真理省 このページをアンテナに追加

表サイトはこちらですよ→空とぶ速水螺旋人
ブログ以前の日記はこちらから→真理省書庫

2009-02-25 雷鳴で、機からの通信が聞きとれません。

[]雨のち曇り 雨のち曇りを含むブックマーク

  • 吉祥寺で打ち合わせ一件。
  • 高校で物理の授業を受けている夢を見たり。ウチ、物理なんて取ってないのになぜですか。案の定、授業の内容は寸分たりともわかりません。周囲の同級生は皆ちゃんとついていってるようだし、泣きそうになりました。地味な悪夢です。
  • 晩飯を近所の店で食べていたら、隣に歴史系オタと思しきおねえさんの二人組が。腐かどうかは最後までわかりませんでしたが、乱入したくて辛抱たまらんところをなんとか自制したり。
  • 今出ているホビージャパン、広江礼威さんがイラストコラムで僕のキャラを描いてくれました。やっほう。この連載がまとまって3月末に出るそうで、楽しみ楽しみ。

[] を含むブックマーク

『pixiv girls collection  ピクシブガールズコレクション』

 イラストSNS、pixivのオフィシャル画集がボチボチ出るのですが、僕の絵もひとつ載っています。同人誌にも載せた絵なので新鮮味はないかもしれませんが、やーでもサワヤカな絵描きさんのなかでウチのような垢抜けない芸風の作品を載せてくれるのは嬉しいですね。ヨロシクヨロシク!

pixiv girls collection ~ピクシブガールズコレクション

pixiv girls collection ~ピクシブガールズコレクション

[] を含むブックマーク

ヒストリエ』5巻(岩明均)

『茄子 新装版』下巻(黒田硫黄)

「僕は……あれから何もありませんでした」

 うあああああ。

『ヴィンランド・サガ』7巻(幸村誠)

 ああ、ビョルンが……。しかし面白いです。鼻息も荒く、有頂天になって読んでいます。ぼってりとしながらも老いさらばえたスヴェン王の手(手といえば、この人はたとえ若い女性キャラでも、それが農民や奴隷だと容赦なくガサガサの手にしていますね)。えらく丁寧に描写される男たちの息遣い。トルケルの目じりの皺……などが印象的ですよ。それにしても、アシェラッドは絶対悲惨な死に方をしそうです。クヌートも近い将来王座に就き、大帝国を築き上げることは確定しているのですが本人自体は不幸になりそうだし。結局王冠の奴隷になることが確定しているような描写じゃないですか(クヌートの帝国自体、彼の死後瓦解しますしね)。常に緊張感が漂っているストーリーです、たまりません。

 今回、トルフィンに「カルルセヴニ」の二つ名がつきました。ここで持ってくるかと嬉しくなるのは歴史ものの醍醐味だなぁ。史実ではトルケルの兄弟も登場しているのですが、『ヴィンランド・サガ』ではどうなるのかしらん。ともあれ、今後も目が離せませんよ!

『機動警察パトレイバー ザ・レイバー・インダストリー レイバー開発全史』

 レイバーの歴史・構造・運用をこれでもかと解説した設定ムック。レイバーが使われている世界で書かれた本、という体裁になっているのが嬉しいです。RPGのワールドガイドのような雰囲気といえばいいのかしら……ああ、ワースブレイドの『操兵の書』にちょっと似ているかもしれません(あれも大ッ変いい本でした。ところで僕は従兵機が好きでして……)。しかし、このコテコテの解説はなんだか懐かしい雰囲気でもあります。パトレイバー自体、80年代に鍛え上げられた設定オタクどもがよってたかって作った企画なのだから当然なのかもしれませんが。この本、買いそうな人の顔が具体的に想像できるのも強みですよね。

 ところで、中に入っていたチラシによれば『ケルベロス 東京市街戦首都警特機隊全記録』などというムックが3月に出るそうです。これも客が見えるなぁ!

『ザク大事典 -All about ZAKU-』

 ファーストガンダムから連綿と続くザクの系譜についてこれでもかと載せたカタログ本のようなもの。個人的には「レイバー開発全史」のような設定本を期待していたので、ちょっと残念。や、気合の入った本ではありますよ。

 「泡沫の日々」では、ザクのことを

 確かにロボットアニメで「大量生産される兵器としての巨大ロボ」とゆー概念は(それ以前にもあったかもしれないけど)いわゆる「ヤラレメカ」とはまた違う斬新なものがあったからなあ。

 その意味ではしょせんヒーローメカのガンダムより「時代を変えたメカ」かもしれません。

 と評されてまして、まったく同感です。やー、こう見えて結構好きなのですよザク。

モデルグラフィックス」4月号

 宮崎駿の新連載「風立ちぬ」が載っているので即ゲット。堀越二郎の話なのに、なぜかカプロニから話が始まってます。あと、宮崎絵のセーラー服少女がチラリと拝めるのがステキ!

『世界の歴史 ムガル帝国から英領インドへ』

ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)

新装版 茄子 下 (アフタヌーンKC)

新装版 茄子 下 (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(7) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(7) (アフタヌーンKC)

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 04月号 [雑誌]

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 04月号 [雑誌]

Moff TakaMoff Taka 2009/02/26 05:02 どうも、お久しぶりです。

おお、ヒストリエ5巻が遂に!しかもヴィンランド・サガも!
森薫先生の連載の情報といい、なんか私、速水先生のブログが最新の漫画情報ゲットの場になっているような気がしてなりません。

なんか学研、最近ガンダム本とか出してますけれども、それもいいけど、歴史群像ムックでビザンツ帝国とかオスマン帝国とかを特集して欲しいなあ、とも思ってしまいます。

ところで、趣味でこういう文章を書いてみたのですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/swtesbjp/folder/1600410.html
こういうのってTRPGに応用したり出来ないのでしょうか?

大石屋大石屋 2009/02/26 22:16 お久しぶりっす☆

こっちは「ヴィンランド・サガ」の他に「ベントラーベントラー」第一巻も買いましたぜよ♪
外星人がウロウロして時折騒動を起こす現代の東京で騒動に対応する外星課の人達のお話ですよ。
ここ一年の間のアフタヌーンの購入動機一位の漫画ですわ(^^;

rasenjinrasenjin 2009/03/04 03:10 >Moff Takaさん
 ウチで漫画情報を確認されるのはあまり良くないと思いますよ(笑)。偏っているし、情報遅いし!そしてビザンツやオスマンは、最近文庫で結構良い本が出ているのであまりムックの需要は無いのかもしれません。
 SWの考察は興味深いですね。TRPGに応用……アメリカにずばりスターウォーズRPGがありますので……というのは置いといて、RPGにおける世界設定というのはちょっと特殊だなと思う昨今です。まず遊ばれるための設定である方が良いですからね。
>大石屋さん
 『ベントラーベントラー』、買いましたよ! やー確かに面白いですね。アフタヌーン本誌を買っていないので、まったく見のがしていました。

杉村徹杉村徹 2009/03/04 20:18 ザク大辞典、とりあえず立ち読みで済ませたんですが、ガンダム関連つーか1年戦争のジオン関連でいつも思うのが「ブラウン軍曹の105号機はどこだあああ!」と。

リアルタイムで「MS戦記」と「Z」のコミカライズを読んだ世代としては、やっぱりフレデリック・ブラウンの存在はでかいんですが(だから「ガンダム0079」での登場は嬉し…いや、まだものたりんかった)。

漫画…最近はメイドロボ漫画「くろがねカチューシャ」全2巻とか、やっとこ見つけた「孤独のグルメ」かなぁ。

桂令夫桂令夫 2009/03/05 18:31 >ウチで漫画情報を確認されるのはあまり良くないと思いますよ(笑)
 そうでもないとおもいますよ(笑)
 ところで私こちらに触発されてはじめて『夜間飛行』を読んだんですが実にイイ話ですねこれは。そらそうと一体全体いつ宮崎絵に。

rasenjinrasenjin 2009/03/18 18:36  レス遅れました!
>杉村さん
 あと1日ザクとかザクシロウとか紹介して欲しいですね! サイバーコミックに載った一連の安永航一郎作品はまとまらないのかなぁ……。ぢ体大が有名だけど、僕は「宇宙戦艦ハーレムノクターン」が好きなのです。主に登場人物の名前が。マドロックとかバークレオとかイースラーとか。
>桂さん
 や、これは意外な。『夜間飛行』は全編に緊張感がみなぎっていて好きです。同じパイロット経験のある作家でもダールなどとは全然違うのも面白いですね。ところでやはり遅くなりましたが、イラン番組の件はお気になさらずー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rasenjin/20090225
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2020 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |