bicicleta

2017-01-22

リセット

サイクルコンピューターをリセットした。

2016年度の累計走行距離は、2,497.7km

f:id:ramgif-gurio:20170122154308j:image:w360

3,000kmは走りたかったが、10月以降はしれなかったので

クリアならず。

本日、リセットすることで私にとっての2017年度スタートとしようと思う。

年明けから、仕事フォロー(毎年のことながら)で年明けした感じが無く

心機一転という気持ちになれないまま月日が過ぎ去っていく感じだった。

サイクルコンピュータをリセットすることで、新規一転、心機一転、としたいところだ。

焦らず、コツコツ、少しの休みを入れながらがんぱってみよう。

良い年にしたいところだ。

2017-01-21

また帰ってきてしまった

また帰ってきてしまった。

体重が。

あまり見たくないと思っているからか、画像もリンクしてぼやけている。

102.4kg

f:id:ramgif-gurio:20170118213614j:image:w360

引き籠っていると、どんどん増加していくが、リワークで外出すると

2日間で98.7kgまでストンと落ちる。

もうそろそろ、トレーニングも再開したいところだ。

あの日以来3ヶ月以上トレーニングをしていないし、風呂のセットのはずの

エアロバイクもやっていない。

やはり、続けることが大事だ。

すべてが振出に戻ってしまい、やる気にも影響がでている。

やり始めるとやり過ぎにもなるし・・・。

ゆっくり継続。休むときもあってもいいが少しだけ。

これを心がけてそろそろ2017年度のスタートをきりたいところだ。

2017-01-14

ボトムブラケット交換

最近、街乗り用のジャイアントトライアルバイクのBBから異音がする。

多分、前回のグリスアップ時に右ワンのBBリテイナーがバラけていて

それを、グリスの粘着力で並べて無理やりはめ込んだのが原因だろう。

リテイナーがバラけた時点でアウトだったのだろう。

f:id:ramgif-gurio:20170114181637j:image:w360

漕ぐたびに、推進力に対する抵抗は強くは感じなかったが、次第に音が大きくなり

おそらく、推進力にも影響しているので我慢して走る限界だと判断。

サンツアーマイクロライトを使用していたので、かなりの軽量化が図れて

いたとは思うが、メンテナンス性を考慮して交換品にはカートリッジタイプを選択

作業時に、やはり、カップ&コーン式は右ワンをはずす際に

結構手間がかかり、簡易の右ワン用スパナでははずせず、結局、専用工具を

ひっぱりだしての作業。専用工具を使うと、いとも簡単に外すことが出来た。

専用工具は奥の方にしまっているので出すのが億劫だが、簡易工具で悪戦苦闘

するぐらいなら、面倒でも引っ張り出してきた方がストレスなく作業が出来たのに・・・。

それとは逆に交換品の装着は実に簡単だった。

f:id:ramgif-gurio:20170115123829j:image:w360

SHIMANO BB-UN100 シェル幅:73mm 軸長:122.5mm

ショップにいくとスクエアタイプのクランクはBBが入手できないので

もう無理と言われたことがあるが、シマノや他社より数種類カートリッジタイプBBが

現行品としてあるので便利だ。街乗りようだとこれで十分。少し重いけど・・・。

回転の滑らかさはそれほど変わらずスムーズなので良しとする。

2016-12-06

ノキ

ヤフー知恵袋に画像付で小四朗の性別を質問してみた。

野良なので、今まで捕まえて局部を見ることが出来なかった。

勝手にやんちゃでかわいいのでオスの名前を付けていたが

確認する必要があると思い、何とかお尻の写真を撮りヤフー知恵袋で質問してみた。

f:id:ramgif-gurio:20170115130922j:image:w360

回答は、メスだった。自分でもネットに出ている判別写真で

見比べてみてはいたが、メスかなぐらいで微妙に分からなかった。

他の人が見てもメスの判断。なのでメスなのだろう。オス名前なのでメス名前に改名しないと。

で、初めての出会いが、軒下で見た四兄弟の赤ちゃん時代(生後1ヶ月半ほど)。

軒下だったので、ノキシタの頭文字をとって『ノキ』と命名。

メスなので、避妊手術した方がいいのかなー。ボランティアで桜猫にしたほうがいいのかなー。

と、悩みつつ、まだ子猫なのでしばらく様子をみることにして問題を先延ばし。

どうなることやら・・・。

2016-11-06

やっぱり!いた!

猫以外に何か動物がいるとは思っていたが、

昨夜、子猫用に置いていた餌にどう見ても猫で無いものが。

よく見ると、イタチだ。やっぱり!いた!

これでは子猫用の餌が盗られてしまうどころか、

こいつを餌付けすることになると厄介なので

子猫しか食べれないように、猫の中でもターゲットの

個体一匹だけが食べれるように対策を立てねば。

庭にイタチや野良猫が集結してプチ動物園状態だけは

避けたいところ。

f:id:ramgif-gurio:20161105021727j:image:w360

2016-10-27

違い

最近、庭にやってくるようになった二匹の子猫

グレーぽい方を小太朗、茶色っぽい方を小四朗と名付ける。

f:id:ramgif-gurio:20161107231300j:image:w360   f:id:ramgif-gurio:20161022225751j:image:w360

柄は兄弟なので瓜二つ。本当は四兄弟のはずだが二匹しか生き残らなかった様子。

ひょっとすると後の二匹は家猫になっているかもしれない。

グレーの小太朗の方がかわいい顔していて毛並みもいいけど、懐いたのは茶色の小四朗。

小太朗は、胸のあたりに白毛のワンポイントが入っているので、独りで来たときは

それを頼りに判別。まー、最近では小四朗以外は追っ払っているのであまり来なくなったが。

野良子猫の二匹は生きていくうえで餌の確保で必死。餌付けすると直ぐに近寄ってくる。

近所の先輩野良猫は少しぐらいの餌付けでは直ぐには近寄ってこない。

長く生きていくうえでの経験なのだろう。眼付も鋭く決して媚びては来ない。

さて、餌付けするにも私と猫との利害関係が一致しなければむやみに餌付けはしたくない。

餌付け条件

 1.害虫(ネズミ・ゴキブリ)を駆除してくれる。

 2.自分の縄張りにすることで害獣(イタチ・ハクビシンアライグマ)を寄せ付けない。

 3.媚びて来てくれて癒しを与えてくれる。

の3条件。

二兄弟なので、片一方だけに餌付けするのは酷ではあるが、そこも競争で勝ち取った方だけにしたい。

私のエゴかもしれないが、二匹に餌をやることは、その家族にも拡大てしまう可能性があるし

与える制限をかけるための手間も非常に難しい。それに対して一匹に絞るのは結構容易である。

現に、先輩野良猫(家族野良猫)も、残りの餌に有りつこうと、深夜にこっそり近寄ってきている

様子がうかがえる。野良を餌付けするとなると、その子に対しては、去勢避妊もしていかないと

いけないことだという考え方もあるのだが、現時点では、一匹・一食だけの餌付け。

全食餌付けすると、野良でなくなるし、ただ飯食われてこちらの条件を一つも満たしてくれず

繁殖だけされても困るので。あくまで勝手な解釈だが利害関係の一致した部分だけでまずはスタート。

どうなることやら・・・。

2016-10-04

予感的中か

3日の昼過ぎから母の容体が少しおかしい。血中酸素が低下ぎみ。

21時過ぎに近所の主治医に来てもらうが、入院した方が良いとのことで

病院へ連れて行く。その時は、普通に話をしていたのに4日朝に他界。

2日、3日の不吉な出来事は前兆だったのだろうか。

おいらを連れていくのではなく、母を。それを間違えておいらに・・・。

そういえば、数週間前に母の夢の話で、3人の浴衣を着た人が泊りに来た

話があったが、あれはお迎えの前兆だったのかも・・・。

おいらのお迎えはまだまだのようだ。