Hatena::ブログ(Diary)

Luoyang Press RSSフィード

2010-06-05

[][]UNLHA32.DLL, UNARJ32J.DLL, LHMelt are no longer developed.

今日の出来事 (Jun, 2010)」より。

Miccoさんが永らく開発してきた上記のソフトウェアの開発が(基本的に)停止される事になったようです。

まあLHAやARJといった書庫形式が現状でどのくらいのシェアがあるかといえばおそらく些細なものではないかと思うのですが、LHAにしろARJにしろ過去に広く使われ、古いファイルを扱う際にはこれからも必要になってくるのではないかと思います。また、ARJについては未だに開発元のARJ Softwareで更新が続けられていますが、LHAについてはUNLHA32.DLLが更新を継続してきた唯一の実質的な(準)公式ソフトウェアであるので、今後、OS環境の64bit化が進むにつれ、ユーザがLHA書庫を扱うことが困難になってくるのではないかと危惧します。私としてはUNLHA32.DLLその他のソース公開を求めたいところです。それによりメンテナンスは継続されますし、また時間のある方が64bit版などの開発を行っていただける可能性もあるわけですし、このままクローズドにしておくのはもったいなくもあり危険でもあるような、そんな気がします。

いずれにせよ、統合アーカイバプロジェクトの当初から牽引役となってきたこれらのソフトウェアの開発が停止されることは非常に残念であり、一方で15年長く開発をされてきたMiccoさんには深い感謝の意を表したいと思います。

2010/06/07訂正: 指摘を受け、LHXに関する記述を削除しました。

Connection: close