きみの鳥はうたえる (河出文庫) [ 佐藤泰志 ]

勇者ですが異世界でエルフ嫁とピザ店始めます (ダッシュエックス文庫) [ 城崎 火也 ] 海岸列車(上) (集英社文庫) [ 宮本輝 ] 機動警察パトレイバー(9) (小学館文庫) [ ゆうきまさみ ] あの人妻の名前を僕達はまだ知らない。(仮) (二見文庫 官能シリーズ) [ 橘 真児 ] 九星別ユミリー風水九紫火星(2019) [ 直居由美理 ]

きみの鳥はうたえる (河出文庫) [ 佐藤泰志 ]

きみの鳥はうたえる (河出文庫) [ 佐藤泰志 ] 楽天 詳細ページへ

河出文庫 佐藤泰志 河出書房新社キミ ノ トリ ワ ウタエル サトウ,ヤスシ 発行年月:2011年05月 ページ数:235p サイズ文庫 ISBN:9784309410791 佐藤泰志(サトウヤスシ1949年北海道函館まれ

國學院大學哲学科卒。

高校時代より小説を書き始める。

81年、「きみの鳥はうたえる」で芥川賞候補となり、以降三度、同賞候補に。

89年、『そこのみにて光輝く』で三島賞候補となる。

90年、自ら死を選ぶ(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) きみの鳥はうたえる/草の響き 郊外書店で働く「僕」といっしょに住む静雄、そして佐知子の悲しい痛みにみちた夏の終わり…世界に押しつぶされないために真摯に生きる若者たちを描く青春小説の名作。

読者の支持によって復活した作家佐藤泰志の本格的な文壇デビュー作であり、芥川賞候補となった初期の代表作。

珠玉の名品「草の響き」併録。

小説エッセイ ノンフィクション 文庫ノンフィクション小説エッセイ 日本小説 著者名・さ行 文庫 小説エッセイ 文庫 人文・思想社会

「きみの鳥はうたえる (河出文庫) [ 佐藤泰志 ]」を含むブログ

「きみの鳥はうたえる (河出文庫) [ 佐藤泰志 ]」を含む記事はまだありません。