ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

実践バリュー投資日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-08-07 20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(1)

20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(1)

20〜30代の特徴は、以下のとおりです。

(1) 平日の日中は時間がとれない

(2) 投資に回せる資金が少ない 

(3) 長期投資が可能 

(1) 20〜30代は、平日は働いているので、証券会社や銀行の窓口に行く時間はありません。よって、取引する金融機関は、平日夜や土日でも取引できるネット専業の証券会社か銀行が向いています。既存のリアルな銀行、証券のネットチャネルという方法もありますが、使い勝手を考えると、ネット専業の証券会社か銀行が良いでしょう。

(2) 両親や祖父母から投資資金の贈与を受けられれば良いのですが、贈与が期待できない場合は、投資に回せる余裕資金はありません。一度に100万円も購入できないので、毎月積立て投資する必要があります。

よって、取引する金融機関に積立で購入できるサービスがあると便利です。また、毎月分けて購入すると購入する回数は増えますので、購入手数料は無料の商品がよいでしょう。

(3) 若いので、投資する期間はたっぷりあります。最低でも非課税期間の当初5年間は投資が可能です。5年過ぎたら、年間100万円までは、ロールオーバーして、非課税期間をあと5年継続できます。投資リスクを減らすには、時間を味方に付けて、投資スタンスは長期投資が良いでしょう。

また、もともと元手が少ないので、大きく増やさなければいけません。長期投資で大きく増やすなら、投資資産は株式になります。

ただ、NISAの場合、個別株式だと、機動的に売却、購入してリバランスができないといったデメリットがあるので、投資信託やETF等の株式ファンド(複数の株式を保有して、金額の調整や銘柄の入替を行う商品)で投資するのが良いでしょう。ファンドの場合、保有している間、信託報酬等管理費用がかかりますので、管理費用はできるだけ低いもの(インデックスファンド)を選びましょう。

再度、整理すると、金融機関は、ネット証券またはネット銀行、積立購入サービスがあると良い、投資商品は、株式インデックスファンド となります。

次は具体的な投資商品を検討していきましょう。

20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(2) - 実践バリュー投資日記

20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(3) - 実践バリュー投資日記

20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(4) - 実践バリュー投資日記

20〜30代のNISA(ニーサ)活用法(5) - 実践バリュー投資日記

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/qqqqchan/20130807/1375803361