QSKVブログ RSSフィード

2017-12-05

フリッパーズギターの幻の4枚目のアルバム話

渋谷音楽図鑑

渋谷音楽図鑑

(1)フリッパーズギターの1枚目も2枚目もベスト盤もitunesやスポティファイで聴ける。

(2)しかし3枚目の「ヘッド博士の世界塔」は入っていない!

(3)何故こんな名盤が!!

(4)サンプリング元の許諾が複雑もしくは高コストだからだろう。

(5)そんなことを思いながら、この本をペラペラめくっていたら、フリッパーズ幻の4枚目の話があった。

(6)要約するとこんな感じ。

・「グルーブチューブ」までは陽気モードだったが、アルバムの詰めは陰気モードになっていた。

・「ヘッド博士の世界塔」はドラッグカルチャーに影響された音楽を元に作られたからだ。

・でも日本ではドラッグカルチャーがないから「ヘッド博士の世界塔」はそんなに受けなかった。

・4枚目のアルバムは1枚目、2枚目の流れをくんだネオアコ回帰路線で、日本、英国、仏国同時リリースでいく!

・英国、仏国のレーベルとのディールをつけたところで、フリッパーズ解散が決定。

(7)菊地成孔さんが評したように子役だったフリッパーズギターが、売上至上主義レーベルのやり方にツバを吐き、子役を卒業し、大人になった瞬間なのだろう!!

(8)この幻の4枚目の話を聞いて、突然解散したフリッパーズはパンクだったことを思い知った。

(9)この「ヘッド博士の世界塔」を汚さないために再結成をしないんだよね!小沢くん!小山田くん!

ヘッド博士の世界塔

ヘッド博士の世界塔

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/qskv/20171205/1512483290