある日のM街にて

清楚系に声かけ

くげ「ブラックサンダーいる?」

清楚子「いらなーいw」

笑顔のかわいい女の子

くげは惚れてしまった


からのなんとかいろんな手を使って

カラオケ連れ出し


そこでくげは思いついた

この子はMだから甘えさせればいいんだ

くげ「今日だけは俺の彼氏になれよ」

清楚子「うん><」

おれたちは唇を重ね合い

そのまま手はおっぱいへとむかう

清楚子「ダメ!」

くげ「俺たち今日は彼氏彼女って言ったよね?」

清楚子「でも、、」

くげ「俺、巨乳貧乳よりも巨乳だとおもうんだよね。清楚子もそう思わない?」

清楚子「、、、」

くげ「今日だけはおれのこと信用してほしい。清楚子のこと絶対後悔させないから」

清楚子「わかった、、」


清楚子即!


というふうにいささか余計な情報と

男の自意識が込みになってきてますが、

それでもまだまだ膨大な行間読ませてくる

仕様になっておる。


そしてネットを通じて

バラ売りの安いノウハウ販売

思想の押し売りが盛んであるなかで、


公家さん気づいてしまった

もう音声そのまま提供すればいいんじゃね??

ナマの素材を提供。

そして行間読めないひとには

わたしが行間を読んでるところを見てもらおう


以上、超絶簡単なアイデアから

おもいついたのが、

恋愛道場という企画ですが、


やはりこの企画には、流星氏の存在が欠かせない。

なんせめちゃくちゃナンパうまいし

めちゃくちゃ音声豊富だから。

あとめちゃくちゃたくさん書いてくれるし

そして惜しまずぜんぶ見せてくれるという


というわけで恋愛道場第4号が昨日発行されました。

テーマは【ルーティン】

内容の詳細はこちらに書いてる。

http://rdoujyou.com/kuge/vol4


ほんとうに正直な話、

わたし1年くらいで理論のほうはネタ切れしそう

かきなぐってます

そしてみんなも1年くらい集中的に受講すれば、

もうじゅうぶんなんじゃねえかなと

おもってます。

1年で10万くらい払う覚悟で入会しよう

ワハハ


恋愛道場自体のテーマは

『ナンパの魔法を解体する』

でいきます。


かっこいいでしょ?

言葉に嘘偽りはありませんよ

それではみなさん来月のメルマガも楽しみに待っていてね


ASKA

2017-01-24

プロゲーマー梅原大吾氏の語りを聴いて

D


ネットで話題になっていた日本人初のプロゲーマーという肩書をもつ梅原大吾氏の講演を拝聴した。感情の見えづらい瞳、陰鬱な雰囲気を全身に湛えた、まぎれもないカリスマであった。ぼくは格闘ゲームのことは何一つ知らない。ゲームセンターのガヤガヤした雰囲気があまり好きではないので、学生の頃は極力近づかないようにしていた。もちろん彼のことも知らなかった。話し始めた瞬間すぐに彼に惹きつけられているのに気付いた。視聴してるとすぐにわかることだが、彼は別によく訓練されたトークスキルをもっているわけではない。むしろ固有のゆったりしたリズムで滔々と話し続け、興奮すると一人称がもごっちゃになったりするような人だ。それでもなぜか聴いてしまう。語り口の底に流れるアイデアがとてもはっきりしているし、そのうえ難解な言葉は一切使わない。前半は一人語り、後半は質疑応答という構成。全部で2時間近い内容だったが蓋を開けてみると一瞬の出来事だった。


続きを読む

2017-01-13

絶望的に学べない人の3つのタイプ

「学び」の構造
「学び」の構造
posted with amazlet at 17.01.12
佐伯 胖
東洋館出版社
売り上げランキング: 18,869

佐伯胖『学びの構造』を読んだ。初版は1975年発刊。今から見てみると引用されている心理学の理論などは古くなっているものも多いが、

  • 「わかる」とはどういうことか:おぼえるとの相違点
  • 道徳(よさ)はいかに学ばれるか
  • 教える機械(ティーチング・マシーン)の可能性
  • 科学の学びの発展段階

など個人的にも興味深いトピックスについて論じられていて、全体を通じて良書としかいいようがない出来だった。著者は認知科学やコンピューター教育、さらには教育実践学を専門とする学者である。守備範囲が広く、多くの分野を横断して研究している。彼はこうやって複数の分野を横断する中で「人間の学び」というものの本質に迫っていったのだと思われる。本書には「人間とはなにか」を規定するような啓蒙的なメッセージも多い。しかし今回はぼくが現在従事している『恋愛道場』メルマガの告知も兼ねて、恋愛やナンパ技術習得という観点から、つまり異性とのコミュニケーションに関する学びと関連させながら本の内容を紹介していきたいと思う。


続きを読む