― ブログ・発見の「発見」/科学と言葉 ― 科学上の発見から「意味」を発見 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログはウェブサイト・発見の「発見」とセットで公開しています。このウェブサイトでは日英米のニュースサイト科学欄から発見に関わる記事をリストアップし、一部の記事(NYタイムズ記事の一部)には要約を付記しています。

⇒ウェブサイト・

にほんブログ村 科学ブログへにほんブログ村

2015-12-17 鏡像の意味論―その10―問題の分析

鏡像の意味論―その10―問題の分析

| 11:47 | 鏡像の意味論―その10―問題の分析を含むブックマーク 鏡像の意味論―その10―問題の分析のブックマークコメント


f:id:quarta:20151217114244j:image

図1 鏡像認知の一部分としての自己鏡像認知と他者の鏡映反転

f:id:quarta:20151217114414j:image

図2 自己鏡像の認知と他者の鏡映反転の組み合わせからなる自己鏡像の鏡映反転

【問題の純化と問題の分析(要素分析)】


問題の純化と分析は、科学的方法の基本事項ではないでしょうか。しかし鏡像問題では従来、どうもこの点がすっきりしていないようでです。


前々回「鏡像の意味論その10」では「問題の純化」と題してこの問題に取り組み、問題純化の1段階に成功したものと考えます。今回は表題のとおり、問題の1つの分析を行ってみたいと思います。



【鏡像認知問題と鏡像問題(鏡映反転)】


現在、鏡像認知問題といえば普通、自己鏡像の認知の問題とみなされ、英語の「mirror self-recognition」に相当するようです。では自己像に限らない文字通りの鏡像認知問題、英語にすると「mirror recognition」という問題が研究や論議されているかといえば、そういうことはなさそうです。英語でも「mirror self-recognition」という用語は学術用語として見つかりますすが、「mirror recognition」という用語はやはり日本語と同様に「mirror self-recognition」の簡略表現として使われているように見えます。この辺に一つの鍵が潜んでいるように思われます。


つまり、字義に即して考えると鏡映反転は鏡像認知の一部分であるとの印象を受けます。その鏡像認知の問題は事実上、自己鏡像の認知の問題とみなされています。したがって、鏡映反転の問題も自己鏡像認知の一部分であるならば、自己鏡像の認知の問題に限られることになります。そのため、鏡映反転の問題も自己鏡像の問題として考察されてきたのではないかと思うのです。


しかし、鏡像の認知は自己鏡像の認知に限って存在しているわけではないことは自明なことではないでしょうか?現実に鏡映反転の問題では自己以外の他者や文字などについても議論されています。鏡像認知の問題でも他者像の認知の問題あるいは自己と他者を含めた、あるいは共通する問題が存在するはずです。


このように、自己鏡像以外すなわち他者の鏡像を含めた「(あらゆる)鏡像認知」を認めれば、「自己鏡像の認知」は「(あらゆる)鏡像認知」の一部分であり、同時に「他者の鏡映反転」も「あらゆる鏡像認知」の一部分であることになります。最初の図1は、これを表しています。



【自己鏡像の鏡映反転は他者の鏡映反転問題と自己鏡像認知問題との2要素に分析できる】


鏡像問題を考察する場合、たいていは絵を描いて考察し、説明をします。絵を描かないまでも言葉で対象を表し、空間的なイメージを客観的に表現することが不可欠です。その場合、自己鏡像の鏡映反転を考察する場合でも観察者の姿とその鏡像を描くことが普通に行われています。それは絵に描かれた人物を観察者に見立てているわけですが、そこには観察者が見ている光景そのものは表現されていません。そのような図は描くことができるにしてもせいぜい両腕やメガネの枠あるいは無理をすれば眉や鼻の一部などを描けるでしょうが、観察者の全体像は不可能です。従って、自己鏡像の鏡映反転を考察するとは言いながら、他者として対象化された姿を考察しているわけで、客観的な対象としては他者であり、その他者の認知を推定しているにすぎません。描かれた図は当然、単なる図形であり、身体感覚はもとより、認知能力などあるはずもなく、図から説明できることはあくまで視覚的な情報にとどまります。つまり、視覚に関する限り、他者の鏡映反転を考察していることになります。


以上から、自己鏡像の鏡映反転問題は、他者の鏡映反転メカニズムと自己鏡像の認知の問題に分析できることがわかります。


鏡映反転の問題は視覚に関する限りの問題であり、基本的に他者の鏡映反転問題から出発すべきであり、他者の鏡映反転メカニズムが解明されれば鏡映反転の問題自体はそれで解決されたものとみなしてよいことになります。自己鏡像の鏡映反転の問題は、したがって、むしろ自己鏡像の認知問題と鏡映反転の問題の2つに分析できることになります。鏡映反転の問題が自己鏡像の認知問題に含まれるわけではないのです。これを表現したものが図2です。


以上のとおり、鏡映反転の問題は他者の鏡映反転の認知について考察すれば鏡映反転の問題自体としてはそれで十分であると言えます。

【鏡像問題(Mirror problem)と鏡映反転(Mirror inversion)】

用語として「鏡像問題」と「鏡映反転」の両方が使用されているわけですが、以上の考察から、「鏡像問題」は自己鏡像の鏡映反転を含めた問題とし、「鏡映反転」は「客観的に認知可能な鏡映反転」すなわち「他者の鏡映反転の認知」と定義することが適切ではないでしょうか。

多幡達夫多幡達夫 2016/11/08 09:26 "Mirror self-recognition" は、心理学では、人間以外の動物が自己を認識し得るかどうかを鏡を使ってテストすることからきている言葉で、「自己認識の能力」を意味するものとなっているようです。
参考:
―Mirror Self-Recognition
The ability to recognise oneself as an individual; lower animals, in particular birds, often attack mirrors, as the image is perceived to be that of another animal (Segen's Medical Dictionary)
(http://medical-dictionary.thefreedictionary.com/Mirror+Self-Recognition)
―Mirror test
The mirror test, sometimes called the mark test or the mirror self-recognition test (MSR), is a behavioural technique developed in 1970 by psychologist Gordon Gallup Jr. as an attempt to determine whether a non-human animal possesses the ability of self-recognition.[1] The MSR test is the traditional method for attempting to measure self-awareness, however there has been controversy whether the test is a true indicator.
(https://en.wikipedia.org/wiki/Mirror_test)

quartaquarta 2016/11/28 21:31 ご教示ありがとうございます。確かに、研究史的には動物心理学の研究テーマとして始まったのだと思います。ただ多くの場合、人間の幼児の成長期と動物とを比較することで、動物と人間の比較が重要な意味を持っていたのではないでしょうか。そのため、人間における自己鏡像認知のメカニズムを明らかにする必要があると思うのですが、鏡像問題において自己鏡像認知の問題との関係を明らかにすることは、この問題にも大いに資するところがあるのではないかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/quarta/20151217
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 ← 時にはランキングのクリックをよろしく!!