Hatena::ブログ(Diary)

性とナンパについて渋谷で考えた RSSフィード

2017-01-24

プロゲーマー梅原大吾氏の語りを聴いて

D


ネットで話題になっていた日本人初のプロゲーマーという肩書をもつ梅原大吾氏の講演を拝聴した。感情の見えづらい瞳、陰鬱な雰囲気を全身に湛えた、まぎれもないカリスマであった。ぼくは格闘ゲームのことは何一つ知らない。ゲームセンターのガヤガヤした雰囲気があまり好きではないので、学生の頃は極力近づかないようにしていた。もちろん彼のことも知らなかった。話し始めた瞬間すぐに彼に惹きつけられているのに気付いた。視聴してるとすぐにわかることだが、彼は別によく訓練されたトークスキルをもっているわけではない。むしろ固有のゆったりしたリズムで滔々と話し続け、興奮すると一人称がもごっちゃになったりするような人だ。それでもなぜか聴いてしまう。語り口の底に流れるアイデアがとてもはっきりしているし、そのうえ難解な言葉は一切使わない。前半は一人語り、後半は質疑応答という構成。全部で2時間近い内容だったが蓋を開けてみると一瞬の出来事だった。


続きを読む

2017-01-13

絶望的に学べない人の3つのタイプ

「学び」の構造
「学び」の構造
posted with amazlet at 17.01.12
佐伯 胖
東洋館出版社
売り上げランキング: 18,869

佐伯胖『学びの構造』を読んだ。初版は1975年発刊。今から見てみると引用されている心理学の理論などは古くなっているものも多いが、

  • 「わかる」とはどういうことか:おぼえるとの相違点
  • 道徳(よさ)はいかに学ばれるか
  • 教える機械(ティーチング・マシーン)の可能性
  • 科学の学びの発展段階

など個人的にも興味深いトピックスについて論じられていて、全体を通じて良書としかいいようがない出来だった。著者は認知科学やコンピューター教育、さらには教育実践学を専門とする学者である。守備範囲が広く、多くの分野を横断して研究している。彼はこうやって複数の分野を横断する中で「人間の学び」というものの本質に迫っていったのだと思われる。本書には「人間とはなにか」を規定するような啓蒙的なメッセージも多い。しかし今回はぼくが現在従事している『恋愛道場』メルマガの告知も兼ねて、恋愛やナンパ技術習得という観点から、つまり異性とのコミュニケーションに関する学びと関連させながら本の内容を紹介していきたいと思う。


続きを読む

2016-12-16

対人コミュニケーション向上に伴う精神状態の変遷の話

メルマガ『恋愛道場』をリリースしました。

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161209/1481291973


音声:次世代のコミュニケーションラーニング

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161210/1481363770


『恋愛道場ICレコーダーについて

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161213/1481636652



≪前回からの続き≫

ぼくの考えでは、女性とのコミュニケーションが上手くなるためには、彼女たちに慣れていくしかありません。女性に慣れていないといざ女性を前にしたときに緊張してしまうのは当然です。だから何度もアポをこなしてほしい。アポを促進するため、それからそれをうまく消化するための恋愛道場だと思ってください。


ここで一般的にアポをたくさんこなしていく中で男性が経ていく精神状態の変遷と、各種段階における適切なトレーニング方法を書いておきます。


続きを読む

2016-12-13

『恋愛道場』ICレコーダーについて

第1号にてぼくが紹介したICレコーダーが音の拾いが悪いということで、実際に送られてきた音声を確認してみたところ、音質が悪いどころのレベルではなく聞き取れなかったので、現在大変に恐縮しております。実際にはぼくの講習生が2人、同じレコーダーで録音していた音声をなんの問題もなく利用していたので安心していたのですが、何かしら録り方にもコツがあるのか、環境の作用についてなど現在状況解明中です。第2号にて詳細を報告します。念のため、ぼくが紹介したものは買わないほうがよさそうです。もうすでに買われてしまったという方は、

1,当ICレコーダーには「擦れ音フィルター」という特殊な機能がついていますので、そちらを試してみてください。

2,ポケットの場所を変える、クリップで少し位置を修正してみるなど、事前にいろいろ試してみてください。

普通にクリアな音が取れたという方は、

qqille@gmail.com

まで状態も添えて、ご一報くださるとありがたいです。

2016-12-10

音声講座:次世代のコミュニケーションラーニング

メルマガ『恋愛道場』をリリースしました。

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20161209/1481291973



≪前回からの続き≫


音声講座に注目したきっかけ

かつてぼくの講習生にA君という人がいました。彼は最初ぼくのところに来た時、石のように表情を固くさせたまま、ほとんど口も開かないような男性でした。しかし彼には溢れるほどの探求心とバイタリティがありました。1年近くかけて10回ほどナンパ講習を受けてその度にひとつひとつ改善点を挙げていくと、ようやく人並みに女性と話したりある特定のタイプの女性ならなんとか落とせるようにもなりました。これは彼の多大な努力の賜物であることは間違いありませんが、ぼくは自分自身の指導にも比較的満足していました。しかしある日、彼がぼくに送ってきたアポの音声を聴いて愕然としたのです。

彼はまだこんなにも下手だったのかと。



====

ふつうの講習では明らかにならなかった彼の認識の甘さや思考の癖のようなものが、音声の中では完全にクリアに現れていました。これまでの講習中にどうしてその程度のことが見抜けなかったのか不思議で仕方ありませんでした。それからぼくは別に何人かの講習生を募ってマンツーマンでの音声講習を始めました。彼らがアポの音声を送ってきて、ぼくはそれをPCで聴きながらLINEでリアルタイムでのぼく自身の認識や戦略などを伝えていくという方式です。音声の中にはそれぞれの癖、女性の扱い方のパターンのようなものがくっきりと表れていましたが、10回ほどそういうものをひとつひとつ丁寧に修正していくと見違えるようにそれぞれアポが上達しました。そして彼らのアポ中の現状認識がぼくの現状認識と近づいてくるようになりました。みなアポの成功率が飛躍的に上昇したのです。こんな単純な指導方法が非常に有効であることにとても驚きました。


流星氏もぼくとは別のところで、今年は精力的に音声講習をやっていたようです。会議室などにそれぞれの講習生たちが声かけ音声を持ち寄ってはみなに公開する。それに流星氏が適切なフィードバックをするといったことをしていました。これら一連の講習もまた驚くべき効果を生んだということです。期せずして同じところに着眼したようでした。


音声講座の最大のポイント

この音声講座の一番の要点は、アポ中リアルタイムで刻々と変化するぼく公家の状況認識とそれに基づく戦略の組み立て方を皆さんにお伝えできるというところにあります。

音声だけではもちろんわかりづらいこともありますが、それでも音声は皆さんが思っているよりもはるかにたくさんのことを伝えてくれるものです。

ぼくはその男性になりきって、対面にいる女性の変化の様子を認識します。

そして刻々とあらわれる新しい情報を認識して戦略を組み立てます。

それを皆さんにお伝えすることで、基本的にはぼくと同じ程度の観察能力を培ってもらうことを狙っています。

さらに言うと、自分のコミュニケーションのスタイルというのはその人個人の性格などに応じて決定されるべきですので、戦略自体もプレイヤーによって変わってきます。高田純次のように下ネタを空気のように話し続けることがどうしても苦手な人もいれば、まじめな自分語りが苦手な人もいます。デートで自由に使えるお金の額だって人それぞれでしょう。またイケメンなら「一目惚れしたから今夜は一緒にいよう」と一言いえば女性にぶっ刺さるような場面でも、別の人がすると一笑に付されて終わったりもします。ですので戦略に関しては、公家ならこうするというものに留めておきます。そのうえで音声提供者の性格などを推測、考慮したうえで、彼個人に対してアドバイスやダメ出しなどをさせてもらうこともあると思います。

自分の音声が『恋愛道場』でとりあげられれば、かなり正確に現状を判断することができるようになるでしょう。しかし他人の音声を聴くことでもこの認識は副次的に養われていきます。自分よりうまい人の音声の中には、たくさんの使えるテクニックが眠っているはずですし、自分より下手な人の音声の中にも、思わぬヒントが眠っていたりするものです。他人の音声は自らの経験を補助するものだとおもってもらえればいいです。このようにして、いろんな人の音声をきくことでアポの疑似体験を積み、そしてその都度ごとに公家の認識をチェックして参考にする、といった形で講座は進んでいきます。

こちらに音声を送ろうが送らまいが、アポをし続けて、記録をとりフィードバックをするということは忘れないでください。自分の声かけ音声やアポの音声を記録してフィードバックするという形式を、次世代のコミュニケーションラーニングデファクト・スタンダードにする必要があると感じています。

コミュニケーションラーニングデファクトスタンダード(ドヤ)

引き続きメルマガの宣伝でした。

あと1個くらい書きます。


第2回、来年1月号のテーマは「連れ出し」

流星道場の真骨頂のひとつ「明らかなコミュ障でもなぜか知らんが連れ出せるようになる」の不思議が解明されるパートだと思っています。

購読のお申込みはこちらからお願いいたします↓

http://app.rdoujyou.com/subscribe/

(対応していないメールサービスもありますので、登録アドレスは必ず gmailまたはyahoo mailでお願いいたします。)


恋愛道場専用サイトはこちら。

http://rdoujyou.com/


恋愛道場公式ツイッターはこちら。

https://twitter.com/renaidoujyo



FAQあるいはシステム上諸々の注意点

Q.1 決済の仕組みはどんなですか?

Paypalによる決済システムを採用しています。

Paypalアカウントをお持ちでない方は上記の申し込みの際に作っていただきます。

Q.2 購読までの流れはどんなですか?

購読申し込みをすると、登録完了のメールが届きます。

それから15分以内にその月の号の配信がなされます。

その月の配信がまだの場合は(例えば1日に登録した場合など)、2〜10日に配信されるのをお待ちください。

Q.3 登録するメールアドレスはどのようなものがよいですか?

gmailやyahoomailなどのウェブメール推奨です。

エキサイトメールは現在非対応です。

DoCoMoAuSoftbankなどのキャリアメールは非推奨にしています。

また迷惑メールフォルダに入ってしまう場合もあるのでご確認ください。

Q.4 月額の引き落とし日はいつになりますか?

毎月1日にその月の分が引き落とされる仕組みになっています。

Q.5 配信予定日はいつですか?

毎月2〜10日のうちのいずれかの日に配信いたします。

Q.6 どうやって解約する?

解約はご自身でペイパルのサイトに直接アクセスしてやっていただきます。

こちらのエントリーを参考に手続きを進めてください。

https://www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-016/

Q.7 解約手続きをした後にメルマガが届いたのですが。

たとえば1月の2日に解約したとしても、1月分は購入されているため、メルマガは2〜10日の間に通常通り配信されることになります。