Hatena::ブログ(Diary)

rage2050の日記

2018-09-16 マウスコンピューター DAIV-NG5500 に Ubuntu 18.04LTS を入れた苦労

以下のような問題に遭遇した。

まる一週間、泣いて挫折しそうになりながらも、どうにかインストール成功したので、ここに記録する。

対策概要

  • Ubuntu 16.04 を先にインストールして、これを 18.04 にアップグレードすることで、SSDへインストールする。
  • Ubuntu 16.04 はgrubで e を押して nomodeset を追加しないと画面真っ暗になって動かない。
  • Ubuntu 16.04 の apt update は appstreamcli が core吐いて死ぬので、appstreamcliを無効にする (済んだら有効化)。
  • Ubuntu 18.04 をインストールしたら、grubメニューで e キーを押し、起動引数に nomodeset nvme_core.default_ps_max_latency_us=0 を追加する。無事に起動したら /etc/default/grub もそのように編集し update-grub する。

Windows10パーティションを切る

スタートボタン右クリックディスク管理、で (C:) ドライブを右クリし、ボリュームの縮小。

うちのマシンでは、約224GBをWindowsに、約220GBをUbuntuに割り当てた。

EFI システムパーティション と Windows RE tools はそのまま残した。

HDDのWindowsパーティションも縮小し、100GBのFAT32パーティション (WindowsとUbuntuのファイル有用) を作った。残りは空き領域とし、Ubuntuで使うことになる。

Ubuntu 16.04 インストール用の USBメモリ を作る

unetbootin では UEFI からの起動がうまくいかない? かわりに Universal USB Installer を使う。

  • ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso を入手
  • Universal USB Installer を入手
  • Universal USB Installer で ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso を USBメモリに書き込む。

このUSBメモリからブートする。

Ubuntu16.04 のインストール

Ubuntu16.04 の更新(有線LANで)

  • 再起動すると grubメニュー (Ubuntu, Advanced options for Ubuntu, Windows Boot Manager, ...) が出る。ここで Ubuntu で eキーを押す。
  • linux... の行、 quiet splash のあとにカーソルを移動し、 nomodeset と挿入して F10キーを押す。
  • Ubuntu16.04 が起動する。
  • 端末を開き sudo vi /etc/default/grub して、grubメニューと同様に quiet splash のあとに nomodeset を挿入。
  • sudo update-grub
  • Ubuntu16.04 を再起動。こんどはgrubメニューで普通に UbuntuでEnterを押せば起動できる。
  • 無線LANは使えない。DAIV-NG5500 に搭載された Intel Wireless-AC 9462 を動かすには linux-kernel-4.14+ が必要だが、Ubuntu16.04はこのカーネルを使えない。
  • LANケーブルを刺す。
  • 以下のようにしてappstreamcliを無効にして apt updateし、終わったらappstreamcliを有効化する。
    1. sudo mv /etc/apt/apt.conv.d/50appstream /etc/apt/apt.conv.d/50appstream.disabled
    2. sudo apt update -y
    3. sudo apt upgrade -y
    4. sudo mv /etc/apt/apt.conv.d/50appstream.disabled /etc/apt/apt.conv.d/50appstream

再起動する。

Ubuntu18.04 にアップグレードする(有線LANで)

Ubuntu16.04 で端末を開き以下を実行する。

  • sudo apt-get dist-upgrade -y
  • sudo apt install -y ubuntu-release-upgrader-core
  • sudo apt autoremove
  • sudo do-release-upgrade -d
    • 途中で何度か Enter や y を押す。また grubが locally modified されてるとか出たら install the package maintainer's version を選ぶ。
    • Restart で y と答える。

再起動してgrubメニューが出るが、このままUbuntu18.04を起動すると

nvme nvme0: failed to set APST feature (-19)

と出てgrubシェルに落ち、起動できない。

そこで以下のようにする。

  • 再起動してgrubメニューにて e キーを押す。
  • linux... の行、 quiet splash のあとにカーソルを移動し、 nomodeset nvme_core.default_ps_max_latency_us=0 と挿入して F10キーを押す。
  • やっと普通にUbuntu18.04 が起動できるようになる。
  • 端末を開き sudo vi /etc/default/grub して、grubメニューと同様に quiet splash のあとに nomodeset nvme_core.default_ps_max_latency_us=0 を挿入。
  • sudo update-grub
  • Ubuntu18.04 なら無線LAN (Intel Wireless-AC 0462) を使える。SSIDパスワードを打ち込む。
  • ここまで来たらLANケーブルは抜いてよい。
  • sudo apt update
  • sudo apt upgrade