Hatena::ブログ(Diary)

性とナンパについて渋谷で考えた RSSフィード

2017-03-03

ナンパの魔法を解体する

男が路上で女に話しかけて、

冷たい対応されながらも

なんとか横並びでついていって

それで10分、15分と話してる間

ずっと女は不機嫌そうで

それがあれよあれよといううちに

2人でそのままラブホテルへと

入ってゆく


ふつうの人にはまるで魔法のように見える

これがナンパの現場で起こっていること。


あるいは、

わきあいあいテーブルを囲んで

男と女の食事がスタートし

ふたりはお互いのことを語り合う

時間が経つにつれて

ふたりは手と手を絡ませあう

なんでもないデートの一幕が

女がトイレから帰ってきた瞬間から

急に殺伐としたものに変わっていて

もはや取返しのつかないことになっている


これもふつうの人には

まるで魔法が急に解けてしまったように見える



ひと昔前のナンパブログでは、


清楚系声かけ

からのカラオケ連れ出し

なんとかグダを崩して

即!


などという

おいふざけんな

どんだけ行間読ませるんだという文章が流行っていた


現在のブログの主流は


とある日のM街にて

清楚系に声かけ

くげ「ブラックサンダーいる?」

清楚子「いらなーいw」

笑顔のかわいい女の子

くげは惚れてしまった


からのなんとかいろんな手を使って

カラオケ連れ出し


そこでくげは思いついた

この子はMだから甘えさせればいいんだ

くげ「今日だけは俺の彼氏になれよ」

清楚子「うん><」

おれたちは唇を重ね合い

そのまま手はおっぱいへとむかう

清楚子「ダメ!」

くげ「俺たち今日は彼氏彼女って言ったよね?」

清楚子「でも、、」

くげ「俺、巨乳貧乳よりも巨乳だとおもうんだよね。清楚子もそう思わない?」

清楚子「、、、」

くげ「今日だけはおれのこと信用してほしい。清楚子のこと絶対後悔させないから」

清楚子「わかった、、」


清楚子即!


というふうにいささか余計な情報と

男の自意識が込みになってきてますが、

それでもまだまだ膨大な行間読ませてくる

仕様になっておる。


そしてネットを通じて

バラ売りの安いノウハウ販売

思想の押し売りが盛んであるなかで、


公家さん気づいてしまった

もう音声そのまま提供すればいいんじゃね??

ナマの素材を提供。

そして行間読めないひとには

わたしが行間を読んでるところを見てもらおう


以上、超絶簡単なアイデアから

おもいついたのが、

恋愛道場という企画ですが、


やはりこの企画には、流星氏の存在が欠かせない。

なんせめちゃくちゃナンパうまいし

めちゃくちゃ音声豊富だから。

あとめちゃくちゃたくさん書いてくれるし

そして惜しまずぜんぶ見せてくれるという


というわけで恋愛道場第4号が昨日発行されました。

テーマは【ルーティン】

内容の詳細はこちらに書いてる。

http://rdoujyou.com/kuge/vol4


ほんとうに正直な話、

わたし1年くらいで理論のほうはネタ切れしそう

かきなぐってます

そしてみんなも1年くらい集中的に受講すれば、

もうじゅうぶんなんじゃねえかなと

おもってます。

1年で10万くらい払う覚悟で入会しよう

ワハハ


恋愛道場自体のテーマは

『ナンパの魔法を解体する』

でいきます。


かっこいいでしょ?

言葉に嘘偽りはありませんよ

それではみなさん来月のメルマガも楽しみに待っていてね


ASKA

2017-01-24

プロゲーマー梅原大吾氏の語りを聴いて

D


ネットで話題になっていた日本人初のプロゲーマーという肩書をもつ梅原大吾氏の講演を拝聴した。感情の見えづらい瞳、陰鬱な雰囲気を全身に湛えた、まぎれもないカリスマであった。ぼくは格闘ゲームのことは何一つ知らない。ゲームセンターのガヤガヤした雰囲気があまり好きではないので、学生の頃は極力近づかないようにしていた。もちろん彼のことも知らなかった。話し始めた瞬間すぐに彼に惹きつけられているのに気付いた。視聴してるとすぐにわかることだが、彼は別によく訓練されたトークスキルをもっているわけではない。むしろ固有のゆったりしたリズムで滔々と話し続け、興奮すると一人称がもごっちゃになったりするような人だ。それでもなぜか聴いてしまう。語り口の底に流れるアイデアがとてもはっきりしているし、そのうえ難解な言葉は一切使わない。前半は一人語り、後半は質疑応答という構成。全部で2時間近い内容だったが蓋を開けてみると一瞬の出来事だった。


続きを読む

2017-01-13

絶望的に学べない人の3つのタイプ

「学び」の構造
「学び」の構造
posted with amazlet at 17.01.12
佐伯 胖
東洋館出版社
売り上げランキング: 18,869

佐伯胖『学びの構造』を読んだ。初版は1975年発刊。今から見てみると引用されている心理学の理論などは古くなっているものも多いが、

  • 「わかる」とはどういうことか:おぼえるとの相違点
  • 道徳(よさ)はいかに学ばれるか
  • 教える機械(ティーチング・マシーン)の可能性
  • 科学の学びの発展段階

など個人的にも興味深いトピックスについて論じられていて、全体を通じて良書としかいいようがない出来だった。著者は認知科学やコンピューター教育、さらには教育実践学を専門とする学者である。守備範囲が広く、多くの分野を横断して研究している。彼はこうやって複数の分野を横断する中で「人間の学び」というものの本質に迫っていったのだと思われる。本書には「人間とはなにか」を規定するような啓蒙的なメッセージも多い。しかし今回はぼくが現在従事している『恋愛道場』メルマガの告知も兼ねて、恋愛やナンパ技術習得という観点から、つまり異性とのコミュニケーションに関する学びと関連させながら本の内容を紹介していきたいと思う。


続きを読む

2016-12-16

対人コミュニケーション向上に伴う精神状態の変遷の話

メルマガ『恋愛道場』をリリースしました。

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161209/1481291973


音声:次世代のコミュニケーションラーニング

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161210/1481363770


『恋愛道場ICレコーダーについて

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161213/1481636652



≪前回からの続き≫

ぼくの考えでは、女性とのコミュニケーションが上手くなるためには、彼女たちに慣れていくしかありません。女性に慣れていないといざ女性を前にしたときに緊張してしまうのは当然です。だから何度もアポをこなしてほしい。アポを促進するため、それからそれをうまく消化するための恋愛道場だと思ってください。


ここで一般的にアポをたくさんこなしていく中で男性が経ていく精神状態の変遷と、各種段階における適切なトレーニング方法を書いておきます。


続きを読む

2016-12-13

『恋愛道場』ICレコーダーについて

第1号にてぼくが紹介したICレコーダーが音の拾いが悪いということで、実際に送られてきた音声を確認してみたところ、音質が悪いどころのレベルではなく聞き取れなかったので、現在大変に恐縮しております。実際にはぼくの講習生が2人、同じレコーダーで録音していた音声をなんの問題もなく利用していたので安心していたのですが、何かしら録り方にもコツがあるのか、環境の作用についてなど現在状況解明中です。第2号にて詳細を報告します。念のため、ぼくが紹介したものは買わないほうがよさそうです。もうすでに買われてしまったという方は、

1,当ICレコーダーには「擦れ音フィルター」という特殊な機能がついていますので、そちらを試してみてください。

2,ポケットの場所を変える、クリップで少し位置を修正してみるなど、事前にいろいろ試してみてください。

普通にクリアな音が取れたという方は、

qqille@gmail.com

まで状態も添えて、ご一報くださるとありがたいです。