The best is yet to be.

Good Bye 川淵さん

2009-03-03

スマートな運営

 展示の入れ替え作業などは、お客さんに見せる仕事じゃない。

 できることなら、開館時間外にやりたいのだけど。

 開館前は他の作業で手一杯だし、閉館後は早く帰りたいと急かされるし。

 「この展示は、館内整理日に」と案を出したものを、なぜ開館中に入れ替えようとするか。この展示を入れ替えるには、エントランスの通路を半分も占拠して、いかにも「作業中です」という状態にしないとならないと言うのに。すぐにでもやらないと時期を逃す展示を、準備ができているにもかかわらず、なぜほったらかすか。わからん。

図書館雑記&日記兼用:サービスはできるだけスマートに。 - livedoor Blog(ブログ)

自分も一時期はそのように考えていたけれど、今はそうでもない。

ルーチン化した事務作業なんかはバックヤードでさっさと処理してしまって構わないんだけど、館内での特別展示などのイベントめいたことは、むしろ事前・事後のあれやこれやにも見せられる部分があるのではないか、コンテンツの一環をなすのではないか、とそんなことをぼんやり考えている。

ユーザーは客にあらず、ライブラリアンは主権者にあらず、というスタンスに今の自分は傾いているんだけども、あまりにもスマート過ぎる運営は利用者と図書館の間に隔たりを生み、ユーザー主体性の芽を摘んでしまうのではないか、という危惧を抱くんだよね。なので、どうにかして利用者自身の参加意識をかきたてられないもんか、そういう方向性でちょっと知恵を絞りたいわけで。

それは言うなれば、「この図書館はワシが育てた」とユーザーに思わせるということなのです。

playnoteplaynote 2012/11/18 02:47 過去記事いくつか拝読して、確かな筆致と論理に感服しました。
これから購読しよう、と思ってRSSリーダーに登録した後で、
3年以上、更新が止まっていることに気づき、大変残念な思いです。
更新は再開されないのでしょうか?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rajendra/20090303/p1