ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

仮想通貨に未来はあるのか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-04-21 世界の仮想通貨取引所ランキング このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

世界の仮想通貨取引所の24時間の取引量ランキングを見てみた。このサイトです。

https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/

f:id:qqqqchan:20180422173744p:image:w480


Binanceが一番かと思ったら、

Get Started | BitMEXが一番になっていました。

あまり知らなかったので少し調べてみると、以下の特徴がありました。

⒈レバレッジ取引100倍

⒉追証なし

⒊通貨6種類、ビットコイン、カルダノ、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル

⒋日本語対応

FX好きにはたまらない内容ですね。

この取引所は海外なので、どこまで信用していいかわかりません。今のところ、出金できないとかは無いようです。一攫千金を狙うなら、このレバレッジは魅力ですね。

ただ、ハイリスクになりますから、全部なくなっても良い金額の範囲内で遊んで下さい。投資は自己責任で。Get Started | BitMEX

2018-04-18 イーサリアム(Ethereum)の買い方 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

イーサリアムを買う方法は以下の2つでしょうか。
1.イーサリアムを販売所で買う
2.イーサリアムを取引で買う

1と2では価格差があります。1:59,496円(ビットフライヤーの販売価格)と 2:55,600円(Zaifの取引価格)を比べてみて下さい。4,000円近くの価格差です。Zaifのイーサリアム取引所で購入した方がより安く購入できるということです。
販売所で購入するということは、そのコインの売り手は取引所自身になります。ここでいうとビットフライヤーですね。取引で購入するということは、そのコインの売り手はマーケットで売りたいとオファーを出している相手になります。
最初購入する時は、価格もあまり動かなくて、簡単なので、販売所で購入してしまいがちですが、取引で購入した方がぜんぜん安く買えるので、最初から取引で購入した方が良いでしょう。株式を購入するのと同じで指値をしておけば、それほど心配いりません。Zaifがお勧めです。
それはそうと、1と2の価格差をみると、販売所は、ぼったくっているのがよくわかりますね。コインチェックが儲かっていたのも頷けます。

2018-04-17 イーサリアム(Ethereum)の価格は? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

イーサリアムチャート

グラフのとおり、イーサリアムの価格は11月に4万円を付け、1月初めに18万円近くまで高騰(約4.5倍)、その後3月末に4万円を割れ、これを底に現在は58,000円くらいになっています。11月から1月にかけてのバブル後、一旦底をついたところなので、長期的にみれば、この価格で購入しても問題ないレベルだと思います。
ちなみに私は昨年5月に購入しているので、最初は2万円割れでの購入となっています。その後、2万円台で買い足し、高騰している間は傍観、4月に入り、4万円台で少し買い足しています。短期トレードだとこの価格の動きはさすがに読めないので、基本長期保有、下がったら買い増しのスタンスです。
確定すると、税金も大変ですからね。

2018-04-16 イーサリアム(Ethereum)は購入すべきでしょ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

イーサリアム

前回書いたように、イーサリアムはいろいろなトークンのプラットフォームになっています。パソコンでいうとOSみたいなものでしょか。トークンはその上に乗っかるアプリになるのかな。ビットコインはアプリとOSがくっついたもので、他のアプリは乗りません。
イーサリアムは今はICO(コインでの資金調達)の利用が主流ですが、このプラットフォームの応用範囲は広く、将来的にいろいろなことが実現できるでしょう。仮想通貨の利用機会が増えれば増えるほど、その需要は高まり、その価値も高まると思うので、利用機会が増えそうなコインを購入しておくべきでしょ。現時点でその筆頭はイーサリアムでしょうね。

ビットフライヤーでイーサリアムの取扱があります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2018-04-15 ビットコインを初めて購入してみた

ビットフライヤーに、50,000円を送金し、2018/5/25に初めてbitcoin を購入。当時の価格は300,000円でした。それが12月には2,000,000円まで価格が暴騰。

最初から短期売買を目的で購入したわけではないし、利益確定すると、税金を払わなけれならないので、そのまま保有を継続。今は700,000円に下がってますか、購入してから一年足らずで2倍になっているし、下がってもまったく気にしていません。

その間にbitcoin の送金も経験しました。24時間、格安の手数料で、10分程度で海外にも送金ができる、感動しましたね。これを経験するど、これまでの銀行送金は何だったんだろうと。金融革命が来たと予感しました。まずは実際に経験して感じることが大事ですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コイン(Coin)とトークン(Token)の違いとは?

仮想通貨は約1,500種類と書きましたが、大きく分けると2つのカテゴリに分かれます。コイン(coin)とトークン(Token)です。このサイトを見てみましょう。

https://coinmarketcap.com

cryptocurrencies

赤色の太枠で囲った箇所(Coins)と黄色の太枠で囲った箇所(Tokens)がクリックできるので、まずはCoins ⇒ Full Listを選択してみましょう。 以下のCoinが時価総額順に並びました。


coins

次に、Tokens ⇒ Full List を選択してみましょう。以下のTokensが時価総額順に並びました。

tokens

ここで、緑色の太枠で囲んだPlatformをみてみましょう。Ethereum,Omni,NEO というCoinが並んでます。ほとんどが Ethereum です。ここで、Coinとは、ブロックチェーンを利用した独自のプラットフォームで発行される通貨のことです。一般的には、通貨の発行に制限があり、中央で管理する発行体が存在しません。一方でトークン(Token)は、このCoinのプラットフォームを利用して発行されている株式のようなものです。発行する企業や団体があり、発行も自由に行われます。決済などに幅広く利用される仮想通貨に投資するという意味では、トークンではなく、Coinに投資すべきですね。