Hatena::ブログ(Diary)

ラフティング(rafting) 体験・情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-26 【流出したベッド写真】香里奈

【流出したベッド写真】香里奈

ラフティングGOーGO!です。

海外安心たか

 24日に行われたイベントで、一部スポーツ紙で交際が報じられた米ハワイ語学留学した際に出会った台湾出身男性との交際を宣言したモデル女優香里奈だが、発売中の「フライデー」(講談社)に大股開きの“ベッド写真”が掲載されている。

 交際発覚後、香里奈は今月13日に出席したイベントでは男性との交際について聞かれると、「I don't know」を連発し明言しなかった。

 ところが、各スポーツ紙によると、24日のイベントでは「人並みにいいお付き合いをさせていただいております」と堂々と交際を宣言したというが、どうやら、急激な態度の変化には“ベッド写真”の存在があったようだ。

 同誌は香里奈が交際相手の隣で大股開きで熟睡する写真を掲載。写真撮影されたのは、126月15日の夜、交際中の男性と知り合った語学学校クラスメイト誕生祝いが行われた高級コンドミニアムの一室で、泥酔してろれつが回らなくなった香里奈は、ベッドルームで男性と大盛り上がり。パーティーをぶちこわす勢いだったというが、その一夜で男性と大いに“親睦”を深めたようで、以後、交際に発展したというのだ。

 ただ、あまりにも2人は仲が良すぎるため、授業に遅刻してきてはおしゃべりに熱中したり、休み時間に一緒にたばこを吸いに行き、次の授業に遅刻するのを繰り返したため、2人は上のクラスに進級できなかったという。

 「国内では所属事務所のガードが厳しく、なかなか羽目を外せないどころか、男性との交際も楽しめない香里奈だけに、ハワイでは大いに羽目を外してしまったようだ。勉強もそこそこに交際を楽しんでいたようだが、あまりにも今回流出した写真ではイメージが悪すぎる」(芸能記者)

 香里奈泥酔していただけに、きっと写真の出所も「I don't know」に違いない。

リアルライブ 2014年03月25日14時45分

http://news.livedoor.com/article/detail/8666680/?http://news.livedoor.com/article/detail/8666680/

クラスメートに写されたんだろw

ラフティング(rafting) 体験・情報

2014-03-21 「アスピリン」に新たな期待 がん予防の臨床報告相次ぐ

「アスピリン」に新たな期待 がん予防の臨床報告相次ぐ

ラフティングGOーGO!です。

おもわぬ効果があったもんですね☆

 ここ数年、アスピリンを用いたがん予防の臨床試験の報告が相次いでいる。日本でも先月、厚生労働省研究班がアスピリン大腸ポリープ(腺腫)抑制効果を明らかにし、大腸がんの予防につながることが期待されている。(平沢裕子

 ◆1・5次予防

 がんの予防には主に、ライフスタイル改善などでがんになる人を減らす「第1次予防」と、早期発見治療でがんから治る人を増やす「第2次予防」がある。アスピリンなどの化合物を用いてがんになることを減らす「化学予防」は1次と2次の中間の「1・5次予防(先制医療)」と位置付けられている。

 先制医療とは、がん発症前に医療的な介入をして発症を防止、または遅らせることで、乳がん予防のために米国女優アンジェリーナ・ジョリーさんが両乳房を切除した治療もこれに含まれる。乳がんでは、タモキシフェンラロキシフェン米国乳がんリスクが高い女性への予防薬として承認されている。

 アスピリン欧米実施された複数の臨床試験で、がんによる死亡リスクを低下させる効果があると報告されている。中でも、英オックスフォード大のチームの研究が有名で、2010年に医学誌『ランセット』に掲載された研究では、アスピリンを5年以上服用した人は、服用しない人に比べ大腸がんによる死亡率が約半分近く減ったことが報告されている。

 日本でもアスピリンのがん予防効果を探る臨床研究厚労省第3次対がん総合戦略事業の下、国立がん研究センター京都府医大など国内19施設が参加し、平成19年から実施国立がん研究センター研究所がん予防研究分野の武藤倫弘・ユニット長は「アスピリン欧米における大腸ポリープの再発を抑制することが分かっているが、日本人を含むアジア人で同様の効果があるかは分かっていない。研究は、日本発のがんの予防薬を出すことが目的でもある」と説明する。

 ◆喫煙者には逆効果

 研究は、大腸がんへ進行する可能性の高い大腸ポリープを摘出した患者311人について、アスピリン、またはプラセボ偽薬)を2年間投与した後、大腸ポリープの再発を減らせるかを検証した。使われたアスピリンは、医師により抗血小板薬として処方されている薬剤(有効成分はアセチルサリチル酸、100ミリグラム)。結果は、アスピリンを飲んだグループはプラセボに比べ、再発リスクが約40%減少した。ただ、喫煙者ではアスピリンの服用により大腸ポリープが増加することが示された。

 京都府立医科大学分子標的癌(がん)予防医学石川秀樹特任教授は「大腸ポリープの再発予防におけるアスピリン有効性が日本人でも示されたのは大きな成果」と喜ぶ。ただし、今回の結果は「アスピリン大腸がんを完全に予防する」というものではなく、「アスピリンには消化管出血などの副作用を起こす危険もある。自己判断での服用は絶対にしないでほしい」(石川特任教授)。

 大腸がん欧米人に多く日本人では少なかったが、近年、日本人罹患(りかん)率が急速に増加。『がんの統計2007』(財団法人「がん研究振興財団」)によると、2015年には大腸がん患者数は胃がんを抜いて1位になると予測されている。

 国立がん研究センター中央病院内視鏡科の松田尚久医長は「今回の結果は大腸がん化学予防法の確立を期待させるものだが、さらに大規模な検証必要だ」と話している。

 【用語解説】アスピリン

 100年以上にわたって解熱鎮痛薬として世界中で使われてきた。約40年前、少量使うことで血栓をできにくくし、血液さらさらにすることが分かり、心筋梗塞脳卒中を予防する薬として脚光を浴びるようになった。がんの予防薬としての使用を認めている国はまだないが、心筋梗塞脳卒中の予防薬として認めている国はある。日本でも、一度心筋梗塞脳卒中を起こした患者に対し、次の発作を予防する予防薬としての使用は認められている。

産経新聞 - 2014年03月21日 08:06

http://news.mixi.jp/view_news.pl?widget_type=1&media_id=133&widget_setting=0&from=widget&id=2811451

予防のために、飲むのは気が進みませんがw

ラフティング(rafting) 体験・情報