移動祝祭日 [ アーネスト・ヘミングウェイ ]

ナヴァロンの要塞 [ アリステア・マクリーン ] カラマーゾフの兄弟(第4巻)改版 [ フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス ] 花になれっ!(2) [ 宮城理子 ] 任務外作戦(下) [ ロイス・マクマスター・ビジョルド ] 毒姫(2) [ 三原ミツカズ ]

移動祝祭日 [ アーネスト・ヘミングウェイ ]

移動祝祭日 [ アーネスト・ヘミングウェイ ] 楽天 詳細ページへ

新潮文庫 アーネスト・ヘミングウェイ 高見浩 新潮社イドウ シュクサイジツ ヘミングウェイ,アーネスト タカミ,ヒロシ 発行年月:2009年02月01日 予約締切日:2009年01月25日 ページ数:330p サイズ文庫 ISBN:9784102100158 ヘミングウェイアーネストHemingway,Ernest) 1899ー1961。

シカゴ近郊生まれ

1918年第1次大戦赤十字要員として従軍、負傷する。

’21年より’28年までパリに住み、『われらの時代』『日はまた昇る』『男だけの世界』などを刊行

その後『武器さらば』、短編キリマンジャロの雪」などを発表。

スペイン内戦第2次大戦にも従軍記者として参加。

’52年『老人と海』を発表、ピューリッツァ賞を受賞。

’54年、ノーベル文学賞を受賞。

’61年、猟銃で自裁 高見浩タカヒロシ東京生れ。

出版社勤務を経て翻訳家に(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) サンミシェル広場の気持のいいカフェミススタインの教え/“ユヌ・ジェネラシオン・ペルデュ”/シェイクスピア書店/セーヌの人々/偽りの春/副業との訣別/空腹は良き修業/フォード・マドックス・フォード悪魔使徒/新しい文学誕生パスキンと、ドームで/エズラ・パウンドベルエスプリ/実に奇妙な結果/死の刻印を押された男/リラでのエヴァンシップマン悪魔の使い/スコット・フィッツジェラルド/鷹は与えない/サイズ問題パリに終わりはない 1920年代パリ

未来文豪ささやかアパートメントカフェを往き来し、執筆に励んでいた。

創作の苦楽、副業との訣別、“ロスト・ジェネレーション”と呼ばれる友人たちとの交遊と軋轢、そして愛する妻の失態によって被った打撃。

30年余りを経て回想する青春の日々は、痛ましくも麗しいー。

死後に発表され、世界中論議の渦を巻き起こした事実上の遺作、満を持して新訳で復活。

小説エッセイ 外国小説 文庫 小説エッセイ 文庫 人文・思想社会

「移動祝祭日 [ アーネスト・ヘミングウェイ ]」を含むブログ

「移動祝祭日 [ アーネスト・ヘミングウェイ ]」を含む記事はまだありません。