Hatena::ブログ(Diary)

狂童日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-29 「左翼」が支持されない理由 このエントリーを含むブックマーク

最近、「フリーター」などの若者弱者が自民党に投票したり、女性が「男女共同参画」を訴える浅野史郎ではなく、女性蔑視発言をしばしば行なう石原慎太郎に投票したりという奇妙な現象が起こっている。

多くの人々は当惑しながら「右傾化」のレッテルを貼って終わりにするだけだが、私が考えるには従来の「左翼」と呼ばれる人々が「中流幻想」からなかなか抜け出せなかったことにあることが背景にあるように思う。1970年代以降にマルクス主義の凋落によって「左翼」の学者やジャーナリストが選択した戦略が何かといえば、(1)女性の社会的な地位向上を訴えるフェミニズム、(2)中国韓国の戦争被害者に対する補償を求める戦争責任論、(3)「在日」や移民の社会的権利付与を支援するマイノリティ運動などであった。こうした戦略を通じて、戦後の日本社会は経済的な豊かさを達成したものの、それが様々なマイノリティを排除することによって成り立ってきた「男性日本国民」の社会であったことを暴露的に批判することで、「多様で開かれた社会」を達成しようとしたのである。

問題は、評価するにせよ批判するにせよ、こうした議論が1970年代以降の「豊かな中流社会」を多かれ少なかれ前提にしていたことである。つまり日本国民の間では貧困からの脱出に成功し、社会的な地位や収入が拡大しつづけていくという「成長神話」をどこかで念頭においていたからこそ、「男性日本国民」だけがそうした「成長」を特権的に享受していることは不公平な状態であり、女性や民族マイノリティのような「社会的弱者」に権利を拡大していくべきだという主張が正当性を持ちえた(少なくとも許容された)のである。

しかし1990年代後半以降、「左翼」の主張は急速に説得力を失っていく。それは、不況の中で「成長神話」が終焉し、彼らの批判対象だった「男性日本国民」は等しく経済的な豊かを享受しているのでは決してなく、社会的な格差や分断を抱え込んでいることが露わになっていったからである。つまり「左翼」が批判対象とした「男性日本国民」そのものが脆弱化していったことで、「男性日本国民」から排除される女性や民族マイノリティが「社会的弱者」であるということのリアリティも、同時に乏しくなっていったのである。

こうした状況の中で、「左翼」が従来どおり「男性日本国民」の特権性を批判するという戦略を続けていったら、下の世代にとってそれは既に解体しつつある「豊かな中流社会」の幻想にすがりつく、学者やジャーナリストといった「既得権層」の振る舞いにしか見えないだろう。要するに、「男性日本国民」のもつ権利を女性やマイノリティに平等に拡大していくという(もはや現実味に乏しい)主張そのものが、「豊かな中流社会」がまだ存在していると思うことができるような、安定した地位を得ている人々の「きれいごと」にしか聞こえないのである。

あんまりというか全然上手く書けなかった。また考えます。

追記

誤解されるといけないが、女性や定住移民などが「男性日本国民」よりも相対的に不利な社会的な立場にあり続けていることは全く変わっていない。問題は、それを「男性日本国民」の排他性や特権性に由来するものとして批判することが全く効果がなくなっているどころか、かえって事態を悪化させる方向にすすませていることである。例えば「過労死は自己管理の問題」と言い放った例の社長は、「男女共同参画」の熱心な推進者でもある。実行されてはいないが、移民受け容れのを推進を唱える人たちには(実は石原慎太郎も部分的にそうだが)規制緩和路線を推進する財界の人たちが少なくない。つまり「外国人との競争で日本人が強くなり、ますます経済が活性化するからよい」というわけなのである。当然予想されるように、こうしたことが実際に行なわれれば女性や定住移民は、出産・育児とか言語スキルの問題などから、激しい競争の中でますます苦しい立場に追い込まれる可能性が高くなる。苦しい立場なった理由も、(ごく一部の成功者を指差しながら)「単に頑張りや創意工夫が足りなかったから」と言われてしまうことが多くなるだろう。

「社会的弱者」を代弁する「左翼」はこれに真っ向から異を唱えなければならないのだが、「男性日本国民」を「社会的弱者」の仮想敵にし続けている限り、確かにその排他性や特権性を解体するものであるから、あまり強く批判することができないのである。こうした問題を反省的に考えていくべきなのに、多くの「左翼」は依然として、またぞろ「ジェンダーフリーバッシング」を批判する本など出したりしている。散々言ってきたが、「右傾化」論者の無知や偏見を遠巻きにして批判するという手法は、無意味であるという以上に逆効果である。最近さすがにやや変わりはじめたかな、という感じはするが。

もう一つ。実は1970年代以降の「左翼」が取り組んできたことは、「豊かな中流社会」と「成長神話」をどこかで念頭に置いていた点で、公共事業を推進してきた旧来のいわゆる「バラマキ型」の政治家と大きな違いはない。両者は水と油のようでいて、強固な「男性日本国民」の存在を自明としてそれを均等に拡大していこうとする戦略だったという点では同じだったのであり、90年代後半以降になって同時に批判の声が高まっているのは決して偶然ではないように思う。

それにしても「左翼」という言葉が居心地がよくない。もっとよい言葉があるといいのだけれど、他に思いつかない。

おっしゃる通りですねおっしゃる通りですね 2007/04/30 14:03 危機の時代というには、「危機」という言葉が軽すぎるかもしれませんが、非常に困難な時代にあっては、「理想」は人々には何か胡散臭く見えてしまうところがあります。そして、人々は「強い」リーダーを求める傾向があります。
この点で、左翼の方々というのは、「スマート」な方はそれなりにいるものの、「強い」タイプの人というのはあまりいないように思います。
女性は「強い」リーダーを求めるといったのはヒトラーだったかと思いますが、時代が困難であればあるほど「強い」リーダーが支持される傾向があります。ここのところに来て、「覚悟を決めた」かに見える安倍内閣の支持率が反転上昇の兆しを見せています。
これは、安倍首相のリーダーシップが徐々に見え始めて来ているからで、支持率の一時期の減少は「もっとしっかりしろ」という有権者からのメッセージだったということなんでしょうね。

ExecutorExecutor 2007/04/30 16:04 昔は左翼にも頼もしい指導者がいましたけどね。
社会党の浅沼委員長とか、共産党のミヤケンさんとか(こちらはまだご存命?)。今はいかにも「弱弱しいインテリ」タイプが多いですね。
大学の研究者中心になってしまったことも一因ではないでしょうか。

推し進めると推し進めると 2007/04/30 16:08 なぜこれほど苦しんでいる「俺たち」を批判し、むしりとって「あいつら」に分け与えようとするんだ。という、怒りもあるわけで。現実味に乏しいどころか、逆の意味で生々しすぎる感情を呼びます。

中道左派中道左派 2007/04/30 16:26 金持ちが貧乏な俺たちに向かって上から「皆平等にやれ、でも私らだけは贅沢したい」なんて主張したところで、誰も付いて来ない。
下から訴え出なくては、日本人は我慢し過ぎだし寛容過ぎる。
ただ無言の内に、出生率や社会不安で報復するのみ。

pxwmr131pxwmr131 2007/04/30 23:22 >あんまりというか全然上手く書けなかった。
私は貴殿の言葉に力を感じました。テクニック云々なんて気にしないでください。

御意御意 2007/04/30 23:48 上手く書けなかった、なんて謙遜にもほどがありますよ。
とても上手くまとめられていると思いますよ。

bearbear 2007/05/01 02:18 これを書いたのは女性でしょうね。物の見方が女性っぽいです。
物事の半分しか見えてない。雑誌にはたしかにこう書いてあるでしょう。
しかし、男性が書いた記事には、こう書いてあっても、それ以上の感情があって、
そこに物事のもう半分が実際には見えていることがわかる。
女性はそこに気がつかない。

makatmakat 2007/05/01 08:34 実は自称弱者こそが最上位に位置する特権層と癒着談合して、合理性のない恩恵を享受しているということに中流と思っていた一般人が認識、覚醒したってことでしょうね。自称弱者と自称中流の関係が軋轢を生じてくるのは自然な成り行きだったように感じます。生活保護受給者とそれ以下の賃金生活者の関係を見れば明らかですよね。声高に権利を主張する人だけが施しを受け、物言わず矜持を持つ人が犠牲になる社会。そんな現実から目を背けた格差論が横行して、さらに「左翼」が支持されないという循環に陥ってますよね。
マイノリティや女性の被害者性や弱者性の理論的根拠が破綻を来しているのに、その利権に執着する姿勢が、彼ら自身が批判する資本家富裕層の姿をさらにあざとくしただけというのが皮肉なものです。

rs6000moers6000moe 2007/05/01 09:59 正しいことを言っていれば、それを書いたのが女性か男性かなど余りに些細な事でしょう。釣られても仕方の無いことですが…

>マイノリティや女性の被害者性や弱者性の理論的根拠が破綻
自称弱者の主張が破綻しているだけで、弱者性の問題は依然残っています。
「マイノリティや女性の被害者性や弱者性の理論的根拠」が未だ発展途上ということではないでしょうか。

ExecutorExecutor 2007/05/05 15:10 >声高に権利を主張する人だけが施しを受け、物言わず矜持を持つ人が犠牲になる
>社会。

おれは、権利を主張しない方にも問題ありと思う。
黙っていて他人が自分のことを考えてくれるなんて、ちょっと甘すぎる。

そんなことやってるから、過労死も自己責任なんていわれるのではないかなあ。

>>マイノリティや女性の被害者性や弱者性の理論的根拠が破綻
>自称弱者の主張が破綻しているだけで、弱者性の問題は依然残っています。

ジェンダー一元論に陥ってしまっているのが問題でしょう。
ジェンダーを階級・階層と同じようなものとして扱ってしまっている。