鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間 (中公新書) [ 野口武彦 ]

名城への誘い 出張・旅先でもう一足 (経法ビジネス新書) [ 萩原さちこ ] 新訳 ドリトル先生のガブガブの本 シリーズ番外編 (角川つばさ文庫) [ ヒュー・ロフティング ] 慶應義塾大学の「今」を読む OB・現役学生なら知っておきたい大学の真実 (じっぴコンパクト新書) [ 造事務所 ] 生殖医療の衝撃 (講談社現代新書) [ 石原 理 ] ヤキソバイブル 面白くて役に立つまちづくりの聖書 (静新新書) [ 渡辺英彦 ]

鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間 (中公新書) [ 野口武彦 ...

鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間 (中公新書) [ 野口武彦 ] 楽天 詳細ページへ

幕府の命運を決した四日間 中公新書 野口武彦 中央公論新社トバ フシミ ノ タタカイ ノグチ,タケヒコ 発行年月:2010年01月 予約締切日:2010年01月18日 ページ数:328p サイズ新書 ISBN:9784121020406 野口武彦(ノグチタケヒコ) 1937年昭和12年東京生まれる。

1962年早稲田大学文学部卒業

その後、東京大学文学部に転じ、同大学院博士課程中退

神戸大学文学部教授を経て、文芸評論家(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) プロローグ 鳥羽伏見の墓碑銘/第1章 開戦前夜/第2章 伝習歩兵隊とシャスポー銃/第3章 鳥羽街道の開戦ー戦闘第一日目一月三日/第4章 俵陣地と酒樽陣地ー戦闘第二日目一月四日/第5章 千両松の激戦ー戦闘第三日目一月五日/第6章 藤堂家の裏切り戦闘第四日目一月六日/第7章 徳川慶喜逃亡/エピローグ 江戸の落日 「歴史にイフはない」なんて誰が言ったのかー幕府の命運を決した慶応四年(一八六八)一月三日から六日にかけての四日間の戦いは、さまざまな偶然に満ちている。

なぜ幕府歩兵隊の銃は装弾していなかったか吹きつける北風は幕府軍にどう影響したのか、そして慶喜判断はなぜ揺れ動いたのかー。

誰もがその名を知っているけれど、詳しくは知らないこの戦いをドキュメンタリータッチでたどる。

本 人文・思想社会 歴史 日本史 新書 人文・思想社会