ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

フランス料理店 RACINE : en ce moment  

北野天満宮東門前の「RACINE」でお食事はいかがですか?

(075)467−3530  水曜定休

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《 営業時間 》

ランチ 11:30〜15:00(14:00L.O.)

ディナー 18:00〜22:30(21:30L.O.)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2018年1月25日 北野天満宮 縁日(天神市)

当店は天神市限定のテイクアウト販売を行っております(毎年12月はお休み)

詳しくは20日すぎに、こちらのブログでお知らせいたします

※当店は水曜定休ですが、天神市の場合は営業致します(翌26日休業)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<近隣のイベント情報>>

12月13日〜12月下旬頃 大福梅授与(北野天満宮)

2012-09-02

淡路島

 KKLHマーケットの話題つづきでしたが、今日は8月中旬にいただいた臨時休業のことについて書きたいと思います。 

 3日間いただいたお休み。

 初日に、日帰りでしたが淡路島へ行ってきました。

 行ってみたかった洲本のイタリアン「リゾレッタ」さん。

 そして、岩屋の絶景の湯。

 その2か所しか行けなかったのですが、疲れた体にはそのくらいがちょうど良かったかもしれません。

 

 「リゾレッタ」さんは、海沿いの素敵なイタリアンです。

 淡路島イタリアンといえばここ、というお店です。

 食材は淡路の各地から選りすぐられてきたもの。

 小さな「リゾレッタ」の名前が入っている器たちは、なんと淡路の土でできています(!)

 淡路出身のシェフが、イタリアの星付きレストランで修業した後、18年前に地元で開業されたレストラン。とことん淡路にこだわっていらっしゃいます。

 オーナーさんは、猟も漁もされるそうで、そんな話もいろいろ聞かせていただきました。

 ゆくゆくはオーベルジュにしたいと、着々と準備もされているそうで。

 私達のこれからの想いにも重なり、貴重な時間を過ごさせていただきました。

 なにより、美味しいお料理と地ビールワインでとても幸せでしたー。


 そして、帰りに立ち寄った「松帆の湯」

 淡路島の北端・岩屋にある天然温泉の浴場です。

 展望スペースと露店風呂からの景色は絶景です!

 本当にいい時間に着いて、感動の景色が見れました。

f:id:racine:20120821190834j:image

 このあと、お湯に浸かってぼーっと橋を眺めている間にどんどん暗くなって、七色にライトアップされた大橋も見ることができました。

 明石海峡大橋って本当に綺麗です。

 実は実家が対岸(明石に近い神戸市西区)なので、なんども目にする機会はあったのですが、やっぱりこうやって眺めのいい場所からみると最高です。

 露店風呂の中から、うちの実家はあのあたりかな〜とかどうでもいいことを考えながら、ゆっくりほっこりできました。


 かえりは船で。

  船着場のすぐ横では、たくさんの釣り人がイカを釣っていました。

 「お魚ちょうだい」っておねだりしている野良猫ちゃんもいました。

 そんな淡路島の日常の光景ともお別れです。

 岩屋から明石までのジェノバライン

 真っ暗な時間にこんな小型の船に乗るのは初めてで、楽しいようなちょっと怖いような。

 でもやっぱりライトアップされた大橋の下をくぐるのは感動的でした。

 本当にいい旅ができて、最高のご褒美になりました。

 また淡路島に行きたいです。

2012-06-18

リフレッシュ旅行

 15日からの3周年フェアの準備でバタバタと忙しく、なかなかこのブログの方も書けずにいましたが、5月の末にいただいた連休に1泊2日で久しぶりに旅行へ行ってきました。

 ずっと行きたかった場所にも行けて、すっかりリフレッシュして帰って来ました。


京都も大好きだけど、空気が澄んで景色が綺麗な蓼科高原と飛騨高山へ行き、美味しい食べ物もいただき、心身ともに潤いました。

 <バラクラ イングリッシュガーデン>(蓼科

f:id:racine:20120528135723j:image

f:id:racine:20120528134357j:image

f:id:racine:20120528142253j:image

 2度目のバラクラ イングリッシュガーデン。

 日本にいることを忘れてしまうほどの庭園で、見事としか言いようがありません。

 ここに流れているゆったりとした時間がまたいいのです。

 公式HP⇒ http://www.barakura.co.jp 

オーベルジュ エスポワール>(蓼科

f:id:racine:20120529090604j:image

f:id:racine:20120529090426j:image

f:id:racine:20120529091037j:image

 こちらも4年前に訪れて本当に素敵だったので、再訪させていただいたオーベルジュ

 ジビエ料理が有名で、前回は秋に訪れました。

 今回は初夏の蓼科を満喫。朝食は外でいただいたり、近くの御釈迦池に足をのばしたり。

 今回は行かなかったのですが、温泉なども近くにいくつかありますので、ゆっくりしたい本格フレンチ好きの方にぜひ訪れていただきたいオーベルジュです。

 エスポワールHP⇒http://www.auberge-espoir.com 

釈迦>(蓼科

 エスポワールから車で20分ほどの御釈迦池。

 東山魁夷の絵のような「アクオス」のコマーシャル撮影に使われた場所だそうです。

f:id:racine:20120529084215j:image

f:id:racine:20120529083552j:image

f:id:racine:20120529083546j:image

f:id:racine:20120529084458j:image

f:id:racine:20120529084210j:image

 ここでもシェフは鴨ばかり目で追っていました。

 狩猟シーズンが終わっても鳥の話ばかりしています。(笑)

 <トラン・ブルー>(飛騨高山

 憧れのパン屋さん。

 数ヶ月前にNHK「プロフェッショナル」で取り上げられて以来、お客さんが来すぎてパンが全然買えないという噂は本当でした…

 入店した時にはパンはゼロ。

 それでも粘ってねばって…数十分待って焼き上がってきたものを買わせていただきました。

f:id:racine:20120529160146j:image

f:id:racine:20120529210056j:image

f:id:racine:20120529205656j:image 

 少しだけしか手に入らなくて残念でしたが、食パンとバケットが美味しかったです!

 他にはいったいどんなパンがあるんだろうととても気になるので、秋頃にまた行けたらと思っています。

 (ちなみに近くの「のぼりや」さんというパン屋さんにも寄って来ました。)

トラン・ブルーHP⇒[www.trainbleu.com:title=http://www.trainbleu.com


 今回訪れた場所・お店はそれぞれ素敵なホームページもお持ちなので、御興味もたれた方はぜひアクセスしてみて下さい。

2012-04-21

お花見✿2012

 毎年恒例の平野神社でのお花見。

 今年も定休日の4月18日に、シェフと御近所の方と3人で行ってきました。

 ほとんどの桜が散ってしまっている中、まだ綺麗に咲いている枝垂れ桜の下を陣取って。。。

f:id:racine:20040104035020j:image

f:id:racine:20040104035008j:image

f:id:racine:20040104034959j:image

f:id:racine:20040104035216j:image

 シェフが作ってくれたお花見弁当。

f:id:racine:20040104035319j:image

 午前中にさざなみBEKERYさんへ行って、美味しいパンも仕入れてきました。

f:id:racine:20040104035404j:image

 持って来てもらったロゼのスパークリングも開けて、最高のお花見となりました。

2012-03-29

北野をどりへ

 今週の定休日、姉と一緒に「第60回 北野をどり」へ行ってきました。

 今回の演目「愛してならぬ人」は人気のある演目で、これまで何度か再演されてきたと聞いていたので、楽しみにして伺いました。

 河童のカンコの恋の物語「愛してならぬ人」はハッピーエンドでは終わらないお話なのですが、笑いを誘うシーンがあったり、かわいらしい振付のところもあって、最後まで目が離せず、本当におもしろかったです。

 もちろん、フィナーレ「上七軒夜曲」はやっぱり今年も素敵で、ドキドキしながら見入ってしまいました。

 神戸から来た姉もすごく喜んでくれて良かったです。


 第60回 北野をどり  

  2012年4月7日(土)まで 

2011-12-31

結婚記念日に・・・

 昨日にひき続き、これまた12月初旬の話なのですが、(忙しくて書けていませんでしたが、なんとか年内に書けました) 

 ナカガワ小麦店さんに行った日、ふたりで結婚記念日のお祝いをしました。

 (本当は12月12日が記念日なのですが、前倒ししてしまいました)

 どこか、美味しいレストランで食事を…という手もあったのですが、せっかくだから先日いただいたジビエ(12月2日のブログで書いていた鴨)を、美味しいワインとパンと一緒に味わおうということになりました。

f:id:racine:20111207193738j:image

f:id:racine:20111207193810j:image

 ワインは「マンスノーブル」。私達が大好きで、以前から記念日によく飲んでいたワインです。

 南仏・コルビエールの赤ワイン。2002年。

 ここ何年か飲んでいない間に、いつも買うお店で取り扱っているヴィンテージが2000年代に突入していました。

 久々に飲んでも、やっぱり美味しくて、香りが素晴らしいです。

f:id:racine:20111207193653j:image

 そして、お昼に買ってきたナカガワさんのパン。

 バケット、プチ・モンターニュ(食パンの生地を小さく丸めて焼いているようです)、パン・オ・ルヴァン、そして名前を忘れてしまってごめんなさい…フルーツいっぱいのハード系のパンと全粒粉の柔らかいロールパン。

 どれもしっかりと深い味わいのパンたち。

 なかでも、パン・オ・ルヴァンが本当に美味しかったです。

f:id:racine:20111129230104j:image

 いただいたジビエ。こちらが「ヨシガモ」

f:id:racine:20111129230050j:image

 「カルガモ」

 今の時期、脂がのっているそうで、すごく美味しかったです。

f:id:racine:20111207184306j:image

 いただいた鴨の羽をむしって、捌いて、調理できる状態にするのが大変なのですが、美味しいもののためなら頑張れます。 

f:id:racine:20111207193302j:image

 胸肉は大きいままロティ(ロースト)、レバー・心臓はソテーにして。

 ブルーチーズとポテトのグラタンを添えてあります。

f:id:racine:20111207193246j:image

 こちらは、前回いただいた首の青い「マガモ」の腿肉をコンフィ(低温のオイルの中でじっくりと火を通した保存食。ジビエの固い肉質もとても柔らかく食べることが出来ます)にしておいたもの。

 表面をパリッとフライパンで焼いて、サラダを添えていただきました。

 (日持ちする調理法なので、今回のカルガモとヨシガモの腿肉はまたコンフィにしておきました)

 

 どれも野性らしさがあったのですが、程よい香り・歯ごたえで美味しかったです。

 初めて食べる種類の鴨に興味しんしんで、あっというまに無くなってしまいました。 

 

 我が家は、シェフと私の誕生日&結婚記念日が11月から12月にかけて、立て続けにやって来るのですが、あいにくその期間はたいてい毎年忙しく、ついつい「いろいろまとめてお祝い」で終わったり、お祝いらしいことをしないままだったりすることもあるのですが、今年の結婚記念日のお祝いは特別なものになりました。

 12月12日で、結婚してから丸7年。(銅婚式というのだそうです。)

 8年目はどんな1年になるのでしょうか…