牛を屠る (シリーズ向う岸からの世界史) [ 佐川光晴 ]

MY BABY COCO美さんと、ジジ吉と [ ダレノガレ明美 ] ダウンタウンのはずさない話 [ 大野潤 ] 松の翁 替手付 長唄 (唄譜、三絃譜付〓究稽古本) [ 杵屋彌之介(1世) ] エルム市街図釧路市 大阪春秋(第160号) 大阪の歴史と文化と産業を発信する 特集:大東ーこの地はかつて〈首都〉であった

牛を屠る (シリーズ向う岸からの世界史) [ 佐川光晴 ]

牛を屠る (シリーズ向う岸からの世界史) [ 佐川光晴 ] 楽天 詳細ページへ

シリーズ向う岸から世界史 佐川光晴 解放出版社ウシ オ ホフル サガワ,ミツハル 発行年月:2009年07月 ページ数:140p サイズ全集・双書 ISBN:9784759267242 佐川光晴(サガワミツハル1965年東京都生まれ

北海道大学卒業

1990年大宮食肉荷受株式会社入社

主に牛の屠畜に従事しながら、2001年まで勤務。

2000年屠場での日々をつづった自伝小説生活の設計」で第32回新潮新人賞を受賞(現在『虹を追いかける男』双葉文庫所収)。

2002年『縮んだ愛』で第24野間文芸新人賞受賞(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) 1 働くまで/2 屠殺場で働く/3 作業課の一日/4 作業課の面々/5 大宮市と畜場歴史現在/6 様々な闘争/7 牛との別れ/8 そして屠殺はつづく 「ここはおめえみたいな奴の来る所じゃねえっ!」怒鳴られた初日そして…牛の上にも十年。

牛を屠って働く悦びを、著者は得た。

屠畜場イラスト付(巻末)。

本 その他