Hatena::ブログ(Diary)

quiverの日記

2013-07-18 恐ろしい天才、森昌子

何が恐ろしいって、他の歌手が不要と思えるほど、いろいろな歌を歌いこなすから。

なごり雪みずいろの手紙いい日旅立ちシクラメンのかほり太陽がくれた季節冬のリヴィエラ2水色の雨22才の別れ長崎は今日も雨だった森を駈ける恋人たち二十二才の別れ小指の想い出襟裳岬2聖母たちのララバイ二十才前

最後の「二十才前」森昌子バージョンは特に驚いた。岩崎宏美以上の歌いこなしなどあるわけないと思い込んでいたけれど、森昌子の唄う「二十才前」を聞いてイントロ部分の歌詞の持つ「意味」が初めてようやくわかった。

もちろん、当時「二十才前」がヒットしたのは、ヒロリン流にさわやかに歌ったからなのだろうけれど、、、。


※しかし、ハズしている例もあったのでメモしておく。天才も失敗することがあるのだなぁ!。わたしの青い鳥横須賀ストーリー。失敗は「何を目指しているのかわからない」ところ。でもそんな森田さん、大いに素敵です。

【後記】ハズしている例は、中三トリオの歌であった。意図的にハズした(=流した)のであろうか。同じ山口百恵の歌でも、いい日旅立ちはまっとうに歌っている。しかし、これは、森昌子が普通に歌っても違和感がないので比較にならない。