長かったり素晴らしかったり憂鬱だったりする一日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-17 金

[]準決勝進出の条件

もうあちこちで報じられてますが、日本が準決勝に進出するための条件は以下のような感じ。


まず、最低でもメキシコがアメリカに勝利すること。

そうなると、日本、アメリカ、メキシコが1勝2敗で並び

この3チーム内での失点率の比較になります。


日本はアメリカに4失点、メキシコに1失点の計5失点(17回2/3)。

これに対して、アメリカは日本に3失点(9回)、メキシコは日本に6失点(9回)。

よってアメリカがメキシコに2点取られて普通に負ければ

5失点で並ぶものの、日本:5失点(17回2/3)、アメリカ:5失点(17回)となり

辛うじて失点率で日本が上に行きます。


ただ、単にアメリカが負ければいいというわけではなく

延長での負けの場合は、逆にアメリカの方がイニング数が多くなるため

たとえ2失点したとしても、日本の失点率の方が高くなってしまいます。

サヨナラ負けの場合も、イニング数で並びますが、直接対決で負けてるのでダメ

つまりアメリカが「9回を戦って(メキシコの攻撃が8回)2失点以上で負けること」が条件となります。

あるいは延長での大量失点負けか。


また、可能性が完全に消えたと思われていたメキシコも

延長13回、3-0勝利という条件で、可能性がわずかに残っているようですw


ただ単純に笑ってもいられなくて、メキシコは9回で普通に勝ってもしょうがないので

わざと点を取らずに延長戦に持ち込む、という作戦を取ることもあり得るかも…。


いずれにしてもこんな細かい計算をしないといけなくなってしまったのが

何とも残念ですね…。


[追記1]

メキシコが13回、3-0勝利だった場合、失点率が0.273(6失点/22回)となり、日本の0.283(5失点/17回2/3)、アメリカの0.277(6失点/21回2/3(最長の場合))をわずかながら上回る(たぶんw)

[追記2]

アメリカが2失点サヨナラ負けのパターンでも、9回1アウトまでのサヨナラ負けなら、日本はOKでしたね。

[]アメリカvsメキシコ(速報)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0             0 
メキシコ 0 0 1             1 

3回裏にメキシコが1点先取!

さすがに延長戦に持ち込むようなことはしないようで安心w

何とかあと1点取ってくれ!


なお、この試合の3回にライトポール直撃の打球が2塁打となる不可解な判定があり

メキシコの監督が抗議したものの、判定は覆らなかった模様。

ちなみに、その時の塁審はボブ・デービットソン。

そう、あの日本戦でタッチアップを取り消した問題の審判です…。

[]アメリカvsメキシコ(速報)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0 1           1 
メキシコ 0 0 1 0           1 

アメリカが4回表に犠牲フライで追いついた模様。

息詰まる接戦になりそうですね。

[]アメリカvsメキシコ(速報)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0 1 0         1 
メキシコ 0 0 1 0 1         2 

メキシコが5回裏に勝ち越し

このままいってくれれば…。

[]アメリカvsメキシコ(速報)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0 1 0 0 0     1 
メキシコ 0 0 1 0 1 0       2 

あと6人…。

終わるまで昼メシ喰いに行けない感じw

[]“疑惑の審判”米・メキシコ戦でまた誤審…球場は騒然

愛する母国のためなのか何なのか知りませんが、公平にジャッジするつもりがないのなら

もうお前審判辞めていいよって感じ。

ここでポイント稼いでメジャー復帰でも狙ってるんでしょうか*1

[]アメリカvsメキシコ(速報)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0 1 0 0 0 0   1 
メキシコ 0 0 1 0 1 0 0 0   2 

あと3人…。

[]アメリカvsメキシコ(結果)

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 
アメリカ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 
メキシコ 0 0 1 0 1 0 0 0 X 2 

日本の準決勝進出が決定!!!!

メキシコありがとうwww

[]2次リーグ総括

2次リーグプール1の最終結果は以下の感じですかね。

1.韓国   3勝0敗
2.日本   1勝2敗 5失点 17回2/3 
3.アメリカ 1勝2敗 5失点 17回
4.メキシコ 1勝2敗 7失点 18回

1度は終わったと思っただけに、準決勝進出はもちろん嬉しいですが

1勝2敗で進出ってのはちょっと微妙な感じもしますね。

メキシコチームは、日本戦の敗退後、練習を取りやめてディズニーランドに遊びに行った

というニュースを見た時は、軽くめまいがしましたが

これで、しばらくはメキシコに足向けて寝られませんねw


日本の次の相手は、またまた韓国。

準決勝までに3度も同じチームと対戦するというのは

ちょっと組み合わせとしてはどうかと思いますが…。


ただ、韓国側からしたら、何とか宿敵・日本を2回連続で倒したのに

3たび眼前に現れて、しかも次負けたらその日本が決勝進出

というのは、非常に理不尽極まりない気持ちでしょうw

逆に日本としては、もう1度、思わぬ形で韓国にリベンジするチャンスが到来したわけで

「3度目の正直」という言葉もあるように、今度こそ倒して欲しいですね。


ホントなら、気持ちが収まらないまま帰らないといけないところだったのに

その気持ちをもう1度ぶつけることができるようになったのだから

ここでまた負けてるようじゃ、ダメでしょう。

普通はこんなに何度もチャンスは来ないわけだから、今度こそガンバレ

[]準決勝展望

WBCには球数制限に絡んだ以下のような規則があります。

50球以上投げた場合は中4日、30球以上50球未満は中1日、
30球未満は連投できるが、連投した場合は中1日、それぞれ登板間隔を空けなければならない

なので、昨日投げた渡辺パク・チャンホの登板はもちろん

15日のメキシコ戦で投げた松坂の投入も多分ダメ

上原清水和田あたりで継投をすることになるでしょう。


打者では、ここまで19打数2安打打率.105の福留はさすがにもう外すべき。

2安打といっても、中国戦でのホームランと、あと内野安打が1本だけですし。

選手としての実力はもちろん、国際経験豊富なのもわかりますが

元々1度は断りながら、松井の辞退で再度要請が来て代表入りしたという経緯もあり

果たして十分な準備ができていたのかどうか。

そろそろ、青木、和田、金城の誰かを起用する時期に来ていると思います。


サードは岩村が無理なら、今江でしょうか。

韓国戦ではバッティングも守備もダメな感じでしたが

2005年日本シリーズMVPを獲ったように

短期決戦では何をやってくれるかわからない部分に期待できます。

チームメイトの西岡の大活躍に「俺も」という気持ちもあるでしょうし。


松中は、ここまで打率こそ4割を超えてますが

ホームラン0、打点2というのは、4番としては少し寂しい感じもしますね。

何もイ・スンヨプみたいな大爆発を求めはしませんが

日本チームにイマイチ勢いが出ないのは、そのあたりにも原因があるんじゃないかと。

ただ、こんなに打点が少ないのは、2番西岡が好調なのと3番福留が不調なのも影響あると思いますが。


あと、多村の調子が少し落ちてきている感じなので

代わりに、好調な里崎の打順を上げてもいいかも。


ただ、一番の心配はやっぱり中継ぎ陣ですね。

日本のここまでの敗戦(アメリカ戦1敗、韓国戦2敗)は

いずれも8回以降に取られた点が決勝点となったものだし。

そのうち、中継ぎエースと期待された藤川が2度も救援失敗。

でも、ここまでの王采配を見る限りでは

多分また同じような場面になれば、迷わず藤川を出すような気がしますが(割と頑固w)


逆に、石井の代わりに急遽呼び寄せた馬原、台湾戦で打ち込まれた小林宏

ここまでまだ登板機会のない久保田などは、ちょっと使いづらいですね。

上原、清水がよければ、いけるところまで行ってもらってもいいかも知れません。


さあ、いよいよ準決勝は、日本時間で19日(日)の12:00から。

今度こそ、どっちか一方が敗退となるサバイバルゲームです。

*1:彼は99年のストライキに関係してメジャーを追放され、それ以来マイナーの審判をやっている