ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

フランス料理店 RACINE : en ce moment  

北野天満宮東門前の「RACINE」でお食事はいかがですか?

(075)467−3530  水曜定休

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《 営業時間 》

ランチ 11:30〜15:00(14:00L.O.)

ディナー 18:00〜22:30(21:30L.O.)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2018年1月25日 北野天満宮 縁日(天神市)

当店は天神市限定のテイクアウト販売を行っております(毎年12月はお休み)

詳しくは20日すぎに、こちらのブログでお知らせいたします

※当店は水曜定休ですが、天神市の場合は営業致します(翌26日休業)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<近隣のイベント情報>>

12月13日〜12月下旬頃 大福梅授与(北野天満宮)

2013-12-13

ジビエメニュー、オンリストしております

 京都産の鹿肉と、シェフの獲った滋賀県産の鳥類のお料理をディナーでお出ししております。

 

 <前菜>

 ・京都産 鹿肉とフォワグラのパテ ベリーのコンフィチュール添え

                     コース  +¥500

                     アラカルト ¥1760

 <メインディッシュ>

 ・滋賀県産 小鴨とフォワグラのパイ包み焼き

                     コース +¥1000

                     アラカルト ¥3000

 ・京都産 鹿ロース肉のロティ 赤ワインとブルーチーズのソース

                     コース +¥1000

                     アラカルト ¥3000

  ※ブルーチーズのお苦手な方はソースだけ変更することも可能です        

 ・滋賀県産 真鴨の2種仕立て(胸肉のロティと腿肉のコンフィ)

                     コース +¥2200

                   アラカルト(1羽)¥8000

                        (1/2羽)¥4500 

                     

 ↓ こちらは先々週獲ってきた鳥類です。

 カルガモ、小鴨、そしてシェフが初めて獲ることができた青首(真鴨)です。

f:id:racine:20131202201835j:image

 ↓ 羽を取り除くとこんな感じになります。

 シェフは空気銃(散弾と違って弾が1発しか飛んでいかない)で首か頭を狙って撃っていますので、ほとんどの場合、提供する身の部分は損傷がなく綺麗です。

 調理していても傷口から皮が破れてこないので、中の肉をしっとりと焼き上げることが可能です。

 また召し上がっていただく時も、よっぽどのことがないと身に弾が残っていないので、金属の弾をガリっと噛む、あの嫌な感じを味わうことがありません。

 (西洋では弾が入っているとラッキーだという説もあるようですが…)

f:id:racine:20131206164755j:image

 羽付きのまま冷蔵で熟成させ(状態を見て途中で内臓だけを取り出す場合もあります)、調理する前に下処理するので、獲ってから約10日〜2週間経った頃に、店のメニューに登場しています。

 現在、上の写真のジビエのほとんどがオンリスト中です。

 数に限りがございますので、ジビエがお好きな方はご予約時にお問い合わせください。


f:id:racine:20131205213434j:image

 こちらは先週獲ってきた熟成中のジビエです。

 なんと2週連続で真鴨が獲れた上に、タシギが初めて獲れました。

 

 そして、写真はありませんが今週はカルガモが3羽獲れて、そちらはクリスマス・ディナーに登場します。

 クリスマス・ディナーのお肉料理は、牛肉・鹿肉・滋賀県産カルガモからお選びいただく予定です。

 21日〜25日のクリスマスのお席もまだ空いておりますので、ぜひ御予約お待ち致しております。

 (クリスマス情報→http://d.hatena.ne.jp/racine/20131122)

2013-11-28

狩猟解禁 《初猟》

 解禁と言えば、先日ボージョレ・ヌーヴォーのことを載せたばかりですが、

 実は11月15日に狩猟も解禁になりました。

 ジビエ料理の季節到来です。


 定休日の11月20日に、当店シェフも今年初めての猟へ行ってきました。

 

 コガモキジバトなど5羽の収穫がありました。

 これから熟成して、下処理し、おそらく12月初旬にディナーのメニューにオンリストする予定です。

 数に限りがございますので、御希望の方はお席の御予約の際に、お問い合わせください。

2013-02-23

2月の猟果

 ついに2月15日で狩猟期間が終了しました。

 シェフは2月中、6,7,13日と3回猟へ行くことができ、

 今シーズン最後の猟果をあげて帰ってきました。


 2月6・7日

f:id:racine:20130223162427j:image

 (上段左から)カルガモ、キンクロハジロ、コガモ3羽

 (下段左から)バン、ヒヨドリ4羽


 2月13日

f:id:racine:20130223162423j:image

 (上段左から)カルガモ、キンクロハジロ、コガモ

 (下段左から)バン、キジバト、ヒヨドリ2羽

 

 当店では獲ってきた鳥類を10日から2週間ほど熟成させてから店でお出ししているので、ちょうど最初の写真に写っているものが只今オンリスト中です。熟成・下処理のできた鳥から順にメニューに載っていき、2月末ごろ、なくなり次第、ジビエは終了させていただきます。

 (数に限りがございますので、ご希望のものがございましたら、お電話での御予約時にお申し付けください)

2013-01-17

1月初旬の猟果

f:id:racine:20130116144159j:image

f:id:racine:20130116144201j:image

 今月7日から11日、臨時休業をいただいておりましたが、その間にシェフは2日間猟へ行き、7羽仕留めてくることができました。

 その中には、今季初めてのキジや、今まで獲ったことのないヒヨドリ、ヨシガモもいました。

 他は、コガモが3羽とキジバトです。

 只今熟成中ですので、もう少ししたらディナーのメニューに載ると思います。お好きな方はぜひご注文ください。

  

f:id:racine:20130116145617j:image

 また、こちらはシェフが獲ったものではないのですが、滋賀県産の鹿も入荷しました。

 腿肉をロティ(ロースト)にしてお出ししています。

 くせも少なく、大変おいしいです。



 ちなみに、今オンリスト中のジビエメニューは、こちらです。

 <前菜>

  ・鹿とフォワグラのテリーヌ いろいろなベリーのコンフィチュール添え

  ・熊のコンフィと木の実のサラダ

 <メインディッシュ>

  ・滋賀県産 鹿腿肉のロティ 赤ワインとブルーチーズのソース

    (ブルーチーズがお苦手な場合は、ソースの種類を変更できます)

  ・滋賀県産 仔鴨とフォワグラのパイ包み焼き

 ※鳥類はシェフが獲ってきたものを、熟成させた後、順次お出ししていっておりますので、これ以外にもご準備できる場合がございます。御予約時に、リクエストしていただくとスムーズにご提供できると思います。

 

 

 狩猟期間は2月15日までなので、シェフのハンター生活も、ついにあと1か月をきりました。

 その間どのくらい猟へ行けるか分かりませんが、ジビエ料理は今のところ、2月末ごろまでの予定です。

 この季節だけしか味わえないお料理ですので、ぜひ召し上がってみてください。  

2012-12-19

12月の猟果

12月前半には、シェフが3回猟に行き、コンスタントにジビエを獲ってくることができました。

12月5日

f:id:racine:20121209124057j:image

今回は(左から)、カルガモ、ハシビロガモ、コガモキジバトです。

f:id:racine:20121209124059j:image

シェフはマガモかカルガモを獲ってみたいと狙っていたので、初めてのカルガモに喜んでいました。

しかも、かなり大きなカルガモでした。コガモと比べるとこんなに大きさが違います。


12月9日

f:id:racine:20121213154327j:image

この日は残念ながら2羽のみの収穫でした。

カルガモコガモです。

12月12日

f:id:racine:20121213154325j:image

この日はコガモ5羽も獲れました!

鴨は1日に5羽までしか獲れないので、定数に到達したこの日はすごく達成感があったようです。


だいたい獲ってから10日ほどしたものを、順番にメニューに載せ始めています。

ジビエの お好きな方はぜひ御予約時にそのことをお伝えください。

その時お出しできるもので、お好みにあいそうなものを、シェフがおすすめさせていただきます。