調印の階段 不屈の外交・重光葵 (PHP文芸文庫) [ 植松三十里 ]

フェイスブレイカー (講談社文庫) [ 鳴海章 ] 恋に似た気分 (角川文庫) [ 北川悦吏子 ] サリアの娘 グイン・サ-ガ20 (ハヤカワ文庫) [ 栗本薫 ] アメリカのデモクラシー(第2巻 上) (岩波文庫) [ アレクシー・シャルル・アンリ・モリス・ク ] 試験に受かる人落ちる人 (幻冬舎文庫) [ 和田秀樹(心理・教育評論家) ]

調印の階段 不屈の外交・重光葵 (PHP文芸文庫) [ 植松三十里 ]

調印の階段 不屈の外交・重光葵 (PHP文芸文庫) [ 植松三十里 ] 楽天 詳細ページへ

不屈の外交重光葵 PHP文芸文庫 植松十里 PHP研究所チョウイン ノ カイダン ウエマツ,ミドリ 発行年月:2015年07月 ページ数:395p サイズ文庫 ISBN:9784569764184 植松十里(ウエマツミドリ) 静岡市出身

東京女子大学史学卒業

出版社勤務、7年間の在米生活建築都市デザイン事務所勤務などを経て、作家に。

2003年に『桑港にて』で歴史文学賞、09年に『群青 日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫化時に『命の版木』と改題)で中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) 一九三一年、駐華公使重光葵テロに遭い、右脚を失う。

そこからの彼の人生は、目前に立ちはだかる“階段”を昇り続けるものだった。

外交第一線に復帰し、孤立する日本を救うため日中戦争終結させようとするも、戦局悪化

敗戦直後、再び外務大臣になると、誰もがためらう降伏文書への調印を引き受け、マッカーサーとの交渉に挑むのだったー昭和外交官重光葵の知られざる生涯に光を当てた長編小説

小説エッセイ ノンフィクション 文庫ノンフィクション小説エッセイ 日本小説 著者名・あ行 文庫 小説エッセイ 文庫 人文・思想社会