伏字の文化史 検閲・文学・出版 [ 牧義之 ]

おジャマしていいですか!? [ マリナ ] 漂泊の俳人井上井月 (角川俳句ライブラリー) [ 伊藤伊那男 ] 朝子の唄日記 [ 木村朝子 ] おしゃべり案内人 [ 金井敬子 ] 新俳句講座(4) 俳句史 下 [ 明治書院 ]

伏字の文化史 検閲・文学・出版 [ 牧義之 ]

伏字の文化史 検閲・文学・出版 [ 牧義之 ] 楽天 詳細ページへ

検閲文学出版 牧義之 森話社BKSCPN_【高額商品】 フセジ ノ ブンカシ マキ,ヨシユキ 発行年月:2014年12月 ページ数:443p サイズ単行本 ISBN:9784864050739 牧義之(マキヨシユキ) 1983年まれ愛知県出身

名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学

博士文学)。

現在日本学術振興会特別研究員PD岐阜聖徳学園大学経済情報学非常勤講師

日本近代文学出版メディア史専攻。

2012年、全国大国語国文学会・研究発表奨励賞受賞(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) 1 伏字はなぜ施されたのかー内閲という措置伏字存在意義に関する基礎的考察/法外便宜的措置としての内閲/作家検閲制度意識永井荷風を例に)/2 伏字が引き起こす問題森田草平輪廻』の伏字表記差別用語と作者の戦略/削られた作品の受容と変遷ー片岡鉄兵綾里村快挙録」を中心に/誌面削除が生んだテキストヴァリアント石川達三「生きてゐ兵隊から)/3 検閲制度をめぐる攻防(発売頒布禁止処分と「改訂版」ー昭和五年・禁止本『肉体の悪魔』と『武装せる市街から/狂演のテーブル戦前期・脚本検閲官論)/伏字戦後占領軍検閲文字起こし 言論統制下の戦前から戦中にかけて活字メディアを埋めつくした不可解な記号群。

検閲かい潜り作品を世に出すための編集者・著者らの苦闘の痕跡ともいえる“伏字”の実態を、広汎な一次資料から明らかにする。

本 人文・思想社会 文学 文学史(日本) 人文・思想社会 文学 その他