2020年以降も勝ち続けたいなら大阪の不動産に投資しなさい 東京と大阪の両方を知る著者が大阪不動産投資の魅力を東京の視点から分析する [ 山本 裕介 ]

サプライチェーンの情報構造 [ 瀬戸広明 ] 貿易論を学ぶ人のために新版 [ 小川雄平 ] TPPと農業の異次元改革 [ 金子弘道 ] 経営に貢献するコールセンターの構築 企画から設立、運用まで [ 丸山栄樹 ] マンガでやさしくわかる物流 [ 角井 亮一 ]

2020年以降も勝ち続けたいなら大阪の不動産に投資しなさい 東京と大...

2020年以降も勝ち続けたいなら大阪の不動産に投資しなさい 東京と大阪の両方を知る著者が大阪不動産投資の魅力を東京の視点から分析する [ 山本 裕介 ] 楽天 詳細ページへ

東京大阪の両方を知る著者が大阪不動産投資の魅力を東京視点から分析する 山本 裕介 現代書林ニセンニジュウネンイコウモカチツヅケタイナラオオサカノフドウサンニトウシシナサイ ヤマモト ユウスケ 発行年月:2018年12月05日 予約締切日:2018年11月02日 ページ数:192p サイズ単行本 ISBN:9784774517582 山本裕介(ヤマモトユウスケ) 株式会社日本ヴェルテック取締役

昭和52年まれ

千葉県出身

2001年東京大手不動産投資会社入社、同社の社内改革メンバーに抜擢され、幅広く業務改善従事

営業職にてグループリーダー部長職)を経験後、独立

2012年12月より関西拠点を置く日本ヴェルテックへ参画。

東京視点から関西投資マンション分析解説に定評がある(本データはこの書籍刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 今こそ大阪不動産投資するチャンスだ(投資マネー分散化ー第1の都市以外にも投資する時代が来た/地価上昇率が示す大阪の伸びしろ ほか)/第2章 大阪ワンルームマンション投資からできる「ローリスク・ロングリターン」の資産運用(一番信仰を捨てましょう/東京1物件分で、大阪の2物件投資できる ほか)/第3章 大阪人が住みたい物件を見分けるポイント(「いい場所」の基準心斎橋梅田への近さで決まる/一番住みたいのは御堂筋線沿い!

 ほか)/第4章 私が大阪ワンルームマンション投資を選んだ理由不動産投資ギャンブルではない/不動産投資保険代わり)/第5章 大阪ワンルームマンション投資成功に導く不動産会社の条件(物件だけでなくパートナー会社選びもカギ/不動産会社姿勢家賃設定でわかる ほか) 東京大阪の両方を知る著者が大阪不動産投資の魅力を東京視点から分析する。

ビジネス経済就職 流通 ビジネス経済就職 マネープラン 不動産住宅ローン ビジネス経済就職 産業 商業

「2020年以降も勝ち続けたいなら大阪の不動産に投資しなさい 東京と大...」を含むブログ

「2020年以降も勝ち続けたいなら大阪の不動産に投資しなさい 東京と大阪の両方を知る著者が大阪不動産投資の魅力を東京の視点から分析する [ 山本 裕介 ]」を含む記事はまだありません。