Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

小規模組織のためのフリーIT(ソフト、Webサービス)活用伝道日記 RSSフィード Twitter

このブログは、IT予算の少ない少企業、自営業、SOHO,NPO等のためにフリーITから始めるローコストITの活用について紹介しています。

2011-06-19

Gantter Google Docsに組み込んで使えるガントチャート作成ツール

| 10:39

f:id:rascal2001:20110619100111p:image:left
ガントチャート、別名工程表とか線表とかいって、プロジェクト管理や生産管理に使うあれである。
ガントチャートツールとしてMS Projectなどがあるが、今日紹介するGantterMS Project互換でブラウザから使える無料のガントチャート作成ツールである。
使うのに登録は一切必要ない。そして、なんと日本語を含め11カ国語に対応している。
実は以前、Gantterについてごく簡単に紹介しているが、その時は特筆するほどの凄い感動がなかった。
しかし、今回は違う。ブラウザGoogle ChromeFirefoxであればエクステンションを入れることで、Google Docsに組み込んで使えるのである。
これまでガントチャートを作成する無料ツールはいろいろあったが、他との連携機能がなく単に工程表を作るだけであったので、プロジェクトで共有するには運用性が今ひとつであった。Google Docsに組み込んで使えることにより簡単にプロジェクトで共有することができる。これはひさびさの花丸、三重丸をあげたい。
f:id:rascal2001:20110619100117p:image
つまり、Google Docsの新規作成でGantterを呼び出してガントチャートを作成できる。
f:id:rascal2001:20110619100118p:image
もちろん、作成したガントチャートGoogle Docsに保存できるし、Google Docsから開くことができる。
Google Docsに保存したガントチャートGoogle Docs側から開くには、ブラウザエクステンションによりこのように開ける。
f:id:rascal2001:20110619100115p:image
f:id:rascal2001:20110619100114p:image

Gantterでガントチャートを作るときには、テンプレートを使ってつくることができる。
f:id:rascal2001:20110619100113p:image
で、呼び出したテンプレートの例はこれ。
f:id:rascal2001:20110619100112p:image
ガントチャートを作ったことがある人なら直感的に操作できる。
もし、Google Appsでプロジェクト管理を行っていたりグループウエアとして使っているならば、Gannterにより一段と使いやすくなる。是非利用を薦めする!!
ー関連サイトー
■ Gantter - web-based project scheduling made easy
■ 無料プロジェクト管理ツール「Gantter」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン