Hatena::ブログ(Diary)

raidenの技術系備忘録

2016-07-16

vimのプラグインマネージャをdeinに変えました

neobundleが開発終了したためdeinに乗り換えました。

とりあえず以下のようにvimrcを変更。

" プラグインが実際にインストールされるディレクトリ
let s:dein_dir = expand('~/.vim/dein')
" dein.vim 本体
let s:dein_repo_dir = s:dein_dir . '/repos/github.com/Shougo/dein.vim'

" dein.vim がなければ github から落としてくる
if &runtimepath !~# '/dein.vim'
  if !isdirectory(s:dein_repo_dir)
    execute '!git clone https://github.com/Shougo/dein.vim' s:dein_repo_dir
  endif
  execute 'set runtimepath^=' . fnamemodify(s:dein_repo_dir, ':p')
endif

" 設定開始
if dein#load_state(s:dein_dir)
  call dein#begin(s:dein_dir)

  " プラグインリストを収めた TOML ファイル
  " ~/.vim/rc/dein.toml,deinlazy.tomlを用意する
  let g:rc_dir    = expand('~/.vim/rc')
  let s:toml      = g:rc_dir . '/dein.toml'
  let s:lazy_toml = g:rc_dir . '/dein_lazy.toml'

  " TOML を読み込み、キャッシュしておく
  call dein#load_toml(s:toml,      {'lazy': 0})
  call dein#load_toml(s:lazy_toml, {'lazy': 1})

  " 設定終了
  call dein#end()
  call dein#save_state()
endif

" もし、未インストールものものがあったらインストール
if dein#check_install()
  call dein#install()
endif

filetype plugin indent on

プラグインリストをTOMLファイルに記述して管理していく。
~/.vim/rcにdein.tomlとdein_lazy.tomlを用意する。
dein.tomlは起動時に読み込むプラグイン
dein_lazy.tomlは遅延読み込みプラグイン

dein.tomlファイルの記述方法は以下の様な感じ。

#起動時に読み込むプラグイン記述ファイル
[[plugins]]
repo = 'Shougo/dein.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/vimproc.vim'
build = 'make'

[[plugins]]
repo = 'vim-jp/vimdoc-ja'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/neocomplete.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/unite.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/unite-outline'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/vimfiler'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/vimshell'

[[plugins]]
repo = 'thinca/vim-quickrun'

[[plugins]]
repo = 'osyo-manga/unite-quickfix'

[[plugins]]
repo = 'osyo-manga/shabadou.vim'

[[plugins]]
repo = 'itchyny/lightline.vim'

repoでレポジトリURLを指定する。

プラグインアップデート

:call dein#update()

で行う必要がある。
適当にキーマップしておくといいかもしれない。

nmap du :call dein#update()<cr>

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/raiden325/20160716/1468641998