真理省 このページをアンテナに追加

表サイトはこちらですよ→空とぶ速水螺旋人
ブログ以前の日記はこちらから→真理省書庫

2011-12-17 鶏の足が支える小屋の娘 ワーシェンカや!

[]晴れ 晴れを含むブックマーク

  • 10月頭に引っ越してからずーっと多忙山脈を縦断し続けてきましたが、それもあと尾根が3つぐらいになりました。ほら向こうに緑の平原が見える!
  • そんなこんなで今日は完全オフ! と全てをほうり出して豊島園の温泉「庭の湯」でぐったりしてきたり映画『けいおん!』を観たりしてきたのですよ。
  • 西武線に乗っていたら、夕焼け空を背景にばかでっかい富士山のシルエットを見ることもできて幸せ。いよいよ東京も冬ですね。以前住んでいたアパートの近所からも富士山見えたんですが、最近ご無沙汰だったので嬉しいです。
  • デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』が文庫になっていました。これは素晴らしく面白い物語ですので、これを機会にマスト読むべしです!
  • 1年ぶりぐらいにトップも更新しています。単行本のお知らせなので、その表紙絵なのですが。
  • コメント、ボチボチおいおいお返しせねば!
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)

卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)

[] を含むブックマーク

  • どうも忙しいと買い物が増える傾向があってよろしくないです。日記の間が開いているうちにいろいろ買い込みましたが、なかでも特に印象的だったものをちょっとだけ。

『イスラム飲酒紀行』(高野秀行)

 休肝日はないと豪語する辺境作家、高野秀行氏がパキスタンやアフガニスタン、イランやシリアといった国々を取材した時の飲酒生活を綴ったもので、これがまたえらく面白かったのです。イスラームといえばとにかく禁酒というイメージが強いですが、飲む人は飲むし強烈な建前社会だし(公共が強いと高野氏は書いています)、言うまでもなく国によって事情も違うしそこには豊穣な酒文化があるのですよ。特にイランは太鼓から連綿と続く文化大国だけあって、一筋縄で行く社会ではない模様。単にイスラム原理主義がどうこう、では済まされませんね。大体、イスラーム社会全般において酒への禁忌が厳しくなったのはわりと最近のことのようですから。それにしても、シリア取材の章はここに出てくる人たちは今どうしているのか気になります。イスラームや旅行、そして言うまでもなく酒が好きな人にお勧め! そうか、ラキはメロンをアテにして呑むのかー。

『本へのとびら』(宮崎駿)

 宮崎駿が岩波少年文庫と児童文学について語っている一冊。猛烈に岩波少年文庫が読みたくなります。あれだけ出てるわけで未読が多いですし、ああもう! 『たのしい川べ』や『くまのプーさん』などの挿絵についても相当言及されているのはお仕事ゆえですね。『たのしい川べ』の絵は本当にいいですよ! マスト観るべし! そして『第九軍団のワシ』を古代日本の東北に翻案した企画があったですと! それは観たい! とにかくこれを読んで、僕と同様に岩波少年文庫への飢えを体験してください。しろ。

『バトル・キングダム 宿命の戦士たち』

 なんかすごいタイトルがついてますが11世紀のキエフ大公、ヤロスラフ賢公が主人公の映画です。キングダムじゃないよ。ロシア映画はポロッとDVDがリリースされるので油断も隙もないですね。肝心の中身は忙しくてまだ観てません……でもヤロスラフの映画ですよ?

『映画けいおん!』

 観る前は「りっちゃん拝みに行こう」ぐらいだったのですが、いやいやいい映画でした。音楽はズルイなぁ! TVでもそうでしたが、ちょっとした所作が丁寧で、説得力のあるかわいさを感じるのです。山田尚子監督の女性ならではのこだわりでしょうか。地に足が着いているというか。早朝、旅行に出るところからヒースローに着くまでのくだりが大好きです。いよいよ出発という時の高揚、消灯された飛行機、皆が寝ているなかで目が覚めた時の不思議な感覚……旅行欲が大層刺激されまして、ああもうモスクワに行きたくてたまりません。とにかくこれで大晦日まで働けます。年明けには地元の映画館でも公開するそうなのでまた観に行こう、絶対行こう。

イスラム飲酒紀行

イスラム飲酒紀行

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

バトル・キングダム 宿命の戦士たち [DVD]

バトル・キングダム 宿命の戦士たち [DVD]

[] を含むブックマーク

  • なんだか沢山あるのですよ。冬季攻勢ですよ。こりゃあ忙しいわけです(ようやっと漫画家として人並みという話もあるのですが)。なんか見落としは無いでしょうね……。

『靴ずれ戦線』

 というわけで、発売日からちょっと経ちましたがよろしくお願いします! 第二次大戦の東部戦線を舞台にソ連の魔女ワーシェンカとお目付けナージャのコンビがあっちこっちの戦場に行ったりきたり。そこにロシアのお化けたちが絡んでくるというお話。面白いので是非是非。「靴ずれ戦線」の前に連載していたメカコラム「螺子の囁き」も全部載っています。お得! ……でも字がチマチマしすぎていて読みづらいというご意見も頂いてまして、リュウコミックの中だと大きめのA5版にしてもらったのだけど、ううん。でもじっくり見れば大丈夫ですよ! ところで、第7話「死の勝利」でナージャが歌っている「ゼムリャンカ(塹壕)」というのはこんな歌です。連載時には巻末コメントで紹介していたのですが、単行本でフォローするのを忘れていました。いい歌ですよ。

D

『大砲とスタンプ』

 22日発売ということでまだちょっと間がありますが、それまでに更新するかどうか分からないのでいま紹介してしまいます。とある大公国という国には陸海空の他に補給を専門とする兵站軍という組織がありまして、そこに勤務する若き熱血官僚主義っ娘マルチナが戦争のなか悪戦苦闘したりさせたりする物語。戦争ものなのにデスクワークという地味漫画! でも面白いのでよろしくお願いします。今回は書店用ポップにゆうきまさみさんからコメントをいただきまして、うわあ! 見たか高校生の俺! 書店によっては1話の無料お試し小冊子が置かれるそうなので、なんでしたらご覧になってくださいな。そして買ってね!

「モーニング・ツー」2月号

 先月に続きまして「大砲とスタンプ」載っております。これも発売日が22日なのでもうちょっと先ですね。今回は新キャラ登場なのですよ。そしてモーツーの表紙を描かせてもらいました。しかもクリスマス絵です。僕が。へえー。とにもかくにも皆様よしなに!

「MC☆あくしず」02月号

 萌えミリタリー誌「MC☆あくしず」の季節となりました。今回の「黒色火薬時代」はホイールロックピストルをお題にしてみましたよ。火気が主役にのし上がった時代の試行錯誤を象徴するような銃なのです。いやもう昔の人はいろいろ考えたもので……見てくださいね!

『オープンダイス・キングダム』

 品切れが続いてました『オープンダイス・キングダム』、このほど重版がかかりました! ホビーショップなどには年内に出回るそうで、Amazonにはもうちょっと間があるかもしれません。ちょっと流通が他の本と違うので曖昧ですが、でも出るのは本当ですよ。全世界がダンジョンになってしまった変てこ世界が舞台のTRPG「迷宮キングダム」をもとにした漫画です。といってももとのゲームをご存じなくても面白いですよ。お勧めします!

『サタスペ15周年記念サプリメント サタスペ・スペシァル』

 アジアンパンクRPG「サタスペ」15周年を記念したサプリメントが出ますよ。僕がRole&Roll誌に連載してきたイラストコラムや、シナリオ、追加データ等がどっさりです。特筆すべきは1年前の同人誌版初代サタスペ……「KARMA Saturday Night Special」のルールが掲載されていることなのです! 恐ろしいことに当時の僕の絵も載っているそうで、つるかめつるかめ。盛りだくさんで楽しい本になっているみたいですので、買って遊んでくださいませ。

『星降る街のマギカ Replay:駅前魔法学園!!』(藤浪智之)

 ご町内防衛魔法使いTRPG「駅前魔法学園!!」のリプレイが出まして、僕もプレイヤーとして参加しております。『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・カオスガーデン 楽園のイヴ』に続いて今年はふたつも藤浪さんのリプレイが! そのひとつに出られたのは光栄ですよ。僕以外のプレイヤーさんも佐々木亮さんみかきみかこさんはしもとしんさんと全員絵描き。絵描きならではの視点でPCたちが……かどうかはわかりませんが皆さん魅力的なキャラばかりです。僕も自分の萌えをこれでもかと詰め込んだ奴にしてみました。はしもとさんのイラストもポップでいいんですよ! ていうかはしもとさんにウチのキャラを描いてもらえるなんて! 半人前魔法使いたちががんばる面白い話ですので是非是非買ってくださいね。

靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)

靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)

大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

MC ☆ あくしず 2012年 02月号 [雑誌]

MC ☆ あくしず 2012年 02月号 [雑誌]

オープンダイス・キングダム

オープンダイス・キングダム

星降る街のマギカ Replay:駅前魔法学園!! (integral)

星降る街のマギカ Replay:駅前魔法学園!! (integral)

どぅーんどぅーん 2011/12/18 08:57  僕の知り合いのムスリムさんは、「日本は八百万の神様の国、だからイスラム教徒がクリスマスにケーキを食べてもいいし正月にお餅を食べてもいい、日本サイコー!!!」というような事を良く言っていますね(笑)
 まあ世の中には(アメリカが憎いからなのか何なのかは知りませんが)アルカイダのような山賊集団を「これが中東のすべてだ、これが中東の意思の総体だ!」みたいに言う人もおりますけれども、その手の「2ちゃんで韓国人を差別する人たちと何にもレベルが変わらない人たち」っていうのは頭だけで話をする前にもう少し現実の人と付き合いを持った方がいいんじゃないかなぁ

ゴローRゴローR 2011/12/18 09:23 けいおんには全く触れていないのですが,贔屓の街がロケ地になっている話には心惹かれるものが……

べんじゃみんべんじゃみん 2011/12/18 14:28 速水さんは律っちゃん隊員でしたか、律っちゃんいいですよね。律っちゃん。でこ可愛いよペロペロ

anurekazufanurekazuf 2011/12/20 01:29 計算尺!

ytokichiytokichi 2011/12/21 06:34 靴擦れ戦線拝読。
800円?たけーなーと思ったもののその内容の濃さに十分納得。リーズナブルであります。ただしワタシの年齢では虫眼鏡が必要でした。
>どぅーん様
ワタシは建設関連ウン十年(結構いい歳)でありますが、自分の実体験から言わせて貰うと朝鮮/韓国人に未来はありません。
自分が業界に入った当時は大陸系支那人は朝鮮人より酷かったけど、現在日本にいる連中はこの20年間で脅威の進化を遂げてます。
ムスリムは概ね(概ねです)よく働き信頼できる。ペルー、チリも同じ。ブラジルは数が多いから玉石混淆。自分が最近支那って呼ばなくなった中国人も同じ。
そして全く進化がないのがキムチ....色々と『香ばしい』事あり過ぎたのでワタシの業界では在日以外は使わないのが鉄則になってます。
自分の経験不足晒すよりもっと社会に出て多くの現実を経験した方がいいんじゃないかなぁw。

rasenjinrasenjin 2011/12/21 09:21 >ytokichiさん
 靴ずれお読みいただきありがとうございます。
 ところでいろいろ思うところはおありでしょうけども、隣国の人たちについてこの場でそういう言い方はご遠慮いただけますと嬉しいですよ。僕がしょんぼりしてしまうので……。

ドデンドデン 2011/12/22 09:21 靴ずれ戦線読みました!
自分は日本軍オタ(というか昭和初期オタ?)で露助の漫画なんてアカじゃないか!けしからん!と、思ったらクソ面白かったです!御免なさい!
螺子の囁きですが特に見にくいという事はありませんでした。
腕木通信とかソ連製電卓とか非常に勉強になる内容で良かったです!

カラシニコミカラシニコミ 2011/12/23 15:31 〉大砲とスタンプ 一巻
報告遅れましたが、昨日購入!
服務規定に従い、昼休みと帰宅後に読ませて戴きました!

タンジェントタンジェント 2011/12/23 17:15  靴ずれ戦線1巻、大砲とスタンプ1巻、モーツー続け読みいたしました。やはり纏まると読み終わった後の満足感が違います。

 「螺子の囁き」を読んで、何時も「民族性」と技術には相性というか好みと言うか相関性があると感じているのですが、その想いが強まったように感じます。

RIu.RIu. 2011/12/25 13:34 靴ずれ&大砲とスタンプ、両方とも手に入れましたよ!
こりゃあ、状況の際の新幹線で退屈せずにすみます。
というわけで、今のところおあずけ状態なのですが、楽しみですねー。
あ、モーツー買ってなかったや……東京で買おうかな……。

RIu.RIu. 2011/12/25 13:40 あ、誤字発見……。

×状況
○上京

すんませんでしたー。

暗黒山暗黒山 2011/12/26 20:32 時々書き込みさせていただいてる暗黒山と申します。
靴ずれ戦線&大砲とスタンプ購入いたしました!
何せ補給廠がからっけつでなかなか本誌を買えない状況にありましたが(あ、モーツーは時々買ってました)…先生の単行本2冊が同月発売とは嬉しい限りです。
特に「大砲」は最新の本誌掲載作まで載ってるのが嬉しいですねえ。

知人が今ソ連カメラに嵌っているので「靴ずれ」を買わせようかと目論んでる次第でございます。

ではでは。

杉村徹杉村徹 2011/12/28 23:48 「大砲とスタンプ」「靴ずれ戦線」読ませていただきました。まとめてじっくり読んで納得の無いようです。
……ファインモールドあたりで製品化されないかしらん、と夢想。
(とりあえず年末年始は三式中戦車・長砲身とタミヤのキングタイガーを作る所存)

アームズ誌のGun-Pro誌パイロット版は、とりあえず不安を抱えつつ楽観視は許されないとしても期待大、というところで。(楠みちはるの「C1ランナー」のようだ……)

杉村徹杉村徹 2011/12/29 00:01 「納得の内容」です。失礼しました。

ところで、
先月初旬にわが街静岡では、こんなのをやってました。
http://www.youtube.com/watch?v=BKmlKMqZnIo
http://www.youtube.com/watch?v=6DiFgoCLQzs&feature=related
(この二人の「本格ラーメン」も秀逸)
http://www.youtube.com/watch?v=PUpCcRCzW-I
http://www.youtube.com/watch?v=_WYiEJj9Iso
とりあえず話のタネにどうぞ。

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2020 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |