Hatena::ブログ(Diary)

ひたすらまとめ三昧 RSSフィード

2011-10-09

【放射能】ワカメ、コンブがヤバい。セシウム続々(福島産のわかめ,こんぶ)

【グリーンピースの調査で、わかめ、こんぶからセシウム】

グリーンピースが9月、福島県いわき市で調査を行ったところ、こんぶから1キロあたり127ベクレル、わかめからはおなじく85ベクレルの放射能・セシウムが検出されました。

・マコンブ 平潟  112ベクレル/kg
・マコンブ 久ノ浜 127ベクレル/kg
・ワカメ  久ノ浜 85ベクレル/kg


グリーンピース・第7回放射線調査結果より。


【グリーンピースの調査の背景】

グリーンピースは、これまで5月と7月に海洋汚染調査を実施。福島沖の魚や海藻から放射性セシウムを検出。その一方で、9月には茨城県が、日立市沖で採取したエゾイソアイナメから、1キロ当たり540ベクレルのセシウムが検出されたと公表。海洋の放射能汚染が懸念される中、茨城では底引き網漁が解禁されています。福島、茨城沖の汚染に不安が残る中、漁が行われています。

グリーンピースのいわき市での調査では、魚からも高濃度のセシウムが検出されました。

アイナメ 小名浜 398ベクレル/kg
アイナメ 小名浜 238ベクレル/kg
ヒラメ  小名浜 207ベクレル/kg
メバル  小名浜 254ベクレル/kg
キツネメバル 小名浜 187ベクレル/kg
カンパチ   小名浜 50.6ベクレル/kg
ナガアオサ  平潟 19ベクレル/kg


このような状況の中、海産物を食べるのは、ちょっと勇気がいる今日このごろです。


【関連記事】

【中日新聞】要注意!イワシ,しらす,ワカメ(海産物・魚の放射能)
ヤバすぎる海産物の放射能(魚、サンマ、マグロの放射線 検査)
【魚】北海道産 サンマ、鮭からセシウム 検出(放射能 汚染 検査)
【ストロンチウム】ヤバい魚はどれ?(マダイ,イカ,放射能)