Hatena::ブログ(Diary)

Yondaful Days! このページをアンテナに追加 Twitter

2018-06-10 Sun

[]あの名作漫画に喩えれば…米代恭あげくの果てのカノン』最終5巻を目前にして

あげくの果てのカノン 5 (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン 5 (ビッグコミックス)

先日、『あげくの果てのカノン』3・4巻の感想を書くときに、かのんと境宗介が「一線を越えていない」事実があることで、読者を敵に回す「不倫」要素よりも、読者を味方につける「恋」要素が多めになっている…というようなことを書いた。

しかし、その後、果たしてそうだろうか、という気持ちも湧いてきている。実際に2人は一泊旅行に行ってきているわけで、他人から見れば、ほぼ「一線を越えた」のと同義だ。いわゆる、「夜中ずっと部屋でゲームをしていました」という言い逃れと同様、ほとんどの人が信じてくれないだろう。

物語の中では、2人は大バッシングに合っているが、さもありなん。でも、読者だけは二人を信じている、という構図だ。


…と、考えを巡らせていて、ふと気づいた。

  • 相手のいる男性と若い女性がふたりで一夜を過ごすが、一線は超えない…。

確かによくあるパターンなのかもしれないが、これは何処かで見たことがある…。

あ、ワンナイトクルーズ

ガラスの仮面』で、北島マヤと速水真澄の2人が船上で朝を迎えたワンナイトクルーズじゃないか!

そう考えると、いろいろなところが符合してくる。

速水真澄と結婚こそしていないものの婚約相手である紫織さんは、当然、境宗介にとって妻の初穂。

2人の関係に業を煮やして、自宅に火をつけてしまった紫織さんと、ゼリーを逃がして東京を大混乱に陥れた初穂。彼女たちの行動は、それぞれ結局、意中の人を引き寄せる・引き留める効果があったということも含めてシンクロ率が高く、もしかして『あげくの果てのカノン』は、『ガラスの仮面』を下敷きにしているのでは?と思えるほど。笑


そして桜小路君。

自分が『ガラスの仮面』で愛してやまない桜小路優。北島マヤにとっては、兄弟みたいな安心感を与える人物である彼のキャラクターは、『カノン』では誰に当たるのか、といえば…。

そう、こちらも『あげくの果てのカノン』の中で最も応援したくなるキャラクターであるヒロ。

自分の好みの傾向とはいえ、何故、自分がヒロに惹かれるのか、改めてよく分かった。


さて、そうすると、今後、物語はどう展開するのか?

ヒロがバイクで怪我をするのか?

4巻最後で、境宗介が、かのんに対してぞんざいな態度を取るのは、「心変わり」ではなく、初穂のためにわざとやっていることでは?

など、色々と想像が膨らむ。


ただ、問題は、いくら参考にしようと思っても、『ガラスの仮面』は、終わる、どころか、続きが出る気配が全くない…そして、『あげくの果てのカノン』は、次巻5巻で完結してしまうことである。

今回まとめていて改めて思ったが、やはりどう考えても、4巻から登場する松木平は余計だ。『ガラスの仮面』だと、聖さんなのか?(なのか?)

松木平がいることで、あと1巻でまとまる感じが全くしないのだが、それでも全5巻の傑作漫画として、多くの人に薦められるような、そんな終わり方を期待しています!


参考(過去日記)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20180610
0000 | 00 |
1974 | 00 |
1997 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |