Hatena::ブログ(Diary)

狂童日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-31 いじめっこはどこに? このエントリーを含むブックマーク

普段は安直なマスコミ批判をする連中を軽蔑しているが、さすがにここ最近のいじめ問題に関する報道はひどすぎる。

だいたい、いじめが問題であるとすれば、最も反省し、態度を改めるべき存在は誰なのだろうか。そんなのは幼稚園生でもわかる。直接いじめを行った生徒である。それ以外には有り得ない。直接いじめていた生徒と、それに加担していた仲間と、消極的に同調していたクラスメートの順に悪い。基本的に教師は悪くない。もちろん公に謝罪するのは教師だが、それは社会的に「未熟」な生徒のかわりに、クラスの監督者として、そして一人の大人として社会的責任をとっているだけである。最終的にいじめっこの生徒が責任をとらないのは、あくまで社会的な能力や責任感に欠けた子供として扱っているからであり、教師のほうが悪いからでは決してない。テレビや新聞の報道を観ていると、こういういじめ問題を考える際の大前提が共有されていないのではないかと心配になる。少なくとも10年前はまだ最低限共有されていたように思うのだが。

いじめ自殺に追いやった生徒のほとんどは、少し先生に説教されただけで(あるいはそれすらなくて)、深刻に反省することもなく、何事もなかったように学校生活を送り、卒業していく。生徒の親も、わが子がいじめっこだっという事実を知ることはない。しかし、いじめられて自殺した生徒の親は、その後の人生のずっとわが子を失った悲しみに縛られることになる。私がいじめ問題で何に憤るかといえば、この理不尽さである。ところがマスコミはこの理不尽さに憤る前に、何も悪いことをしていない学校関係者を質問攻めにして、当然しどろもどろになってしまう発言に容赦ない突っ込みを入れていく。教師はいじめを大人の力で解決できるほどの権威と能力をもはや持っていないことは、「学級崩壊」問題でさんざんわかっていたはずではないだろうか。生徒にひどいいじめを受けて辞めていく若い先生も後を絶たないことは、私の中学時代の先生もそうだったような、かなり前からありふれたことである。それなのに「教師がちゃんと対応をしていれば・・・」みたいな、良くも悪くも教師が「権威」だった時代の古臭い教師像で、現在の問題に直面している教師たちを「まじめに生徒に向き合っていない」と批判する。マスコミはいったい、いじめの何に怒っているのだろうかという感じがする。

あとこれは10数年前からの疑問だが、どうして識者やコメンテーターたちはこぞっていじめ問題を傍観者的に眺めて、「いじめはよくない」みたいに簡単に説教できてしまうのだろうか。誰だって多かれ少なかれいじめたりいじめられたり、という経験はある。当たり前だが、人数的にはいじめているほうが圧倒的に多い。大人社会にだってある。「私はいじめっこでした」とカミングアウトしろと言うのではない。そういう、誰もが持っているありふれた経験を前提にしながら発言してほしいのである。しかし、なぜかみんなしていじめとは無関係だったかのような、あるいはせいぜい「いじめられたこともあったが友達とがささえてくれて助かった」くらいの顔をしたがるのである。

はっきり言っておくが、これは「うちの学校にはいじめがない」という教師たちの取りがたる態度と全く同じであり、何もかわるとことがない。自分たちの周りで起こったことを「いじめ」と定義されることを極端に嫌う。学校もマスコミも「いじめ」撲滅に躍起になっておきながら、身の周りの「いじめ」に対しては頑なに目を背けようとする。こうして、実際に深刻ないじめに遭っている生徒は、「いじめ」としてではなくて単に「だって見てるとイライラするだろ」くらいの(確かにそれ自体は否定できない)理由で、侮辱的で暴力的な扱いを受けることになるが、「問題」にされないまま放置される結果になる。

学校と教師をたたくよりも、もっと素朴な原点に帰るべきだ。要するに、いじめた生徒に謝罪・反省をさせる、そしていじめられて自殺した生徒と同様の傷をこれからの人生の中で負って生きてもらうということである。10数年前は、こういう「常識」がまだあったように思う。いまは自分の身のまわりにいじめがなかったかのような顔をして、学校と教師ばかりをバッシングしている。こんなくだらない報道ばかりが横行しているのであれば、いじめ問題など全く報道されないほうが、いじめで苦しんでいる子供たちにとってはるかにましである。

通りすがり通りすがり 2006/11/01 12:36 悪いのは、いじめた生徒の親といじめられた生徒の親だと思うけど?
その次に、教師。
中学生といえど、まだ精神的、社会的には途上なわけで、彼らが一番悪いというのは困難で、彼らを教育した側に責任が行くのが当然。

今回の件でいうなら、いじめた側の親を追求しないマスコミがおかしい。

北海熊北海熊 2006/11/07 23:17 良く書いてくれました。同感です。
マスコミは売春を「援助交際」と美化して、子供たちを風俗産業の餌食にした。
いじめは殺人に匹敵する犯罪だと思うが、政治的に利用し、視聴率稼ぎのために引っ張っているように感じられる。

だれもいじめの構図を明らかにしていないのは、書かれているように解決したくないのだろう。
図式にすれば、その犯罪の姿が明確になると思う。
おそらく社会の暴力組織と同じ構図だろうと思う。
暴力で支配する奴がいるのだから、この人物を排除すればいいと思う。

日本の犯罪に関する定義を変えなければならないと思う。
宗教の世界で最悪の罪は「心情蹂躙(しんじょうじゅうりん)」と教えています。
人間の心を傷つけると永遠に治らない。
肉体を傷つけるよりもダメージは大きいのです。
モノと結果を重視することが科学的、学術的なんて嘯いている輩が世の中退廃の現況だと思う。
松井秀樹氏が出してくれたコメントが本当の「命の価値」を語ってくれた。
この言葉をもっと噛みしめてほしいと思う。
信仰者でなければ理解できないのだろうか?
宗教を排除してきたツケが回ってきたのかなぁと感じる

ゆうゆう 2006/11/23 19:11 いじめられっこが本当に欲しいものは教師や友達がいじめをなくさせてくれたりすることじゃなくて倒れそうになったときに支えてくれる人ただそれだけ
いじめっこと顔つき合わせて話し合いになるなんてまっぴら

SeiSaguruSeiSaguru 2006/12/07 14:00  『誰が悪いか』より『どうするのが望ましい』の方が大切だと思いますが。
私は、この文章では『いじめをなくす』ことはできないので『いじめを反省させる』を重点においているように思われます。
 しかし、これは”いじめた側”がはっきりしていることが前提となっていますよね。クラスでよくあるいじめの大半が、その差がはっきりしていないことが多いのです。「あのコ嫌い」と思うのが伝染して広がり、はじめた人も誰だかわからなければ、いつからかというのもわからないのです。その中で、
>>いじめられて自殺した生徒と同様の傷をこれからの人生の中で負って生きてもらう
 と仰いましたが、それが正しい方法なのでしょうか。一歩間違えると”誰かを嫌いと思った自分が間違っている”となりかねません。”いじめをしたこと”と”自分”はあくまで切り離されなければ、”いじめられていること”と”自分”を切り離せずに死んでしまったこどもと同じように、死んでしまうこどもが増えるのであれば、いじめと同じと思うのですが…。
 私も報道はくだらないと思いますが、報道されて事件について考える人が増えたということは良いことだと思います。

 ながながと生意気な文章を書いてしまい申し訳ありません。

versaversa 2006/12/08 15:26 いじめは、その中身があいまいで、主観的なものですから、それを定義できないがゆえに結論のみを追って報道(社会や風俗)が面白がり、教育の現場をいじめる構造になっていたように感じました。少なくとも愛知のいじめ自殺で校長の写真を「古だぬき」かのようにさらした「報道」を看板にしたバラエティ番組の功罪は大きい。
現在学校現場では、細かな要求をする保護者の対応に追われ、かつ「個性」を大切にしろとの風潮の手助けもあって、(個性・自由の流れが現在の社会に与えた影響の反省もなく)それこそ一人ひとりこまめに観察する人員が不足しているのです。
コメンテーターは<どこにでもいじめはある>次に続く言葉が、それこそ10人10色好き勝手に表現して自分に酔っている。
いじめた人間、問題を抱えた人間を増やさない努力をするために、保護者の理解を得る、地域の協力を得る、社会機関の協力を求めるしかないのですが。
最近話題の「コーチング」は、教育現場にはなじまない。
なぜなら。1対40人という教室で、スタートから教師をからかってやろうというメディアに影響された子どもの視線と戦わなければならないからです。