Hatena::ブログ(Diary)

まひろの気ままな日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-28

ウォルト・ディズニーの約束

今日は、「ウォルト・ディズニーの約束」を観に行ってきた。
先日、アナと雪の女王を観に行ったときの予告編で興味が湧いたのだ。トムハンクスがウォルト役がとてもハマっていたから。

さて、どんな内容か事前に調べず観に行ってみた。
内容の詳細は、ネタバレするので書かないが、結論から言うと、とても面白いし、また、考えさせられる映画であると言える。

話のベースは、1964年に上映された「メリーポピンズ」とウォルトとの関わり合いを実話を元に作成されているらしい。
メリーポピンズの原作者役に、エマ・トンプソンもとてもいい。

f:id:rankastar:20140328235454j:image:w360

出演している役者の名演技は言うまでもなく、何より、映画のストーリー構成がとてもよくできている。
最初は、この流れはなんだろうか?
と思わせられるが、話が小気味よく進んでいくうちに、ウォルトとメリーポピンズの原作者との版権をめぐる攻防と映画製作シーンと、別のシーンが、話の中のキーワードで理解できてくるのだ。
だから、次は? 次は? という感じで、どんどん映像の中に引き込まれていってしまう。

実際に、ディズニーの映画製作スタッフとメリーポピンズの原作者とのやり取りが、この映画の話の中に出てくるシーンの通り、残存していて最後に流れるのには、とても感動的だった。

この映画は、最初はコメディーかと思っていたが、そうではない。
自分も、過去にいろいろと映画を観たが、マジで涙が出そうになり我慢したのは、この映画は初めてだ。
花粉症で、鼻がムズムズして、鼻水をススっていたが、後半はそれができなかった。

今度、「メリーポピンズ」を観てみようと思う。
たぶん、DVDがあるだろう。
この映画の中にも、メリーポピンズの一部が流れるが、どこか観たことがあるような記憶がある。
リアルには観ていないが、TVとかで観たのだろうか?


この「ウォルト・ディズニーの約束」もおすすめの映画だ。
これは、一人で見に行くといいかもしれないな。

2014-03-21

アナと雪の女王 日本語吹き替え版

先週に引き続き、「アナと雪の女王」を観た。
先週、英語版を観て非常に感動して帰ってきたので、今回、日本語版はどうなのか・・・期待大ってところだ。

アナと雪の女王」のストーリーは大体もう知っていたので、英語と日本語の表現の仕方や気になるジョークなどがどのように表現されているのか楽しみだった。
この映画は、ジョークがかなり受けるのだが・・・

オープニングから、映像は当然同じ(笑)だが、日本語・・・・

う〜ん、やはり、日本語でも、見入ってしまった・・・さすがだ!

歌も完璧。

やはり、「Let it Go」がこの映画の見せ場とストーリーの転換タイミングなので一番重要なのだが、松たか子の歌は、やはり評判通りすばらしかった。
あんなに、声が出てパワーがある歌い方ができる人なんだとびっくりするね。すばらしい!

英語版も素晴らしかったが、日本語版も違和感なくとてもよかった。
ググッとくるところがあるのは、英語版も日本語版も同じだ。
今回の声優陣は、ミスキャストはなかったと思う。

ただ、気になったのは、ジョーク。
言葉とタイミングなのだろうが・・・英語版では笑えたところが、クスっという程度だった。
下手すると、ジョークでない感じで先にストーリーが進んでしまう感じのところがあったね。
ま、大人の好みはさておいて、日本語版は子供には受けはいいようだ。


もう、何回も書くけど、本当によくできたミュージカル映画だ。
自分は、正直、ケチをつけるところはないと思う。

今までのディズニー映画で、大人もファンタジーの世界に引き込むの数少ない作品だと思うね。
今のところ、今世紀最高のアニメ映画だと言ってもよい。


実は・・・・また観に行きたいのだ。英語版と日本語版を。

「FROZEN」が英語タイトルなのかな。
タイトル通り、英語版と日本語版は、多少物語の内容のとらえ方が変わってくるかもしれないが、そんなのはどうでもいいね。


ホント、この作品はアカデミー賞をとって当たり前だと思った。
宮崎駿の「風立ちぬ」では、歯が立たぬってところだろうね。

みなさん、必見です。
DVDでいいやではなく、この映画は映画館で観てほしい。
3/20は、サービスデーかなにかで、大人は千円だった。

2014-03-14

アナと雪の女王

今日、アナと雪の女王(字幕版)を観できた。
アカデミー賞長編アニメージョン部門を受賞した作品である。

実は、このニュースを見て初めてこの映画を知ったわけである。
なんとまぁ、映画に疎いことかと思いつつ、作品のダイジェストを覗いてみると・・・

おお、なんと美しい映像なのか、おお、なんと表情豊かな人物像なのか、おおなんときれいな歌なのか・・・
いままで、どんなにヒットしたディズニーアニメでも興味が湧かなかったが、この「アナと雪の女王」はとても気になったのだ。

ネットでもいろいろ調べてみると、「Let it Go」の挿入歌もとても美しいと思った。
ディズニー作品ということもあり、とても興味を持ってしまい、公開日がちょうど仕事は休みだったこともあり映画館へ足を運んだ。

まずは、オリジナルの英語版。
前評判はでは、みんな絶賛していたが、結構見た後がっかりすることもあるのもだ。


氷の切り出しシーンから始まり・・・

・・そしてエンディング


観終わったときの充実感!

内容はとてもディズニー色満載でありながら、世代、性別を問わずに楽しめる映画であった。
とても楽しいファンタジーな世界観は見事であったと思う。
f:id:rankastar:20140314225830j:image:w360

美しい映像とリアルな動きとアニメーションらしい動きととてもベストマッチであった。
ストーリーは、子供にも理解しやすいように作られており、心の動きを歌で表現するミュージカル。
そして、何より、主人公のアナとエルサがアニメながらかわいいし美しい。
ジョークも所どころにちりばめられており、笑いもありでとてもよくばりでありながらよくまとまっていたし、観ている人達に伝えたいことがはっきりとわかる映画である。

今まで見たアニメ映画で最高な出来の作品の一つである。
大人は、英語版がおすすめ。子供達は、日本語版がおすすめかな。
日本語版は、松たか子の少し甘い声がいいと思う。
そして、吹き替えだと、きっとジョークもかなり子供向けな感じに仕上がっていると思う。
(英語版はどうしても、大人の観点でとらえてしまうが、それはそれで面白い。子供とは笑うところが違うかもしれないなと思った)

自分は、また観に行こうと思う。
そして、DVDもぜひ買おうと思う。一押しの作品である。

2013-10-29

チャリで散歩

台風27号が去ったあとは、綺麗な空気が残る。
10/27は、仕事で徹夜明けだったが、あまりの好天で仮眠もそこそこにしてチャリで走り出した。
うん、空気がうまい!!

最初は、昭和記念公園まで行って園内を走ろうかと思ったが、日没までに帰って来れない可能性があったので、とりあえず、気の向くままに走ってみた。
走行中、今日は平坦なコースと決めていたが、日の出町の横沢入里山という里山の近くを通ったので、寄ってみることにした。
f:id:rankastar:20131027150241j:image:w360
f:id:rankastar:20131027151118j:image:w360
f:id:rankastar:20131027151100j:image:w360
f:id:rankastar:20131027150857j:image:w360
f:id:rankastar:20131027150852j:image:w360
f:id:rankastar:20131027150619j:image:w360
ここは、有名なところで、四季の草花や野鳥の観察に訪れる人が多い。
自分は、春〜夏にしか来ていなかったと思う。
だから、今時期に来るのは、初めてのことなのだ。

この里には、田んぼがあり、近くの小学校で田植えをして収穫をしたりしているのだ。
何度か、小学生が田植えをしているのを見ている。
今は、稲刈りも終わって、藁を干しているようだ。

ちょっと、雑草も多く荒れていた感じがあるが、里山の雰囲気は十分だ。
藁を干しているところには、イノシシ対策で電線を張っていたのでここはマジで田舎なんだなって実感。
念のため、ここは東京なのだ!

そして、この里から、小さな峠の林道を抜けると、五日市の方に出られる道がある。
この林道は、MTBの面白さを最初に教えてくれた林道なのだ。
だから、何度もここに通ってMTBのチームメイトと練習をしたんだ。
・・・懐かしい・・とても懐かしい・・・この林道の名前は、「小机線」

f:id:rankastar:20131027152417j:image:w360
こちらの道が、里山へ通じる林道
鬱蒼とした木で薄暗く、夕暮れときに来るととても気味が悪い。
今回は、こちらから上ってきた。

f:id:rankastar:20131027152358j:image:w360
ここが、小机線(林道)の頂上で約標高400m強の地点(スマホアプリで計測)
ここで、スズメバチに出くわした。どうやら巣への通り道にチャリを止めたみたいだ。
人ひとりしか通れないトレイルがいくつもあり、森の中を散策できる。

f:id:rankastar:20131027152339j:image:w360
こちらの道が、五日市へ通じる林道
降りる途中、マムシ(小)がいた・・・おおコワ!

徹夜明けであったせいか、足が限界に来ていたので、早々に家に向かった。
・・・が・・・ここから、10kmくらいあるのだ。
ゆっくり帰ったのは言うまでもないだろう。

f:id:rankastar:20131027162425j:image:w360
帰り道の途中に立ち寄った羽村の堰
水量が多く、堰き止めの一部が流失していた・・

f:id:rankastar:20131027162434j:image:w360
いつもは、この半分以下の水量なのだが・・・
これでは、ちょっと足をつけることもできないな。キケン!

2013-09-23

LIVE-GYM 2013 25周ツアー

2013年は、B'zの25周年記念。
9/21で満25周年で、9/22で26年目のライブと稲葉が言っていた。
今年は、8/31のナゴヤドームそして、9/22の日産スタジアムのライブに行くことができた。
一昨年のC'monのツアーの時もよかったが、あの時は、3.11震災などがあり、ちょっといつもの雰囲気とは異なる感じがしていた。
しかし、今年のライブは、B'zのライブらしい感じで一杯でちょっと安心したものだ。

B'zの凄さは、やはりライブにあると思う。
あの完璧なテクニックとサウンドの音の厚み、そしてボーカルのパフォーマンスは日本屈指のものだろうと思う。

今のサポートメンバーになってから、最強のバンドになったんだろうね。
B'zは、ユニットバンドだが、サポートメンバーが凄い。
ベース:
バリー・スパークス(Barry Sparks) 2008年〜(以前にもサポートあり)
ドラム:
シェーン・ガラース(Shane Gaalaas) 2002年〜
キーボート:
増田隆宣 1999年〜(以前にもサポートあり)
ギター:
大賀好修 2011年〜

大賀が加入してから、曲のアレンジが変わってツインギターの奏でがとても心地よくなった。
昔、ウイッシュボーンアッシュというツインギターイギリスのバンドがいたが、それを子供の頃に聞いたときを思い出したね。
アンディーパウエルというギタリストに似ている感じがする。

一番嬉しいのは、GOLDをやってくれたことだね。
あと、MOTELとか、Do'nt leave meとかやってくれたらもっと燃えたかも。
ホールツアーとドームツアーを合体させたセットリストだと最強だったかもしれない。
でも、誰もが知っているようなヒット曲の連発も25周年ツアーにはふさわしいものなのかな。

日産スタジアム 2日目は以下のセットリストだ。
1. 新曲
2. ZERO
3. Pleasure 2013 〜人生の快楽〜
4. LADY NAVIGATION
5. 太陽のKomachi Angel
6. ねがい
7. さよならなんかは言わせない
8. GOLD
9. C'mon
10.松本孝弘ソロインスト(新曲)
11.核心
12.あいかわらずなボクら
13.愛のバクダン
14.イチブトゼンブ
15.LOVE PHANTOM
16.Q&A
17.NATIVE DANCE
18.さまよえる蒼い弾丸
19.ギリギリchop
20.RUN

アンコール
21.juice
22.ultra soul

エンディング
23.ひとりじゃないから

今回は、土砂降りの雨ではなかったので、よかった〜(^-^)
今回のセットリストで私の中のベストは、GOLD。そして、C'monに続く生ギターの響きが今も忘れられない。

ちょっと笑えるシーンは、愛のバクダンのときの飛行船
何か、紙吹雪みたいのが落下してくるのだが、取るのに必死だったがダメだった。
サークルロックでは、風船だったのでちょっと拍子抜けもあったが、盛り上がった。
だけど、日産スタジアムでは、通路を係委員が、飛行船を下から風船を持つ子供のように回っていたのはとてもアナログ的でよかったな。

こんなチンケなこともやるB'zがやはり好きだ。
また、B'zのメンバーそして、集まったファンの方々にまたお会いできることを期待して2,500発の花火で終わったのだ。

9/22は、サザンのツアー最終日が宮城であってWOWOWでLIVE中継があった。
録画しようかと思ったが・・・半沢直樹の録画を優先にしてしまった。
しかし、サザンも日本を代表するバンド。今に至るも変わらぬ人気と楽曲の良さはさすがだと思う。

2013-09-21

解雇しやすい特区

解雇しやすい特区」が秋の国会に法案を提出するらしい。
名称からして、労働者から見ると、なかなかキツい名称かもしれないな。

この特区の一番の目的はなんだろうか?
この特区の企業の条件は、特区内にある開業5年以内の事業所や、外国人労働者が3割以上いる事業所が対象だという。
国家戦略特区というわけで、企業の競争力の強化っていう路線に乗っているのかもしれない。

労働基準法に基づかない労働条件(企業主導)、残業代0円そして、解雇も自由というなんとも労働者の保護なんて考えはない特区

面白いとは思う。
今、企業は、どんな不景気でも、簡単に人を解雇できない。
会社の存続という観点から必要であってもそれを実行できない。
実行するとなると、退職金上乗せなど、金がかかって仕方がないのだ。
高い法人税を払って、法人という理念社会貢献・・・突き詰めれば、人の人生を豊かにする義務ってやつをやらなくてはならない。
新たの事業を起こしたくても、資金繰りが厳しく、無駄な人件費で経費がかさみ、身動きが取れなくなってしまった企業たち・・・


企業の危機を乗り切る手段の一つとしてはリストラがある。
資金がないなら、コストカットするか、資産売却しかないのだから仕方がない。
しかし、先に書いたように法人理念、労働基準等々で、思うようにコストカットがなかなかできずにもがいているのも事実なのではないかと思う。
だから、技術は持っていても海外の企業との競争に負ける日々が続いてしまっている・・

しかも、今や日本が誇る技術を持つ企業も、中国の企業に買収されたり、資金の融資を受けたり・・・これは、日本国にとっては存亡に関わる重大なことなのだ。
特に、気前よく技術供与した隣国なんて一番の問題だ。

歴史は、語っている。
経済力、政治力軍事力・・・このいずれかの力が強大なうちは侵略されない。
しかし、その力が衰えたとき、侵略は始まるのだ。
中国韓国ロシアがそのいい例だろう。
民主党時代、日本の外交のカードが友愛なんて間抜けなことを言い始めたからそれからが大変だったのはご承知の通り。

日本の軍事力は、世界トップクラスらしい。
しかし、軍事力は、侵略の抑止にはある程度なっても、最終的には戦争になってしまう。
政治力は、少しずつ強くなっていると思うが、まだまだ、欧米の言いなりになっているのでは強いとは言えない。
残るのは、経済力。
平和な戦いで世界を席巻するには、今の日本を支えるのは経済力しかないのだ。
その経済力がここ20年失われていた。
だから、大鉈を振ってでも、経済力を増強させ、強い日本を造らねばならない・・・というのが簡単に書くと政府の思惑なのではないかなと思う。
経済力増強するには、日本企業が力を付ける必要があるのだ。
80年代、日本の製品が世界を席巻したときがある意味、経済のピーク(企業力のピーク)だったのかもしれない。
成長の一途だったから。

しかし、今は違う。
バブルも弾けて、世界の市場に振り回されて日本を代表する企業が次々と力を失ってしまっていった。

となると、死に体の企業を復活させるには、コスト低減、高い税金の排除そして、その手法を徹底させなくてはならない一つになっている。
となると、その手法とは、いらない人材は容易に棄てることができる、そしてそれは、コンプライアンスに縛られない・・・
それが、「解雇しやすい特区」に存在させる企業になるのだ。

これは、まだモデルケースで、政府の本音は、大手企業そのものに適用することにある。
特に、工業系の企業なんて大喜びなんじゃないかな。
政府だけではなく、経済界の思惑も大きく加味されていることは間違いないだろうね。

かなり、解雇ということから、大手企業の思惑まで思い切り引っ張ってみたが、無論、先に書いただけのことではないだろう。
別の思惑も当然あると思う。

いずれにしても、確実に言えることは、我々、企業で働くサラリーマンは、のんびりしていては、稼ぐのが難しい時代になって行くということである。

しかーーーーし、逆に自分次第でいくらでも好きなことができるようになる、起業しやすくなるというメリットもある。
雇ってもらえないなら、雇うほうになればいいだけのことだと思う。

まだ、表題から推測するしかないので、何とも言えないものだが、近い将来必ず、解雇しやすい(されやすい)格差社会になるのは間違いないだろう。

2013-09-17

ダンス再開のきっかけ

約1年半ぶりに、社交ダンスを再開しようと思う。
特にラテンは面白い。
まぁ、ダンスは下手の下手であったけど、やはり音楽に合わせて動くことってとても楽しいものなのだ。
その禁断症状が現れてきたって感じかな。

それと、ラテンの動きをちょっとシャドーしてみると、何か、以前よりいい感じのような気がするのだ。
それと、今停滞している自分の思考と行動をもっと活性化させたいという気持ちも多分にある。

ダンスをしているときは、やはり感覚的なものであるが、頭が冴えていた。というか、冴えが要所要所にでてきたものだ。

また、胴回りの脂肪もかなり邪魔になって、一番手っ取り早い除去方法がダンスでもあるのだ。
これは、経験から言えることで間違いない。
一ヶ月もすればきっとすっきりするだろう。

ダンスに限らず、いろいろと煮詰まったり、ちょっと冷めたときは、そのことから離れるのっていいかもしれないね。
一生懸命やってみることは大切だけど、ちょっと離れることによって以外と気づかなかったことや、言われていたことなどが、ふとした事で理解できるようになることがあると思う。
今がそうだ。
覚えていることをちょっとやってみると・・・ん?・・いい感じかもって思う。
だから、ダンスでも実際に躍起にやっていた頃よりずっと柔軟にイメージができて動けそうなきがするのだ。

まぁ、再開しようと思ったのは、そんなところもある。
あと、もう長期出張がないことが大きな理由だ(^_^;)

そうそう、また、ダンスのレポートをしっかりここで報告できるようにしようと思う。

2013-08-22

風立ちぬの感想

日曜日に、久々に映画館でジブリアニメを観た。「風立ちぬ」だ。
この映画は、いろいろと、内容について世間で話題になっているところがあり、とても興味があった。

映画館に行ってみると客層は、以外と年配の方が多い・・・孫を連れてという姿もあった。
やはり、戦争映画なのかな?
ネタバレをなるべくしないようにちょっと深読みした感想を話題にあがっていたことを検証する形で書いてみようと思う。

この「風立ちぬ」のストーリーであるが、思いのほか単純た。
だから、何気なく見ていると、もしかしたら、何も残らない映画かもしれない。


映画館に入って、とても長〜い宣伝が終わり、本編が始まった・・・
アニメーションとしては、とてもソフトタッチなイメージであるが、さすがにデジタル化されているのか、画質はとてもシャープだ。

《音》
最初に話題になった、音を人の口で表現するという話題だけど、
これは、別に興味は惹かなかった。
TVなどで紹介されていた人が口で作っていた音はここなんだなってところがあったが、別に音に違和感もなく普通に聞き流せる感じでふ〜んといった感じだ。
まぁ、素の音ではなく、原音が口でありそのあと、デジタル処理をしている
のだから、特別なことではないだろう。

《喫煙》
まず、喫煙のシーンだ。
どこぞの団体が、喫煙のシーンの多用はけしからん、という指摘。
これは、映画を観て思ったのだが、喫煙のシーンにいちゃもんを付けるのは、ちょっと的外れな感じを否めない。
確かに、事あるごとに喫煙のシーンが多用されている。
しかし、よく考えてみると、昭和初期とかの時代では、タバコは今のように健康に気をつけて禁煙するなんて概念がなく、喫煙マナーなんて概念もさほどなかっただろうと思われるからだ。
子供のお菓子と同じで、大人の嗜好品として人気があったものだったのだろうと思う。
風立ちぬ」の映画の中で、場所を選ばず喫煙するシーンは、昭和初期あたりの時代をとてもクローズアップさせてくれるアイテムになっている。
考えるシーン、途方にくれるシーン、迷うシーン、仕事のシーン・・・
それぞれのシーンで、違和感なく当時の生活感が伝わってくるのは、喫煙のシーンが一役かっているのではないかと私は思う。。
だから、私が思うに、この映画には喫煙のシーンは重要なことなのだ。

ゼロ戦
次に、主人公のモデルがゼロ戦を作った人物ということから、戦争を美化しているという指摘。
これは、どこぞの国が悪意を持った言いがかりと言わざるを得ない。
風立ちぬ」をちゃんと観れば、この指摘をしたことが馬鹿げていることが容易にわかるであろう。
そう、「風立ちぬ」は、全く戦争を美化した映画などではない。

しっかりと映画を見ていれば、主人公のセリフや態度から、戦闘機であることがゆえに、性能が出せないという意味の言葉を吐いている。(どういう言葉かは、映画を観て当てて欲しい)

主人公のモデルである堀越二郎氏の日記にもあるように、終戦後、平和への願いを込めた一文があり、特攻などに使われたゼロ戦への哀れさ、悲しさを綴っている。
映画の中にも、それを間接的に表現しているところがが、航空機の設計シーンや映画の最後のシーンなどに散りばめられている。

《ラブストーリー》
この映画いは、ラブストーリーか?ということ。
これは、この映画を観れば、誰もが当時の悲しいラブストーリーであるとわかると思う。
宮崎駿アニメの真骨頂でもあるように、非情に気持ちの描写がうまい。
特に、軽井沢のホテルで紙飛行機を飛ばす二人のシーンはとても印象的だ。
ここで、考えなくてはならないのが、なぜ、主人公のモデルが堀越二郎なのか?
元々、言わずと知れた堀辰雄の小説、「風立ちぬ」である。
そして、「菜穂子」という小説もこの映画に盛り込まれているらしい。

では、なぜ、ハッピーエンドのストーリーではないのか?
なぜ、堀辰雄の小説がこの映画に必要だったのか?
なぜ、SEXを連想させるシーンが必要なのだったのか・・・?

それは、堀越二郎が活躍した時代背景にある。
主人公の憧れである空を飛ぶことことが、航空機として現実のものになり、それが進化して、優秀なものを造る。
しかし、それは、必然的に戦争の人への殺戮のツールとして使用される運命にあるものになる。
優秀な航空機を作ることに情熱を注ぎ、成功すれば、それは人の殺戮の道具として使われる結果の矛盾と非情さ。
それを、小説、「風立ちぬ」(と「菜穂子」)のシーンで、人の生死をたとえ、死を間近なものにとらえながら、間接的に戦争で命を落とした人々への思いを表現したかったのでは?と思う。
結核を患い短命な人生である運命にある菜穂子と、戦争で命を落とさざるを得ない人の運命とがシンクロする。

映画終盤に、ゼロ戦が編隊で飛ぶシーンがある。
激しい戦闘シーンではない。
草原を爽やかさが残るシーンだ。
しかし、その裏には、ゼロ戦ということで、戦争で人が死ぬことを連想させる。
そう、それは、終戦間近に行われた特攻を表現しているように見えてならない。
無駄な死であったと思いつつも、そのような時代であったことへの悲しい事実。
しかし、悲しい事実があっても、そのときの技術や熱い憧れへの思いが確実に継承され、現代社会に生かされていることを知る。
そして、その高度な技術の恩恵を享受している私達を重ねて描いているのだろう。
というのが、私がこの映画、風立ちぬを観ての感想だ。

宮崎駿の狙い》
では、この映画は何をメッセージとしてしているのだろうか?
宮崎駿は、もしかしたら、この映画には、メッセージ性をいう意識あまりなく作成したのではないだろうか?
でも、これだけのものを造るのだから、強いて言葉で表現する方法はあるだろう。
それは、きっと、戦争で散ったすべての人へのレクイエムというのが一番しっくりする。
戦争というキーワードから、今、隣の国との衝突から始まる今後の日本が向かうところを宮崎駿は、心配しているのではないのだろうかと思う。
多分・・・

観る人によってその感想はそれぞれまったく違うものが出てくることが狙いの映画・・・なーんてね。
この映画は、非情にシンプルなストーリーながら、非情に難解な映画だと思う。
子供には、面白い映画と映るのかはとても疑問だ。

今度は、DVDが出たら、見てみようかと思う。
もしかしたら、今と違う感想になるかもしれない。

2013-06-13

耳管開放症

さて、前回のブログでも書いたが、耳が塞がった感じが続き、音も聴きにくくなっていた。
かれこれ、2週間はこの状態で、少しずつ閉塞感が強くなってきている感じだった。
耳鼻科にも、通っていたのだが、原因はつかめず、何とも言えないイライラ感があった。。
医者から処方してもらった薬も、アレルギー性鼻炎の薬や抗生物質の薬を種類を変えてもらったりしたが一向に改善の予兆すらなし。
言えるのは、少なくても、医者に診てもらってはいるので、虫とか異物が耳に入っているのではないということだ。

とにかく、自分の病気を知ろうと、ネットで細かく調べると、自分の症状は間違いなく耳管開放症だろうと推測できた・・・・ほぼ間違いないだろう。

ということで、更に詳しくネットであれこれ調べてみると、以外とマイナーな病気であまり研究も進んでいないようだったものらしい。
最近、やっと研究がなされて、いろいろな治療方法がでてきているようなのだ。
ならば、今通っている医者もあまり知らないというか、そこまでわからないでいるというのもアリなのかもしれない。
ま、医者もパーフェクトではないという典型だろう。
(でも、少しはネットや病理学の文献を読んでみてと思うのだが・・・・)

ならば、自分で治してみようと思い、まず一番いい方法は何か・・・・


この病気はの原因は、実ははっきりしないらしいが、概ね、どこか体調不良があってその影響を受けてとのことが有力な説であるみたいだ。
そして、具体的に調べてみると・・・血行障害(肩こりも含む)、寝不足、ストレス、過労、神経症・精神不安定等の理由が挙げられるみたいだ。
また、耳の代謝が落ちてるということもあるらしい。

確かに、3月から、いろいろなことがあり、ストレスや寝不足があり、追い打ちをかけるように出張や徹夜などで、疲労感満載ってところではあった。
肩こりや首の痛みもかなりあったときになったので、概ね原因の諸説も間違いではないかもしれない。

自分の症状は、強い耳の閉塞感あり、音や人の声が聞きにくい状態なのだが、体を寝かせたり、頭を横に下げていたりすると、症状は改善し、普通の状態になるのだ。
それ以外は、全く何ともない。至って健康。
とても不思議な症状だ。

ということは、少なくとも中耳炎や、突発性の難聴や鼓膜が破れたとかいうことではないということになる。
ゆえに、自覚症状から、自分の病気は耳管開放症と自分の中での結論に至ったわけである。
ならば、自分でも治せる方法というのを検索してみると、いろいろある。
・体操
漢方薬
・マッサージ
・風呂に浸かる

まぁ、星の数ほどのいろいろな方法の中で、概ね試して役7割の人が治ると言われている漢方薬が一番いいみたいだ。
この漢方薬は、この耳の病気の対処方法としてかなり有名で、市販されているみたいなので手軽に試せる。

ということで、今日の仕事帰りに、薬局に寄ってみた。
漢方薬売り場で、名前は・・・加味帰脾湯(カミキヒトウ)

薬剤師さんに、症状とネットで調べて云々を言って、出してもらった漢方薬がこれ!
f:id:rankastar:20130612222120j:image:w360

この漢方薬の主な症状を見ると・・・どれ一つ該当しないのだが・・・・
でも、この耳管閉塞症にはいいということなので、早速に購入して今夜から飲んでみようと、\1,800払って手に入れた。

さて、帰宅後そうそうに、お湯で顆粒状のパッケージになっている漢方薬を飲んでみた。
う〜ん、風薬と同じ味っぽい。

しばらくソファで休んでTVを見ていて、立ち上がってみると・・・なんと・・・以外といいかもって感じだ。

立ち上がって歩き出すと必ずなっていた強い耳の閉塞感がなくなっていた。
まだ、1回目なので、もしかしたら気分の問題なのかもしれないが、完全に復活ではないけど、症状の改善にはいいような気がする。
聞こえ方や自分の声などが大きく聞こえている感じはまだ改善されていないが、強い不快な圧迫感がなくなったのは事実だ。
それだけでも、こんなに気分がいいとは、普段普通でいることのありがたさを改めて知った感じである。

果たしてこんなに即効性があるのか?

いろいろ調べてみると、効き目は個人差があるらしい。
でも、少なくても、医者からもらった薬よりは、十分に期待できそうだ。

でも、かなり効き方が早いということは、かなりの劇薬でもあるのだろうと思う。
体調をしっかりと把握しながら、この漢方薬を続けてみようと思う。
まぁ、明日の朝は、元に戻っているかもしれないし。

あと、マッサージもやらないとね!
耳の後ろを、グリグリ回すようにするっていうのも簡単なので、続けてみようと思う。
治るかどうかはわからないが、やらないよりはやったほうがいいだろう。

とにかく、焦らず治療しようと思う。
簡単に完治する病気でもないみたいなので気長にガマンだ。
ただ、仕事にも多少なりとも、影響があるのでちょっと辛いがそれは仕方がないことさ。
何せ病気なのだから。

とにかく、血行をよくすることだね。
豆腐は血の巡りがよくなると書いてあったから先週は8丁食べたよ。
病気は、運命と思って逃げずに素直に受け入れて戦うのがいいんだと思うね。(ちと、大げさに言ってみた)

2013-06-07

耳が塞がった

先週から、ずっと、右の耳が塞がった感じで、すごく音が聞き取りにくい状態が続いている。
月曜日に、医者に見てもらって、検査をしたら、外耳は問題ないみたい。
検査結果は、右の耳の鼓膜がうまく動いていないらしい。
そりゃそうだ。耳が何かに塞がっているのだから・・・(;´Д`)

薬(抗生物質系と、アレルギー疾患用など)をもらって一週間近くたったが、一向に改善の兆しなし。
顔を横にしたり、寝ている状態だと、いい感じに戻るのだが、普通に立っていたり、歩くとまた塞がる不思議な症状なのだ。

ネットで調べてみたら、耳管開放症というのと、まったく同じ症状だった。
多分、それだ。
血行が悪くなって耳の管?が腫れるらしい。
確かに、仕事で、ほとんど寝ずで徹夜があったり、肩こりが非常にひどく首も痛かったり・・・寝床も、満喫か家のソファー。
おっと、麻雀もやったなぁ。

これじゃ、やばいかもって今になって思う。
一応、文献では、ストレス、疲れ等が原因と言われているらしいが、根本的な原因は不明らしいね。
血行を良くする漢方薬など効くらしいが・・
明日、また医者に診てもらおうと思う。

前回、診てもらったときにもらった薬は、全然役立たずでしょうもない診断をしてもらったものだ。
診察、薬で五千円以上かかったんだ!!・・・○ブじゃないのか?

それにしても、やはり、音が聞き取りにくいって不便だな。
仕事で、会議の書記をやったのだが、これがまた、きつい。
あと、席の後ろから、声をかけられても、普通は気配ですぐわかるのだが、全く分からずで・・・あ、気づかなかった、ごめんって感じだ。
黙々と仕事をしているときはいいが、ディスカッションはキツイね。
あとは、自分の声はやたら大きく響くので、これまた、自分の声のボリューム調節に困る。
また、当然、集中力を高めるのに時間もかかる。(耳が気になってしょうがないのだ)

という感じで、非常に困っているのだ。
簡単に自然治癒もないようなので、明日、しっかり診断してもらうぞ。
めまいや、耳鳴りがないのが救いだ。