マンガ研究13講 [ 小山昌宏 ]

必携!産業保健スタッフが知っておきたい労働基準法 (How to産業保健) [ 扇義人 ] 短期大学図書館研究(第36号(2016)) [ 私立短期大学図書館協議会 ] マンガでわかる頭痛の治し方(仮) [ 清水俊彦 ] 超高齢化社会 (現代思想) 石州秘伝三百ヶ条

マンガ研究13講 [ 小山昌宏 ]

マンガ研究13講 [ 小山昌宏 ] 楽天 詳細ページへ

小山昌宏 玉川博章 水声社マンガ ケンキュウ ジュウサンコウ コヤマ,マサヒロ タマガワ,ヒロアキ 発行年月:2016年08月 ページ数:443p サイズ単行本 ISBN:9784801001688 小山昌宏(コヤママサヒロ) 1961年東京都生まれ

情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科博士課程修了(情報社会学メディア論映像文化論)。

現在筑紫女学園大学教授 玉川博章(タマガワヒロアキ1978年千葉県まれ

九州大学大学院比較社会文化学府博士課程単位取得退学メディア論文化研究)。

現在日本大学非常勤講師 小池隆太(コイリュウタ) 1971年京都府まれ

大阪大学大学院言語文化研究科博士課程単位取得退学記号学情報デザインサブカルチャー研究)。

現在山形県立米沢女子短期大学准教授(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) “教育論”マンガ教育学校自由規範創造様式をめぐる逆説/“歴史論”マンガ史はどのように記述されてきたのか?

ーその問題展望/“文学論”マンガ文学ライトノベル/“表現論マンガ表現論の「歴史」とその展望石子順造竹内オサム夏目房之介四方田犬彦伊藤剛いずみのゆうき、の表現的軌跡/“キャラクター論”キャラクターを見る、キャラクターを読む/“ジェンダー論”マンガの/で、ジェンダーを考えること/“映像芸術論”マンガにみる複数の瞬間/“記号論物語論マンガにおける物語論可能性とその限界/“産業論”商品としての側面を支える作家編集者のあり方/“同人誌論”インフラ整備からみた同人誌即売会同人文化の成長ー一九八五年〜一九八九年、「同人誌専門印刷所」が果たした役割/“観光論”「マンガ」と「観光」の重層的関係/“ミュージアム論”「メディア」としてのマンガミュージアム/“海外受容論”「マンガ」の「国籍」について 「マンガ」を論じる上で必要な基礎知識テーマ別に紹介し、多角的視点提示する格好の入門書

物語」「キャラクター」などを読み解く表現的な視点から、「観光」「ジェンダー」などの社会的論点、そして「作家編集者」や「同人誌」といったマンガ産業とりま環境までカバーする、最もアクチュアルかつ包括的講義テキスト

本 その他