ヒューマン・エラーの科学 失敗とうまく付き合う法 [ 村田厚生 ]

アイリスオーヤマ一目瞭然の経営術 [ 三田村蕗子 ] QCサークルまんが指南 [ 北星晃平 ] 一人でできる特許出願・手続補正書・意見書の書き方 (B&Tブックス) [ 平井工 ] 未来材料入門 材料基礎から未来コンピュ-タの素子まで [ 小山田了三 ] 調達・モノを買う仕事 はじめて読む知識 (B&Tブックス) [ 野町直弘 ]

ヒューマン・エラーの科学 失敗とうまく付き合う法 [ 村田厚生 ]

ヒューマン・エラーの科学 失敗とうまく付き合う法 [ 村田厚生 ] 楽天 詳細ページへ

失敗とうまく付き合う法 村田厚生 日刊工業新聞社ヒューマン エラー ノ カガク ムラタ,アツオ 発行年月:2008年03月 ページ数:176p サイズ単行本 ISBN:9784526060038 村田厚生(ムラタアツオ) 広島県まれ

1987年大阪府立大学大学院工学研究科博士課程経営工学専攻修了(工学博士)。

産業医科大学産業生態科学研究所人間工学研究室助手福岡工業大学工学部情報工学助教授広島市立大学情報科学情報メディア工学認知機構学講座(大学院博士後期課程情報科学専攻)教授を経て、2006年4月より、岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻知能機械システム学講座知能システム組織学研究室教授

人間工学認知工学ユニバーサルデザインバイオメカニックス、動作解析等の研究従事(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 人はどれだけエラーやすいか(重大事故の背景/人間はどのくらいエラーをしやすいか ほか)/第2章 なぜ人はエラーをおかすのか(人間機械不適切な関係人間機械系)が起こすエラー人間認知能力には限界がある ほか)/第3章 エラーにもいろいろあるーエラーの種類と分類(どんなタイプエラーゼロにはできない/原因から見たヒューマンエラーの分類 ほか)/第4章 どうすれば「エラー事故」にならずにすむか(人間機械系の設計ポイント人間機械設計認知工学をどう取り込むか ほか)/第5章 安全教育感情に訴えかけろ(リスクマネッジメントに必要リスク評価人間はどのくらいリスクに対していい加減か ほか) エラーにどんな種類があり、それぞれどんな性質があるのか>エラーを大きな事故にさせないためにはどうすべきなのか?

科学技術 工学 その他