Hatena::ブログ(Diary)

phoque’s voice このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


【中国語に興味がある方へ】講師を選べる1対1レッスンが201円〜。会話量が4倍で経済的。好みの講師と無料体験

2012-02-11

和田誠反原発ポスターについてのガッカリ。

えーと、これどこかにかいたような気がするんですけど。

何年か前に「おふくろさん騒動」っていうのがあったんですけど。森進一の代表曲である「おふくろさん」の冒頭部分に、森進一が勝手なバースを付け加えて歌っていて、それが原曲の作詞者である川内康範の逆鱗に触れ、「二度と歌うことは許さん」となった、ってやつ。

あれは、著作権法的に同一性保持権とかいろいろそういうことがメインだったわけですが、それとは別に、私が感じたことは、

森進一ってこの歌のことなーんもわかんないで歌ってたの?」

でした。もともとの「おふくろさん」の歌詞って、自分の生き方の芯の部分というか志の中にはいつでも母の言葉が生きている、という、力強い歌なわけですよ。そこに付け加えられたのが

「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした 今ではできないことだけど 叱ってほしいよもう一度」

なわけです。これ、ガッカリというかダイナシというか、おまえナニあまえてんの?的な、なんだこのベタベタしたのは、って思いません?私は率直に言って、「おふくろさん」の歌詞の世界とはまるで相いれないものだと思うのです。森進一は、ずっと歌ってた代表曲の歌詞がなにを歌っていたのかをちゃんと理解していなかった、ということが図らずも露呈してしまった、そういう事件だったのではないかと。

もともと川内康範という人はそんなに著作権にやかましい人ではなかったのにあれだけ激怒したのは、個人的にはやっぱり、あのベタベタした内容がきにいらなかったのではなかったのか、と思ったりしてます。

で、ここまでが長い長い前置き。

和田誠という人は日本を代表するグラフィックデザイナーで、生きるレジェンドみたいな偉人なんですが、であると同時に現役バリバリの第一線の人でもある。その人のポスター。

いい絵だと思いますよ。実際、自分の部屋に貼りたいくらい。もしこれが反原発のポスターでないのなら。降っているのが雪ならば。

だけど、これが反原発なり脱原発なりのプロパガンダとして描かれたものだとしたならば話は別です。あまりにも陳腐ではないですか、これ。

幼子を守る母の姿、っていうのは古今東西描き継がれたテーマですが、それは人間の根幹にかかわることなので、「使い古された」とか「手垢がついた」とかそういう意味で「陳腐」なのではありません。

原発だか脱原発だかを描くのに「幼子を守る母の姿とそこへ降り注ぐ死の灰」っていうモチーフを持ってくるのは、正直な話、扇情的に過ぎるというか安直すぎるというか、和田センセ、なんかずいぶん手近なところに飛びついてやっつけで仕事しちゃったんじゃないか、みたいに感じたのです。そして、そういう扇情的で安直なモチーフを持ってきたというところに、和田センセの反原発というか脱原発に対する理解の浅さが、図らずも露呈しちゃったってことではないのかと。

そういう意味でのガッカリが、私にはありました。

luckdragon2009luckdragon2009 2012/02/11 12:29 あの降っている物が、恐怖を喧伝する人の声に見えます。
...勿論、私のバイアス視点ですよ。

IMAN1950IMAN1950 2012/02/12 08:09 愛知県在住のイラストレーター柚木ミサトさんのあかいつぶつぶの絵をご存知ですか?和田さんのイラストはそれとそっくりです、構図的にも。しかしそんなことはいまの世の中どうでもいいことではありませんか?

quix_quequix_que 2012/02/18 21:23 「どうでもいいことではありませんか?」という問いのどうしようもない無神経さと傲慢さに絶望を隠しきれない私です。

iman1950iman1950 2012/02/19 11:48 和田センセというのは傲慢ではないのですか?私には偉そうな物言いに聞こえました。原発反対に反対するかのごとく聞こえるのが不思議でした。和田さんが原発反対のポスターを描いたことそれでいいのでは。そういう意味で芸術を批判するのはどうでもいいのではと書きました。私は原発、邪悪なもの断固反対です。

quix_quequix_que 2012/02/19 13:02 偉そうに聞こえましたか。それは残念です。原発反対に反対するものに聞こえた、それも残念です。(たぶん30年以上前からあちこちで反原発表明してきてますけどね、私。まあ誰も知らないでしょうけど)。

私が問題にしてるのは、「表現者としてそのセンスはちょっとどうなの?」ということです。そしてそれは、少なくとも私にとっては「どうでもいいこと」ではありません。和田誠という稀代のデザイナーが、他の誰でもが思いつきそうな安直に思える表現で反原発を描いたこと、そのことが和田誠を敬愛する一人として残念であり、その気持ちが揶揄的な「センセ」という表現に出てしまったのだとお考えください。

「和田さんが原発反対のポスターを描いたことそれでいいのでは」といわれても、私はそうは思いません。原発反対であればなんでもいい、という考え方が、どれだけの弊害を生んでいるのかについて、あまりにもナイーブすぎると思いますよそれは。

「芸術を批判するのはどうでもいい」と思われるのでしたらご自由に、としか言えませんが、そういう方とはおそらく問題にしてるものが違うのでありましょうから、これ以上のコメントは無用です。

最後に。原発は邪悪なものではありません。単に技術です。制御できなければ危険な技術は原発だけではありません。それを「邪悪」と感じることが、福島差別や東北差別と根がつなかっていて、危険でもないがれきの受け入れさえ拒否することにつながっているのではないかと、私は危惧します。

では。

quix_quequix_que 2012/02/19 13:35 あ、iman1950さんへばっかりお返事してましたね。ごめんなさい。

luckdragon2009さんへ。個人的には、恐怖をあおる人の言葉のほうがたくさんの人を苦しめているんじゃないかと思っているので、ほんとにそうであればよいのにな、とは思います。残念ながら私には、あのポスターからそれは読み取れませんでしたが、そういう受け止め方もアリなのかと知らせていただいて、ありがとうございます。


iman1950さんへ。今後同じようなことをおっしゃられるためにコメントされましても、次からは削除させていただきます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/quix_que/20120211/1328924893