Hatena::ブログ(Diary)

性とナンパについて渋谷で考えた RSSフィード

2012-07-20

宮台真司 愛の授業 2012

宮台真司とのトークイベントを直前に控えて、「これは一体どんなイベントになるんだろう」とポーッと考えている。何もかもが見えない。自分はアポの時もそうだけど、準備をしっかりとやってから臨むタイプの人間なのだ。ナンパの話になら360度全方位的にたぶん対応できるけど、なんとなくあんまりナンパの話にはならないような気がしている。ナンパの話をしながら、その実、別の何かの話をしているような。

今回の話が出てきた時自分は特に何も考えず面白そうだったので快諾したけれど、快諾した後になって、そもそも宮台真司ってどんな人なんだろうというのがものすごく気になったので彼の以下の著作を2冊きっちりと読んでみた。


不純異性交遊マニュアル
速水 由紀子 宮台 真司
筑摩書房
売り上げランキング: 87574

サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル
宮台 真司 速水 由紀子 ホンマ タカシ
筑摩書房
売り上げランキング: 203222

そして直感的に思った。これはまずい、と。ただのテレクラ好きのおっさんじゃなかったのかよ。彼の爬虫類のような目が急に殺気を帯び始めた。頭がクラクラした。彼は何かにずっと苦しめられているのだとなぜだかわからないがそうも感じた。自分自身に対する処方箋を出す強烈な必要性に迫られ、そのために考え行動し続けている人。このような人ときちんと話すために自分は今何をしないといけないだろう。そして兎にも角にもきちんと話す場が与えられたのだから、同じぐらいの高みに至る努力をこのイベントが終わるまで怠ってはいけないなと思った。


まず最初にするべきこと。それは自分自身を深く知るということ。それができないなら本当に話にならない。宮台真司にゴミを見るような眼差しを向けられてトークイベントは終了してしまうに違いない。トークイベントというからには必ず何かを語らないといけない。その時に、おまえは一体誰だという問いが深く突き立てられるだろう。たいていの人間は自分のことなんてこれっぽちも知らない。知らないから人は語ろうとする。何かの枠に当てはめて自分自身を測ろうとする。その枠の品質が彼/彼女の知能なのだと自分は考える。けれども、語ることと知ることは、知能とトランスとは全くの別物なのだ。自分を深く知ったうえでなら、何についてどのように語ったところでおそらく全ては成立し、心を交流させることができるだろう。

実は自分自身を知らない方がナンパに関してはよっぽど上手くいく。「自分自身の中にないものを他人の中に感じることはできない」とはよく言われることだけど、別にナンパってそんなたいそうなことをして他人を繊細に感じなくてもあっさり成功したりするものだ。ナンパ師が本当にクッキリと意識して抱えてないといけないものなんて、ナンパの意志を強く貫くために必要な感情ぐらいのもの。だいたいのナンパ師にとってそれを貫かせるのは単純に性的な欲求だろう。何かしら実存的な衝動を明確に抱えてナンパをしている人間は本当に少ない。けれどもナンパを完成させるために、90から99に近づくためには、自分を知るプロセスは不可欠であるように思えた。宮台真司は一体どれぐらいナンパが上手いのだろうか。彼は深く自分を知っている。

心というのはすりガラスでできたゴルフ場のグリーンのようなもので、地中の様子はぼやけてしか見えてこない。ゴルフボールは半透明のグリーンを縦横無尽に走査しながら地中を探っていく。ただ、ホールだけは綺麗な透明のガラスでできているのだ。そこに一度入ってしまうと180度明晰な地中世界が広がっているのを眺めることができる。自分の心がくっきりと映し出され、そしてまた、ホールの中はいつしかグリーンになる。さらなる明晰さを求めてボールはグリーンを走査する。思うに今まで、薄濁ったフィクションという名のグリーンで幾重にも幾重にも自分の心を覆い尽くして、自分はそこでナンパをしていた。フィクションの世界では強烈な感情はあらかじめヘッジされる。全てはフィクションだというのなら、リアリティのないフィクション。その世界がナンパの世界だ。その中で声かけのプロセスだけがもつ特殊性。それはリアリティの強さなのだ。自分が声かけに感じる矛盾した感情を知った。強烈な刺激を求めながら恐れ、そして求め、最終的にはお手軽な「ごっこ」に興じていたということ。まあその話は今はいい。その是非も今はまだ判断しない。けれども自分は今回、一度は意識せずに遠ざけたリアリティ、強烈さというものを今度は意識的に再び手繰り寄せようとした。


次にするべきこと。愛を知るということ。これは自分を深く知るということのサブミッションみたいなもの。だってこれは愛の授業だからというのは冗談にしても、自分の中に愛があるなら是が非でもそれをトレースしないといけないと思った。そもそものきっかけは「本当に愛し合っている人とのセックスの気持ちよさを知らない人間がナンパなどという軽薄なことをする」というよく言われるような言説だった気がする。この言説がいつも心にひっかかっていた。自分の中でセックスは豊かな行為ではあったけれど、そんなに天地がひっくりかえるような幸せなものではなかった。興奮する、刺激がある、っていうのはすごくわかる。でも何か突き抜けた何かに満ち溢れた体験をセックスを通じてしたことがなかった。それがどうしても悔しかった。愛とセックスに関連があるという事自体一切全て何もかもわからなかった。自分を深く知る過程で経験したトランス状態でも、「自由」というもののイメージはとめどなく溢れてきたのに、「愛」に対するイメージは朧げにしか流れてこなかった。ひとつのこねくり回され引っ掻き回された何かを修復しながら先端をひっぱりあう。毛糸の玉のような存在。そんな幼稚なイメージしか出てこない。

愛は感情という形で発露するのだろうか?それは他人の中に感じることができるものなのだろうか?ナンパ師が愛を感じ始めたら終わりかもしれない。能ナシのガラクタになってしまう。愛はもともと俺にはインストールされていなかったのだという直観にも似た半ば諦めのような感じもあったが、けれども自分は、もしそれが自分の中にあるのなら、どうしてもそれを感じなければいけないと思った。キリストドヤ顔ジョン・レノンドヤ顔も、そしてもちろん宮台真司ドヤ顔も自分には許せなかった。そして自分はひとまずナンパを完全にやめた。周りの人間、特にある一人の女性が大いなる愛情でもって自分を忍耐強く見守ってくれた。


最近、愛を知ろうとする試みの途中で自分は急に涙脆くなってしまった気がする。情緒不安定になり、昔のことをよく思い出すようになった。日常の風景の一点が急に美しいものに感じるようになる。それが始まり。雨上がりの木々の葉の表面についた水滴や、しなだれた蜘蛛の糸、鏡の中の自分の顔、夜中に仄白い電灯に照らされた緑、彼女の胸元、手つき、すました顔、憂鬱そうな声。そういうものがきっかけになって、それに隣接する何かも急に美しいものに感じられる。連鎖反応。愛は全ての起点になり、あらゆるものの秩序を再構成するようなものなのか。それともこれはある条件が揃った時に生じる何かしらの生理反応に過ぎないのだというように片付けてしまうのが無難だろうか。得がたいたくさんの貴重なモノを経験した2ヶ月間だった。そしてそれはまだ終わっていない。明日が過ぎても終わらないだろう。

・土曜日の宮台氏とのナンパのトークイベントのこと

これは同じく今回のトークイベント出演者のナンパ師の高石宏輔の意気込みである。彼もやはりたくさんの準備をしてきたはずだ。ぐちゃぐちゃした、壊れてしまうようなセックスをしたいという気持ちでイベントに臨むらしい(笑)奇遇にも、自分も少し似たような感じである。後頭部の首の付け根のあたりがひくつくような、何かがうまれるような感覚。

リンク元