Hatena::ブログ(Diary)

あにまちおん。 RSSフィード

関西に在住しながらゆったりと感想を書こうかな、なんて。
[アニメ][ラジオ][感想][番組表('10年夏)][新番組('10年夏)][ランキング('08終了)][検索]
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 |
2010 | 06 | 07 |

2008 年 08 月 07 日 

[][]マクロスF 第18話 フォールド・フェーム


グレイスに対面するシェリル。「なぜランカのマネージャーなのか」「なぜ病室に縛り付けるのか」「なぜランカの歌はバジュラに効くのか」

―なぜ自分じゃなくランカなのか

ここでシェリルの過去が暴かれる。孤児のシェリルをグレイスが拾い"銀河の妖精"アイドルまで育て上げたようだ。

しかしシェリルはグレイスに死の宣告をされる。それはアイドルとしての死では無く本当に命の危機にある。

新オープニング 『ライオン』 May'n/中島愛

二人で歌っているが殆ど曲はシェリル寄りのシェリルの歌みたいだったな。タイトルの"ライオン"も孤高の獣のイメージからすればシェリルを表してるようなものだし。まあ衣装はランカ寄りだったが。

冒頭でシェリルが死の宣告された直後にこのオープニングを持ってくるとはな…。『ライオン』といい『ノーザンクロス』といい失くなっていくシェリルを切なく歌い上げているようだ。

さてこの『ライオン』は曲だけでなく映像もよく出来ている。基本的にはシェリルとランカがメインでアルトが随所に登場している(あ、ブレラも一応いる)。

過去に使われた映像が走馬灯のように使用されているのが、いっそう切なさを増している気がする。ランカがアイメイクをしてシェリルに引きずられるシーンはまさに二人の出逢いとを表しているわけだし、泥沼に沈み堕ちていくシェリルは今後を表しているようで不安だ。

"生き残りたい""君を愛してる""本気のココロ見せつけるまで 私眠らない"など生に縋る歌詞が怖い。同時に力強さも表れている。

フロンティア内はランカの話題で持ち切りで、シェリル人気はがた落ち。フォールド前セールに出される上に全く売れてないから恐ろしい。

前回テレサとやらに薬について調べてもらったミシェル。あの薬は"受容体ブロッカー"というらしくある感染症(V型感染症)の対処療法薬で、ただし発熱や嘔吐、悪寒などの副作用がある。

また詳しくミシェルとクランが調べていくとV型感染症の研究に関するデータを発見する。そのプロジェクトリーダーが"あの"マオ・ノーム。共同研究者に"ランカの母親"ランシュ・メイ、そしてグレイスがいた。グレイスがシェリルを拾ったのは感染症研究のための可能性が高いか。

シェリルに口止めされたミシェルだがやることやるのはいつも通りで憎いやつめ。

アイキャッチ、May'nのアイモに痺れた。

雨の中で輝くランカと輝きを失っていくシェリル。弱ったシェリルに傘を差し出したのはアルト。それは実際は矢三郎だったが心が崩れていくシェリルにとってその時アルトが来てくれたことがどんなに嬉しかっただろうか。しかし矢三郎がシェリル利用したのが気に食わん。

超長距離フォールド計画が前倒しになった上に予想以上に早くバジュラが来てしまったことに、フロンティア内は慌ただしくなる。

ルカに関してはよく分からんが、戦闘に険悪なムードが流れたときランカが歌い始める。

こう見るとランカの成長にも注目すべきだな。お陰でバジュラを一斉撃退し超長距離フォールドは成功。しかしバジュラ攻撃の際ランカの腹部が光り苦しそうにする。

『アイモ』と『アイモ O.C.』を並べて歌われるとやっぱり二つの両極的な部分がはっきりするな。そして最後の物体は…?

今更ながら『ノーザンクロス』感想。

もうこれこそシェリルでMay'nの魅力を引き出したような曲だ。映像に映っているのはMay'n本物なんですか?

しかしこの歌もまた切ない。"戦うように恋した"、"君の背中見たかった"と過去形なのが痛い。"空虚""宿命""磔""北極星"のフレーズもなあ…。いややっぱり"なのに可憐に笑うとこ好きだったよ"はリピートして聞いていたい。

また既に出回っているらしいフル版で不吉な歌詞があるそうで…。

フォールドの成功に沸き立つ街。その裏側で人々の想いが、欲望が、運命が加速して行く。次回、『トライアングラー』想いの歌、銀河へ響け。

今回はあれだ。クランにも注目だ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証